Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】スーツに合う靴・色・マナー|安い

Author nopic icontaro
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年01月08日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】スーツに合う靴・色・マナー|安い

レディース・メンズ別スーツに合う靴

メンズスーツに合う靴

レディース・メンズのスーツスタイルに合う靴をご紹介します。

単純に革靴やパンプスであればOKという安易な選び方では失礼な格好になってしまう靴選び、特徴によってビジネスシーンやカジュアルシーンなどいくつもタイプがあります。着ているスーツのカラーも考慮するといくつもの組み合わせに悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

ここではタイプ別にスーツスタイルに靴・カラーの組み合わせをご紹介します。どのようなスーツスタイルにも対応できる靴選びのご参考にしてください。

内羽根式・外羽根式の革靴

まずは内羽根式・外羽根式の革靴のご紹介です。 内羽根式とは、靴ひもを通す穴をあけている部分(羽根)が靴の内側にくっついているタイプです。

内羽根はフォーマルのスーツスタイル、外羽根はカジュアルよりのスーツスタイルの印象になります。実用面では、脱ぎやすくて履きやすい外羽根式の方が楽に履けます。

内羽根式

内羽根式の革靴はクラシックな見た目がとてもスマートです。

外羽根式

外羽根とは、羽根が靴の外側に取りつけられているタイプです。上記の内羽根の画像と見比べていただけると違いがわかります。

ストレートチップ

ストレートチップとは、つま先(トゥ)の横に1本線が入っているデザインです。内羽根の黒ストレートチップは、革靴の中でも最もフォーマルな形です。

内羽根式のブラックカラーのストレートチップは冠婚葬祭のスーツスタイルからビジネススーツまで、どのようなシーンでも使うことができるので、1足持っていれば何かと便利です。もちろん、就職活動用のリクルートスーツにもOKです。

プレーントゥ

プレーントゥとは、つま先に一切飾りがないデザインです。プレーントゥはデザインがシンプルなので、ビジネスシューズとしてものあるデザインです。ビジネススーツには外羽根式のプレーントゥがデザイン・履きやすさで実用的でもっとも選ばれています。

ウィングチップ

ウイングチップとは、トゥにWのラインに飾りが入っているデザインです。ビジネスシーンに使うこともできますが、ストレートチップやプレーントゥに比べるとカジュアルな印象になります。

ブラックのスーツにブラックのウィングチップ、ブラウン系のカラーのスーツにはキャメル系のウィングチップなどビジネスシーンからドレスシーン・カジュアルシーンまで幅が広いのでデザインに注意してシーンによって慎重に選ぶ必要があります。綺麗な印象でカジュアルダウンしたいときにはもってこいのデザインの革靴になります。

Uチップ

ツーシーム