Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】バイク乗り方・おすすめのファッション・特徴

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
車・バイク / 2018年01月23日
【男女別】バイク乗り方・おすすめのファッション・特徴

バイクってどうやって乗るの?

爽快に風を切るバイクが多いですが、車種やモデルも豊富ですのでどういった車種が最適なのか理解しておくことで、さらにバイクが好きになれます。

バイクに乗る人はとてもかっこ良い印象があり、特にマナーを守り、スマートな運転をしているライダーは格別です。街中で、そうしたライダーに魅了されるケースもあるでしょう。

また、「バイクに乗るときのファション」にこだわることも楽しみの1つです。バイクの雰囲気とマッチしていれば、さらに街中で周囲の目を引くことにもなります。

今回は、バイク乗りのおすすめファッションを中心に述べて参ります。これから免許を取得する方や、どういったファッションで乗車すればかっこ良くいいのか、参考にしてみてください。

では、まずはじめにバイクの形式による乗り方からご紹介して参りましょう。

オートマチックはどうやって乗るの?

オートマ車とはスクーター形式のバイクです。右手側がアクセルとなっていて、手前にひねることで前進します。両手に付いているレバーを握ることで、前後のタイヤへブレーキがかかり停車できます。

オートマ車はとても操作性が良く、バイク初心者から2台目以降の足ともなる最上の車両です。ベテランのバイク乗りでも、オートマ車の方が乗りやすく感じている方も多いです。

余計な操作がありませんので、快適に走行できる車両です。足つきが良く、操作がしやすいので老若男女問わずに安心して走行できる車両です。

バイク乗りの基本が体感できる走行性能ですので、いきなり大きなマニュアル車両に乗るのではなく、まずは小さなオートマ車から乗りはじめてみることをおすすめいたします。

マニュアルはどうやって乗るの?

マニュアルのバイクというのは、ギアチェンジの操作が加わります。左手側のレバーがクラッチという機構で、左足のシフトチェンジと同時に扱います。

右手側と右足側が前輪・後輪のブレーキですので、身体全体で操作する面白さがある車両です。小さな車両に慣れて、大きなマニュアル車に乗ることもバイク乗りの憧れです。

主に1速から6速のギアーがあり、「速度や路面状況に合わせたギアーを選択」しながら走行するバイクです。

雨風に巻き込まれることもありますが、そんな中でも颯爽と走るバイク乗りはとてもかっこいいです。

大きなマニュアル車ですと、最大では1,500ccを超えるバイクもあります。車重だけでもゆうに300㎏を超えますので、そうしたバイクを扱い、走る姿はバイク乗りならではの魅力です。

男女それぞれのバイク乗りにおすすめのファッションとは?

バイクに乗るには、「季節に合ったファッション」が必要です。教習所でもそうであったように、暑い時期でも長袖を着たパンツスタイルが基本です。

やはり、二輪車ですのでどういったことで転倒するか予測ができません。路地から子供や犬などが急に飛び出し、急ブレーキを使ってロックしてしまい、転倒してしまうケースも多々あります。

また、男女の各バイク乗りでも、それぞれ季節ごとに最適なファッションが異なります。バイクの車種によってもかっこいいファッションが異なりますので、それぞれご紹介して参ります。ぜひ、バイクに乗る際の参考にして、自分流にアレンジしてみてください。

春はどんなファッションがおすすめなの?

春といえば、バイク乗りにとっては最適な気温です。ようやく冷間期を過ぎ、身も心も暖まりはじめる季節です。

<女性のバイク乗りに最適なファッションとは>
春先ですと、朝晩はまだ冷え込む地域もあります。女性は体温が低い方が多いですので、冷間期の服装でも良いでしょう。ですが、日中は気温が上がりますので、汗ばむ季節でもあります。

レザーパンツに薄手のシャツの重ね着がおすすめです。容易に脱げるシャツを羽織っていれば、時間帯によっても体温調整ができますのでおすすめです。

<男性のバイク乗りに最適なファッションとは>
男性の場合では、暑がりな傾向がありますので、汚れてもよいジーンズにロンTやサーマルなどがおすすめです。

特にサーマルですと風を通しやすいですので、日中の気温が高い時間帯でも快適なライディングができます。

夏はどんなファッションがおすすめなの?

<女性のバイク乗りに最適なファッションとは>
夏ですと、日中の気温は30度を超えます。半袖のTシャツで走りたくなりますが、それが危険の元です。仮に転倒した時に、薄手でも「長袖であるのと半袖とでは大きな相違」があります。

少しの生地のおかげで大きな怪我にならなかった、という事例は数多く存在しています。ぜひ、大事な身体を守るためにも、長袖のシャツでライディングしましょう。

<男性のバイク乗りに最適なファッションとは>
半袖やタンクトップで乗車しているライダーもいます。安全運転をしていれば事故を起こす確率は少ないですが、何が起きるかわからないのが公道です。

お年寄りのドライバーが起こす事故は年々増加しています。思わぬ事故に巻き込まれてもよいように、やはり長袖シャツの着用をおすすめいたします。また、グローブも装着しましょう。夏用の薄手のものや、かっこいいデザインのものが豊富にあります。

秋はどんなファッションがおすすめなの?

<女性のバイク乗りに最適なファッションとは>
秋となると遅い時間帯はすでに寒い地域も多いです。女性の場合は、レザーのライダースジャケットを着用しましょう。

パンツはデニムやチノパンでも、トップスはレザーアイテムがおすすめです。風の侵入を防ぐことができ、なおかつ暖かく、プロテクターとしての用途もありますのでおすすめです。

<男性のバイク乗りに最適なファッションとは>
薄手のレザーシャツがおすすめです。ボタンダウンタイプのものが特に良いです。脱ぎやすく、暖かい日中は脱いでも走行が楽しめることでしょう。

足先が冷たくなる季節ですので、レザーブーツを着用するには最適のシーズンです。男女ともにおすすめできますので、やわらかいレザーブーツを履いて乗車しましょう。シフトチェンジもしやすいので、きっといつまでも走りたくなることでしょう。

冬はどんなファッションがおすすめなの?

<女性のバイク乗りに最適なファッションとは>
日中でも風が冷たく、バイク乗りには厳しい季節です。ですが、防寒をしていれば問題はありません。アウターには軍物のN3-Bなどの風を通しにくい素材がおすすめです。

下半身はレザーパンツにブーツがおすすめです。インナーに電熱式の衣類を着ることで、着ぶくれせずに乗車できるので、そうした選択もおすすめです。

<男性のバイク乗りに最適なファッションとは>
男性でも真冬の長時間ライディングは心身共に冷え込みます。冬場は重ね着が基本スタイルです。あわせて、ヒーテックやヒートグローブ、ヒートパンツを着用することで寒さは感じません。

そして、アウターにお気に入りのライダースジャケットを羽織るだけで、真冬でも寒さを凌げますのでおすすめです。

ダサいファッションをしているバイク乗りの特徴とは?

どういうファッションをしているバイク乗りがダサいかと言えば、サイズが合っていない服装のライダーです。サイズが大き過ぎても、小さ過ぎてもダサいです。

やはりかっこいいバイク乗りは、サイズが合ったジャケットやパンツを着用しています。バイクに乗ると両手を前に出すため、普段の生活している状況とは異なったサイズの衣類がおすすめです。

袖が短かったり、丈が短ければ、風の侵入が増えて快適な走行ができません。バイク専門のアイテムを取り扱うショップでは、バイク乗りに特化した衣類を販売しています。

しかも、安全を考慮してプロテクターも装備されていますので、一挙両得でかっこいいですのでおすすめです。

ぜひ、1度お近くの大型バイク店へ出掛けてみてください。きっと、自分好みのかっこいい洋服と出会えることでしょう。

カラーリングが重要!

サイズと同じでカラーリングも重要です。かっこいいバイク乗りは、車体とカラーリングがマッチしています。

まずは、自分のバイクのメインカラーを把握しておきましょう。これで、かっこいいファッションの選択が容易にできます。

バイク乗りの特徴とは?

バイク乗りと聞くとどういった印象があるでしょうか。

バイクに乗らない人からは「恐い」と感じたり、「かっこいい」と感じたり、それぞれイメージすることは異なりますが、平均的な特徴をご紹介して参ります。バイカーのイメージが変わることもあるでしょう。

どんな性格の人が多いの?

バイク乗りの性格ですが、とても「気が短い」人が多いです。車の間をすり抜けながら走行するライダーが多いのもそうした性格からです。

反対に「気長なバイク乗り」も多く、法規走行をしっかりと守り、かっこいいバイクにかっこいいファッションでゆったりと走行するバイク乗りもいます。

かっこいいライダーが数多くいる!

かっこいいライダーは、やはりマナーを心得ています。無駄な空ぶかしなどはせず、迷惑運転もせず、とてもスマートなライダーです。

集団で走行することもバイクに乗る面白さですが、1人で走行を楽しむ乙な楽しみ方を知っている素敵なバイカーもいます。

バイク乗りにおすすめの帽子とは?

バイク乗車時は常にヘルメットを被っていますので、停車時には髪型がぺしゃんこです。そのため、バイカーには帽子が似合いますし、おすすめのアイテムです。

パンツや車体にも付けやすい、ベースボールキャップがおすすめです。後ろの調整部で、どこでもくくり付けることができますので荷物になりません。

バイク乗りにおすすめの髪型とは?

男性の場合は短髪の人が多いのであまり関係ないですが、女性の場合は髪が長すぎると視野を邪魔したり、ヘルメットが被りづらいことがあります。

短いヘアースタイルですと帽子も被りやすく、とても扱い易いので、肩辺りの長さがバイカー女子には一番おすすめです。

マナーを守れるバイカーが何よりもかっこいい!

バイクに乗る「最適でかっこいいファッションと髪型」をご紹介いたしました。

自分のかっこいいバイクにかっこいいファッションで乗車することで、とても有意義で楽しい時間を過ごせます。

あとは運転マナーを守り、安全運転で帰宅することが一番重要なことです。そして、豊かなライディングは「日々の疲れも爽快なバイクで吹き飛んでしまう」でしょう。

ぜひ、色々な場所へ走りに出掛け、素敵な景色を見たり、美味しい料理をいただき、身も心も楽しい思いで膨らませましょう。

関連記事

Related