Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】臆病な人の特徴・心理・シャイな人との違い|恋愛

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年11月21日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】臆病な人の特徴・心理・シャイな人との違い|恋愛

男女別臆病な人の特徴・心理

【男女別】臆病な人の特徴・心理・シャイな人との違い|恋愛
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of scared · Pexels

自分の性格は、臆病者だと感じている人もいれば、周りから臆病な性格だと言われている人もいるでしょう。臆病な人だと感じている人にはどんな特徴があり、どんな心理が働いているのでしょうか。

男女別に見ていきましょう。

男女共通の心理や特徴

男女問わず臆病な人の心理には、「自分に自信がない」「周りの人の自分に対する評価が怖い」という心理から、決断力に欠ける、積極性に欠けるといった特徴があると言えるでしょう。

人は多かれ少なかれ臆病な一面と持っています。まったく恐怖心がないという人は存在しないでしょう。なぜならば、意識的にも無意識でも自分を守るという意識が働いているからです。まったく自己防衛反応がないということは、生きられないことを意味しているとも言えます。

もし、自分は臆病な性格だ、臆病な人だと感じている人は、必要以上に心配する必要はありません。

臆病な男性の心理や特徴

いつしか恋愛において積極性に欠ける男性のことを草食系男子などと呼ばれるようになりましたが、こういった男性も臆病な人の特徴の1つと言えるでしょう。自分に自信がなく、断られるのが怖いため、自分から積極的に女性に声をかけられない、誘えないといったことに繋がっているのではないでしょうか。

また、変化を嫌う傾向があり、何か行動をおこすことでうまくいかなくなるのが怖いといった心理があるのでしょう。人が成長する過程にはどこかで必ず変化が必要です。しかし、その変化のあとどう変わるのかは未来の出来事なので、誰にも結果はわかりません。わからない=怖いという心理があるため、積極性に欠けてしまうといったことが考えられるでしょう。

臆病な女性の心理や特徴

【男女別】臆病な人の特徴・心理・シャイな人との違い|恋愛
※画像はイメージです
出典: Crying - Free pictures on Pixabay

女性は、元々家を守るという役目があったことから、男性に比べて積極性に欠ける女性は多いでしょう。また、恋愛などにおいても、告白は自分からするよりも男性からの告白を待っているタイプの人は多いのではないでしょうか。

自分に自信がない、振られるのが怖いという心理が働いているとも言えますが、女性特有の心理でもあると言えるでしょう。仕事などにおいても、自分が率先して先頭に立ち、仕切っていくというよりも、女性ならではの細やかな配慮や気配りでサポートにまわるのが得意な人も多いです。

こういった周りを支えるタイプの行動が得意な人が臆病な人と勘違いされてしまうこともあるでしょう。

臆病な人の仕事の特徴

仕事において臆病な人の特徴は、自分で判断をして行動するのが得意ではないということが言えるでしょう。失敗したらどうしよう、自分の判断が間違っていたらどうしようと考えてしまうことが多いためです。根底は自分に自信がないということが原因であると考えられます。

その結果、指示がなければ何もできないという人が多いのが臆病な人の仕事の特徴であると言えます。

臆病な人の恋愛の特徴

臆病な人の恋愛は、自分から告白する、自分からデートに誘うといった行動ができない人が多いという特徴があります。自分に自信がないというのが原因としてありますが、断られるのが怖いと考えてしまう人が多いということも原因になっているのでしょう。

臆病ではない人は、忙しくてこの日は無理だから、また別の日に誘ってと言われれば、予定を変更して誘うことができますが、臆病な人は断られると自分のことが嫌いで断られたのではないかと必要以上に考えすぎてしまう特徴があります。

臆病な人が好きになってしまった場合は、自分から積極的な誘う、電話してくれてうれしい、誘ってくれてうれしいなど相手に対して自分の気持ちを伝えることがとても大切です。

臆病な人か特徴からチェックできる診断項目

自分は臆病な人かチェックしてみましょう。「NO」が多い人は臆病な人の可能性が高いです。

<臆病な人の特徴から考える臆病な人チェック診断>

1.道に迷ったら、知らない人に声をかけ、道を尋ねることができる
2.好きな人に自分から告白することができる
3.仕事のやり方がわからないときは、先輩などにすぐに聞くことができる
4.自分から友達を遊びに誘うことができる
6.買い物をして、おつりが100円足りなかったとき、店員さんに言える
7.道で困っている人が見かけたら、声をかけられる
8.自分の苦手なタイプの人から告白されたら断れる
9.お財布がピンチなときに、友達から誘われたら断れる
10.レストランで注文したものと違うものが来てしまったら、「注文していません」と言える

あなたは、いくつ当てはまりましたか。

臆病な人が嫌いと思われてしまう特徴

臆病な人のどんな特徴が周りの人に嫌いだと思われてしまうことがあるのでしょうか。

臆病な人は、断られることが怖いと感じてしまう特徴があるため、優柔不断になってしまう傾向があります。どっちがいいと聞かれたら「どっちでもいい」と答えてしまったり、どこに行きたいと聞かれて、「どこでもいい」と答えてしまう人は注意しましょう。

また、仕事において自分から積極的に仕事を見つけて行動するのが苦手だという特徴があるため、指示された以外のことをまったくやらないと会社の中で嫌われてしまう可能性があります。仕事が早く終わったら、「何かありますか」「お手伝いできることはありますか」と周りの人の声に声をかけるようにしましょう。

シャイな人と臆病な人の特徴の違い

シャイな人と臆病な人には、どんな特徴の違いがあるでしょうか。

シャイな人も、臆病な人も積極的に自分から話しかけるのが得意ではない人は多いでしょう。そういう意味では似たような特徴であると言えますが、シャイな人は、人から断られることが怖くて話しかけられないのではなく、恥ずかしさから話しかけることができないだけです。

自分に自信がなく、行動できないわけではないので、仕事などにおいては自ら進んで積極的に仕事をすることができます。また、シャイな人も大勢の人の前で話すことは得意ではないというのは臆病な人の特徴と似ていますが、仕事に対して自信がないわけではないので、必要なときはしっかり準備をして行動することができます。

自信がない人と恥ずかしがり屋というのは、行動としては同じような特徴がありますが、自分に自信がある人は、自ら進んで行動をおこすことができるのは大きな違いであると言えるでしょう。

臆病な人とそうでない人の特徴の違い