Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

Author nopic iconmiii
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【季節別】ガウチョのコーデ|黒/緑/白/水色

ベージュは、素材感の違いでオールシーズン使える万能カラーです。ベージュのガウチョパンツ×デニムシャツ×茶のショートブーツを合わせた、相性抜群のコーディネートです。

シンプルなアイテムだからこそ、シルエットは重要です。程よいサイズ感のものを着こなすことで垢抜けて見えるので、納得がいくまで試着してみるといいでしょう。バッグには、スカーフを巻いてトレンド感をプラスしています。

グレー

黒よりも柔らかい印象があるグレーのガウチョパンツに、ニット×シャツを合わせたメンズライクなコーディネートです。暗くなりがちな配色ですが、白シャツが明るさを出してくれています。

裾から少しシャツを覗かせるのもメンズコーディネート風ですが、細身の女の子がだぼっとしたシルエットの洋服を着て大きめリュックを持つと、どことなく可愛くみえます。あえて、メンズのゆったりシルエットのものを着るのもです。

キャメル

ふわふわ素材のニット×ガウチョを合わせた、大人のエレガントなガウチョコーディネートです。シンプルなアイテムは着回し力抜群なので、靴下・ネックレス・帽子などの小物使いで印象を変えましょう。

ニットのふわっとした素材感とパンプスに合わせた白の靴下を合わせることで、可愛らしさを演出できます。

ピンク

淡いピンクのガウチョ×白有数ス×アウターのコーディネートです。甘くなりがちなピンクガウチョは、黒のアウターと黒パンプスを合わせることで、甘辛ミックスにまとまります。

ピンクは、可愛くなりすぎて抵抗があるという方には、顔回りに近い有数スよりもボトムスにピンクを取り入れると、比較的抵抗なく着ることができます。ピンクのアイテムは、エレガントな雰囲気も感じられるので、気になっている方はまずは試着をしてみてから、取り入れてみるといいでしょう。

茶 花柄

レトロな花柄プリントのガウチョパンツを使ったコーディネートです。花柄というだけで、女性らしい雰囲気が感じられます。プリント柄には無地が合わせやすく、ガウチョと同系色の茶のニットを合わせることで統一感がてています。

茶とトレンドのカーキ色のベレー帽も、秋色でまとまっていて可愛らしいコーディネートです。無地のニットにブローチを合わせることで、アクセントになっています。

赤チェック

インパクトがある赤チェック柄のガウチョパンツは、有数スに黒を持ってくることで、可愛らしい赤チェック柄を引き立てています。細身の有数スは、インしてベルトでウエストマークすることで、すっきりとみえます。

有数スは、黒を合わせると大人っぽさもある可愛らしい印象ですが、他には赤と相性のいいグレーを合わせると、ややソフトな印象になります。明るい印象にしたいならベージュ色もです。

足元は、コンバースで合わせていますが、黒の革靴を合わせるときちんと感がでてかつ可愛くまとまるでしょう。

ダーク色チェック

チェック柄は、ダークな色になるほど無地感覚で着まわせるので、意外と合わせやすいアイテムです。クラシカルな雰囲気やトラッド風コーディネートが好きな方にです。チェックのガウチョパンツには、無地が合わせやすいでしょう。グレーの有数スにスニーカーとロングカーディガンを羽織ることで、今っぽさをだすことができます。

帽子は、抵抗のある方も少なくないでしょう。しかし、帽子をかぶるだけでぐっとお洒落にみえます。今年は、特に帽子は大なので、自分に似合うタイプや色のものを取り入れてみてください。

デニム素材のガウチョコーデ

デニム素材を使用したアイテムは、世界中の多くの人々に愛されています。中でもブルーデニムは、ジーンズやデニムシャツにジャケットなど、ワードローブに1着は持っているという方が多いでしょう。

ガウチョにもデニム素材のものが多くあります。コーディネートがしやすく、季節を問わずに1年中着ることができるところがの秘密です。ここでは、デニム素材のガウチョを使ったコーディネートを紹介します。

キャップを合わせて

ユーズド感のあるロング丈デニムガウチョ×ピンク系カットソーを合わせた、可愛らしいコーディネートです。全体的にボーイッシュなアイテムが多いのですが、ピンク色の袖がふんわりとしたシルエットのバルーンスリーブカットソーをプラスすることで、女の子らしいコーデにまとまっています。

キャップを合わせるとメンズライクなコーデになりがちですが、ピンク色を取り入れることでふんわりと可愛らしくまとまっています。