Search

検索したいワードを入力してください

ドラゴンの種類と名前一覧・ドラゴンの角の種類|神話/西洋

Author nopic iconpettan3rd
雑学 / 2017年11月22日
ドラゴンの種類と名前一覧・ドラゴンの角の種類|神話/西洋

ドラゴン・龍の種類と名前一覧

伝説上の生物「ドラゴン」「龍」は、伝承や神話の世界においてよく登場します。この想像上の神秘的な生物に、魅了される方も多いのではないでしょうか。そんな「ドラゴン」「龍」ですが、みなさんは何種類くらいご存知ですか。いくつかドラゴンと龍の種類と名前を紹介します。

西洋ドラゴン

アンフィスバエナ

身体の両端に頭を持っている双頭のドラゴンです。尻尾の先端にも頭があります。ヨーロッパでは、このドラゴンをあしらった紋章もあります。

ワイバーン

イギリスの紋章などに見られる竜です。頭はドラゴン、翼はコウモリ、一対の脚はワシ、尾はヘビ、尾の先端には矢じりのようなトゲを持ち、空を自由に飛ぶとされています。

ムシュフシュ

古代メソポタミアの伝承に登場する霊獣です。頭は毒蛇、上半身はライオン、下半身は鷲、尻尾は蠍という姿です。

ズメイ

東欧や中欧で有名なドラゴンです。ドラゴン=悪、破壊者というイメージがありますが、このズメイは守護神、守護竜という扱いです。

ジルニトラ

現在のドイツの伝説に登場するとされています。黒いドラゴンで、魔法の神でもあります。

リントブルム

主にドイツ、そしてスカンジナビアでよく知られています。尾は矢じりのように尖っていて、ワニのような長い頭、鋭い牙を持つという姿をしたドラゴンです。

レヴィアタン

英語では<リヴァイアサン>と言われます。昔は巨大な魚や鯨、鰐などで表現されていましたが、後世には海蛇や竜として描かれています。大航海時代には、船の周りを泳いで大きな渦を作り、その船を一飲みにしてしまうような巨大な怪物とされていました。

ヴイーヴル

フランスに伝わるドラゴンの一種です。上半身は女性、下半身は蛇、宝石の瞳、そしてコウモリの羽を持つとされています。

バラウール

ルーマニアの民話に登場するドラゴンです。地中にも空中にも棲むことができ、地下水や雲などを自由に操ることができるとされています。

ファフニール

北欧神話やドイツ北部のゲルマン神話に登場します。普段は人間ですが、ドラゴンに変身します。

バクナワ

フィリピンの神話に登場するセブ島の伝承の冥界神です。大きな口を持ち、赤い舌、ひげ、エラ、そして2対の翼を持っています。1つの翼は大きく、もう1つは小さいとされています。

ギータ

スペインはカタルーニャ地方の伝承に登場します。真っ黒な顔、とても長い首、大きな牙、巨大な緑色の身体で、蛇に似ているドラゴンです。

カンヘル

メソアメリカの神話伝承に見られるドラゴンです。

東洋龍

青龍

中国で四神の1つとされる神聖な龍です。その名のとおり、身体は青い色をしています。東の方角を守護し、春に現れるとされています。

応龍

中国神話に登場する龍の1つです。4本足で、その足の指は3本、コウモリのような翼を持っているとされています。また、水を蓄え、雨を降らせる能力があるとされています。

蛟龍

鱗のある龍で、中国龍の1つです。眉が交わっていて、鱗を持ち、蛇に似ています。足は4本、胴体の幅は広く、頭は小さい、首の周りに白の模様があるという特徴があるとされています。

黄龍

その名のとおり黄色い龍です。中国の五行思想において、北の玄武、東の青龍、南の朱雀、西の白虎という四獣(霊獣)の中央に位置する聖獣とされています。

黒龍

その名のとおり黒い龍です。前足は2本あるものの、後足はありません。尾を引きずって歩く龍とされています。北の方角を守る龍です。

白龍

天上界の皇帝である天帝に仕えているとされる龍です。空を飛ぶ速度が段違いに速く、他の龍は追いつくことができません。

神龍

中国の神話に登場する聖なる龍です。足の指は5本、美しい玉虫色をしている龍の中の皇帝とされています。

九頭龍

奈良時代の日本、現在の神奈川県にある芦ノ湖に棲んでいたとされる9つの頭を持つ龍です。

神話に登場するドラゴンの種類

ドラゴンは、しばしば神話に登場します。ここでは『ギリシア神話』『北欧神話』『アステカ神話』『インド神話』それぞれに登場するドラゴンの種類を紹介します。

ギリシア神話に登場するドラゴン

エキドナ

上半身は美女、下半身は蛇、そして背中に翼が生えた姿をしています。多くの怪物たちの母親でもあります。

テューポーン

上半身は人間、下半身は巨大な毒蛇がとぐろを巻いた姿をしています。肩からは百の蛇の頭が生え、日のように輝く目を持ち、そして口からは炎を吐いたとされています。また、エキドナを妻として、多くの怪物たちの父親となりました。

ヒュドラ

大きな胴体に9つの首を持つ大蛇のような姿をしています。不死身の生命力を持っていて、倒そうとして首を切ると、その傷口から2本の首が生えてきたとされています。また、解毒できない猛毒の持ち主でもあります。

ラードーン

林檎の園にある黄金の林檎を眠らずに、常に守っていた100の頭を持つ茶色のドラゴンです。

ピュートーン

脚のないドラゴンのような巨大な蛇の怪物です。神託所デルポイの番人でした。その神託所をすっぽりと巻いてしまうほどの巨体の持ち主です。

北欧神話に登場するドラゴン

ヨルムンガンド

毒蛇の怪物です。成長後はあまりの巨体に、一うねりすると津波が起き、通った跡は大地が深く削れるほどとのことです。そして、その口からは猛毒をはき、神々すらしに至らしめました。

ニーズヘッグ

世界樹の根元にたくさんの蛇とともに棲んでいる翼を持つ巨大な蛇のようなドラゴンです。世界の最終戦争をも生き延びて、終末の日には背中に死者の魂を乗せて飛び去っていくと言われています。

ファフニール

鋼のような鱗を持ち、毒の息を吐くドラゴンです。ワーグナーの戯曲『ニーベルングの指輪』にも登場します。

アステカ神話に登場するドラゴン

ケツァルコアトル

古代のマヤ・アステカ文明の主神、天空神です。翼を持った極彩色の蛇とされています。

インド神話に登場するドラゴン

ナーガ

上半身は人間、下半身は巨大なコブラをいう姿をしています。非常に強力な毒を持ち、敵を死に至らしめるものの、信奉する者には祝福を与え、毒の害から守ってくれるとされています。

ドラゴンの角の種類

さまざまなドラゴンの種類を見てきましたが、今度は「角」にスポットライトを当てます。角もドラゴンの種類と同じように数種類の型があります。では、角の型を見ていきましょう。

通常型

一番メジャーな種類です。私たちがよく目にする動物の耳の部分に角が生えている種類です。

巻き角型

配置は「通常の型」と同じように、動物の耳の部分に生えていますが、ストレートではなく、羊の角のように巻いている種類です。

羽耳型

配置は他のドラゴンと一緒ですが、羽のようになっています。また、水かきのような羽の場合もあります。

角五本型

ドラゴンのメジャーな角は2本ですが、5本の角を持つ種類も存在します。

西洋と東洋のドラゴンの違い

ドラゴンは、一般に空想上の生物、神話の中の生物とされていますが、西洋と東洋ではドラゴンに対する概念や認識が大きく異なります。西洋のドラゴンに「竜」の漢字を当てるのに対し、東洋のドラゴンは「龍」という漢字で区別しています。それでは、西洋と東洋のドラゴンの相違点を紹介します。

西洋ドラゴン

西洋では、ドラゴンは「悪」や「闇」を表現しています。鋭い牙や鋭いつめを持った強い脚を持っている姿が多いです。人間に害をもたらしたり人々を襲ったりするので、西洋ドラゴンのほとんどの種類は、恐れられる「悪」としての存在とされています。

東洋龍

東洋において、龍は気高さ、高貴さ、厳粛性を兼ね備えた神聖な霊獣とされています。それゆえ、ほとんどの龍の種類は、人々に幸運をもたらす歓迎すべき霊獣として描かれています。

ドラゴンに関する映画や本

ドラゴンの格好良さに惹かれる方も多いのではないでしょうか。そこで、ドラゴンが登場する映画や本をいくつか紹介します。

ドラゴンが登場する映画

『ピートと秘密の友達』

迷子の少年ピートと森の中に棲むドラゴンのエリオットとの交流を描いたファンタジー・アドベンチャーです。

Blockquote firstBlockquote second

人間ってなんて勝手なんだろうと思いつつ、ピートとドラゴンの絆に最後は涙が止まりませんでした。とてもイイ作品だと思いますよ!

『サラマンダー』

現代のロンドンに出現したサラマンダーです。人類存亡の命運をかけたサバイバル・アクションです。

Blockquote firstBlockquote second

やっぱりメイキング入りは最高ですね☆
メニュー画面の作りが手抜きっぽくてそこは残念でした。
内容には大満足です!!

ドラゴンの図鑑

「多くのドラゴンの種類を知りたい」という方にはおすすめです。東洋と西洋のドラゴンを、神話や歴史などから113体を紹介しています。

Blockquote firstBlockquote second

絵だけを比べると同じように見えるドラゴンもいますが、世界の文化毎に生まれた「ドラゴン」の発想の違いはとても興味深いものがあります。
ファンタジー好きだけでなく、そういう考えを持って自然に対して何を思っていたのかを知ることも出来るかも?

数多くの種類がいる、魅力的なドラゴンたち

いかがでしたか。一言で「ドラゴン」と言ってもさまざまな種類がいると分かったでしょう。あなたは、絶大な力を持つ<西洋ドラゴン>の種類が好きですか。それとも、霊獣として崇められている<東洋龍>の種類が好きですか。

今回紹介したドラゴンの種類は一部であり、もっとたくさんの種類のドラゴンがいます。ハンター気分で、まだ紹介されていない種類のドラゴンや、日本人の知らないようなドラゴンの種類を見つけるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事

Related