Search

検索したいワードを入力してください

スーツの上着やスカートの畳み方・スーツケースに収納時の畳み方

Author nopic iconきらら
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年12月16日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スーツの上着やスカートの畳み方・スーツケースに収納時の畳み方

しわにならないスーツの畳み方

出張や冠婚葬祭など、スーツを着用する機会は時に突然訪れます。そんな時、押し入れにしまっておいたスーツがしわしわで、すぐに着られなくて困ってしまったなんてことはありませんか?スーツは着用時に美しく見えるよう立体的に作られているため、折り畳むことは想定されていません。

しかし、すべての家にクローゼットがあるわけではなく、押し入れやタンスにしまわなくてはならない方もいるでしょう。また、出張でスーツを持ち運ぶ際や、体温調節でジャケットを脱いだ時など、畳まなければならない機会も多くあります。今回はそんな時にしわにならずに持ち運びができるよう、スーツの綺麗な畳み方をご紹介します。

ジャケットを畳む

外出先でジャケットを脱いだ時に便利な畳み方

真夏の暑い日にスーツでお仕事に出かけると、会社に着くまでには汗でべたべたになってしまうことがよくあります。体温調節のためジャケットを脱いで無造作に腕にかけて持ち歩くと、折り曲げた部分がしわになってしまいます。そこで、ジャケットを脱いで持ち歩く時にお勧めの畳み方を紹介します。

1.正面から両側の肩パットに手の平を差し込みます。

2.両手を合わせ、肩と肩が重なるように半分に畳みます。

3.肩の部分に手を入れたまま片方の手で反対の手の指先をつまみ、そのまま手首までスライドさせるようにジャケットの片側を裏返します。この時ジャケットは縦半分に折られ、裏地が表に出ている状態です。

4.襟を整え、しわを伸ばして片方の腕にかけます。

始めは難しいですが、一度やり方を覚えてしまえば素早くスムーズに畳むことができます。
腕にかけ、半分に折りたたんだ状態で床に置き、そっと腕を引き抜くとそのまま収納ケースにしまうこともできます。この時に上から押さえてコンパクトにしてしまうと、折り目がしわになってしまうので注意してください。

押し入れにしまっても型崩れしにくい畳み方

スーツは本来ハンガーにかけて収納するのが望ましいのですが、クローゼットがなく押し入れやタンスなどに収納しなければならない場合もあるでしょう。スーツを押し入れやタンスにしまう場合、しわにならないよう細心の注意が必要です。ここではそんな時に便利な、しわになりにくい畳み方を紹介します。

まずは畳む前にポケットの中身を出し、ブラッシングをしておくと良いでしょう。ポケットに物が入っていると型崩れの原因に、ほこりが付いていると虫食いの原因になります。

1.ボタンを留め、縦に三つ折りにしたタオルを襟の間にかませます。

2.しわにならないように両袖を内側に折り曲げます。この時肩の部分は折らないように、袖だけをふわっと折るよう心がけます。

3.中央に丸めたタオルを置き、タオルを巻き込むように半分に畳みます。

4.形を整えたら完成です。

タオルは抜かずにそのまま収納します。スーツのボトムスを畳んで間に挟み込んで収納する場合タオルは必要ありません。上から重ねてしまうとしわになってしまうので、スーツを押し入れなどで収納する際はふわっと畳むことを心がけ、1着ずつ収納ケースに入れるのがお勧めです。

スカートの畳み方

リクルートスーツのタイトなスカートの畳み方

スカートの畳み方はジャケットに比べて簡単です。

1.縦半分に折ります。この時スリットがある場合、スリット部分が折れ曲がっていないか注意しましょう。

2.収納スペースに合わせて三つ折り、または四つ折りにふわっと畳んで完成です。上にタオルを置いてから畳むとよりしわになりにくいです。ラップの芯などをかませて二つ折りにしても大丈夫です。

プリーツスカートの畳み方

プリーツスカートは畳んでしまうとどうしてもしわがつきやすいので、くるくる丸める畳み方が良いでしょう。

1.大きめのタオルの上にスカートを置き、プリーツを整えます。

2.ウエスト側からタオルと一緒にくるくる巻いて完成です。

この畳み方は幅をとってしまうので、コンパクトに畳みたい場合は最初に半分に折っても大丈夫です。仕上がった時にタオルしか見えなくなってしまうので、上着とセットで収納し、どのスカートかわかるようにしておきましょう。

裾の広がったスカートの畳み方

スーツに限らず、スカートの畳み方の基本は長方形を作ることです。

1.ウエスト部分の幅が適当になるように両端をセンターに向かって折り、長方形を作ります。

※ウエスト部分に折り目を付けたくない場合は広がっている部分のみを内側に折り長方形を作ります。

2.半分、または三つ折りにして完成です。ここでも、タオルを挟みこむと、よりしわを防ぐことができます。

ジャケットに挟み込んで収納する畳み方

スカートを種類に応じた畳み方をしてスーツの上着に挟みこむ畳み方です。

1.スカートを紹介した畳み方で畳む。くるくる巻く以外の畳み方をする場合、間にタオルを挟み、四つ折りではなく半分または三つ折りにします。

2.袖を折りたたんだジャケットの中央に置き、スカートを包み込むようにジャケットを二つ折りにして完成です。

スーツケースに入れて持ち運ぶ時の畳み方

スーツを持ち運ぶ際、ハンガーにかけた状態で運べるのがベストなのですが、電車や飛行機で移動する場合、荷物が大きくなってしまうので現実的ではありません。できればコンパクトに畳んでスーツケースに入れて運びたい。しかし、間違った畳み方でコンパクトにしてしまうと大切なスーツがしわだらけになってしまいます。そこで、スーツケースに入れる際にしわがつきにくい畳み方を紹介します。

1.ボタンを留めて裏返して置きます。

2.片側を肩幅の真ん中あたりでセンターに向かって折り返します。

3.袖を、2で作った折り目とまっすぐそろうように畳みます。

4.反対側も同じように2,3の順で畳みます。

5.ボトムスを畳みます。スカートは「ジャケットに挟み込んで収納する畳み方」で紹介したように、パンツは折り目を整えて半分に折り、さらにもう半分に折って畳みます。

6.畳んだボトムスを、ジャケットの上部にそろえて置きます。

7.ジャケットを裾の方から半分に畳んで、ボトムスを挟み込みます。

8.裏返したら完成です。

ジャケットは、「外出先でジャケットを脱いだ時に便利な畳み方」で紹介した畳み方でもスーツケースに収納することができます。

ワイシャツの畳み方

ワイシャツを左右対称に畳むのは難しく、仕上がりがアンバランスになってしまいがちです。そこでご紹介したいのが、クリアファイルを使った畳み方です。この畳み方なら、慣れていなくても簡単に左右対称に綺麗に畳むことができます。

1.ワイシャツのボタンを留めて裏返しに置き、手でしわを伸ばします。

2.脇の下を縫い目を起点に片方の袖を反対側の袖に向かって折りこみます。反対側も同じように折りこみます。

3.クリアファイルを肩から上にぎりぎりはみ出さない高さで中心部分に置きます。クリアファイルに合わせて畳んでいくので、この時に左右対称になるように気を付けて置きましょう。

4.クリアファイルの端に合わせて、両端を折り返します。

5.裾を10㎝ほど折り返します。こうすることで裾が広がってしまう失敗を防ぐことができます。

6.クリアファイルの下の部分に合わせて左手を置き、右手で裾を持って折り返します。子の時、折り目がしわにならないように左手で軽く引っ張るように整えます。

7.襟側からそっとクリアファイルを引き抜いて完成です。

大切なスーツ、正しい畳み方でカッコよく着こなそう

第一印象は見た目で9割決まってしまうという研究があることをご存知でしょうか。これから一緒に仕事をしていこうという人がしわしわのスーツで現れたらどうでしょう。この人に任せて大丈夫なのだろうかと少し不安になってしまいます。逆に、身だしなみがピシっとしている人とは、お仕事もうまくいきそうな気持ちになるものです。

スーツ、ワイシャツの畳み方について紹介してきましたが、皆様のお役に立てる情報がありましたでしょうか。ピシッとしわのないスーツで気持ち良くお仕事に出かけましょう。