Search

検索したいワードを入力してください

バイトの面接に落ちる理由・原因と落ちる人の特徴|短期

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
転職・就職 / 2017年12月26日
バイトの面接に落ちる理由・原因と落ちる人の特徴|短期

バイトの面接に落ちる理由・原因は?

バイトの面接は就活とは違って難易度も低く、基本的には落ちることはないと考えている人は多いです。しかしバイトであっても面接であることには変わりありませんし、仕事であることも確かです。

バイトの面接だからといって必ずしも合格するわけではなく、場合によっては落ちることもあります。バイトの面接であっても落ちるのはショックなことですが、面接に落ちるのには当然理由があります。

理由もなく落とされることはありませんし、その理由を知って改善しなければ、いつまで経ってもバイト先を決めることはできません。バイトだからと油断するのでははなく、しっかりと気持ちを引き締めて臨むことが大切です。バイトの面接で落ちる理由としてはどんなものが考えられるでしょうか。

コンビニ

コンビニ面接で落ちる理由としては、シフトの都合があまりにもつかないなどが考えられます。コンビニは人手不足の店舗も多く、少しでも働ける人材を探していることが多いです。しかし人手があれば何でもいいわけではなく、きちんと長い時間、期間働いてくれる人材を探しています。

せっかく採用しても週に1回程度だったり、月に数えるほどしかシフトに入れないのであれば意味はありません。一人で仕事を任せるまで育て上げるのにも時間がかかりますし、シフトに入れない人材はコンビニでは嫌われます。

またコンビニの場合は夜勤もありますし、男性であれば基本的に夜勤を打診されます。シフトの都合がつきにくかったり、求めれているにも関わらず夜勤を拒否していると落ちる可能性が高いです。

短期

短期のバイトで落ちる理由としては、あまりにも適性がなかった、あるいは面接での態度が無茶苦茶だったことが挙げられます。短期のバイトはとにかく人手が欲しく、短時間で作業数をこなせる人材が求められる傾向にあります。

ある程度の適性があればできる単純作業も多いですが、それに適性がない人も多いです。単純作業は簡単に見えて続けるのが苦痛にもなりやすい仕事ですし、向き不向きがあります。短期であれば人材を育てる必要はありませんし、即戦力かどうかで採用が決定します。

あまりにも適性がなければ落ちる可能性は高いです。また短期では人柄なども問われないことが多いですが、それでもあまりにも態度が悪いと落ちる原因になりますので、注意が必要です。

バイトの面接に落ちる人の特徴は?

バイトの面接であっても落ちることはありますし、しっかりと対策をしてから面接を受けることが大切です。しかし一方でほとんど対策なしてもバイトの面接に受かっている人も多いですし、そもそもバイトの面接に落ちたことがない人もいます。

反対にバイトの面接になかなか受からずに落ちるばかりの人もいます。しっかり面接の対策はしているはずなのにバイトの面接に落ちる人にはある特徴があります。それがあるとバイトの面接でも落ちやすくなりますので、注意が必要です。

バイトの面接で落ちる人の特徴としては、顔が挙げられます。これはイケメンや美女が受かって、不細工が落ちるというわけではありません。顔採用という言葉もあるくらいなので、容姿が良ければ受かるということもありますが、不細工だから必ず落ちるというものではありません。

大事なのは顔のパーツではなく、印象です。顔の印象が明るい人は面接にも受かりやすいですが、反対に暗い印象の人は面接に落ちる傾向にあります。顔の印象は髪型を変えたり、眉毛やヒゲを整えるなどで変えることができます。

身だしなみをしっかりと整えていれば暗い印象にはなりませんので、面接に落ちることが多い人は、まずは身だしなみから始めてみましょう。

掛け持ちしている人はバイトの面接に落ちるのか?

バイトの面接で落ちる理由としては、顔だけではなくバイトを掛け持ちしていることも考えられます。バイト先によっては掛け持ちを禁止しているところもありますし、掛け持ちが良く思われないことは多いです。

どんなバイトをするのかは個人の自由ですし、いくつバイトを掛け持ちしようと自由ではありますが、それがマイナスの印象を与えてしまう可能性があることは確かです。掛け持ちは印象が悪くなってしまうことも多いですが、それが本当にバイトの面接に落ちる理由になるのでしょうか。

不利になる場合も

掛け持ちは良い印象を与えないことが多いですが、掛け持ちをしていることがバレたからといって、必ずしも不合格になるわけではありません。人によっては掛け持ちをしなければならない事情を抱えている場合もありますし、場合によっては好意的に応援してもらえる可能性もあります。

掛け持ちが容認されるかどうかはバイト先次第であり、それは良くも悪くも作用すると言えます。そのため掛け持ちが理由で選考で不利になってしまうこともあるのは覚えておきましょう。

書類選考でバイトに落ちる原因は?

人によってはバイトの面接ではなく、履歴書を送って書類選考の段階で落ちることもあります。バイト先によって取り扱いはさまざまですが、事前に履歴書の提出を求めることは多いですし、簡単にであっても書類選考が行われている場合も多いです。

バイトの書類選考はそれほど厳しく審査がされていないことも多いですが、それでも確実に合格が決定しているものではありません。書類選考であっても落とされてしまうことはありますので、その理由を知っておきましょう。

基本的な項目のミス

書類選考で落ちる理由としては、基本的な項目にミスがあることが考えられます。誤字脱字があまりにも多かったり、修正ペンや修正テープを使って修正している。そもそもボールペンではなく、鉛筆で書かれている。

志望動機などがあまりにも適当などさまざまな理由が挙げられます。バイトの履歴書はそれほど真剣に考えて記入する必要はありませんが、それでもある程度は体裁を整えて書かなければなりません。基本的に必要な項目があまりにも適当に書かれていると書類選考で落ちる可能性が高いので注意しましょう。

急募のバイトに落ちる原因は?

バイトによっては人員を急募している場合もあり、急募のバイトは基本的には誰でも受かります。バイト先としても人材の質はともかく労働力を探している場合が多く、とにかく雇ってみてから考えるというスタンスをとっている場合も多いです。

そのためバイトに確実に受かりたいのであれば、急募のバイトを狙って応募するのがおすすめですが、場合によってはよっては急募でも落ちる可能性があります。基本的には合格するはずの急募のバイトで落ちる理由としては、どんなものが考えられるでしょうか。

すでに募集が終了している

急募のバイトに落ちる理由としては、すでに募集が終了してしまっている可能性があります。急募のバイトは狙い目のバイトであり、合格率が高いだけではなく好条件で募集がかかっていることも多いです。

そのため応募が殺到し、募集をかけた途端にすぐに人材が集まることもあります。バイト先としてもあまりに早く決まってしまったため、募集を止めるのを忘れてしまっている場合もあります。急募のバイトで落ちる理由は基本的には採用枠が埋まっていることが考えられますので、諦めて別のバイトを探した方がいいでしょう。

バイトで落ちるのは準備不足が原因

バイトに落ちる理由や落ちる人の特徴などを紹介しましたが、バイトの面接で落ちるのは基本的には準備不足であることが原因です。バイトの面接だからと甘く見て、何の準備もしていないと落ちる可能性がありますので、注意しなければなりません。

バイトの面接であってもそれなりに対策をしておくことが大切です。就活ほど念入りに行う必要はありませんが、それでも最低限の準備はしておき、バイトの面接で落とされないようにしましょう。