Search

検索したいワードを入力してください

フェードアウトの方法・やり方・されたときの対処法|恋愛/友達

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2018年01月26日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フェードアウトの方法・やり方・されたときの対処法|恋愛/友達

恋愛におけるフェードアウトの方法

恋愛はお互いの気持ちが重ならないとどうしてもフェードアウトをする結果になってしまいます。はじめはとても好印象で相手に好意を抱いていても、お互いのことを知っていくうちに、なんか違うと感じ結果的にフェードアウトをし離れてしまうことがあります。

これはお互いの価値観や好みが大きいので仕方がないことであるのですが、離れる際のフェードアウトがうまくでいないとおもわぬトラブルになってしまうことがあります。

また、相手を必要以上に傷つけてしまうこともあります。関係性やお互いにとってできる限りうまくフェードアウトをする方法をご紹介をしますので、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

忙しい

フェードアウトの第一段階としてよくあるパターンが「忙しい」という理由で距離をおくことです。理由はさまざまですが、1番多い理由が仕事で忙しいということです。仕事が忙しいと言われるとほとんどの場合がフェードアウトの可能性があります。

いくら仕事が忙しくても気持ちがあれば会いたいとおもうので、どうにか無理にでも時間を作ろうとするものです。本当に仕事が忙しいこともありますが、相手の様子と今までのやりとりの総合で判断ができます。察知の早い相手であれば、忙しいアピールをすればこちらのフェードアウトの兆候にすぐに気づきます。

連絡を減らす

フェードアウトの1つの方法としては、単純に連絡の回数を減らしていくことです。突然に連絡をぷつりとなくすよりかは、相手へのダメージも少ないため徐々に連絡を減らすことがおすすめです。

出会った当初に比べ、何か違うと感じ感情が薄れると必然的に連絡の回数が減っている場合もあります。その場合は意識をしていなくても自然とフェードアウトをしていることになります。

好きな人ができた

本当に相手への気持ちがないとはっきりとわかっていてすぐにでもフェードアウトをしたい場合には、好きな人ができたとずばっという方法もあります。これは相手の自分への気持ちが大きい場合には相手へのダメージが大きくとても傷つける結果になる可能性があるのであまりおすすめはしません。

しかし、はっきりと切り離すことで、お互いの時間を無駄にせずきっぱりと方向性を決められもやもやした曖昧な関係をはっきりさせることができます。相手の性格にもよるので、これがベストなパターンもあります。

無視

これは相手にとってとても失礼なフェードアウトの方法ではありますが、最終手段のフェードアウトの方法であります。フェードアウトをほのめかすことをしていても相手が気づかずどうしてもフェードアウトしたいときには、この方法を取らざるを得ないこともあります。

ただ、無視やしかとをすることは大人のする行為としてはふさわしくないので、この方法を取らざるを得ない状況には極力したくはありません。

興味ないアピール

恋愛をするなかで1番大事なことが雰囲気です。お互い相手の雰囲気や行動で心境や感情を読み取ります。恋愛でフェードアウトするときには相手への興味が薄れているという雰囲気をアピールすることで、相手も雰囲気を読み取りお互い自然と離れることができる場合があります。

興味のないアピール方法としては、相手を誉めなくなる、相手への質問をなくす、相手の話にあまり興味を示さなくなるなど、いろんな方法があります。誘わなくなる、自分の話をしなくなるなども同じく興味ないアピールの1つになります。

男女別フェードアウトする方法

フェードアウトするときは男性からの場合もあれば、女性からの場合もあります。男女によってフェードアウトの方法は異なります。男女でよくあるフェードアウトの方法をご紹介します。

これらの行動をとられている場合は相手がフェードアウトを考えている場合があります。もしこれらの行動に心あたりがあれば、前後の行動や相手をよく観察して本当にフェードアウトしようとしているのか相手の気持ちを探ってみましょう。

男性からの方法

男性から女性からフェードアウトするときには、明らかにお誘いが減ったり、連絡の回数が減るということが多いです。男性でもとても豆に連絡をする人もいればそうでない人もいますが、恋愛においては男性側からアピールしてくることが多いです。

そのアピールがなくなるということは女性に対して魅力が減少していることになります。そういうときに女性からお誘いをしても、男性のフェードアウトが確定であれば仕事が忙しいという返答がとても多いです。男性は女性を避けるときに仕事を理由にするパターンが非常に多いです。

女性からの方法

女性のフェードアウトの方法としては、連絡がなくなる、無視をするということが多いです。これらの行動は脈なしととてもわかりやすいです。それでも小まめに連絡をしフェードアウトを防ぐ男性もいます。

でも、無視のパターンでは巻き返すことは難しいです。無視までいかなくても、連絡の返信の内容が「そうなんだ。」とか「へ~。」など明らかにリアクションが薄いあいづちの場合もフェードアウトを考えている場合があります。

友達からフェードアウトをする方法

フェードアウトをするシチュエーションは恋愛のケースばかりではありません。友達関係であってもフェードアウトを考えることがあります。

友達は特に周囲の関係性もありフェードアウトをするときは慎重に行うべきです。友達であっても基本的にはフェードアウトの方法は恋愛のときと同じ方法がよいかもしれません。それに少しエッセンスを加えてうまくフェードアウトをしましょう。

仕事のせいにする

恋愛と同様で友達の間柄でフェードアウトするときも仕事を理由にするのもいいかもしれません。仕事を立て続きに理由にできない場合には、予定があるなどと誤魔化すことも必要です。予定があるのであれば誘われて断る理由としても正当な理由であり断り文句としては自然です。仕事を理由にするにも限界があるのでこの2つをうまく使い分けましょう。

また今度

友達からフェードアウトするときは「また今度」で乗りきることができます。また遊ぼうとか、またと使うことはよくあります。

いざお誘いすることがなくても、また今度とあたかもまた会うことがあるようなことを言い残すことは、どのシチュエーションでもよくあることです。実際に会わなくても挨拶のように使われるのでこのフレーズでフェードアウトすることはよくあります。

フェードアウトする人の心理

フェードアウトする人は何かしらの理由があってフェードアウトすることがあります。フェードアウトされたと感じた場合は、相手が何か感じていることがあります。では、フェードアウトする人はどういう心理でフェードアウトする行動をとっているのでしょうか。

フェードアウトをする理由をいくつかご紹介します。たまたま、用事があったり忙しいこともありますが、これらの理由以外にも関係性の問題でフェードアウトすることもあります。

気が合わない

単純にその人からフェードアウトする場合は気が合わないということが多いです。恋愛の場合であればこの理由がとても多いです。全く違う環境や育った場所が違うことで、出会ったとしても気が合わない、意見があわないこともあって当然です。

これは、相手を否定的に考えているというわけじゃなく、ただ合わないということであり性格の問題も大きいです。性格の不一致ということはよくある話なのであまり気にすることもありません。無理にあわせてお互い気をつかう関係性を続けるのであれば、離れることも1つの方法です。

他に興味があることができた

フェードアウトする理由の1つとしては、他のことに夢中になっている場合です。趣味や他に興味ができると付き合いが悪くなることがあります。他の興味といえば、モノや趣味だけじゃなく人物である可能性もあります。男女関係であれば、新しい素敵な出会いが出来たことによってフェードアウトすることもあります。

自分自身のことを優先

人の性格は得意、不得意があり、どうしても同時に複数のことができない人がいます。そうなると何か新しいことが入ってくると今の関係や交友関係をうまく付き合えない人もいます。

例えば、何かの試験が近づくとそちらを優先して、集中して勉強したいがためにフェードアウトすることもあります。自分自身のことを優先し、たまたま優先順位が低い相手がフェードアウトせざるをえない形になるということです

フェードアウトされたらどうすればいいか

まさかフェードアウトされているということに気づいたらどうればよいのでしょうか。相手のことを好きで離れたくないと強く感じることもありますが、そのままフェードアウトせざるをえないこともあります。自分の気持ちを押し付けることもしたくないし、しても関係は戻らないこともあるので受け入れることも必要です。

婚活

婚活中に素敵な人に出会えるととてもテンションがあがり気分は絶好調です。しかし、その相手からフェードアウトの雰囲気を感じたらどうしたらよいのでしょうか。すぐに諦めずにアピールすることもできます。

様子見として一旦は今までどおりに接して相手の心境を探りましょう。しかし、フェードアウトの雰囲気が強くなるのであれば、相手を尊重してそのままフェードアウトを受けいれることも必要です。

恋人

恋人からフェードアウトの雰囲気を感じたらとても不安になります。今後の付き合いが継続するのかどうかなど考えるとそのことばかりが頭の中をよぎります。

恋人であればどなことでも話してほしいとおもうので、相手にずばり訪ねてみることもありです。お互いの心境や状況を確認することで関係性が修復されることもあります。こちらの歩み寄りを拒まれるのであればフェードアウトを受け入れることも必要です。

友達

友達からのフェードアウトも恋人と同じく相手に心境を確認することもありです。知らぬ間に友達を傷つけていたり、気に障ることをしている場合があります。そうであれば、お互いの嫌な面を改善してフェードアウトを防げる可能性もあります。

フェードアウトしたいとおもう時

フェードアウトしたとおもったことはありませんか。もしくは、実際にフェードアウトをした経験はありませんか。フェードアウトをしたいとおもう時とはどんなときなのでしょうか。何か理由があったりその状況を拒否しているときにフェードアウトをしたいという感情がうまれます。

では、どんなときにフェードアウトをしたいとおもうのか具体的にご紹介します。とても単純なことですが、自分のキャパシティーをオーバーするとフェードアウトを考えることがあります。

疲れる

初めは楽しいと感じる交友関係であっても、いつのまにか疲れる、疲れたと感じることがあります。そんなときにフェードアウトを考えることがあります。一緒にいて疲れたり相手にあわして続ける関係はとてもしんどいです。自己中心的な人やあまりにも自分とペースがあわない人は、初めは新鮮であってもそのうちに疲れるの対象になることがあります。

意見のすれ違い

友達であっても恋人であっても意見が異なることはあります。その都度、お互いの意見をすり合わせてお互いのことを理解していくのですが、どうしてもあまりにも意見が異なることが続くと歩み寄ることも難しくなり最終的にフェードアウトを考えることがあります。意見が違うからこそ楽しいのですが、同じ意見の人と一緒にいることを楽であるということもあります。

おもしろくない

一緒にて楽しくない、おもしろくないということもフェードアウトを考える対象になります。おもしろくないと感じることは、そもそも関係性があっていないこともあるので、フェードアウトをして新たな交友関係を構築することも1つの選択肢です。

フェードアウトされそうな時

フェードアウトをされる前に、フェードアウトをされる前兆があることが多いです。その前兆は関係性にもより異なりますが、何かいつもと違うことがあります。フェードアウトをされてから冷静に考えてみると、あのとき行動がおかしかったということもあります。

しかし、できる限りタイムリーにその前兆を気づきとりたいものです。では、その前兆とはどういうものがあるかをご紹介します。

様子がおかしい

フェードアウトをされる前に相手の様子がおかしいと感じることがあります。連絡が減ったり、返信の連絡が遅くなったりなどがあります。もしくは、一緒にいても何だか暗いと感じたり相手の様子の変化を察知しましょう。

態度が急変

すごくわかりやすい前兆であれば、明らかに態度が急変することがあります。これはわかりやすいのですぐに気づくことがありますが、大事なことは気づいてどうするかということです。気づいてもどうすればよいかわからずそのままにしておくと、結局はフェードアウトをされることになりかねません。とてもわかりやすい前兆の1つなので早めに策を打ちましょう。

コミュニケーションの減少

どんな交友関係であってもコミュニケーションとはとても大事なものです。関係性が深まれば深まるほど、コミュニケーションがなくても相手の考えていることがわかるようになりますが、それは普段からのコミュニケーションがあってこその場合です。

そうするとコミュニケーションの減少は関係性に亀裂が入っている可能性もあります。これは前兆の可能性もありますので注意が必要です。

約束をしない

誰かとお出かけをする際の手順として、まずはお誘い、そして日程を決め約束をします。しかし、フェードアウトの前兆がはじまると約束をしないという現象が起きる場合があります。また今度で流されたり、何となく避けられていると気づくことがあります。

フェードアウトはあり?

フェードアウトをする人もされたことがある人もいるかとおもいますが、フェードアウトはありでしょうか。フェードアウトはありという理由をご紹介します。

時間がもったいない

フェードアウトをしないで、微妙な関係をずっと続けていると時間がもったいない場合があります。もちろんフェードアウトをしなかったことで仲が修復され結果的によかったこともありますが、どうしても合わない関係性を続けてもお互いにとってよくありません。

また、一度フェードアウトをして離れたことにより相手のよいところに気づけることもあります。フェードアウトをしたことによってよい結果になることも事実です。

できる限り傷つけずに

どうしても微妙な関係をむりやりに我慢して続ける必要はありません。そうするとフェードアウトはありということになりますが、フェードアウトをする場合は相手をできる限り傷つけないでフェードアウトをすることも重要です。

フェードアウトをすることはありですが、フェードアウトをするなら相手にはからないもなくどうなってもよいという身勝手な行動は避けましょう。少なくとも出会ってお世話になったこともあるのであれば、失礼のないように心掛けましょう。

フェードアウトはやむを得ないときがある

フェードアウトについての情報はいかがでしたか。最後までお読みいただきありがとうございます。できる限り人間関係は長く続けたいものですが、どうしてもフェードアウトせざるをえないこともあります。

フェードアウトをすることは仕方ないにしても重要なことはどのようにフェードアウトをするか、相手にはからいをするかということです。自分がされて嫌なことや傷つくことはできる限り相手にもしないことを心掛けて交友関係を作りましょう。そうすれば自然とトラブルも避けられます。