Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】優秀な社員の仕事の特徴8コ|辞める/引き抜き/転職

Author nopic iconperidot8787
仕事の悩み / 2017年11月23日
【男女別】優秀な社員の仕事の特徴8コ|辞める/引き抜き/転職

男女別優秀な社員の8つの特徴

優秀な社員と呼ばれている人にはどんな特徴があるのでしょうか。男女別に見ていきましょう。

優秀な男性社員の8つの特徴

1.自分の知識に頼らない
2.素直である
3.決断力がある
4.完璧ではなく、最善を尽くせる
5.時間を意識し、仕事を行う順番を適切に判断することができる
6.わからないことは素直に聞くことができる
7.できないことをできると言わない
8.プロ意識が高い

優秀な社員であればあるほど、自分の能力を過信せず、できないことをできるとは言わず、またわからないことは素直に教えてくださいということが言える人であるという特徴があります。

優秀な女性社員の8つの特徴

1.甘えない
2.説明が簡潔でわかりやすい
3.時間を管理することができる
4.自分の感情をコントロールできる
5.物事をシンプルに考えることができる
6.失敗しても落ち込まず、原因を考え、次につなげることができる
7.自己管理能力が高い
8.レスポンスが早い

女性は感情的になりやすい人が多いですが、優秀な社員は、自分の感情をコントロールし、失敗は次に生かせる力があります。また、レスポンスが早く、相手に依頼されたことをそのままにせず、返事をすることができます。

性別の差ではなく、優秀な社員は同じような特徴がある

上記の項目で、敢えて男性と女性に分けて8つの特徴の話をしましたが、この項目に書いた内容は、男性であっても女性であっても優秀な社員の特徴です。つまり、上記で紹介した18の項目は性別には関係なく優秀な社員の特徴であると言えます。

優秀な社員と優秀な社員でない人の特徴の違い

優秀な社員と優秀ではない社員の特徴の違いは、上記の項目で掲げた優秀な社員と同じ行動ができない特徴があると言えます。

例えば、優秀な社員は、自分の間違いは素直に認め、わからないことはわからないので教えてくださいと素直に言えるという特徴がありますが、優秀ではない社員は、自分が間違っていても言い訳をして、わからないことをわからないと言えず、自分でなんとかしようとしてなおさら状況を悪化させてしまうということがあります。

また、優秀な社員な人ほど、自分の能力を過信しない特徴があります。裏返すと自分自身に自信がある人ほど優秀な社員であるとも言えます。自分に自信があるので、自分の失敗やわからないことを素直に認めることができますが、優秀ではない社員であるほど、自分に自信がないため、逆に自分を優秀に見せたいと考えてしまい、失敗を認めないという特徴があります。

優秀な社員の行動パターンの特徴

優秀な社員の特徴は、自分を信じることができるのと同時に、周りの人も信じることができるという特徴があります。仕事は、自分ひとりだけですべてをやることは不可能です。優秀な社員は自分がやったことがないことも「きっとできる」と信じて行動することもできますし、周りの人の手を借りなければいけない場面では、「周りの人の力も信じる」ことができます。

また、自分の能力を自分で把握することができるので、自分にはできないことをできるとは言わないというのも特徴でしょう。

ただし、優秀な社員の人の特徴と優秀ではない社員の特徴の違いは、ただ「できません」というのではなく、「今日中に1人でやることはできませんが、○○さんの力をお借りできるのであれば、今日中に終えることができます」や「今日中にはできませんが、明日の午前中まででしたらやることができます」などやれる方法を提案することができるかできないかという違いがあります。

今日中にやることが重視されるのか、1人でやることが重視されるかにより、上司は判断することができます。こういった提案を瞬時にできるのが優秀な社員の行動の特徴です。

優秀な社員の外見の特徴

優秀な社員の外見は、人を不快にさせないように身だしなみを整えています。会社の規模や仕事の内容でどの程度の人を採用したいのかという違いはありますが、面接をしてもらうということは、その会社の社長や責任者、人事担当者が自分の仕事をいったんストップして面接をしている訳です。

優秀な社員であれば、そういった状況を把握し、相手に対して敬意を表することができるのであれば、身だしなみをきちんとして会うというのが最低限のマナーであることを心得ています。

もし、面接のときに身だしなみを気にせず、来るような人であれば、優秀な社員にならない可能性が高いということが言えるでしょう。

優秀な社員の仕事の特徴

優秀な社員の仕事の仕方の特徴は、常に時間を把握しながら仕事をしているということです。この仕事であれば、どれくらいの時間が必要かということを瞬時に判断し、仕事の優先順位を決めながら仕事をすることができます。

また、時間などが制限される状況の中では、その時間内に仕事が収まるように完璧な仕事を目標とするのではなく、限られた条件の中で最善の仕事をしようと努力します。仕事ができない人は、仕事の質だけにこだわり、時間内に収めることが二の次になってしまうことがあります。

優秀な社員は、時間を無駄にすることなく、時間配分をしながら仕事をすることができます。

引き抜き

優秀な社員は、どこにいっても仕事ができる人です。同じお給料を払うのであればできれば仕事ができる人を採用したいと考える人が多いでしょう。つまり、仕事できる人というのは、どこの会社も欲しい人材であるということです。

仕事ができる人であれば、他から引き抜きの話が出ることもあります。せっかくの優秀な社員を引き抜かれないようにするためには、仕事に対してきちんと評価することが大切です。優秀な社員は、仕事の内容だけではなく会社の売り上げなどに対してはっきりとした数字で貢献していることが多いはずです。それを正当に評価されることでモチベーションを下げずに働いてもらうことができます。

また、給与面にすぐに反映することができないとしても、責任のあるポジションを任せる、面談などで具体的にこの部分を評価しているなど、しっかり伝えることも大切です。

優秀な社員になるために

優秀ではない社員が優秀な社員に近づくためにはどんな努力が必要なのでしょうか。

できないことはできないと認める

仕事の指示は、仕事の内容といつまでにという時間や期間で指示されます。もし、時間内で仕事ができるかできないかわからないと判断した時点で、すぐに上司に相談することです。指示された時間になって、やっぱり間に合いませんでしたでは、取返しがつかないこともあります。

間に合わないと判断した時点ですぐに報告すれば、誰かに協力をしてもらうこともできます。優秀ではない人は、報告が遅い特徴があります。優秀な社員になるためには、できないことはできないと早めに認めるようにしましょう。

仕事は時間で管理をする

優秀ではない社員の特徴として、仕事を時間で管理ができないということがあります。最終的に完成させれば良いのではなく、時間内に必要な仕事を完了させなければいけません。そのためには、この仕事はどれくらいの時間がかかるか、それによってどの仕事を優先させなければならないかということを時間で仕事を管理することが必要です。

どれくらい時間がかかるかわからない人は、普段自分が行っている仕事がどれくらいの時間がかかっているのか、時計を見ながら仕事をするくせをつけてみましょう。

周りの人の力も信じる

優秀な社員は、周りの人の力を信じることができます。真面目な人であればあるほど、自分ひとりの力でなんとかしようとしてしまう傾向があります。無理かもしれないと思ったときは、一人で抱え込まずに周りの人の力を信じて頼ることも大切です。

好奇心を持つ

優秀ではない社員は、自分の経験のない仕事はできればやりたくないと感じる特徴があります。確かに経験のないことをやるのはだれでも恐怖を感じます。しかし、経験をしてみると意外に自分が得意な分野であることに気付くこともあります。

最初から諦めてしまうのではなく、好奇心を持つことも優秀な社員になるには必要なことでしょう。

素直な心が大切です

優秀な社員になるためには、素直な心を持つことが大切です。わからないことをわからないと認める、できないことはできないと認める、知らないことは知らないと認めることが、優秀な社員の資質として大切です。

自分ひとりで何でもできることが優秀な社員ではありません。周りの人の力を素直に借り、みんなで協力できることが優秀な社員をめざすためには必要なことです。