Search

検索したいワードを入力してください

心を開かない人の特徴とは・あなたのタイプを診断・チェック項目

Author nopic iconShizuru_M
人間関係 / 2018年05月16日
心を開かない人の特徴とは・あなたのタイプを診断・チェック項目

男女別心を開かない人の特徴とは?

なかなか心を開かない人に出会った事はないでしょうか。また、自分自身が人に心を開くのに時間がかかるという人もいるでしょう。人に心を開かない人にはいくつかの特徴があります。

まず、心を開かない人の特徴について性格、行動、見た目の3つの観点から男女別に見て行きましょう。

性格

人に心を開かない人は、内向的な性格の人が多いですが、表面上は明るく見える人もいるでしょう。男女で外から見える性格の特徴に違いがある場合もあります。

男性

男性の場合は、人に心を開かない性格だという事が、外から見て比較的わかりやすい事が多いです。人付き合いが苦手だったり、口数が少ないなどの特徴から、あまり人に対して心を開かない性格だという事がまわりからもわかりやすいでしょう。人との積極的な関わりを避けたり、元々人にあまり興味がないという性格的特徴を持つ人もいます。

女性

女性の場合は、男性のようにわかりやすく内向的な場合もありますが、表面上は普通に人と付き合っていながら、本心はまったく見せず、心が閉じているというタイプの人も多いでしょう。心を開いて本当の自分を見せるのが怖いと感じていたり、人に心を開いて傷つくのを恐れている場合もあります。男性に比べて、表面上ではわかりづらい性格の特徴を持つ人が多いと言えるでしょう。

行動

人に心を開かない人の行動も、男女別で違いが出ます。その行動の特徴についてご紹介しましょう。

男性

男性の場合は、会社の飲み会などにはまったく参加しなかったり、休日も友人と出かけたりはせずに一人で出かけるなど、一人行動が多い特徴があります。独自の趣味を持ち、自分の世界を作って行動していて、その世界からはなかなか出て来ない人もいるでしょう。人と会ったり会話をする事が苦手で、休日は一人で家にいる事が多い男性もいます。

女性

なかなか人に心を開かない女性も、一人行動が多いでしょう。しかし、大人数で集まる事は苦手でも、ごく少数の気の合う相手とはよく会っている事もあります。ごくわずかな人にだけは心を開いて、その人の前ではとてもよく話したり、リラックスして心を開いている事もあるでしょう。

見た目

人になかなか心を開かない人の、見た目の特徴はあるのでしょうか。実は、見た目は男女によって大きな違いが出る場合があります。その特徴について見て行きましょう。

男性

人にあまり心を開かない男性の場合、人と関わる事が少ないので、自分の見た目に無頓着な場合があります。人にどう見られるかという事にあまり興味がないので、積極的にお洒落をしたり、自分の服装を気にする事が少なくなります。このため、自分の見た目に気を配っている人は少ないでしょう。まれに、自分独自のファッションセンスにとてもこだわり、お洒落な人もいるでしょう。

女性

あまり人に心を開かない女性は、見た目はまったく普通の人が多いでしょう。時々、ほとんど家から出ない生活をしている人などは、見た目が少しだらしなくなる事があります。人に心を開かない女性でも、お洒落にはとてもこだわる人もいます。芸術的なセンスを持っていたり、アートやモード系の学校に通うような人もいるでしょう。

心を開かない人の恋愛の特徴とは?

それでは、人に心を開かない人はどんな恋愛をするのでしょうか。なかなか心を開かない人の恋愛の特徴について解説します。

臆病

人に心を開かない人は、恋愛が臆病になる事があります。傷つくのが怖くて、なかなか心を開いて好きな相手と接する事ができません。断られる事ばかり考えて、相手をデートに誘う事ができなかったり、偶然にどこかで会えたとしても話せなかったりなど、恋愛に対してとても臆病な特徴を持つ人が多いでしょう。

不器用

心を開かない人は、恋愛に対して不器用な人が多いです。好きな相手と出会うと緊張して好き避けをしてしまったり、相手に冷たい態度をとってしまう人もいます。好きな相手と上手にコミュニケーションできない特徴を持つ人が多いと言えるでしょう。

片思いが多い

人になかなか心を開かない人は、恋愛が片思いで終わる場合も多いでしょう。恋愛関係も一つの人間関係なので、相手に心を開けないと、恋愛の成就は難しいでしょう。また、最後まで告白できずに終わるパターンもあるでしょう。

心を開かない人の特徴別の原因

傷つくのが怖い

心を開かない人の中には、傷つく事を過度に恐れる特徴を持った人がいます。このような人達は、心を開いて人と関わる事で傷つくのが怖いので、人になかなか心を開かないでしょう。

こうした、傷つく事を過度に恐れる特徴を持った人達は、子供時代のいじめや、親との関係が上手く行かなかったなど、人との関わりの中で幼い頃から傷ついた経験を持っている人が多いでしょう。このような経験が原因となって、なかなか人に心を開けなくなる場合があります。

人に興味がない

そもそも人にあまり興味がなく、人に心を開かない人もいます。このような特徴を持つ人達は、他人と関わったり、一緒にいる事自体にあまり意味を感じません。良い意味ではドライだとも言えますが、薄情なタイプだとも言えるでしょう。

このような人達は、子供の頃から誰かと愛情に溢れた関わりを持つ機会が少なく、思いやりや愛情を感じるチャンスが少ない育ち方をした可能性があります。人に温かさや優しさを与えられた経験が少ないので、人に興味を持ったり、人に心を開く事にあまり意味を感じない事が多いでしょう。

心を開かない人の特徴別の接し方

前の見出しであげた「傷つくのが怖い」「人に興味がない」などの、人に心を開かない特徴を持った人には、どのように接したら良いのでしょうか。

まず、傷つくのが怖くて心を開かない人には、急に心の距離をつめようとせずに、少しずつ優しく近づく事です。自分が相手を傷つける存在ではないと、だんだんわかってもらう事で、心を開いてくれる事があります。

人に興味がないタイプの人には、押しつけがましくない程度に、いつも優しさや思いやりを示してあげる事が大切です。すぐに心を開いてもらうのは難しくても、少しずつ相手に興味を持ち始め、心を開いてくれる事があるでしょう。

心を開かない人の特徴から診断するチェック項目とは?

それでは、なかなか心を開かない人を、特徴から診断するにはどうすれば良いのでしょうか。診断する時のチェック項目について、主なものを3つご紹介しましょう。

笑顔が少ない

心を開かない人は、いつも心の扉を堅く閉ざした状態なので、笑顔が少ない人が多いでしょう。たとえ笑っていても、目が笑っていないような、不自然な笑顔だと感じる事もあります。

一人行動が多い

一人行動がとても多い人は、心を開かない人である可能性があります。まわりの人に興味がないので、一緒に行動する必要を感じないでしょう。

本心が見えない

心を開かない人の特徴として最もわかりやすいのは、常に本心がよく見えず、まわりにも何を考えているのかよくわからないと感じさせる所です。心を開いていないので、考えている事や本当の性格が表に表れる事もありません。非常にクールで、孤独な印象を与える場合もあります。

心を開かない人と出会ったときには

ここまで、心を開かない人の特徴や接し方、診断方法についてご紹介しましたが、あなたのまわりにもなかなか心を開かない人がいるのではないでしょうか。心を開かない人と出会ったら、無理にその心をこじ開けようとしてはいけません。もし、その人と本当に仲良くしたいと思うなら、少しずつ時間をかけて心を開いてくれるのを待つ事です。

普段なかなか心を開かない人が、あなたに心を開いてくれたとしたら、お互い一生続くような深い信頼関係で結ばれる事もあります。そして、もし近い将来なかなか心を開かない人と出会った時には、この記事を思い出しながら、より良い関係作りのヒントにしてください。

関連記事

Related