Search

検索したいワードを入力してください

イグニッションコイルの寿命と寿命が来た時の症状|バイク/車

Small 854ed70a aa24 47fb b259 825535d527ebmonos-i-
車・バイク / 2018年04月19日
イグニッションコイルの寿命と寿命が来た時の症状|バイク/車

イグニッションコイルって何?

イグニッションコイルとは、ガソリンを使用する自動車においてエンジンの燃料を燃やす役割を持つ装置のことを指します。具体的に言えば、自動車のバッテリーと燃焼させるためのエネルギーを変換させる装置でもあります。普段はエンジンルームの奥底に隠れているため目立ちませんが、自動車を運転する上で非常に重要な装置となります。

一方で、最近増えてきているディーゼルエンジンの自動車にはイグニッションコイルは装備されていませんので知っておいてください。

車を動かすのに必要な電圧は?

一般的な自動車に組み込まれているバッテリーは12Vの電圧を発生させます。しかし、車を動かすためには20000から35000V高電圧によってガソリンの燃焼させるための火花が発生します。車内灯やクーラーなどを使うバッテリーですが、バッテリーにも寿命があり放置しているとエンジンの始動ができないことがあります。

イグニッションコイル同様にバッテリーも定期的に交換することをおすすめします。

イグニッションコイルの構造は?

イグニッションコイルの内部は0.3mmの電線を数百回巻き付けてある1次コイルと、それよりも細い電線を数万回巻き付けてある2次コイルに分けられています。この2つのコイル同士を巻き付ける軸であるコアとエネルギーをプラグへ供給する電線によって構成されているのが仕組みです。

1次コイルと2次コイルの電線の細さや巻き付けてある回数が、エネルギーを変化する役割を持っています。バッテリーから送られる電圧をさらに高圧にしてガソリンを燃焼させています。

イグニッションコイルには寿命がある!

自動車を動かす上で非常に重要なパーツとイグニッションコイルですが、実は他の自動車部品と同じように寿命というものがあります。この寿命の期間を知らずに放置しておくと、走行中に異常をきたし事故につながりかねません。

日々のメンテナンスはもちろんですが、少しでも異常を感じた時は修理工場で見てもらうようにしましょう。

車種別イグニッションコイルの寿命

一口にイグニッションコイルの寿命と行っても、経過年数や使用していた環境によって大きく変わります。また、運転する人の特徴によっても変わるため一概に寿命をはっきりと決めることはできません。イグニッションコイルに寿命がきた際に対応できるよう、ここでは車種別のイグニッションコイルの寿命や特徴についてご紹介します。

バイクのイグニッションコイルも寿命あり!

自動車と同じくバイクにも当然ながらイグニッションコイルがあります。バイクの場合は点火次にかかる電圧が30000V以上と自動車よりも高い場合があるため、寿命が早いという傾向にあります。また、自動車のものと違いバイクのイグニッションコイルは手のひらサイズの小さなものであることがほとんどです。そのため、人によっては寿命を迎えた際に自分で交換を行うという人もいます。

バイクのイグニッションコイルは専門店で売ってることも多いため、気軽にメンテナンスしやすいという特徴もあります。

ハーレーダビッドソン

バイクが好きな人もそうでない人も一度は聞いたことのあるメーカーがハーレーダビッドソンでしょう。数十年前のものから最新式のものまで幅広い車種が人気を集めていますが、その分イグニッションコイルの寿命による故障があとを立ちません。ハーレーの場合は、旧車になればなるほど故障するリスクが高い傾向にあります。

ハーレーの場合は専用のイグニッションコイルが必要となります。バイクショップや通販サイトで多数販売していますのでこれを利用すると良いでしょう。

軽自動車にはご注意を

実はイグニッションコイルは車の排気筒の数だけあります。軽自動車の場合、排気筒は3本ですのでイグニッションコイルも3本あることになります。工場やショップなどで修理してもらう場合、ほとんどの方がすべてのイグニッションコイルを交換していますが、実際には寿命を迎えたイグニッションコイルだけを交換しても問題ありません。

最近の軽自動車は性能もよく、すぐに故障することは滅多にないためイグニッションコイルの交換を勧められたら少し検討してみても良いでしょう。

ベンツには専用のイグニッションコイルを

日本では一つのステイタスにまで発展したドイツの高級車ブランドであるメルセデスベンツは、車好きなら誰もが憧れるメーカーでしょう。ベンツはドイツのメーカーであるため、一般的なイグニッションコイルとは形が違います。そのため、寿命を迎え交換を行う際には純正品を用意する必要があります。

最近ではベンツの純正品を取り扱う店舗も増えているためすぐに見つかるでしょう。

rx8は寿命が短い

ローターリースポーツ車として人気を博しながらも生産終了となったマツダ・RX-8は今でも中古車市場において根強い人気があります。一般的な車よりも高電圧を生み出すエンジンを積んでいる分イグニッションコイルの寿命が比較的早い車でもあります。

エンジン警告灯などが点灯した場合はすぐに修理工場やデイーラーで見てもらうようにしましょう。

フィット

コンパクトカーでありながら広々とした車内を実現することによって、ファミリー層に人気となっているのがホンダ・フィットです。また、ハイブリットタイプのものも販売されており家計にも優しい車として注目を集めています。そんなフィットですが、イグニッションコイルは一般的なものですので特別なものを用意する必要はありません。

気になるという方はホンダ車専門店でパーツを集めるという手もあります。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ・ムーヴは最近では全国の道路で当たり前のように見かける人気の軽自動車です。外装はもちろん内装にもこだわりがあり、ドライブを純粋に楽しむことのできる車として老若男女を問わず人気となっています。

ムーヴは軽自動車であるため、イグニッションコイルは3本だけで済みます。中古車市場では多く出回っているため、中古車を購入した場合はディーラーで見てもらうと良いでしょう。

耕運機

家庭菜園などでよく使われる耕運機にも実はイグニッションコイルは使われています。仕組みは自動車と同じで、当然ながら耕運機についているものにも寿命が存在します。寿命を迎えた場合は、耕運機を販売しているメーカーに部品を問い合わせてみましょう。新品なら部品がある可能性が高いです。

イグニッションコイルの寿命がきたときの症状

実際にイグニッションコイルの寿命がきた時にどのような症状が起こるのかと気になっている方も多いでしょう。実際にイグニッションコイルが寿命がきたことによって、車に幾つかの症状が発生します。ここでは、その時の症状についてご紹介します。

加速が遅いと感じる

車を止まっている状態から動き出すためにかかるエネルギーは特に大きく、そのために多くのガソリンを燃焼させる必要があります。ここでイグニッションコイルに問題がある場合、加速が思うようにいかず十分に加速できないという症状を引き起こすことがあります。

このような症状に心当たりがあるという方は、イグニッションコイルが寿命を迎えている可能性がありますのでチェックしてみてください。

エンジンがかかりにくい

エンジンキーを回すことでエンジンを始動させますが、この時も相当な負荷がエンジンにかかっておりその分イグニッションコイルにも負荷がかかっています。エンジンキーを回した時になかなかエンジンがかからないという症状が起きている場合はイグニッションコイルに原因がある可能性があります。

具体的には、イグニッションコイルの変圧能力が弱まっておりスパークプラグにうまく力が伝わっていない状態です。すぐに見てもらうようにしましょう。

エンジンチェックランプが点灯している

すべての自動車には速度計のところに警告灯が設置されており、それらが点灯している際にはなんらかの異常をきたしているというサインになります。イグニッションコイルに不具合が発生した時はエンジンチェックランプが点灯します。

エンジンチェックランプに限らず、警告灯が点灯している際はすぐに修理工場で見てもらうようにしてください。

日々のメンテナンスを大切に!

イグニッションコイルは車種によって寿命や症状に違いがあり、あまり車に詳しくないという人には判断しづらいです。少しでも車の様子が変だなと感じたら、すぐに修理工場で見てもらうようにしましょう。また、普段から車の点検を行っておくと、いざという時の対処に役立ちますのでおすすめです。

関連記事

Related