Search

検索したいワードを入力してください

好きなものがない人の特徴・診断項目|リスト

Small d6d26d8c d426 4b6d b4bf aeb5574c7ffelikelitght
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年02月09日

更新日:2020年02月17日

記載されている内容は2018年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

好きなものがない人の特徴・診断項目|リスト

好きなものがない人の特徴

自由な時間にしたいと感じることがない

趣味は、無意識のうちにやっている事と言われることがあります。このように好きなものが行動である場合には、趣味と捉えることもできます。またこの趣味の中には、アウトドアと言われる外でするものやインドアと言われる家の中でできるものがあります。さまざな娯楽のある趣味は、ひとりで楽しむことのできる種類のものもあると言えるでしょう。

人が自分の時間の中でしたいと感じることは、時間を使ってしたいこと捉えることもできるでしょう。好きなものがないと感じる人は、このように時間をかけてしたいことがないと感じる場合と言えます。このように自分だけが好きであると感じているものは、好きなものであると言えるでしょう。

趣味や時間を使って行うことなど日常のなかで熱中してひとつの行動に時間を費やすことが少ない場合には、好きなものがない状態と捉えることもできます。

人に共有したくなる話がない

一般的に女性は、おしゃべりな生き物であると言われることがあります。これは、女性が共感能力が高いために会話の中で趣味などの情報を共有することを望んでいるためであると言えるでしょう。また、女性は、動物やキャラクターを可愛いと言うのは、その可愛いと言う感情を共有したいためであるとも言われます。

このように女性の自分の好きなものに関する情報発信は、自分の好きなものや自分の世界にあるものを広めたいという気持ちから起こることでもあると言えるでしょう。そのため人に話したいと感じる情報がない場合には、夢中になっているものがないということもできます。

好きなものリストの効果

ノートなど

ジャンル別に好きなものをまとめる

好きなものリストを作る際には、まずは、紙に好きなものを書いていきしょう。次に好きなものをジャンル別に分けてリスト化するようにしていきましょう。例えば、映画やドラマであれば、映像や読書や音楽を聞くことなどであればとカルチャーなどカテゴリを作って分けていきます。

このように好きなものを書き、ジャンル別に分けていくことで自分の好きな物の成分を可視化することができると言えるでしょう。自分自身を見つめることは、客観視と言つ言葉で表されます。このように自分の内面を見つめる際にもこのような視点を持つことで自分自身の内側にある好きなものを見つめることや新たな自分の内面を知ることができるでしょう。

自分だけの趣味を探し出せる

趣味は、無意識のうちにやっている事と言われることがあります。SNSなどで情報をチェっとクすることや音楽を聞くことなど人は、日常の中で当たり前だと感じながら行っている習慣となっていることもあるでしょう。

またそのような時間を日常のなかに持つことで満足感を感じていることもあるでしょう。好きなものをノートに書き出すことは、このように自分自身の夢中になっている感情を見つめ、趣味を自分自身で発掘することもできることであると言えます。

思いつくまま好きなものを書き出す

趣味をノートに書く際には、何でも書くようにしていきましょう。例えば、好きな食べ物や好きな国、好きな芸能人などルールを決めずに書いていくようにします。このように好きなものを書き出すこと思い浮かぶ趣味をいくつか書き出していくことができるでしょう。

好きなものが見つからない場合には、好きと感じている場合でも気になるものをリストアップしていくこともよいでしょう。このように気になるリストにいくつか書きだした項目は、好き、興味がある、始めてみたいなど分けることでより、その物事への気持ちを知ることもできます。

このようにノートに書き出す際に上限を決めないことによって、自由に自分の好きなものを書き出していくことができます。またそれによって、よりたくさん好きなものを見つけることができるでしょう。

好きなものが診断できるチェック項目

インターネットで頻繁に情報をチェックする

スマートフォンでは、SNSやHPなどでさまざまな情報をチェックすることができます。人の触れる情報は、好きなものや興味の対象など人によって触れている情報が違うとも言えるでしょう。情報に関する名言で「情報は、知るだけでなく実際に使って初めて生きるもの」と言われることがあります。

情報収集をする際には、方法論を知る、トレンドを捉える、お店などの情報をチェックするなどさまざまな目的があるとも言えるでしょう。他にも好きであるためにそれに関する情報が知りたいという純粋な気持ちによって情報収集することもあると言えます。

このように普段からチェックしている情報を知ることで自分の好きなものだと感じているもの見つけることもできるでしょう。頻繁に確認する情報であれば、好きなものだと感じることや気になるなどということがあると考えることもできます。

お金をかけている

人がお金を使うものには、1つめは、「投資」、2つ目は、「浪費」、3つ目は、「消費」3つの種類に分けられると言われることがあります。このように人がお金を使う際にもその目的に応じているとも言えるでしょう。また趣味は、この3つ以外にも消費であり、また好きなものであるためにお金を使ってものあると言うこともできます。

このように好きであるためにお金を使っているものを把握することで、好きと感じる気持ちや投資などどのような気持ちから買い物をしているかを知ることもできます。お金を使っている物の中でも自分の内側にある気持ちが動いている物を知ることによって好きなものを見つけ出すことができると言えるでしょう。

誰かに話したくなる