Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

Author nopic iconaynn1
性格・タイプ / 2018年01月19日
【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

ヒステリーな女性の特徴は?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

外面が良いが、相手によって態度が変わる

ヒステリーな女性の特徴として、外面が良いことが挙げられます。プライドが高く、自分の欠点を隠そうとするために、初対面ではかなり感じの良い人が多いでしょう。

ヒステリーな女性の怖いところは、相手によって態度が変わるところです。初対面では愛想がよく感じても、一度下に見られてしまうと態度がガラッと変わるという特徴があります。突然偉そうな態度をとったり、見下されたりするので、相手も戸惑ってしまいます。

対して、目上の人や自分がかなわないと思う相手に対しては、愛想がよく、目に見えて相手に取り入ろうとするという特徴があります。

嫉妬心が強く、妬みやすい

ヒステリーな女性は、嫉妬心が強く、相手を妬んでしまいがちです。一度でも気に入らないことをされたら、そのことをずっと根に持ち続け、相手の評価が覆ることはありません。

また、いつでも自分が一番でないと気が済まないというのもヒステリーな女性の特徴です。自分よりも目立っていたり、優秀だったりする女性に対しては、主だった理由が無くとも嫌悪感をあらわにします。

自己愛が強く、自分の非は認めない

ヒステリーな女性は、自己愛がとても強いのが特徴です。

人の失敗にはとても神経質で、厳しく言及します。しかし、自分の失敗には甘く、同じ失敗でも笑って済ませようとしたり、人のせいにしたりします。

また、自分の中でのルールが多く、そのルールへのこだわりが強いのも特徴です。自分の中のルールが破られると、相手のことが許せなくなって怒りだします。

基本的に人の話は聞かず、自分の非は認めないので、ヒステリーな女性が怒りだしたら、冷静な話し合いはできないと言って良いでしょう。

些細なことでカッとなり、自分の感情をコントロールできない

ヒステリーな女性は思い込みが激しく、何気ない会話でも、自分への悪口だと受け取ってしまうという特徴があります。一度そう思い込んだら、どう弁解しようが聞く耳は持ちません。怒りの沸点も低いので、すぐに激怒につながります。

ヒステリーな女性の怒りかたは、大声をあげて怒鳴り散らしたり、ものに当たったりと、かなり激しいものになります。

ヒステリーな女性が彼女であったり、上司や同僚である場合は、かなりの覚悟を持って付き合っていかなければならないでしょう。

ヒステリーな男性の特徴は?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

些細なことで怒り、大声で怒鳴り散らしたり暴力的になる

ヒステリーな男性の特徴として、怒りだすと声が大きくなるということが挙げられます。怒りの大きさに応じて声も大きくなっていくため、周囲の人間は驚いて委縮してしまいます。

なおかつ、その怒りのトリガーとなるものがわかりづらいというのも特徴です。普通に会話をしていたと思ったら怒りだしたり、数分待っただけで仕事が遅いと怒ったりします。

怒鳴り散らすのに加えて、暴力的になる場合もあります。大抵は物に当たって、大きな音を出したり、ものを壊したりします。人に手を挙げてしまう場合もあるので注意が必要です。

些細なことを根に持って指摘してくる

ヒステリーな男性は、女性の場合と同様、自分の中でのルールを持っており、それをかたくなに守ろうとするという特徴があります。それが破られたときのことを決して忘れず、周囲から見れば些細なことを、いつまでもぐちぐちと指摘します。

また、ヒステリーな男性は、女性的な一面を持っていると言えます。

女性は、感情で物事を記憶します。例えば自分が怒りを感じたとき、過去に怒りを感じたことが次々に思い出されます。

同じようにヒステリーな男性も、相手に怒りをぶつけるとき、相手の過去の過ちも引き合いに出して、いつまでも攻め立てるという特徴があります。

ヒステリーな妻や、母親の特徴は?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

感情の起伏が激しい

ヒステリーな妻の特徴として、感情の起伏が激しいことが挙げられます。これは、些細なことで怒りだすだけでなく、すぐに泣き出してしまうことも含まれます。特に、自分の理想と違ったり、意見を言われたりすることに対して過剰に反応し、すぐに泣いてしまう場合は、ヒステリーになりやすい妻だと言えるでしょう。

見栄っ張り

ヒステリーな妻の特徴として、常に自分が一番でありたいとおもっているところも挙げられます。他の家庭と自分の家庭を常に比較して、身の丈以上の生活を求めます。

それが実現できないと分かった時、周囲に当たり散らしたり、イライラしたりします。同様の理由で、目立ちたがりであったり、お金の使い方が荒かったりという傾向もあります。また子供がいる場合は、子供への理想も高くなります。学力や容姿に対して常に一番を求めるので、子供への接し方も厳しくなる傾向があります。

ヒステリーな人とそうでない人の特徴の違いって?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

ヒステリーな人とそうでない人の大きな違いは、感情のコントロールができているかできていないかでわかります。ヒステリーな人は、とにかく感情の沸点が低いことが特徴です。些細なことで怒りが頂点に達し、また、些細なことで泣き出したりします。これでは周囲の人も振り回され、疲れてしまうでしょう。

ヒステリーではない人は、不快なことがあったとしても、頭ごなしに怒ったりしません。その事象に対する背景などを考えて、話し合おうとするでしょう。

あなたはヒステリー?ヒステリーの特徴からチェックする診断項目

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

自分がヒステリーな傾向にあるのかどうか、意外と自覚していない人が多いです。ここでは、ヒステリーな人の特徴から、自分がヒステリーかどうかチェックする項目を作りました。

項目が多く当てはまった人は、怒る前に深呼吸をするなど、自分なりに対策をしてみてはいかがでしょうか。

・自分より目立つ人がいるのは許せない
・常に一番でいたい
・相手の少しの失敗でも気になって指摘してしまう
・一度不快な思いをさせられた相手のことは絶対に許さない
・間違いを指摘されるのは嫌い
・すぐに泣いてしまう
・相手の短所を探してしまいがち
・少しのことでイライラしてしまう
・怒ると物に当たってしまう

ヒステリーな人の行動パターンは?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

常に相手との優劣を図っている

常に相手と自分との間で優劣を図っている、というのがひとつ目の特徴です。ヒステリーな人は、相手との会話に出てくる事柄にいちいち張り合おうとする傾向があります。

相手が旅行に行ったと言えば、自分も行ったことがあると言い、子供が賞を取ったと言えば、自分の知り合いもとったことがある、などと負けじと張り合おうとします。何気なく話をしただけなのにこうも張り合われては、相手もいい気持ちがしないでしょう。結果的に、相手が離れて行ってしまう原因になってしまいます。

全てが自分の計画通りでないとイライラする

ヒステリーな人は自分の中で決まったルールがあり、そのとおりにならないとイライラしてしまうという特徴があります。

自分の中のルールであるにも関わらず、他人にもそれを守ることを求めます。それでいてルールの中身は相手に伝えないため、相手にとっては何の前触れもなく怒られた、というようにしか伝わりません。身近にいた場合は、かなり付き合いにくいタイプと言えるでしょう。

ヒステリーな人の外見の特徴は?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

ヒステリーな人は、自己顕示欲が強く、自分を良く見せようとする努力を惜しまないという特徴があります。外見的には、いつもきれいな格好をしていて、鏡を見れば化粧を直しているような女性に多いのが特徴です。

また常に目立ちたい、一番に思われたいとおもっているので、ブランドものを多く持っている傾向もあります。小物などのあまり目立たないところではなく、カバンや服など、一目でわかるようなところをブランドで着飾っているのも特徴です。

ヒステリーの原因は?

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

ヒステリーになってしまう原因として、相手への過度の期待が挙げられます。自分が期待した結果を相手が出せなかったとき、「スイッチ」が入って、怒りを止められなくなります。

これは仕事の話だけではありません。例えば対人関係でも、常に自分のことをわかってほしいと期待しているため、相手が的外れな行動をとったりすると、がっかりした気持ちが怒りとなって表れます。

「誰も自分を理解してくれない」「私ばっかり苦労している」といった感情が爆発して、ヒステリーにつながってしまいます。

ヒステリーとの上手な付き合い方を身につけましょう

【男女別】ヒステリーな人の特徴と原因|嫁/母親/症状

ヒステリーの人との付き合いは、相手をする側も疲れてしまうことが多くあります。しかし、上手な付き合い方を身に着ければ、決して難しいものではありません。

ヒステリーな人との付き合い方として、まずは相手に同調してあげることが大切です。ヒステリーな人は、自分の気持ちを分かってほしくて訴えている場合が多いです。なので、否定や意見を言う前に、「それは大変でしたね」と、一度受け止めてあげましょう。

この段階を踏むことで、相手の気持ちは大抵落ち着いてきます。

また、自分がヒステリーだという自覚がある場合も、相手と上手に付き合う努力をしましょう。怒る前に一度深呼吸を心がけたり、自分がイライラしていることを事前に相手に伝えておくことも効果的です。

お互いに良い距離を保つことで、気持ちよい日々を過ごしましょう。

関連記事

Related