Search

検索したいワードを入力してください

食べたいけど痩せたいときの対策方法|運動したくない

Author nopic iconelliott
ダイエット / 2017年12月07日
食べたいけど痩せたいときの対策方法|運動したくない

食べたいけど痩せたいときの対策方法

痩せたいと感じても食事制限を伴うダイエットは、なかなか長続きがしません。頑張って食事制限を続けていても、続かなくってリバウンドを繰り返してしまうことも少なくありません。食べたい欲求は我慢せずに、痩せることができたら嬉しいでしょう。では、どうしたら食べたい欲求を我慢せずに痩せることができるのでしょうか。

運動したくない

「食べたいし、運動もしたくない、だけど痩せたい」と言われると、一見わがままのように感じてしまいますが、誰もが望むことでもあります。運動もしないで、食べながら痩せる方法はあるのでしょうか。

食べ方に気をつける

食べたい欲求を我慢せずに、運動もしないで痩せたい時は、食べ方に気をつけてみましょう。普段何気なくとっている食事も、食べ方を少し工夫するだけで、太りにくくすることができます。

まずは、よく噛んで食べることが大事です。太りやすい体質の人の中には、ついつい噛まずに急いで食べてしまう人もいるでしょう。ゆっくりとよく噛んで食べることによって、いつも食べている量よりも、少ない量で満腹感を得ることができます。「ついつい早食いしてしまう」という方は、ぜひ試してみてください。

次に、食べる順番に気をつけてみましょう。食事をする時に、あなたは何から先に食べ始めますか。お肉やお魚などから手を付けてしまう方は要注意です。野菜から食べ始めるようにしましょう。

基礎代謝を上げる

基礎代謝とは、運動をしなくても消費されるカロリーのことです。基礎代謝が高い人と低い人では、運動をしていない時に消費されるカロリーが違います。基礎代謝の高い人は、痩せにくいと言われています。では、基礎代謝を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

基礎代謝を上げるには、体を温めることが大事です。冷え性で悩んでいる方は、基礎代謝が低くなっています。お風呂に入る時は、シャワーで済ませずに、ゆっくりと湯船につかるようにしましょう。

吐く

痩せたいのに、食べ過ぎてしまったと自己嫌悪に陥り、「そうだ、食べたものを吐いてしまえばいい」と考える方もいるしょう。それは、危険な考え方です。「食べたいけど、運動もしたくない、だから吐く」ということを繰り返していると確かに太りません。しかし、これは癖になり、肥満よりもより深刻な症状を引き起こします。

人間の体は不思議なもので、一度口に食べ物をいれ食べてしまったら、脳はそれを消化吸収しようとします。それは、たとえ吐いてしまって怒ることです。胃の中に何もない状態なのに、消化吸収をしようとする体は、もっともっと食べ物を欲しがります。その結果、過食に陥ってしまうでしょう。さらに、嘔吐を繰り返すと過食嘔吐から抜け出せなくなってしまいます。

過食嘔吐を続けていると、脳や体はボロボロになっていくでしょう。食べたものは吐いてしまえばいいというのは、安易な考え方です。その結果、どうなるのかきちんと考えてみましょう。

サプリ

食べたいけど、痩せたいとネットでいろいろと方法を調べていると、目に留まるのはダイエットサプリの広告ではありませんか。いつものように食べて、痩せたいならダイエットサプリに頼ってみるのも一つの手段です。

ダイエットサプリには、いろいろな種類があります。食べたいけれど痩せたいと考えている人には、カロリーカットタイプのサプリや食欲抑制タイプのサプリがおすすめです。

サプリは、選び方を間違えると全く効果がないどころか、「お金を払って買ったのに、逆に太ってしまった」という自体に陥ることもあります。自分にはどのようなサプリがあっているのか、しっかりと確認してから試してみるようにしましょう。

飲みたい

お酒が好きな方は、痩せたいけど飲みたいという欲求と戦っていることでしょう。飲みたいけど、痩せたい時はどうしたらいいのでしょうか。

まずは、お酒の飲み方に少しだけ注意して、1度に飲む量をコントロールできるようにしましょう。お酒を飲んでいくと気分が良くなって、ついつい飲みすぎてしまいます。そうならないように、量をコントロールしていきます。

そして、濃いお酒の時は薄めて飲んだり、甘いお酒は控えるようにしましょう。このように、ちょっとしたことに気をつけるだけでも、飲みながら痩せていくことは可能です。まずは、簡単なことから習慣づけていきましょう。

野菜を食べる

食べたいけれど痩せない時は、野菜を食べてみましょう。食べたい時は、ついつい簡単につまめるスナック菓子や、インスタントラーメン、外食などでお腹一杯にしてしまう人も多いでしょう。気軽に食べることはできるけど、ダイエットにはなりません。

カット野菜や野菜スープなどをストックしておき、積極的に野菜を食べるようにしましょう。お腹を満たすこともでき、さらには健康的な体になることもできます。そして、ダイエットにも効果は抜群です。

お菓子を食べたいけど痩せたいときの対処法

痩せたいダイエットを頑張っていても、無性に食べたいと感じるのがお菓子です。お菓子を食べたいけど、痩せたい時はお菓子の種類に気をつけましょう。小腹がすいている時にスーパーやコンビニに行くと、ついついカロリーの高そうなお菓子を買ってしまいます。それでは、痩せることはできません。

お腹がいっぱいの時に買い出しに行きましょう。買うのは、こんにゃくゼリーや寒天ゼリー、ヨーグルトなどです。どれもダイエットに効果的なお菓子の代表です。家にストックしておけば、食べたいと思った時に罪悪感なく食べられます。

痩せたいときに食べたい気持ちになってストレスが溜まるときの対処法

痩せたいと考えている時は、人はずっと食べたい衝動を我慢してしまいます。食べたいけど痩せたい気持ちでダイエットを頑張っていると、どうしてもストレスが溜まってしまいます。たまには、お腹いっぱいに好きなものを食べたいという衝動に襲われてしまいます。そのような時、あなたはどうしますか。

痩せたいのに食べたい気持ちをずっと我慢してきて、ストレスが溜まってしまった時は、まずは歩いて買い物に行きましょう。スーパーについたら、手っ取り早く食べれるものではなく、自分で料理をして食べれるように材料を買います。家に帰って食べたいものを自分で作ります。その時は、お肉ばかりではなく野菜もしっかりと入れましょう。

自分で作った体に良いものならば、健康的で良いでしょう。

年代別痩せたいけど食べたいときにおすすめの食べ物

中学生や高校生でも、スリムなお友達を見ると「あの子のように痩せたい」と感じるでしょう。中には、ダイエットを試してみる人もいるでしょう。では、中学生や高校生は、痩せたいけど食べたい時に、どんなものを食べたらいいのでしょうか。年代別に紹介します。

中学生

中学生は、まだまだ育ちざかりです。ダイエットが必要な人も中にはいるでしょうが、ほとんどの子は、ダイエットの必要がありません。しかし、少しだけ痩せたいと考える方もいます。育ち盛りなので食欲は旺盛で、痩せたいけど食べたいという気持ちも強いです。

そのような時は、お菓子やジュースを控えてみましょう。お菓子やジュースは、普通の食事よりも栄養はないのにカロリーが高いです。お菓子やジュースばかり食べたり飲んだりしていると、カロリーの取りすぎでどうしても太ってきてしまいます。

普段の朝昼夜の食事を、いつもよりしっかりと取るようにしましょう。食事をしっかりととることによって、間食も必要なくなり、バランスよく栄養を取れるようになります。

高校生

高校生は、痩せたい時にどんなものを食べたらいいのでしょうか。高校生も、中学生と同じく、食事をしっかりととることが大切です。全体的に食べる量を減らせばいいのだろうと考えて、食事を減らして間食にお菓子を食べてしまうことはありませんか。お菓子は、カロリーの高いものが多いです。これでは痩せません。しっかりと食事をとるようにしましょう。

しかし、部活や勉強やアルバイトで忙しい高校生は、小腹がすいてしまうことも多いでしょう。ついついファーストフードに、寄り道してしまったりします。そのような時は、ちょっと我慢してナッツや昆布などで小腹を満たしてみましょう。

食べ方を少し変えて痩せよう

「食べたいけど、痩せたい」ダイエットをしている人なら、誰でもそう思うでしょう。同じ食べ物を食べても食べる順番を変えたり、しっかりとよく噛んで食べるだけど、太りにくくなることができます。

おやつを食べる時も、ちょっといつもよりカロリーの低いものを選ぶことによって、太りにくくなれます。食べながら痩せるにはちょっとしたことに気をつけるだけで、ダイエット効果を出せます。ぜひ、試してみてください。

関連記事

Related