Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】動物に好かれる人の特徴とスピリチュアルな特徴

Author nopic iconkuritch
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年11月20日

更新日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】動物に好かれる人の特徴とスピリチュアルな特徴

男女別動物に好かれる人の特徴

動物に好かれる人に悪い人はいないと聞きます。おそらくそれは間違いないことでしょう。動物をつうじて優しさが滲み出ていて、その特徴的な雰囲気は動物にも伝わると言えます。ここでは男女の違いから、動物に好かれる人の特徴を見ていきましょう。

動物好きな男性の特徴

動物に好かれる人で男性の多くに見られる特徴は、「共感性」があっていつでも優しさに満ち溢れたタイプの人が多いと言えます。人と動物の間では会話は成立しないため、動物は雰囲気で相手のことを識別してくれていると言われています。

しかも一般的に女性よりも男性のほうが体格が大きいこともあり、小動物にとっては男性が近づくと威嚇されていると誤解するケースが多いと言われます。それをとおり越して自ら近寄ってなついてくれるということは、自分たちを共感してくれる見えないパワーを備えた男性であると、動物は察知していることになるからです。

動物好きな女性の特徴

動物に好かれる人の中で、女性の場合も男性と同じようなことが言えます。やはり共感力が高くて優しい性格の女性には動物好きが多い傾向です。それとともに女性の場合、かなり「世話好き」な人が多いとも言われています。

動物や子供に対して優しく接するのは本来備わっている母性がそうさせているからです。小さい命やかよわいものを見ていると手を差し伸べたくなる性格の穏やかな女性については、動物たちもついつい気を許してきます。

動物に好かれる人のスピリチュアルな特徴

動物に好かれる人の特徴として、一般的には目に見えない不可思議なパワーによるものという考え方があります。何か科学的な論拠があるわけでもないので断定はできないのですが、ある種のスピリチュアルな働きがあってのことだとされています。実は動物にもそのようなスピリチュアルな現象に敏感で反応するタイプのものがいるのではないかと言われています。

霊感がある人は動物に好かれるのか

どうやら動物が嫌いな人の大凡3割近くは、霊感が働くという特徴的な統計が出ていると聞きます。その数値と反映しているのか否か、動物のほうでも霊感を持っている人にはあまり近づかないという傾向があるそうです。ただし3割という数値も微妙ですし、必ずしもそうとは言い切れません。霊感だけではない部分で、何か特徴的な現象を動物のほうが察知している気がします。

オーラを放つ人を動物は知っているのか

動物に好かれる人の中には、オーラを放つケースとそうでもないケースがあると聞きます。目の前に現れた人からオーラが出てる人かどうかは、どうやら動物のほうでも認識するアンテナのような特徴があるのではないかとされています。

しかしこれもその動物によりけりで差が生じているとも言われます。まったくオーラを感じない動物もいて、そのようなタイプは大凡は警戒心が強いとされます。猫の中でも人を見て逃げてしまうパターンのほうが多いのは、本当はオーラを感じる猫が少ないからだろうとのことです。

動物に好かれる人の特徴から診断するチェック項目

動物に好かれる人には目には見えない特徴が放たれていると言われます。それを活かした上での性格診断も多く存在します。いくつかのチェック項目を確認しながら、自分がどんな動物に似ているタイプなのかを調べてみる客観的な性格が分かります。意外にも動物たちのタイプによって類似した発見があります。

動物に好かれる人と嫌われる人の特徴の違い

動物のほうからも人を判断していると言われています。自分との相性が合うか、あるいは上下関係のランク分けもしている動物もいます。動物がなついてくるタイプの人と毛嫌いするタイプには幾つか特徴の違いがあります。動物に好かれる人とそうでない人の違いをご紹介します。

落ち着き度の違い

動物に好かれる人の多くは、気持ちが落ち着いていて行動も静かなタイプが目立ちます。それもあって動物は安心感を抱くという特徴があります。動物に好かれる人の話し方や声のトーンはそれなりに落ち着きはらっています。動物からしても好意的に受け入れてもらえます。

一方、落ち着きがなくそわそわしている人、もの音立てたがる人には、動物はいきなり慣れてはきません。大概は警戒心を持って逃げてしまうケースが多いです。

上下関係を比べる