Search

検索したいワードを入力してください

【目的別】強力な開運の待ち受け・口コミ|フクロウ/金運

Author nopic icon西木将勝
カテゴリ:運気

初回公開日:2018年01月30日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【目的別】強力な開運の待ち受け・口コミ|フクロウ/金運

開運の待ち受けはまずここから!

【目的別】強力な開運の待ち受け・口コミ|フクロウ/金運
※画像はイメージです
出典: https://pxhere.com/en/photo/76083

多くの人が華やかで、素敵な未来を夢見たり、思い描きます。だけどなかなか思うようにいかないのが現状です。しかし、自らが運を招く行動を起こすことで、閉ざされた扉が開くこともあります。

開運は自発的な行動によってもたらされます。その種類は多々ありますが、お守りなど常に身に着けていることで、その運や福を呼び寄せることが来たりします。常に持ち歩くものと言えば、今は携帯電話やスマートフォンが必須のアイテムです。その待ち受けに開運を招く画像を貼ることから始めるといいでしょう。

幸福を招くフクロウ

縁起物の鳥と言えば、フクロウが有名です。「福来郎」や「不苦労」と当て字があり、「福が来る」や「苦労しない」という意味で重宝されています。

名前だけでなく、フクロウは元々夜行性で夜でも周りをはっきりと見通せる習性から、「世間に明るい」というイメージもあります。最近は巷にフクロウカフェが登場して、触れ合う機会が持てるようになり、以前よりも身近に感じられる動物になりました。

また、世界各地でフクロウは森の守り神や幸運を運ぶ鳥として親しまれています。風水でも金運を上げるシンボルとして位置づけられています。

フクロウにもさまざまな種類がいますが、可愛らしいフクロウから猛々しいフクロウなど自分の好きなフクロウを探して、携帯の待ち受けにしてみてはいかがでしょう。開運のシンボルとして持ち歩いてみましょう。

身近な愛くるしい猫

日本で開運と言えば猫でしょう。片手を挙げた猫の置物など、一度は見たことはある人が多いはずです。猫はネズミから農作物や養蚕の蚕を守っていた動物で、昔から重宝されていました。

発祥は諸説ありまして、今でも各地にそのいわれがあります。何にしても素敵なエピソードなので、各地の由来を求めて招き猫に会いに行くのも開運になります。

招き猫にはいくつか種類があります。右手を挙げている猫は金運を招き、左手を挙げている猫は客を招くといわれます。両手を挙げているのは「お手上げ」に見えることから、嫌われたり、お金もお客もとなると欲張りに思われるので避けられる傾向にあります。

色にも違いがあり、オーソドックスな白の他に、魔よけの黒、病除けの赤などもあります。自分が何を求めるかにより、待ち受けにするといいでしょう。

目的別開運の待ち受け

開運と一言で言っても色々な願いがあります。すべてかなうものもいいですが、目的がある場合は重点的に願掛けを行ったほうがいいでしょう。あなたが望む願いの待ち受けを探してみましょう。

開運といえば「金運」

金運というだけに、多くのものにお金や金色のものが目立ちます。何事も行うにも先立つものがなければ始まりません。日本人はお金の話を嫌う人は多いですが、あると嬉しいです。金運がいつ来てもいいようにこちら側も用意しておきましょう。ちょっとまぶしい待ち受け画像が多いですが、開運に手を伸ばしてみましょう。

・金塊
風水と言えば、中国です。その風水で使われている金の塊は置物などとして飾られています。

・赤富士
富士山は日本のシンボルでもあります。晩夏から初秋にかけての朝日に照らされた富士山をこう呼び、短い時間しか見ることができない希少性も重なって、縁起物とされています。

・金の金魚
中国の風水で金運UPに使われているもの。

・ガネーシャ
インドの金運を上げる神様。

やっぱり欲しい「恋愛運」

独身の人を対象にしたものですが、恋人がいない人には切実な願いの恋愛運です。恋愛の神様にお願いに行くこともありますが、そういう画像を待ち受けにして、きっかけをつかんでみましょう。

「ピンク」温かみのあるピンク色は風水では恋愛に用いられています。淡い暖色系の色合いの待ち受けにしてみるといいでしょう。
「花」ピンクに花の写真を合わせることで、さらにいいです。ガーベラやバラなどをあしらった開運の画像がいくつもありますので、自分に合った待ち受けを作ってみてください。

やりがいの「仕事運」

人生の中で多くの時間を割き、生きる上で必要なのが仕事運です。就職活動中の学生や、仕事でステップアップしたい人は待ち受けでいい仕事を招き入れましょう。

・青
成長の意味を持つ青色が仕事運に向いています。また、青はリラックスをさせたり、冷静に判断をくだして物事を進めていく仕事にあっています。

・水
青にも通じるものがありますが、水を取り込んだ画像も開運に向いています。

「厄除け」も待ち受けで

気の巡りが悪いときは、うまくいかないことが多いです。開運を望んでも、その前にまずは今の現状を解消したいところです。悪い気を寄せ付けないというのも、自分が幸せになる上で必要になります。

・赤い猫
赤い招き猫は病除けとして親しまれています。

・アメジスト
古来より「魔よけ」「厄除け」として扱われてきたアメジストも待ち受けにするには適しています。パワーストーンには石によって色々な効果があります。アメジスト以外にも水晶なども魔よけに用いられています。

人生の一大イベント「結婚運」

恋愛相手を手に入れて、その後に来るのがやはり結婚です。これはタイミングが重要でなかなか仲のいいカップルでも二の足を踏んでしまうことがあります。その要因として不安を抱えていることがあります。その不安を解消してあげることで次のステップへ進むきっかけをつかむことができます。

・ピンク
恋愛どうようの温かみのある色です。恋愛も結婚も似たところにあるので、自分の気持ちが結婚へ傾いてきたならば、ピンク色などの色を使ってみるといいでしょう。

何はなくとも「健康運」の待ち受け

何の開運を願おうとも、自分の体が健やかで、健康に生きていればこそです。根幹となる健康を思う気持ちはとても大切です。愛する人を守るためにも、自分の健康に気を使いましょう。

・鶴と亀
「鶴は千年、亀は万年」と言われるほど長寿の対象として日本で親しまれている動物です。開運の象徴でもある図像でもあります。鶴や亀にあやかり健康を維持できるよう願いを込めて待ち受けにするといいでしょう。

・切手・スタンプ
切手やスタンプは旅の醍醐味です。外国の切手なども有効で、元気だからこそ海外や遠くの場所に行くことができます。まだ見ぬ場所への思いを込めて待ち受けにするのもいいでしょう。

開運待ち受けの反応