Search

検索したいワードを入力してください

【機種別】タブレットの寿命・2年が目安なのか|液晶/充電池

Author nopic iconyukikunn620428
カテゴリ:ビジネススキル

初回公開日:2018年02月08日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【機種別】タブレットの寿命・2年が目安なのか|液晶/充電池

スマートフォンとタブレット端末の現状

世帯ベースの普及率はスマートフォンがタブレット型端末よりも比較的多く有しているといわれています。単身世帯・二人以上世帯双方ともに前年度から比較して一様に増加傾向を示しています。スマートフォンでは単身世帯のほうが上昇率は高いのですが、タブレット端末では世帯種類別の違いはほぼ見られません。

つまり、タブレット端末は世帯に偏ることなくじっくりと普及してきているということが言えます。そのようなタブレット端末の寿命はどのようになっているのか、これから見ていきます。

機種別タブレットの寿命

Android

普段タブレットを使っていると「なんだか遅くなってきたな」と感じることがあります。いわゆる「スペック不足」からくるものですが、Androidのタブレットだと通常2年程度でこれを感じるようになります。

また、タブレット端末がOSのバージョンアップに対応できずにインストールできないアプリが出てきて不便になってきます。このため、事実上利用価値が下がってきてしまいます。

機械的な寿命は3~5年前後といわれていますが、バッテリーの寿命が耐えられなくなってきます。

したがって、Androidタブレットでは約2年程度が寿命と考えていいでしょう。

ASUS

ASUSはAndroidタブレットを提供しているメーカーです。したがって、先ほどのAndroidのところで述べたようにスペック不足からくる「遅さ」を感じてしまうところは避けられません。
また、OSのバージョンアップのために対応できずインストールできないアプリが出てきてしまうのも避けられません。

さらにバッテリーの寿命もあります。

それでも、ASUSではホームページにバッテリー情報センターというページを設けていて、バッテリーを長持ちさせる方法などをアップしています。

2年前後という寿命が避けられないものであるのなら、できるだけのフォローをしようという同社の試みだということもできます。

iPad

iPadはまだ発展途上の分野ですので、「このくらいもちます」とは言いにくい機種ですが、ハード的には数年前後は使えるはずです。しかし、ソフト的にどこまで使えるのかは不明です。OSにはバージョンアップがつきものですが、この対象機種から外れてしまうと、使えるアプリがなくなってしまいますので、使えなくなります。

したがって、iPadであっても、ほかのタブレットと同様2年~3年というのが実用できる期間だといえます。

Windows

Windows搭載タブレットの寿命はどうなのか、タブレットの寿命を決定づける要素がOSのバージョンアップであるという視点から見た場合は、今のところ寿命を気にすることはありません。現在のOSはWindows10であり、このOSは従来の数年おきのメジャーアップグレードリリースを廃してWindows Updateによって機能改善や新しい機能を追加しているためだからです。

しかし、バッテリーに関してはやはり寿命から逃れることはできません。したがって、他のタブレット同様2年程度と考えておく必要はあります。

タブレットの寿命は2年前後が目安なのか

タブレットの寿命は2年前後と一般的には言われています。それはタブレットは基本的にバッテリーを交換しないような筐体になっているから、ということができます。もちろん、絶対に交換できないということはありませんが、ノートパソコンやスマートフォンのような設計にはなっていません。

タブレットの寿命に最も影響を与えるのはバッテリーです。その寿命が大体2年前後くらいといわれていますから、交換を前提としていない筐体のタブレットの寿命は、大体2年前後くらいということができます。それは前の記事で示したメーカーの姿勢からもうかがえます。

それでも、やはりせっかく購入したタブレット、大事に使っていきたいところです。

そこで、タブレットの部品ごとにその寿命を見ていきましょう。

タブレットの部品の寿命

液晶

タブレットを構成している大事な部品に液晶ディスプレイがあります。タブレット端末における液晶ディスプレイは結果を表示するアウトプットの部分と入力を行うインプットの部分を担っています。こうした重要な部分を担う部品ですから、当然端末自体の寿命を決定する部分があります。

タブレット端末では、液晶ディスプレイとバックライトで表示を行っており、一般的に液晶ディスプレイではおよそ30,000時間、バックライトではおよそ15,000時間~50,000時間の寿命があるといわれています。しかし、この時間は保証された時間ではありません。

液晶ディスプレイやバックライトは寿命が来たらいきなり消えてしまうものではありません。これらは劣化していくと徐々に暗くなり最終的に消えてしまうという経緯を踏んでいきます。

仮に1日8時間を使用したとして液晶は約10年もつということになります。

充電池

充電池はバッテリーと同じですので、バッテリーの項を参照ください。