Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

Author nopic iconmiii
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

季節別のガウチョのコーデ

大のガウチョパンツは、この秋冬も引き続きが継続しています。メンズ・レディースともに今や定番のボトムスとなっています。街を歩いていても、ガウチョパンツを履いている人を見かけることが多いのではないでしょうか。合わせるアイテム次第で、カジュアルファッションにもキレイめコーデにも対応でき、かつオシャレにみえるのがの秘密です。

そしてガウチョは、素材感や合わせるアイテムによって、春・夏・秋・冬とオールシーズン活躍するボトムスです。季節が変わると、何を合わせたらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、季節別・レディース・メンズに分けて、ガウチョのコーデを紹介します。

レディース

寒い冬から暖かい春の季節に変わると、洋服も明るく春らしいものに目がいきます。画像は、デニム素材のガウチョ×ロゴカットソー×スニーカーのカジュアルコーディネートです。

春らしさをプラスするには、爽やかさを感じる白のレディライクなロングカーディガンを羽織るのをします。まだ肌寒さの残る季節のアウターとしても使え、また旬のアイテムはオシャレな印象を与えます。

エレガントなデザインのロングカーディガンは、カジュアルスタイルに女性らしさをプラスしてくれます。

メンズ

ガウチョは、裾広がりで短め丈が多いので、着こなしが難しそうと敬遠している方も多いのではないでしょうか。メンズのガウチョコーデは、子供っぽくなりすぎない、落ち着いたトーンの色で統一するのをします。

ユニクロの黒ガウチョ×白のオーバーサイズ有数ス×デニムジャケットのコーディネートは、足元に革靴を持ってくることで、きちんと感をだすのがポイントです。有数スに白を持ってくることで、春らしい爽やかさもあり、大人のカジュアルガウチョコーディネートに仕上がっています。

レディース

暑い夏にこそ、ゆったり感のあるガウチョパンツがです。薄手で通気性のある素材を選ぶことで、着こごちのよさを兼ね備えた旬のコーディネートが完成します。

共布のウエストリボン付きのガウチョは、女性らしさを感じさせるデザインです。白有数スにカーディガンを肩掛けをして、オシャレに羽織ものを持ち歩きましょう。冷房・日焼け対策にもなり一石二鳥です。足元は、シルバーのサンダル、ハットの素材感で夏らしさをプラスしましょう。

メンズ

オーバーサイズのロゴTシャツ×ガウチョを合わせたリラックス感のあるコーディネートです。有数ス、ボトムスともにゆったりとしたシルエットは相性抜群ですが、一歩間違えると子供っぽいコーディネートになりがちです。モノトーンで統一することで、落ち着いた大人のガウチョコーディネートに仕上がっています。

レディース

秋のガウチョコーデは、秋らしい深みのある色や素材を取り入れると、雰囲気が変わります。裾広がりの茶のガウチョに、短め丈のデニムジャケットがバランスよくまとまっているコーディネートです。

ガウチョは、バランス感が難しいですが、ボリューム感のあるボトムスには、コンパクトな有数スを合わせることでしっくりとまとまります。足元は、今年も継続中のスニーカーを合わせることで、今年らしいコーディネートに仕上がっています。

メンズ

一見合わせるのが難しい、ボルドーのガウチョが目を引くコーディネートです。ボルドーを加えることで、秋らしい印象に変わります。赤よりも落ち着いた印象で、コーディネートのアクセントにもなるので、普段のコーディネートにも取り入れやすいでしょう。

ネイビーのシャツ×グレーのカーディガン×ボルドーのガウチョと、配色のバランスが取り方が絶妙な上手さです。伊達メガネなどの小物類をプラスすることで、よりオシャレ度が増します。