Search

検索したいワードを入力してください

ディーラーの年収ランキングTOP3|輸入車/メルセデス

Author nopic icontotoro
年収・給与 / 2018年02月25日
ディーラーの年収ランキングTOP3|輸入車/メルセデス

輸入車のディーラーの年収

ここでは、ディーラーの年収についてみていきます。ディーラーとは、特定の自動車メーカーの車を直接的に販売・メンテナンスするお店のことをいいます。メーカーと特約店契約を結んだ販売業者のことで、メーカーの正規の取引店になるので、お客様に信頼してもらえるところが利点です。しかしながら、他社の製品は一切扱うことができないというデメリットがあります。

日本車のディーラーは町でたくさん見かけますが、まずは輸入車ディーラーの年収についてみていきましょう。

メルセデス

輸入車ディーラーは、日本車のディーラーと同じような仕事内容になります。日本車ディーラーとの違いは、外回りがないことです。ここで、輸入車のディーラーの年収についてみていきましょう。

メルセデスベンツ以外にもアウディやBMWなどを扱う輸入車ディーラーの年収は、30歳平均で約400万円、40歳で約600万円、マネージャークラスになると約1,000万円ほどになります。車が売れればそれだけ年収も上がります。

年収は、車の売れ具合によって、浮き沈みが激しいというところが現状です。車の売れ行きが年収を左右する厳しい業界です。

金融ディーラーの年収

次に金融ディーラーの年収について、詳しくみていきます。金融ディーラーには、為替ディーラー、証券ディーラーなどがあります。

金融ディーラーは専門性が非常に高い仕事で、努力したぶんだけ年収に反映されます。また、仕事で得た金額が多いほどボーナスの支給額も多くなります。実力があればあるほど年収は高くなります。

為替ディーラーの年収

為替ディーラーとは、外国為替相場の変動を把握しつつ、客の代わりに通貨取引を行う職業のことをいいます。ドルやユーロなどの外国の通貨を、売ったり買ったりすることで生じる差額で利益を生み出すトレードのことを外国為替証拠金取引、またはFXといいますが、 このFX取り引きを行うことも為替ディーラーの仕事の一つです。

為替ディーラーの年収は、30代で約700万円です。為替変動が大きく、また外国との時差との中での仕事になるので体力的にもきついでしょう。プレッシャーがかかることが多くなります。そのため、早めに独立して個人投資家となるケースも増えています。

証券ディーラーの年収

証券ディーラーとは、証券会社自らが投資家として株などを売買する業務において、 実際に売買を行う人のことをいいます。自分の顧客のほかに自社も投資をしているところが特徴です。証券ディーラーの年収は、30代で約550万円です。仕事内容は、証券の営業とは異なり会社自身が投資を行いますので、なかなか大変といえるでしょう。

金融ディーラーの良い点と悪い点

金融ディーラーの仕事の利点は、何といっても自分の努力次第で収入を増やせることです。一般的な企業であれば、決められた月収のみで、出世しなければ収入を増やすことが難しいですが、金融ディーラーの場合は結果次第で収入を増やしていくことが可能です。

反対に、金融ディーラーの世界では、利益が出せなければ、信用を失い解雇となってしまうケースもあります。解雇されないために、顧客への買い時の商品情報を提供するという地道な営業活動を行ったり、自ら売買を行うことで利益を出すことが必要です。そうすることで、金融ディーラーとしての信用を積み上げていかなければなりません。

金融ディーラーの将来

金融ディーラーは、今後もなくならない職業だといわれています。金融商品の売買を専門に扱う仕事のため、専門職としてのスキルも人気もとても高く、金融商品があれば仕事が可能です。金融ディーラーは、細かな分野にわかれているので、実力があれば長く仕事を続けることができるでしょう。

金融ディーラーの仕事は、将来性が高く、実力があれば年収も多くなり、安定性のある収入を得ることが可能です。しかしながら、実力主義でもあるため、将来性と安定性を勝ち取るためには大変な努力と、日々変化する市場を分析する能力や柔軟な考え方が必要とされます。努力しだいで自分の将来を切り開き、年収を上げることが可能となる仕事です。

カジノディーラー

カジノディーラーとは、ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭けるカジノの場で黒子としてルーレットを回したり、カードを配ったりする仕事をする人のことをいいます。

また、勝った人の配当額を瞬時に計算してチップを配ることも仕事に入ります。黒子として一面もありながら、カードを華麗に配ったりする主役としての一面もあります。

カジノディーラーは、アルバイトと同じ時給制を取り入れていることがほとんどです。年収の幅も300万円から900万円までと幅があります。カジノディーラーは、給料の他にチップを受け取ることができるので、チップが年収に加算されている場合もあります。

ディーラーの年収ランキングTOP5

ここで日本車のディーラーの年収をランキング形式でみていきましょう。

5位 ダイハツ

ダイハツ系列のディーラーはダイハツ店があります。平均年収は、約420万円となっております。営業成績の良し悪しで年収も変わってきます。ディーラーの中でも売りやすい車と売りにくい車があり、それが営業成績に反映されることが多いといわれています。

4位 日産

日産系列のディーラーには、日産プリンス店、日産サティオ店などがあります。

日産系ディーラーの年収は、平均で450万円となっております。自動車ディーラー全体で見ると少し低めになってきます。

3位 トヨタ

トヨタ系列のディーラーには、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店などがあります。トヨタ系列のディーラーの平均年収は約500万円前後です。だいたい、自動車ディーラー全体の平均年収と同じくらいです。

2位 マツダ

マツダ系列のディーラーは、マツダアンフィニ店、マツダオートサム店などがあります。マツダ系列のディーラーの平均年収は、約670万円~700万円です。他の自動車ディーラーと比べると高い印象があります。

1位 ホンダ

ホンダ系列のディーラーには、Honda Cars店があります。ホンダ系列のディーラーの平均年収は、約700万円です。ホンダの場合、平均年収は個人によって大きな差があることが多いです。年間売り上げ台数が多い業績の良い営業マンだと、年収800万円程度に上り、人によっては年収1,000万円を超える人も出てきます。逆に営業成績が悪いと、年収は400万円程度になります。

自動車ディーラーと販売店の違い

ここで、自動車ディーラーと販売店の違いをみておきましょう。販売店は、個人や民間の会社が経営する自動車販売会社です。ディーラーは特定の車しか扱うことができませんが、販売店は、いろいろなメーカーの車を販売することができます。

ディーラーにも販売店にもメリットデメリットがあるので、一概にどちらがいいと断言することはできません。一つだけいえることは、車を買う時、車についてあまり詳しくない方はディーラーで買うのが良いでしょう。逆に車について詳しい方は販売店に出向いて、希望を伝えてから買うのがおすすめです。

ディーラーの仕事のやりがいとは

ここまで、ディーラーの年収について詳しくみてきました。さまざまディーラーがありますが、すべてのディーラーに共通していえることは、一歩先の市場を見抜く力が必要だということです。日々変化する世の中の状況を常に把握し、市場の流れを冷静に分析して売れる商品を見つけ出さなければなりません。

次のトレンドを予想し的中させなければならないプレッシャーはとても大きいといえるでしょう。ディーラーの仕事のやりがいとは、自分の仕事で得た利益が多ければ多いほど収入にも反映されるところです。きわめて大変な仕事ですが、その分成功した時はリターンが大きいということになります。