Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの貧乏旅行の場所と予算|国内/海外/宿泊/カップル/家族

Author nopic iconプチプチ子
お出かけ / 2017年11月18日
おすすめの貧乏旅行の場所と予算|国内/海外/宿泊/カップル/家族

おすすめの国内貧乏旅行

最近は、本物の貧乏ではなくても敢えて貧乏旅行を計画する人がいます。貧乏旅行は、低い旅費で旅行ができるから人気です。なるべく安く旅行がしたいとは誰でも思うことでしょう。そんなおすすめの国内の貧乏旅行の仕方を紹介します。貧乏でも貧乏でなくても、安く旅行がしたいという気持ちは同じです。

まずは、計画をしっかりと立てることが大事です。計画を立てて準備していかなければ、思わぬ出費で貧乏旅行ではなくなってしまうので気を付けましょう。

カップル

カップルの場合の貧乏旅行は、基本は割り勘です。お互いに負担がかかるのできっちりとしましょう。旅行プランを立てて、無料スポットや試食ができるスポットを探しましょう。近場であれば車で、遠ければ電車を利用します。電車は、特急など特別料金がかかるのには乗らないで各駅停車でゆっくりと旅を楽しみましょう。

北海道

北海道を貧乏旅行するのは、とても難しいことです。飛行機代や食事代が他の観光地よりもかかってしまうからです。観光スポットも多く、グルメも豊富です。貧乏旅行で行くなら、北海道の観光地の移動はしない方が良いでしょう。札幌に行くなら札幌周辺だけ、旭川に行くなら旭川周辺というように絞って旅行する必要があります。

その中でも、費用を抑えて行くしか方法はありません。飛行機は格安航空機を利用し、電車は各駅停車です。貧乏旅行の基本は歩くことです。歩ける距離は歩くことで費用を抑えられます。

屋久島

屋久島は世界遺産のため、年間を通して観光客が多いです。国内なのでパスポートもいらないため、手間がかかりません。

しかし、島なので行くまでに時間がものすごくかかることは知っておきましょう。屋久島に貧乏旅行をするなら、鹿児島まで電車で行き鹿児島から船で行きます。出発地によって、船のお得なパックが出ていることがあるので、そちらの方が安いです。

船で移動するのが一番安いですが、時間がかかります。ゆっくりと寝ながら行くことになります。屋久島はトレッキングがメインになるので、適した服装で行きましょう。

島内は、レンタカーやレンタバイクを借りることはできますが、貧乏旅行ではなるべく歩きましょう。屋久島はツアーで行けば、10万円を超えてしまうことがあるので、なるべく自分で手配しましょう。

京都

京都への貧乏旅行は割としやすいです。JRなどの鉄道はいくつも通っていますし、寺院などが多く、歩いて回れる場所も多いです。寺院が多く、入館料が必要なところもありますが、無料のところもあります。京都への貧乏旅行をするなら、春と秋の桜と紅葉シーズンは避けましょう。驚くほど観光客が増える時期なので、宿の値段も上がります。

行楽シーズンを外した時期に、鉄道各社からお得な格安切符が発売されます。各駅停車しかできない切符の場合もありますが安いです。出発時期に合わせて利用すればかなりの費用を抑えることができるのでおすすめです。

おすすめの海外貧乏旅行

格安の海外旅行はいろんな会社が取り扱っていますが、名前も聞いたことない旅行会社も多いのが現状です。格安の海外旅行のプランは、航空機が小さい会社のものであったり外国の航空機であったりする場合がほとんどなので、安全面は気になります。その他には、ホテルが治安が悪い場所にあったり汚かったりすることも多いです。

その中でも年中ツアー価格が安定している国は、ベトナムです。高い時期と安い時期の変動があまりないので日本からは行きやすい国です。航空券だけ買って、現地でホテルなどを取った方が安くなりますが、慣れてない場合はツアーの方が安全です。

シンガポール

アジアの中でも物価の高いのがシンガポールです。アジアだから物価が安いと思って行くと驚いてしまいます。物によっては日本よりも高いこともあります。観光地はそれほど多くはないですが、きれいな国です。買う物、食べる物はそれほど安くないです。

タイ

タイは日本より物価が安く、世界遺産などもあり観光地として世界的にも人気があります。年中暑いので、移動が徒歩ではできないので交通費がかかります。寺院などが多く、日本では見られない風景に感動してしまいます。

中国

中国は、大気汚染などの問題もあり観光客が減っています。素晴らしい世界遺産があるので観光地もありますが、以前のように人気はないので格安で行くことができます。ツアーも激減しているのであまり選べません。最安値で2万円から3万円代で行くことができるので、お手軽でおすすめです。

ハワイ

ハワイは世界のリゾート地で一年中とても人気が高い国です。何をするにしても高いので、貧乏旅行するには難しいです。とはいえ、費用を抑えて旅行することはできます。まずは旅行会社のパッケージツアーで申し込んだ方が安くなります。節約できるところは、航空機とホテルです。

パッケージツアーでも、日本の航空機に乗ろうとすると料金は高くなります。安全を買うために日本の航空機に乗る人は多いのですが、気にならない人は海外の航空機で安く行くことができます。

次にホテルです。ハワイは治安が割と良くて日本人にも人気がある国なのでそれほどエリアにこだわって宿泊しなければ安くなります。ワイキキビーチ周辺から少し距離があるホテルは少し安いです。

ヨーロッパ

ヨーロッパは広く、日本からは遠く飛行機で14時間から20時間ほどかかります。貧乏旅行といっても、費用も日数もかかってしまいます。世界遺産もたくさんあり魅力的な国々が多いので、ツアーで行けば20万から30万円くらいはします。

ヨーロッパに慣れている人は、ツアーではなく航空機だけ安全な会社のチケットを買い、ホテルやツアーなどは現地で手配します。その方が安くなります。

貧乏旅行におすすめの宿泊施設

貧乏旅行におすすめの宿泊施設は、優待券や割引券が発行されているホテルを選び、駅や観光スポットから離れたホテルを選ぶことです。国内は言葉も治安も理解しているので宿泊施設の選び方もスムーズにいきますが、海外ですと観光地から離れてしまうと安いのですが治安が悪くトラブルに巻き込まれることもあります。

海外で駅や観光地から離れたホテルをおすすめできるのは、ハワイくらいです。その他の国は、しっかりと安全な場所にある調べてから宿泊しましょう。

貧乏旅行の平均予算

貧乏旅行の平均予算は、国内であれば最低でも5万円~8万円くらいです。行く場所によって違いはありますが、おおよそこの程度と考えていいでしょう。海外になると、ハワイは8~10万円、タイは6~8万円くらいです。ヨーロッパやスペインは遠いので20~30万円くらいはします。貧乏旅行とはいえ、遠くに行けば行くほど旅費はかさんでしまいます。

経験や知識が多いほど、海外で貧乏旅行をしても大成功できるはずです。

家族連れにおすすめの貧乏旅行プラン

家族連れて貧乏旅行をするとやはり費用がかかります。家族で行くなら、格安切符などを購入して安く旅行ができる国内旅行がおすすめです。

海外のように安心を買わなくても良い分安上がりになります。鉄道を利用していくのも良いですが、夜行バスや長距離バスなども座っているだけで連れて行ってくれてしかも費用は安いので貧乏旅行には欠かせない移動手段です。

貧乏旅行から学ぶ

貧乏旅行をしようと思い立ったら、どうやって乗り換えなどをして安く行くかなどを計画を立てたり予算合わせをしながら進めるので、かなりのプランニング力は身に付きます。

旅行会社のプランのまま行くよりはやりがいもあり面白いです。一度貧乏旅行をしてしまうと慣れてきて自身も付くので、人生の楽しみの一つになること間違いなしです。

関連記事

Related