Search

検索したいワードを入力してください

アナの髪型の簡単なやり方|子供に/戴冠式/ミディアム

Author nopic iconシャッサー
ヘアスタイル / 2018年08月16日
アナの髪型の簡単なやり方|子供に/戴冠式/ミディアム

アナの髪型の子供へのやり方

ディズニーのアナと雪の女王で有名な主人公アナの髪型は、編み込みさえできれば簡単にマネする事ができるので、大人でも子供でも真似しやすい髪型になっています。

基本的な編み込みの仕方

編み込みは一見難しく見えますが、実際やってみると簡単で組み合わせ次第で髪型のアレンジの幅が広がるので覚えておくと便利です。

基本的な編み込みの仕方は、まず、編み込みを作りたい部分の髪の毛を3つの毛束に分けて、真ん中の毛束の上に右の髪の毛を重ねて、次に左側の毛束と右の毛束を交差させて、真ん中の毛束を上から重ねます。この後から少しずつ毛束を追加していき、後はこの作業を繰り返して行くだけで編み込みができます。

初心者の方などは、編み込む範囲以外の髪の毛を分けてきっちり止めておくと髪の毛が混ざらないので、綺麗に真っすぐな編み込みができるのでおすすめです。

アナの髪型は基本的な編み込みができれば簡単に真似しやすく、エルサの髪型を再現するのにも役に立ちます。

他にも裏編み込みやフィッシュボーンなど、色々な種類の編み込みがあるのでしたい髪型したいに合わせて使い分けるのもおすすめです。

気を付ける事

子供にアナの髪型をあげる時に気を付ける事は、髪の毛の柔らかさや髪の量などが年齢によって違うので、引っ張りすぎない事が重要です。

アナ以外の髪型をする時も、髪の毛を引っ張りすぎると傷んだり痛みの原因になってしまうので、柔らかい髪の毛の場合やクセを付けたい場合は、スプレーやワックスなどを使ってセットしてあげるのがおすすめです。

アナの戴冠式の髪型でボリュームを出したい場合は、逆毛などを立てずに毛たぼといわれる物やお団子の中に入れる事のできる道具など、ボリュームが出せる物がたくさん販売されているので、髪の毛が傷んだり絡まる心配がないのでおすすめです。

シーン別アナの髪型のやり方

戴冠式

戴冠式のアナの髪型は、編み込みがカチューシャのようになっていて一見難しそうですが、髪の毛が長い方は編み込みをせずに、片側で三つ編みをして反対側に持っていきピンで止めるだけでカチューシャにできるので、簡単でおすすめです。

髪の毛が短い方は、センターを片側に寄せて左右を編み込んで行くのも簡単でやりやすく、分け目などが気になる方はジグザグに分けるか、根元の髪の毛を少し崩して境を曖昧にするのがおすすめです。

アナの戴冠式の髪型は、最初に目の高さ位から首らへんまでの皮膚に近い所の髪の毛を残しておき、他の部分を一つにくくってしまい、編み込みを作っていき残していた部分を上から被せて行き、後頭部の高い位置で止めてピンを隠すように一つにくくっておいた髪の毛をお団子にすると完成です。

アナの髪型の簡単なやり方

三つ編み

三つ編みは、映画中の基本的なアナの髪型で戴冠式の髪型に比べると簡単にできるのでおすすめです。

分け目をセンターからずらして、7:3くらいに分けて耳のした位から髪の毛を3つに分けて、毛束を増やしていかず編み込みの要領でしていくと簡単にできるのでおすすめです。

アナの三つ編みは、編み込みよりも簡単にする事ができるので時間がない日や、子供などにもやりやすい髪型なのでおすすめです。

リボン

戴冠式のアナの髪型は、リボンが付いているのでリボンを付けたいい場合は、元からリボンの形になっている物が一番簡単ですが、形になっていないリボンはどこにでも付ける事ができて色々なアレンジに使えて便利です。

形が決まってないリボンは、編み込みと一緒に編み込んでしまう事もできて位置が固定しやすくおすすめです。

編み込み

基本的な編み込みを組み合わせたり高さによって何個かに分ける事で、アナ以外にもたくさんのヘアスタイルを作る事ができるのでおすすめです。

編み込みを巻き込んでお団子などを作ると、位置が固定しやすく、動いたりしても崩れにくいので、アウトドアや子供の運動会にも向いています。

長さ別アナの髪型のやり方

ミディアム

戴冠式のアナの髪型は、髪の毛が長い方がしやすいですが短い方でも編み込む位置などを変えるとある程度真似する事ができます。

髪の毛が短い方は、編み込みを左右で分けて作ると長さが短くてもカチューシャができて、お団子の部分は髪の毛を巻き込まずに、逆毛をしたりふんわり髪の毛を固定する事で長さに関係なく髪型を作る事ができます。

アナの髪型アレンジ方法

アナの髪型を応用して、簡単にできる他のディズニープリンセスの髪型を紹介していきます。

エルサ風の髪型

アナの髪型と同じ編み込みの仕方をアレンジする事で、エルサの髪型も簡単に真似する事ができます。

エルサは映画中に髪型が3種類ほどあり、全部の髪型に編み込みが使われていて戴冠式の髪型以外は、前髪はかきあげたような形になっていてボリュームがあるのが特徴です。

編み込みに慣れている方は、エルサの髪型を再現する時に基本の編み込みではなく、裏編み込みと言われる物や少し後ろに引っ張るように編み込んで行くのもおすすめです。

ラプンツェル風の髪型

ラプンツェルの髪型は髪の毛が長い方にはとても再現しやすく、カチューシャではなく左右で別々に作った3つ編みを緩やかに結んで、ゴムで止めた部分から下の三つ編みを一度ほどいて、アナと同じように全体を編み込んで行くと完成します。

中間の3つ編みがなくても、リボンなどの飾りを使って全体のイメージを変える事もできるのでおすすめです。

ベル風の髪型

ベルの髪型は、編み込みとくるりんぱといわれるくくった部分を緩めて中に通すアレンジができれば簡単に再現する事ができます。髪の毛があまり長くない方でも、ベルの髪型はハーフアップのヘアスタイルなので上下に分ける事で髪の毛が長く見えておすすめです。

普段のベルのヘアスタイルは、顔回りの髪の毛を大きく3つ編みにして後ろで1つに結んでから、編み込んだ部分を少し崩していくと完成です。

野獣と踊っている場面の髪型は、髪の毛の半分を頭のてっぺんに近い部分で団子を作るだけで完成するので、簡単ですがアナの団子よりもボリュームを出す必要があるのでスプレーで固めるのがおすすめです。

ハーフアップをする時は境目がはっきりとしやすくなるので、ヘアスタイルを作る前にあらかじめ髪の毛を巻いておくと、髪の毛が自然な流れになりやすいのでおすすめできます。

オーロラ風の髪型

オーロラの髪型は、左右両方の前髪以外の耳の後ろから前の髪の毛を三つ編みにしていき、後ろで束ねるのが一番簡単なアレンジの仕方です。

他の方法は、アナの髪型の編み込みとは違って毛束を落としながら編み込んでいく方法で、普通の編み込みは毛束を増やしていきますが、オーロラの髪型は毛束を増やし時に最初に持っていた毛束を離していく編み込みの仕方なので、ボリュームの多い方などにおすすめです。

ボリュームを出したい場合は、左右の両方の髪の毛を中間まで編み込んでいき、合流した所から三つ編みに変えてスタートした所の反対側に止めると、編み込み2本分のボリュームがでるのでメリハリが付きおすすめです。

プリンセスの髪型を自由自在に

アナと雪の女王のアナの髪型は、普段だけでなく少しフォーマルな場面でも活用できるので、子供だけでなく大人にも人気があるヘアスタイルです。

編み込みなどのヘアアレンジをしたことがない方でも、慣れてくると寝癖を直したり髪の毛を巻くよりも、時間が短縮できるので仕事の時や時間のない日にも向いています。

アナの髪型は、他のディズニープリンセスのヘアースタイルに比べると比較的簡単な方なので、初心者の方にも覚えやすく他の髪型をしたい場合でも編み込みの基本は同じなので、アナの髪型だけではなくエルサの髪型などにも挑戦してみてください。

関連記事

Related