Search

検索したいワードを入力してください

【タイプ別】美人顔メイクのコツ・雰囲気美人のメイク方法|中国

Author nopic iconlavenderbouquet
カテゴリ:メイク・コスメ

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【タイプ別】美人顔メイクのコツ・雰囲気美人のメイク方法|中国

【タイプ別】美人顔メイクのコツ・雰囲気美人のメイク方法

タイプ別美人顔メイクのコツ

中国

韓国

韓国美人の第一条件は、「透き通る陶器のような白い肌」です。以外にも普段はメイクをしない女性が多いですが、それは、美しい肌が一番だと言う考えが根本にあるからでしょう。

韓国の女性は、メイクで美人になると言うよりは、普段のスキンケアを徹底的にする美肌作りを重要視していると言えるでしょう。

目元においては、韓国人女性は日本人よりも一重まぶたの割合が多いので、一重の目をキュートに見せる事にポイントをおいています。いかにかわいく見せるか日々研究しています。

このように世界的にも非常に美意識の高い韓国人女性たちですが、私たち日本人も見習うべき事が多いでしょう。韓国女性のように美しいコリアンビューティーになれるように美肌作りから始めて見ましょう。

和風

洋服を着る時は陰影をつけた立体的なメイクが良いですが、着物は平面的な直線スタイルで構成されているため、着物を着用する時は平面的なメイクが良いとされています。


和風美人=清楚のイメージがあるので、眉毛は清楚な美しさが強調されるように目頭の少し内側から描き始めるのが良いでしょう。アイシャドウと合いカラーは、ソフトなカラーで、切れ長を意識しながらラインを引くと良いです。

基本的にチークとリップは同じカラーを選びましょう。チークはナチュラルなベージュ系で仕上げ、リップは発色の良い少し濃い目のカラーを選ぶ事で、全体的な雰囲気が控えめに見え、一歩和風美人近づくでしょう。

エキゾチック

エキゾチック美人と言われる顔の特徴として最初に浮かぶのが濃い顔ではないでしょうか。必ずしも濃い顔と言う事ではないですが、一般的なイメージとして認識されています。

いずれにしても、日本人から見れば顔の各パーツが大きくハッキリしていたり、彫が深く印象に残る美しい顔立ちをしています。

エキゾチック美人を作る重要ポイントは、透明な肌とサラサラでツヤのある黒髪ですが、エキゾチック美人を目指すなら絶対条件となります。

彫りの深い顔を活かすベース作りをします。ポイントは目元なので、濃いカラーで魅力的な目元を作りましょう。全体に陰影をつけシャープに整える事でエキゾチック感が出せるでしょう。「私たちの肌とは違うから無理」と言う拒否感を持たず、トライして見て下さい。

タイ

タイメイクのポイントは、なんと言っても濃くて長い眉毛です。ナチュラルなフワフワ感ある眉毛にしましょう。多少、ボサボサ感があっても大丈夫なので、ナチュラル感を大切に表現して見ましょう。

次に重要な部分が目元になります。上下ハッキリ太く濃くを意識しながらアイラインを引いてあげます。目尻はネコ目を意識すると良いでしょう。美人が多いタイの女性たちは目元がとても魅力的なので、誰もが振り向くような魅力的な目にしましょう。

タイ美人の特徴は目元を主張するメイクです。また、美しい女性も多いタイメイクで、インパクトある目元で素敵なタイ美人を目指しましょう。

ラテン系

ラテン系の女性は、日本人の肌カラーと違うので少し難しく思う人もいるでしょう。でも、大丈夫です。黄色人種の我々でも簡単に近づけるラテンメイクをマスターすれば、暑い夏にピッタリのラテン美人になっちゃいます。

基本となるカラーはブロンズカラーなので、ツヤ感が多目のファンデーションかパウダーを使うのが良いでしょう。パウダーは濃くせずに軽くつける事でブロンズの肌に近づけます。

ゴールドやブラウンを上手く使いアイシャドーを入れてあげましょう。ノリが良いラテン風にするためには、少し派手目に入れるのが良いです。チークやリップはオレンジ系でまとめ元気いっぱいに表現して見ましょう。

雰囲気美人のメイクのやり方

「顔が良くない」「美人になりたい」「整形手術したい」、どれもこれも関係ありません。雰囲気が良い人は良く女性らしく見え高感度も上がり、それだけできれいに見えます。雰囲気美人になるためのコツをおさえて、あなたも今日から雰囲気美人に生まれ変わりましょう。

一番気をつけたい部分はまつげですが、うつむいた時のまつげの向きがきれいだと目元の印象も良くなります。まつげはブラシで丁寧に整えて下さい。

肌は自然な素肌感を意識するようなベース作りをしていきましょう。ナチュラルにする事で、より自然に見えるので厚くならないようにしましょう。

眉毛は整える程度に、リップはほんのりと薄く色をのせる程度に入れてあげると、あなたも雰囲気美人になれる事間違いないでしょう。

メガネ美人になれるメイクのポイント

メガネをかけた時のメイクって以外に手を抜きがちですが、メガネをかけた時こそいつもよりきれいに見せてメガネ美人って呼ばれるようになりましょう。

メガネってかけてるだけでインパクトが大きいです。メガネをかけたメイクをする時は、メガネのタイプに合わせてメイクをする事が良いでしょう。

アイメイクは、柔らかくふんわり感のあるカラーで控えめにしましょう。濃い派手なメイクはむしろマイナスになります。

不自然にならないようなフレームやカラーを選びましょう。メガネとのバランスも大変重要です。違和感のないタイプやカラーを選びましょう。

マスクをしてても美人に見えるメイク

冬になるとマスクをする機会がグンと増えてきます。マスクをする事で顔の半分が隠れてしまうので、目元が非常に重要なポイントとなります。人の第一印象は目元からと言われるように、元気のない沈んだ目元にならないようなメイクのコツをご紹介します。

眉毛と目元のメイクの場合、柔らかく落ち着いた印象のブラウン系を選びましょう。ブラウン系のカラーをふんわりのせる事で、優しい印象になります。

マスクはいつも清潔な物をつけましょう。一番最初に見られる顔の半分を覆うマスクが汚れているだけで、人の印象もガタ落ちです。

メイクの手抜きをするためのマスクではなく、マスクをしたからこそ普段よりきれいに見えるマスク美人になって下さい。

きれな顔を作るための共通点

美しさとはただ単に外見的な事だけではなく、メイクをする場合でも基となる素肌がきれいじゃなければ、いくらメイクをしても上手く行かないでしょう。きれいな素肌作りが重要です。また、いくらきれいにしてもメイクだけでは美人と言えません。内面的にもしっかりと自立している強い女性でこそ真の美しいと言えるでしょう。

「顔に自信がない」「きれいじゃない」「顔が悪い」なんてマイナス思考で考え内で下さい。考えるだけ時間がもったいないです。それよりも、マイナスに考えようとする時間をもっと有効に使い、日ごろのスキンケアを丁寧に行い、内側からも外側からもきれいな人になれるようにしましょう。