Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】なぜ「結婚は地獄の始まり」と言われるのか

Author nopic iconALICE
結婚 / 2018年01月19日
【男女別】なぜ「結婚は地獄の始まり」と言われるのか

なぜ結婚は地獄の始まりと言われるのか

誰も地獄をみたいから、結婚しようとは考えません。結婚しようと思う相手は「この人以上に素敵な人は、この先現れない。ずっと一緒にいたい」と思うからこそプロポーズをし、相手も受け入れて、晴れて夫婦となる訳ですが、世の中そんな甘い結婚生活が待っている訳ではありません。「結婚は地獄の始まり」と言われる理由は、一体何でしょうか。

結婚してから知った相手の許せない癖、お金の価値観、性格の不一致、子育てへの理解、拘束される時間など、自分だけの時間は確実に減ります。また、感謝の気持ちも薄れてきて、してくれたことに対しては「ありがとう」ではなく「当たり前」になり、伝えなければならない気持ちも「分かってくれるだろう」と、会話をしなくなってしまいます。

そんな生活が続いたら「何のために結婚したんだろう。結婚する前は良かった」と失望してしまうのも無理はありません。そう思い始めてしまったら、地獄の始まりです。

結婚は地獄だったエピソード

男性編

結婚し家族を持ったら、男性は家族のためにいろんな社会のストレスと闘わなければなりません。嫌な仕事でも、家族のために歯をくいしばり頑張らなくてはなりません。

ですが「あなたはいいわよ。外で生き抜きできて。飲んでばっかりで」と、家に帰ればこんなことばかり言われてしまうと、一体何のために毎日働いているのか分からなくなります。「結婚しないほうが楽だった。家に帰りたくない」と思い始めたら、地獄の始まりです。

女性編

女性は結婚したり、子供を産んだりすることで社会との繋がりがとても薄くなります。仕事が終わっても、家に帰れば家事・育児があります。時間を忘れて遊べる時間なんて一切ありません。

そこにつけこんで旦那に仕事と称しやりたい放題されたら、「何のために頑張っているんだろうわたしは家政婦か」と感じてしまうでしょう。そんな日々が続くと考えると、地獄の入口に立たされた気分です。

結婚は地獄の名言の由来

「結婚は人生の墓場である」という意味は、お互いが良い所だけを見せ合って、好きという感情を昂ぶらせることが恋愛であり、結婚してお互いの本当の姿を知ってしまうことでショックを受け、理想と現実がかけ離れているということからです。

簡単に言えば「こんなはずじゃなかった」の積み重ねです。

結婚を地獄だと感じる後悔への対処法

あきらめる

何事もあきらめてしまいましょう。「こんな人を選んだのは私自身なんだから、しょうがない」「この人はこの程度なんだから期待するだけ無駄だわ」と、期待することを辞めましょう。

期待してしまうから裏切られたという感情に負け、一気に地獄に落ちた気分になってしまいます。人間は諦めが肝心というように、諦めがつけば案外相手のすることに対して何とも思わなくなります。

ストレス発散

今の結婚生活に対して、同じ境遇や思いをしてる人たちと愚痴を言い合いましょう。子どもがいるなど離婚できない状況下では、気持ちを外に吐き出すだけでもまた頑張れる糧となります。また、自分の好きなことに熱中することも、良いストレス発散になります。地獄への遠回りを見つけていきましょう。

気持ちが軽くなれば後悔の念は軽くなります。かといって、離婚しようにも簡単にはできません。対処する方法で、いつかはこの問題が解決すれば良いですが、つもりに積もってしまうと、離婚を回避できません。後悔しているのであれば、前向きに頑張ることもできます。それも結局のところ、自分の気持ち一つです。

国際結婚が地獄だと感じる理由

日本人同士でもなかなか上手くいかない結婚生活です。国も違う、文化も違う外国の人との結婚は、お互いに妥協や理解がなければ、すぐ地獄だと感じてしまうに違いありません。どんな文化の違いや価値観の違いがあるのかご紹介します。

韓国

韓国は、長幼の文化が根強く残っています。これは、日本でいうところの「長幼の序」という言葉に似ています。

韓国では初対面の相手でも年齢を確認することが珍しくありません。日本でこんなことをすると、失礼にあたります。若年者が年長者を敬うことはとても素晴らしいし、当たり前のことですが、日本で初対面の相手にこのような質問をされると、気分を悪くさせてしまいます。

また、韓国は美容大国としても有名です。結婚し、子どもが産まれてから「あれ、俺たち二重なのに、何で子どもは一重なんだ」と、必要のない詮索をしてしまいます。

それに、今は良いですが、何十年かしたら顔が別人になっている可能性もあります。韓国では整形が普通のことですが、これも何度も繰り返すとなるとお金がかかります。理解し、理解されないと、結婚は地獄になりかねません。

結婚が天国になる場合と地獄になる場合の違い

結婚が天国となる場合は、毎日「しあわせ」だと感じる瞬間が一秒でもある場合です。どんなに辛くても、妻や子どもの笑顔を見たら頑張れたり、また逆に夫のために美味しいご飯を作ってあげたい、とレシピを考えたりしてる瞬間が一秒でもある場合です。これは、相手を「思いやる」瞬間がある証拠です。このような夫婦は地獄とは無縁です。

では逆に、地獄となる場合はどんな状況でしょうか。お互いが居ない存在とし、会話もなくなり、ただの「同居人」となってしまった場合です。そんな場所に、誰も帰りたいと思わないでしょう。そんな環境を作ってしまうのも、お互いの「思いやり」のなさからです。

天国も地獄も、「思いやる」ことで、相手の存在を尊重できるかどうかにかかっています。

結婚が地獄だと思った嫁の行動

「妻が仕事だと思い、高熱の中自分で車を運転し病院へ。ある日、実は仕事ではなく、浮気相手と過ごしていることを知った。本当の地獄を味わった」
逆に地獄へ送ってやりたいような行動です。結婚すると灯台下暗しで、案外気がつかないことも多いでしょう。

「朝から晩まで仕事をして帰り、やっと美味しい夕飯が食べられると思ったら、食卓に並んでいるのは冷凍食品やスーパーで購入したお惣菜ばかり。横ではソファーに寝転がって、お菓子を食べながらテレビを見て爆笑している妻」
地獄です。よっぽど独身で家に帰り、カップラーメンを食べている方がましです。

「専業主婦で、子どもがいる訳ではないのに、家が汚い。掃除が苦手だとしても、やろうという痕跡が見られない。一日何していたんだと思う」
疲れて帰ってきて、部屋が汚いと疲れもとれません。これが毎日続くと思うと地獄です。

「結婚した途端に、身だしなみや女性らしさに気を使わなくなった。これで浮気するなとか、愛してほしいというのは、ルール違反」
男性にとってこれは地獄です。しっかり、愛されるために自分磨きに励みましょう。

結婚が天国になるも地獄になるも自分の気持ち次第!!

結婚するまでは相手を好きという気持ちが大きくて、幸せな結婚生活しか思い浮かびません。この時点で地獄などという言葉は、一切出てきません。では、結婚したら必ずしも地獄の始まりなのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。結局のところ、幸せな夫婦はお互い歩み寄って、妥協・尊重しあいながら毎日「共に」生きています。地獄だと感じている夫婦は、自分が一番で自分のことしか考えず、毎日個人として「別に」生きています。

地獄にしているのは、自分自身の心であり相手の責任でもありません。何もかもがうまくいくことなんて、絶対にありえません。うまくいくように、お互いが協力して支えあうからこそ、地獄から無意識に遠ざかっています。

結婚した当初は、きっとそんな気持ちもたくさん伝えあえていたはずです。今、地獄だと感じているのであれば、小さな「しあわせ」から見つけていきましょう。きっと何かが変わるはずです。