Search

検索したいワードを入力してください

女性からデートに誘うときの心理|男性を誘う/メール・LINE

Small 65e6552e 93bc 4963 ab2b fbb893490cb6kiki
カテゴリ:デート

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

女性からデートに誘うときの心理|男性を誘う/メール・LINE

女性からデートに誘うときの心理

女性からデートに誘うときの心理は、どのようなものがあるのでしょうか。基本的に女性は、デートのお誘いも含め男性にリードして欲しい人が多いと言えます。しかし近年は、積極的になれない、いわゆる草食系な性格の男性が増えてきていることもあり、それに対応するように肉食系と呼ばれる積極的な女性も増えてきています。

いつまでもお姫様気分の受け身なだけでは恋は進展しないことを悟り、勇気を振り絞って男性をデートに誘う女性が意外にも多く存在しています。

男性を誘うときの心理

女性からデートに誘うことは、男性が女性をデートに誘うことよりも気軽にできることではありません。あまり積極的にしすぎると、「男性に引かれてしまうのではないか」といったような心理が働きます。

女性からデートに誘うときには、男性のように「◯日、空いてる?」「◯日は暇?」「◯◯に行こうよ」といったような、いきなりストレートな表現はあまりしない傾向にあります。女性からデートに誘うときは、まずは相手の様子を伺います。

デートの誘い方

自然な話の流れでデートに誘う

女性からデートに誘うときは、デートに誘う言葉をいきなり言うよりもまず、相手とのコミュニケーションをしっかりと図ります。例えば、デートに行きたい場所などを話題に振ります。その話題で話が盛り上がれば、「ここ行きたいよね〜、◯◯君もそう思う?じゃあ一緒に行く?」といったように自然な話の流れでデートの誘いをかけます。

いつ予定が空いているかなどを先に相手に聞いてしまうと、大多数の人は何かに誘われることを察知して身構えるでしょう。誘いに乗ってくれると良いのですが、もし断られた場合のショックの大きさは計り知れません。また、気まずくて再チャレンジもしにくくなってしまいます。何度も誘ってしつこいと思われるのも怖い、というような心理になります。

自然な話の流れで女性からデートに誘うことは、不器用な男性とは違ってコミュニケーション能力の高い器用な女性の成せる心理技です。また、会話の中から相手の男性の好きな食べ物や共通の趣味などを探り、その話題を上手にふります。まず相手の関心を引き寄せてデートに誘いやすくするようにしています。これは女性からデートに誘う心理の大きな特徴と言えます。

メール・LINEで女性からデートに誘うときの心理

デートの誘い方と心理

前述では、会話の流れから女性からデートに誘う心理を紹介しましたが、必ずしも全ての女性がそのように積極的に行動できるとは限りません。女性もシャイで消極的の人は当然います。そんな女性からデートに誘う方法としては、やはり直接ではなくメールやLINEを使うことが挙げられます。

実生活では口数少なくシャイな人は、男女共に共通することですが、メールやLINEでは多弁になる傾向があります。そして可愛い絵文字やスタンプなども多く使用します。

そしてメールやLINEでも同じく、いきなり誘うのではなく、自然な流れでデートに誘う傾向にあります。場合によっては他愛もない会話で数日かけてコミュニケーションを深めてから、デートのお誘いに切り出すこともあるでしょう。メールやLINEで女性からデートに誘うことは、男性よりも慎重になっている心理と言えます。

メールやLINEで女性からデートに誘う心理としては、恥ずかしがり屋の人も多く含まれていますので、かなり勇気を振り絞っていると言えるでしょう。直接会話で誘って約束をするよりも、より真剣な心理になっている可能性があります。もしメールやLINEでデートに誘われることがあれば、丁寧に対応してあげましょう。

女性からデートに誘うときに相手が脈ありだった場合の心理的反応

嬉しさの心理的反応

女性からデートに誘うことは、もちろん意識している男性に対して行うものです。何とも思っていない人や嫌いな人をデートには誘うことは無いに等しいでしょう。相手が脈ありとわかれば、それは嬉しいに決まっています。

しかし、女性は男性よりも単純ではありません。女性からデートに誘うことに成功して相手が脈ありだとわかった場合には、露骨に嬉しさを表現することはあまりありません。本当は嬉しくて仕方ない気持ちでいっぱいですが、それを必死に隠そうとします。

直接顔を見られる状況であれば、目や表情を見ればその心理はすぐにわかります。心の底から嬉しそうに良く笑っていたり、約束できたデートの予定などを生き生きとした表情で嬉しそうに話していたりします。

しかしメールやLINEで女性からデートに誘う場合は、心理的反応を読み取るには少し難しい傾向にあります。男性ならば嬉しさで気持ちが高ぶったりすると返信が早くなったりしますが、女性の心理はそうではありません。嬉しい気持ちを隠そうとして、すぐに返信できる状況でもわざと少し遅らせたりする場合もあります。

普段とは違った可愛いスタンプや絵文字を使ったりと密かに嬉しさを表現していたりもするので、その心理を注意深く観察してみてください。

女性からデートに誘うときに断られたときの心理状況

悲しみの心理的状況

女性からデートに誘うときでも、男性からデートに誘うときでも、異性をデートに誘ってそれを断られたのならば、誰でも少なからずショックを受けて悲しい感情に陥るのは至極当然のことでしょう。男性をデートに誘い慣れていない女性の場合の心理は、男性よりもかなり大きくショックを受けて傷つく傾向にあります。

しかし嬉しいときと同じく、女性はその心理を隠そうとします。嬉しさも悲しさも、まだ成就していない恋の相手には全てをさらけ出そうとはしません。

直接の会話でもメール・LINEでも、にっこりと笑顔(メール・LINEは絵文字や顔文字で表現)で「じゃあまた次の機会ね」などとあっさりと引きます。本当は深く傷ついているのに、それを表には出そうとしないのが特徴的な心理です。悲しみを相手に悟られると余計に悲しくなったりもします。

片思いの相手に女性からデートに誘うときの心理

女性からデートに誘うとき、それが片思いの相手だった場合にはとても真剣な心理になっていることでしょう。本当は女性は男性から誘って欲しいと思っている場合が多いですが、どうしても成就させたい片思いで勇気を振り絞っている心理と言えます。

片思いの相手を女性からデートに誘うことは、本当に相手を心から好きでたまらない気持ちになっている心理です。真剣な気持ちが大きければ大きいほど、積極的ながらも慎重で、粘り強い心理を見せてくるでしょう。

女性がデートに誘う場所選び

女性からデートに誘う場合に、そのデートの場所の選び方は相手によりけりですが、男性に委ねる傾向が多く見られます。基本的に男性は自分が主導権を握りたいのだろうと感じている女性が多く、うまく男性を立てて好意を持ってもらおうと頑張ります。

事前に相手の男性の好きなものなどをリサーチして、うまく誘導していきます。相手に楽しんでもらいたい、という心理が働いています。

しかし優柔不断であったり無頓着な男性の場合は委ねようとしてもなかなか進展が見込めませんので、女性が積極的になってデートの場所を提案したりします。ただ、これは本当に真剣に相手の男性に好意を持っていてどうしてもデートに誘いたい場合です。

デートの誘いや場所選びに対してあまり反応が薄いと、「面倒くさいと思われているのかも」といった女性の後ろ向きな心理が働き、もう女性からデートに誘うのを諦めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

女性からデートに誘われたら紳士的な対応を

女心はとても複雑です。男性には想像もできないほどに入り組んだ思考回路や感情でできています。しかし、女性からデートに誘うということは、必ずと言って良いほどその相手の男性に好意を抱いています。

この好意に答えるか否かは男性のその女性に対する気持ちや状況次第ですが、無神経な対応で無下にはしないように気をつけてあげましょう。