Search

検索したいワードを入力してください

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
ビジネススキル / 2018年01月21日
ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

ノートパソコンのバッテリー寿命について

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

今回はノートパソコンにバッテリー寿命についてご紹介して行きます。

ノートパソコンのバッテリーの調子が悪い方や、正しいバッテリーの使い方をご紹介して行き、ノートパソコンの寿命がきた時の主な、特徴や症状などや、ノートパソコンのバッテリーの寿命を伸ばす方法などをわかりやすくご紹介して行きます。

おおよそノートパソコンのバッテリーの寿命の目安は2年間程度と言われており、この寿命は正しい使い方を行えばもっと長期間使用することが可能です。

そのようなノートパソコンのバッテリーの寿命の伸ばし方についても深く解いて行きますので、一緒に見て行きましょう。

一般的に何年もつのか?

ノートパソコンを新品で購入して、何気なく使った場合に、一般的にノートパソコンのバッテリーは何年ほどもつのかと疑問の感じる方もおられるでしょう。

一般的には、充電できる回数おおよそ500回と言われており、目安としては2年間ほどは問題なく使用できると言われております。

ただ、バッテリーの充電方法や使い方によっては、この数値よりも早く寿命の症状が発生することがあります。

しかし、正しいバッテリーに優しい充電方法やバッテリーを劣化させること要因となる「充電にしすぎなど」を避けることができれば、この数値よりも長持ちさせることができます。

場合によっては「5年間ほど使用しても、通常よりバッテリーの減りは早いが使用はできる」というシュチュエーションもあります。

ノートパソコンのバッテリーの寿命がきたときの症状

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

次の項目では、実際にノートパソコンのバッテリーに寿命が来た際の、具体的な症状などをわかりやすくご紹介して行きます。

主にノートパソコンのバッテリーは使用年数が経つにつれて、バッテリーの駆動時間が減って行きますので、満充電にしても、新品時より長く持たないという症状が一般的でしょう。
はじめのバッテリーの不調はそのようなことが多く、通常使用していて問題なく使用して入れたら、問題なく使用できるでしょう。

しかし、これよりもノートパソコンの寿命が来た際の症状は厳しいものでありますので、寿命が極端んい来た際に、どのような症状があらわれるのかについてご紹介して行きます。

充電してもバッテリーの減りが極端に早くなった

通常バッテリーを充電して使用していた時は、4時間ほど問題なく使用できたのに、ノートパソコンのバッテリーの寿命が来ると、2時間ほどしか利用できなくなった来ることもありますし、進行するとこれよりも短い時間しか利用できなくなる可能性もあります。

このようなバッテリーの寿命が進行してくると、電源ケーブルがないとノートパソコンを利用することができなくなったりするので、とても不便になります。

電源ケーブルを外すとすぐにバッテリーが無くなる

ノートパソコンのバッテリーが末期になると、電源ケーブルを繋いでも充電されなくなることもあったり、電源ケーブルを外すと一気にバッテリーが0%を表示されたりするようになりますので、電源ケーブルが無いと使用できなくなってしまいます。

他にも、これよりも状態が良いものでも、満充電しても30分ほどでバッテリーがなくなってしまったりすることもあります。つまり、バッテリーの寿命が近づくと、バッテリーの減りが早くなるということが言えます。

ノートパソコンのバッテリーの寿命を伸ばす方法

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

ノートパソコンのバッテリーの寿命の伸ばす方法についてご紹介して行きます。

ノートパソコンのバッテリーの長持ちさせるには、バッテリーに優しい充電環境がとても重要となって来ます。バッテリーというのは、満タン充電を行うと、自動車のようにガソリンを満タンにすることはバッテリーに負担をかける要因となります。

その中でも、気をつけたい方がいいポイントを集めてみましたので、一緒に見て行きましょう。

満充電を避ける

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

ノートパソコンに使用されているバッテリーは、ほとんどが軽くて高性能なリチウムイオンですが、このバッテリーは満充電がダメージになります。

例えば、充電をしっぱなしにすることや、充電完了をしているのに電源ケーブルを外さないとこと」でバッテリーを知らないうちに痛めつけていることが多いです。このため、ノートパソコンを充電する際は、充電完了をした時に電源ケーブルを取り外すように覚えておきましょう。

これによって、少し気を使うことになりますがバッテリーを通常よりも、長く使用範囲で維持できるようになります。

ノートパソコンのバッテリーの寿命の確認方法

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

ノートパソコンのバッテリーの寿命を確認する方法をご紹介していきます。

ノートパソコンのバッテリーの寿命を確認するには、ほとんどのノートパソコンにバッテリーの状態を確認できるソフトウェアがインストールされておりますので、設定画面などを開ければほとんど出て来ます。

macやWindows共に、環境設定画面などを開き、電源やバッテリーに関する項目を開けることで、バッテリーの容量や劣化具合を簡単に閲覧することが可能です。

寿命が近くなると交換してくださいと表示される

例えば、Macのノートパソコンの場合は、システム情報から電源という項目を開くとバッテリーの容量や、どのくらいの容量が残っているのかなど詳しく表示されます。

バッテリーの寿命が近くなると「バッテリーを交換してください」と分かりやすく教えてくれるために、この表示がされだしたらバッテリーの交換を行えばいいという目安になるでしょう。

実際にはノートパソコンを利用していて、バッテリー駆動時間に満足できなくなったら、バッテリーの交換を行う程度でもいいでしょう。

機種別ノートパソコンのバッテリーの寿命

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

次にノートパソコンのバッテリーの寿命は、機種によってどのくらい差があるのかについて詳しく触れていきます。

ノートパソコンのバッテリーの寿命は、バッテリーの容量が多いものが長い間使用できるとも考えられます、が、ソフトウェアのバッテリー消費量によっても大きく関係して来ます。このため、機種によってバッテリーの持ち具合は多少変わることもあります。

nec

necのノートパソコンのバッテリーの寿命は一般的に、2年間程度が目安となっており、おおよそ2年間ほどで、充電しても長く持たないようになると評判にあります。

もし、充電しても長く持たなくなった場合は、バッテリーを交換することで解決可能ですので、通販や電化製品店で、necのバッテリーを探して交換して見ましょう。

富士通

富士通のノートパソコンのバッテリーは、特別なソフトウェアであるバッテリーユーティリティーを使用することで、一般的なノートパソコンよりもバッテリーが長持ちします。

この富士通のソフトウェアは、100%まで充電すると満充電になるので、満充電を防ぐために80%で充電を止める機能ですので、より長い期間にかけてバッテリーを長持ちさせることができます。

これによって、おおよそ3年間は問題なく使用できると言われており、あとは使用環境によってバッテリーのもちに影響すると言われております。

満充電しないことがポイント!

ノートパソコンのバッテリーの寿命・症状と長持ちさせる方法

今回は、ノートパソコンのバッテリーの寿命について解説してきましたが、バッテリーの寿命は、日々の使用環境によって大きく劣化スピードに差が出ることが大きく関係しています。

悪い環境であれば、満充電を行ったり、温度の高い環境で使用したりすると、よりバッテリーの劣化を促進させてしまうのですが、これらを避けることでバッテリーの劣化を大きく防ぐことも可能です。

このため、すぐに取り込めるバッテリーを長持ちさせる方法は、満充電を行わないように気をつけること」であり、これなら今すぐに取り込める要素と言えるでしょう。

そして、もし充電を行う際やパソコンが熱い時には、できる限りパソコンの使用を取りやめることで、バッテリーを熱から守ることができますので、長持ちさせることが可能です。

関連記事

Related