Search

検索したいワードを入力してください

エスコートの仕方・マナー・上手と思われる方法・おすすめの本

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
マナー / 2018年01月27日
エスコートの仕方・マナー・上手と思われる方法・おすすめの本

エスコートの仕方・マナー

エスコートという言葉や行動をご存知ですか。エスコートの本来の意味は「帰路や社交の場で、男性が女性に付き添うこと」です。エスコートの仕方やマナーは国にもより異なりますが、相手への気の使いやはからいが現れます。

相手に少しでもお力添えになれるようにするものでありますが、エスコートをすることによって異性への感触もよくなることも事実です。男性は女性をエスコートをすることによって相手からの印象をアップさせる効果が期待されます。エスコートのできる男性は女性からのウケもよくモテる方が多いです。

では、エスコートに仕方やマナーについてご紹介しますので、ぜひともご参考にしていただけますと幸いです。

段差があったり、足元が悪い中では手をとりエスコートをすることがあります。うまくエスコートするには女性に手を差し出しましょう。間違っても自分から手を掴みにいくことは避けましょう。

女性に触る行為はときに不快にとられることもあるから注意しましょう。スマートにエスコートするのであれば、手を差し出し相手から手をとるようにするとよいです。手を差し出すときは手のひらを上向きにして、女性の手が上から覆いかぶされるようにします。

よく舞踏会や社交界でも見られることがありますが、男性が腕を差し出し、女性をエスコートをすることがあります。デートのときにお買い物や歩いているシチュエーションでも腕を組んでエスコートできます。腕を組んでエスコートするときは、女性の歩くスピードに注意してエスコートしましょう。

もし女性がハイヒールなどをはいていると、いつもより歩く速度が遅い場合もあります。腕を引っ張って早歩きにならないようにしましょう。また、腕を組んでいるときは女性の腕を締め付けないように気をつけることが必要です。

階段

女性が階段をおりるときのエスコートの仕方は、まずは自分が女性よりも低い位置におります。そして手を差し伸べて女性が階段をおりる際の手助けをします。とても急な階段でのぼりでエスコートするのであれば、真横に付き添いながら一緒にのぼるとよいです。

車のシチュエーションではエスコートをする際ににドアの開け閉めがあります。女性が車に乗る際には、ドアを開け、女性が乗ったことを確認すると閉めます。同じように、女性が降りる際にはドアを開けてあげます。

また、別のシチュエーションでのエスコートであれば、車道を歩いているときに、女性を車道側の反対側を歩かせるように誘導することもステキなエスコートです。車道側よりも歩道側の方が安全のためです。誘導するときは、自然に入れかわることもできますが、女性を歩道側になるように、手を差し伸べることもできます。

エスカレーター

エスカレーターでのエスコートは女性から先に乗らせることです。基本的にはエスコートは全てレディファーストで女性が先になります。

エスカレーターでのポイントはのぼりのエスカレーターであれば女性が先でよいのですが、下りの場合は男性が先に乗り込み、女性を後から乗せるようにします。理由としてましては、下りの場合、何かあっても女性より下にいると女性を守ることができるからです。

エレベーターなど

エレベーターでのエスコートは、まずはエレベーターを呼ぶボタンを押すところから始まります。エスコートができる男性は女性にボタンを押させることはありません。そしてエレベーターが到着すると、エレベーターのドアを手でおさえ女性がドアで挟まれることがないようにします。

そして、女性をエレベーターに乗せると最後に自分が乗り込みます。乗ってもエスコートはまだ続いており、行き先の階のボタンを押します。最後に、目的の階についたら、手でドアをあけたままにして女性をエレベーターからおろします。女性のあとに自身もおりて完了です。

エスコートが上手な男と思われる方法

エスコートが上手な男性はとても感じがよくて好印象です。好印象に見られるためにも普段からちょっとしたエスコートを行うとよいです。エスコートをするときには、やってあげているという雰囲気は出さずさりげなくすることがポイントです。

気付かないぐらい自然な対応ができるとステキです。誰でも簡単にできることばかりなので、明日からでも実践することができます。普段からエスコートをしていると知らない間に自然とエスコートができるようになります。

歩き方

歩き方は女性といるときは女性の速度にあわすことは当たり前です。いつものペースで歩き女性があわせることができたとしてもこれはエスコート不測の男性の例となります。また、歩く位置ですが女性にひっつきすぎても失礼ですが、離れすぎもよくないので適度な距離を保ちましょう。

相手がいやでなければ、腕を組んでエスコートすることもできますし、手をつなぐこともできます。これは少し距離感の近いカップルの例でありますので、まだ親しい間柄でなければ腕組や手をつながなくても大丈夫です。

椅子を引くなど

レストランなどのシチュエーションで男性が女性の椅子を引いてあげ、女性が椅子に座るお手伝いをしている状況をご覧になったことはありますか。これもまさにエスコートの1つです。

椅子を引いてあげて、女性が座るタイミングで椅子を軽く押し座りやすい位置に戻します。これは普段からしていないと少し難しいので、自信がなければ無理にしなくてもよいです。自身がなければ、単純に椅子をひいてあげるだけでもエスコートになります。

車のドアをあける

車に乗車する際にドアをあけてあげることもエスコートになります。しかし、女性をお迎えに行き、女性がまだ到着していなければドアを開けて待っていることもよいですが、日本の道路では停車が難しい場所もあるのでドアを開けるために一旦おりことも難しいです。

物理的に難しい状況であれば無理にあけなくてもよいです。好ましいシチュエーションとしては、女性と一緒のタクシーやお迎えの車に乗るときなどは男性がドアを開け、女性を乗せます。これもまた、日本ではタクシーは自動ドアのことがほとんどなので必要ないこともあります。

ジャケットをかす

春や秋頃は日中は暑くても朝や夜になるととても肌寒い日があります。そんなときには、さりげなくジャケットをかけてあげることでエスコートができる男性とおもわれやすいです。女性の身振りを観察して、肌をさすっていたりと寒そうな素振りをしていれば「寒い?」と声をかけてあげましょう。

エスコートができない男性はそういう女性のサインを見落としがちなので、察知する必要があります。寒いという女性に対し何かジャケットなどかせる状態でなければ、どこか温かい場所に移動するなどしてエスコートしましょう。

エスコートができる男は海外でモテるのか

日本に比べ海外での女性へのエスコート力はとても高いです。そのためエスコートをしたからモテるというよりかは、エスコートしないと絶対にモテません。海外ではエスコートを既にしているので、エスコートができない男性は除外されてしまいます。

エスコートをする男性がとても多いので、エスコートが苦手な男性からすると海外でのカップルを観察していると、男性のエスコート力を学ぶことができます。エスコートをしたことがない男性であれば、少し照れくさい部分もあるかとおもいますが、おもいきって女性をリードしてみましょう。

エスコートは必須

海外でのエスコートは必須項目です。日本は昔から亭主関白という文化が強いので今でもその文化が残っています。そのため、男性の方が強く、女性は男性に対し少し後ろに下がってついていくイメージが強いです。

しかし、世界ではそのスタイルを受け入れられることは少なく、男性が女性をエスコートをすることが多いです。例えば、手動ドアの場合、カップルで入店するときは、男性が女性のためにドアを開けてあげることが多いです。これは、自分の知り合いだけでなく、見知らぬ方でも女性にドアをあけます。

レディファースト

特にイギリスの文化ではレディファーストという文化が強く、男性は女性を優先させることが多いです。何かを食べたり呑んだりするときも女性に先に与えることが多いです。

レディファーストはアメリカでも多くみられます。その他にもヨーロッパの国々や、オセアニアでもあります。同じ、アジア圏であっても日本よりかは台湾の方がレディファーストが強いです。

海外でエスコートができないとモテない

海外ではエスコートは必須ですが、もしエスコートをしなければどうなるのでしょうか。とにかくモテません。日本の男性は日本の文化が強く、それを海外でやっているので「日本人男性は世界一モテない」といわれていることもありました。

その場に行けばその場所の文化に従うべきであり、新た文化を取り入れる必要性もあるのではないでしょうか。モテるモテない関係ないにしても、エスコートされるととても気持ちがよいです。

海外でのエスコート話

海外では男性が女性をエスコートすることが頻繁にあります。それは他人であっても同じです。例えば、カップルと1人の女性が電車に乗っているとします。カップルなのだから男性は当然のようにエスコートをしますので、空席の場所に女性を座らせます。

これは日本でもありえることですが、海外のエスコートはさらに、そこに偶然いあわせた見知らぬ1人の女性にもお席を譲ることがあります。誰であっても女性が優先であり、自分は立っていることがあります。

エスコートに関するおすすめの本

エスコートはさまざまなシチュエーションのなかで説明されるととてもわかりやすく、自然に親切に接することができます。単純にドアをあけることなどと聞いても、解説がなければいまいちイメージができないこともあります。

そんな方には、新たなマナーやエスコート力をつけるためにも本を読んで学ぶことも1つの作戦です。エスコートはできないよりできた方がよいので、ぜひともご参考にしていただけますと幸いです。

改訂版「さすが!」といわせる大人のマナー講座

エスコートをするというと男性が女性の気をひくために行うこともありますが、本来のエスコートは優しさやマナーや気づかいがとても大切です。相手に対していたわりやイヤな気分にさせないという思いやりはとても重要です。

そうなると基本的に大人としてのマナーを持ち備えていると、意識しなくても自然とエスコートができている場合があります。そんなときにおすすめの本が「改訂版「さすが!」といわせる大人のマナー講座」です。このシリーズには「食べ方のマナー」「ふるまいとマナー」などその他のジャンルにおいても出版されているので、気になる方はぜひともチェックしてみください。

Blockquote firstBlockquote second

非常に良い。分かりやすくまとめられている。マナーを学びたいと思われているなら本書から始めて間違いない。

デート前のチェックリスト: 本当はあまり広まってほしくない

エスコートはまさにデート中に行います。人生初めてのデートでは、どんなふうに接すればよいのかインターネットなどで男性のふるまいについて勉強した方も多いのではないでしょうか。

そんな方にもまだまだ参考にしていただけるエスコートやデートでのふるまいがご紹介されている本をご紹介します。「デート前のチェックリスト: 本当はあまり広まってほしくない」では、女性目線でのエスコートが多く紹介されているので、男性にとっては本当に参考になる本となっています。

男性が勘違いしているエスコートもあるので改めてチェックしてください。

Blockquote firstBlockquote second

構成としては、最初にチェックリストの内容になっている項目の解説がずらっと書かれている。
そして、それを最後に復習できるように巻末にチェックリストが付いているので、
繰り返し読み学び、デートの前にはチェックリストを読むことでデートの際に女性とどう接すればいいかの復習をできるという構成。
ベタな内容もあったが、とても役に立つ内容なので持っていて損はしない商品。

エスコートは女性にだけではない

エスコートは決して特別な女性にだけではありません。例えば、母親であったりエスコートが日頃からされる文化の国であれば、どこでもエスコートが見受けられます。とても小さな子供であっても母親に対し荷物を持ってあげたり、ドアをあけてあげたりとエスコートをしています。エスコートは誰であってもできる状態であればしてあげましょう。

エスコートが上手な職業

エスコートはいわばサービスの一環であります。そうするとエスコートを日常からされる職業の方では相手が誰であってもエスコートがなされています。エスコートが苦手という男性であれば、そいうった職業の方を観察してみると自然に身に付く可能性があります。少しでも参考になる職業の方をご紹介します。

彼らはそういった職業のプロフェッショナルであるのでとても自然な行動でエスコートをしています。タイミングなどもばっちりであり本当に気がきくサービスをしています。きっと自身も彼らにエスコートをされるとされた側の気分や嬉しさが理解できます。よければサービスを受けてみてはいかがですか。

ホテルスタッフ

ホテルのスタッフはサービスが売りの職業なのでキメの細かい対応で、お客様をエスコートしています。さまざまな年代で色んなお客様をエスコートしているだけあって、その人にあった対処をできます。エスコートの達人としてとてもお手本にしたい部分が多いです。

特に一流ホテルのスタッフのエスコートは本当に行き届いておりとても勉強になります。ホテルスタッフはエレベーターに乗るときや、ドアでの振舞い、荷物の扱いなどホテルの中でさまざまなシチュエーションでプロフェッショナルなエスコート力をご覧になれます。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは女性の憧れの職業です。もちろん、男性もキャビンアテンダントをされている方もいます。彼らは飛行機の中では一流のエスコート力を発揮してくれます。女性が多い職業なので、女性ならではの主観でエスコートをしてくれるので男性からのエスコートとは少し違った優しさを感じられることもあります。

例えば、男性と女性とでは体温の感じ方も異なりますので、機内で寒くないかなどブランケットを必要かなどをパッセンジャーをみて観察しています。女性は男性に比べ筋肉量が少ないので熱を燃やすことが苦手です。さらに気圧の高い場所にいくことで血の巡りが悪くなりいつもより寒いと感じることがあるからです。

サーバー

日本ではレストランのスタッフのことをウェイトレスや店員と言いますが、チップの文化がある国ではサーバーと呼びます。これを日本語にするとサービスをする人ということになります。

サーバーの収入の多くはチップであるということもあり、彼らのサービスはとても気がきいており素晴らしいです。日本のように「すみません」とスタッフを呼ぶことがない外国のレストランでは、サーバーは自分のエリアのテーブル全てをみておりナイスタイミングでオーダーを取りにきたり、テーブルの様子を伺っています。

お食事を快適に過ごしていただけるように最高のサービスを提供してくれるプロフェッショナルなのでエスコート力もばっちりです。

うまくエスコートしてモテよう

エスコートの仕方やマナーについてのご紹介はいかがでしたか。最後までお読みいただきありがとうございます。エスコートは日本では少しマイナーな文化でありますが、男性の優しさとして受け取られることが多く、エスコートができる男性はモテる確立があがります。

今でもモテている男性がエスコートをできるようになるとさらにモテることができるということになります。モテることが目的でなくてもエスコートをするとされた側に喜んでもらえるので、した側としてもとても気持ちがよいと感じられます。

また、エスコートをされたときには嬉しくおもうこともできます。エスコートをできるようになることは人生にとってもよいことです。

関連記事

Related