Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

Small a46ecbe6 11a0 4c2e afb1 a793af9c08b0ナオティ
タロット / 2018年11月08日
【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

そもそもタロット占いとはどのようなもの?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

世の中には占いの方法が数多くあります。星座占いや血液型占い、カバラ数秘術、手相占いなどその種類の多さは挙げるときりがないほどといえるでしょう。

そして、私たちがよく耳にする占いの1つとして挙げられるのがタロット占いです。タロット占いと聞くと、実に多くのカードを使ってその組み合わせの種類から先々のことを占うというイメージがあります。同時に実際にやろうとすると何とも難解なイメージすらありますが、実はやり方のポイントさえ押さえてしまえば初心者でも非常にやりやすい占いです。

しかし、多くの方にとってタロット占いはやり方以前に、どのような道具を使ってやるのかすら正確にはよくわかりません。まずは、タロット占いというものを道具の面から見ていきましょう。

「タロット」とは?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

タロット占いは文字に書いてあるように、タロット(タロットカード)と呼ばれるカードを使って行う占いのことです。タロットは全部で78枚あり、大きく分けて大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードとに分けられます。

78枚のカードにはそれぞれ絵柄が描かれているため、タロット占いのやり方をざっくり書けば、占いを進めていく中で出たカードの絵柄から占う相手の未来を読み取るというものであるといえるでしょう。

ただし、普通に考えると全部で78枚のカードの絵柄が持つ意味を覚えるというのは並大抵のことではありません。このためタロット占い初心者の方はまず、大アルカナに分類される22枚のタロットカードの絵柄の意味をきちんと覚えて、占いのやり方までマスターするのが良いでしょう。

ちなみに、タロット占いに使うカード一式のことをデッキと呼びます。

一般的なタロット占いのやり方の流れとは?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

それでは、タロット占いの一般的なやり方を流れに沿って見ていきましょう。ただし、タロット占いの解釈(リーディング)については占いをする方によってさまざまですので、ここでとりあげる「一般的なやり方」とは比較的広く使われているやり方という意味で解釈していただくと良いです。

最初に質問者(占いを依頼した人)を示すカードとして「シグニフィケイタ―」を1枚選びます。シグニフィケイタ―の選び方は小アルカナの56枚のうちの16枚からなるコート・カードから質問者の特徴を如実に示すと思われるカードを1枚選ぶやり方です。

その後他の77枚のカードをシャッフルした後で、1つの束にしそこから占いに使う枚数分のカードを引いていきます。例えば、最も基本的なやり方とされるケルト十字の場合は10枚のカードを引き、決められた位置に並べます。そしてカードの並べた絵柄の位置や組み合わせから結果を解釈していくのが一般的です。

初心者におすすめのタロット占いの簡単なやり方は?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

以上のようなやり方でタロット占いを進めていくことになりますが、タロット占いをするにあたってはいくつか理解しておくべき点があります。

ここでは初心者の方がタロット占いをやるにあたり、押さえておくべきポイントをご紹介しましょう。

時間などは注意すべき点が

タロット占いはいつでもやって良いものと考える方も多いでしょう。たしかに、デッキさえあればいつでもどこででも占うことはできるようにも見えます。

しかし、1日の中でも特に夜中はタロット占いをするべきではありません。皆さんも覚えがあるでしょうが、夜中は1日の活動を終えてのんびりしたいと考える一方で、疲れのあまり冷静な判断がしにくい時間帯です。そのような時間帯にタロット占いをすれば、結果のリーディングもうまくできずに、カードが言いたいことをきちんと知ることもできません。

だからこそ、夜や夜中の時間帯以外にタロット占いをやると良いでしょう。

タロット占いは自分自身の準備も大事

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

さて、タロット占いをやるうえでは自分自身の準備も重要です。始める前にやる準備として挙げられるのが、自分の気持ちを落ち着かせることと占いの場所をきちんと整えるという点です。

占いでは占う人の解釈によって結果が大きく左右されます。このため、気持ちが乱れていては正確な解釈ができなくなるでしょう。だからこそ、占いを始める前にハーブティーを飲んだり深呼吸をしたりして心を落ち着けることが大切です。

もう1つ大切なポイントとして挙げられる、占いに使う場を整えることについては、言い換えると事前準備として部屋の散らかりや乱れを掃除によって除くことを意味します。タロットカードそのものは占いの中でメッセージを伝えてくれる生き物であるため、汚い部屋ではメッセージをうまく伝えてくれません。

このため、タロットカードがきちんとメッセージを伝えてくれるように部屋を片付けたり、布などを敷いたうえでカードを並べましょう。

スプレッドについて知ろう

タロット占いをする際には「スプレッド」と呼ばれるカードの並べ方を知っておくことが不可欠です。実はタロット占いにはさまざまなスプレッドの方法があります。

代表的なものとして挙げられるのが、1枚だけ引いてそのカードの意味するところを解釈するワンカードスプレッドや2枚引いてその組み合わせで結果を読み取るツーカードスプレッド、過去・現在・未来の状況などを読み取るスリーカードなどです。

正位置と逆位置とは?

タロット占いをやっていると、カードをめくったときに向きが逆になっている場合も多いです。タロット占いの専門用語でカードが本来の向きになっていることを正位置、逆向きになっていることを逆位置といいます。

一般的に正位置と逆位置の状態はカードの解釈の仕方にも関係しており、正位置の場合は描かれている絵柄そのままの意味を、逆位置の場合は絵柄が示す意味とは逆のものを指すというのがよくいわれることです。

ただし、占いをする方によっては正位置や逆位置の状態についてあまり気にしないというスタンスをとる方も多く見られます。

タロット占いをうまくやるポイントとは?

タロット占いをうまくやっていくポイントもいくつかあります。特に初心者の方はぜひとも抑えていただいて、占いの場数を踏む際に役立てていただければ幸いです。

まず、何よりも自分の直感を大切にしましょう。タロット占いに限らずどのような占いも最終的には直感がものをいいます。だからこそ、自分の直感を信じて占うほど的中しやすいといえるでしょう。そのためにも、占う前に気持ちを落ち着かせることが重要です。

また、たとえ悪い結果が出たとしても、同じ質問については繰り返し占わないことが挙げられます。先ほども書いたようにタロットカードはメッセージを伝えてくれる生き物であるため、繰り返し占うということはカードを信じていないことを意味するためです。このため、極力カードを信じて占いの結果に対して素直になるようにしましょう。

種類別タロット占いのやり方とは?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

占いといえば恋愛や仕事、学業、金運などさまざまな種類のことを予知することができます。もちろん、タロット占いでもさまざまな種類のことを占うことができるうえ、最近ではネットなどで無料で占ってもらう方も多いです。

ここでは種類別のタロット占いのやり方について見ていきましょう。

恋愛などを占うやり方は?

特に若い人であれば多くの方が気になるのが恋愛に関することです。想っている相手の人が自分のことが好きなのか、付き合い始めたのはいいがこの先うまくやっていけるのかといった点はいつでも重要なテーマといえます。

恋愛関係のことを占う場合、いろいろな方法がありますが、最も一般的に使われることが多いやり方がヘキサグラムスプレッドと呼ばれるやり方です(ヘキサグラムのやり方そのものの詳細はまた後ほど)。

ヘキサグラムスプレッドでは全部で7枚のカードを使います。最初の3枚が過去・現在・近い未来を、4枚目が恋愛での障害になる要素を、5枚目と6枚目が自分と相手の気持ちを、最後の7枚目が最終的な結果を示すため、それを読み取っていくやり方です。

仕事占いのやり方とは?

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

会社員の方であれ、また自営業やフリーランスの方であれ、仕事を持っている方にとっては子の先の仕事や事業関係の展望は誰もが気になるところです。また、特に会社に勤めている方の場合は社内の人間関係が気になる方もいるでしょう。

タロット占いで仕事関係のことを占う場合は、ツーカードスプレッドやスリーカードスプレッドのやり方が用いられることが多いです。ツーカードスプレッドの場合は取るべき対策を示す1枚として左側に、最終的な結果を示す1枚を右側に並べたうえでめくって結果を読み取っていきます。

なお、ツーカードスプレッドの場合は今後の展望がどのようなものになるのかを知るうえで適したやり方といえるでしょう。

一方、社内やクライアントなどとの人間関係で悩みなどがある場合に過去のことも含めて占う場合は、スリーカードスプレッドもおすすめです。

未来を占う場合のやり方は?

今日の運勢やこの先の自分の運勢の推移などといった、未来を占う場合は78枚すべてのカードを束にした中から一番上にある1枚を引くというワンカードスプレッドというやり方がおすすめです。

特に忙しい時など時間的に余裕がないときに、自分の未来が気になる場合に手早くカードを引いてその結果を解釈するという、いたって単純なやり方といえます。

特徴別タロット占いのやり方

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

ここまで見てきたように、タロット占いのやり方は占う種類などによってさまざまなものがあります。そのうえ、占い師によっても使われる方法はさまざまといっても良いでしょう。

今度はスプレッドの特徴別にタロット占いのやり方をいろいろと見ていきます。この機会にさまざまなスプレッドを覚えてタロット占いにご活用ください。

大アルカナ:22枚使って行う初心者向けのやり方

タロットカードのうち22枚が大アルカナと呼ばれる分類がされるカードです。特にタロット占いが初心者という方は経験を積むためにも、大アルカナの22枚だけを使ってやるのが良いでしょう。

それぞれのカードには絵柄と数字が振られており、加えてそれぞれに意味があることからこの22枚のカードが持つ意味を覚えて、うまく読み取れるようになることがタロット占いに慣れるための第1歩といえます。

小アルカナ:56枚使って行う慣れた人向けのやり方

タロットカード78枚のうち大アルカナ以外の56枚のカードのことを「小アルカナ」といいます。大アルカナに比べると非常に枚数が多いため、タロット占いの中でより詳細に解釈をして相談者をきめ細かく導きたいという場合に適したカード類です。

ただし、枚数がとても多い分、それぞれのカードの解釈を覚えたり慣れたりするには時間や労力が必要とされます。このため、大アルカナを使った占いに慣れてから小アルカナについても知るようにすると良いでしょう。

フルデッキ:78枚の全カードを使ったやり方

全てのタロットカードを使って行うやり方で、フルデッキと呼ばれます。大アルカナに小アルカナも加えて行うため、相談者に対して非常にきめ細かく、かつ丁寧に導きたい場合に適したやり方です。特に相談者の方が詳しめにアドバイスを求めている場合に用いると良いでしょう。

ケルト十字スプレッド:10枚で行う一般的なやり方

最初に基本的なやり方を紹介する際に例として挙げたケルト十字スプレッドですが、同時にタロット占いでは一般的に広く用いられているやり方といって良いでしょう。

展開の方法としてはまず、カードをよくシャッフルしたうえで1枚目を縦方向に、その後2枚目を1枚目の上に十字を作るように横に置きます。その後、1枚目と2枚目の上から4枚のカードを時計回り配置しましょう。さらに、十字型に配置した6枚のカードの右横に下から順に縦方向に4枚のカードを置いていきます。

意味する内容は1枚目が相談者自身や相談者の現状を、2枚目が相談者にとっての障害や課題、3枚目が相談者に起きようとしていることや予測、4枚目が目に見えていない事実など、5枚目と6枚目がそれぞれ過去と未来です。7枚目は相談者の立場、8枚目は他の人の影響、9枚目が予想される変化、10枚目が最終的な結果を示します。

直面している問題が明確な場合に適したやり方です。

ヘキサグラムスプレッド:対人関係を占うのに最適

恋愛占いの項目で説明する際に最適なやり方としてご紹介しましたが、恋愛に限らず対人関係の今後を知りたいという場合におすすめです。「ヘキサグラム」とは「六芒星(ダビデの星)」という6つの頂点を持つ星のことですが、6つの頂点に1枚ずつ置き、かつ真ん中に1枚(最終結果)を置いた合計7枚で占います。

具体的には1枚目から3枚目までは反時計回りに三角形になるように置き、4枚目から6枚目は1枚目から3枚目までとは逆の形の三角形になるように置き、最後の1枚を真ん中に置くという配置です。

二者択一:5枚使って行うやり方

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

どちらの選択肢を選べば良いか迷っている相談者にアドバイスをする場合に適したやり方です。具体的なやり方としては5枚のカードを上から末広がり状に並べていきます。

1枚目には質問者を象徴するカードで、2枚目と3枚目には2つの選択肢を選んだ結果起こりうることを、4枚目と5枚目はそれぞれの選択肢を選んで最終的にどうなるかを示してくれるカードです。

今後の全体運を占うのに適したホロスコープ

13枚のカードを使って行うやり方がホロスコープです。より具体的には、最終結果を示す13枚目のカードを真ん中に配置し、その周りに12枚のカードを左を起点に反時計回りに置いていきます。なお、12枚のカードは金運や健康などの分野を象徴するカードです。

このため、今後起こることや運勢の変化がどうなるかなどを全体的に知るうえでは非常に適したやり方といえます。

タロット占いのやり方に関するおすすめの本をご紹介

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

今後タロット占いを始める方にとって、比較的慣れる助けとなる本の存在は非常に大きいです。

ここでは、タロット占いのやり方やカードの種類を知ったり慣れたりするうえでおすすめの本をご紹介します。

『初めてでもよくわかるタロット占い入門』

最初にご紹介するのが、森村あこさんの『はじめてでもよくわかる タロット占い入門』です。フルカラー仕様でわかりやすく、タロットカードにまつわるストーリーや運勢関係のアドバイスも紹介されているため、非常におすすめの1冊といえます。

『いちばんやさしいタロットの教科書』

次にご紹介するのが、ルナ・マリアさんの『いちばんやさしいタロットの教科書』です。1枚ずつカードの紹介をしている『はじめてでもよくわかるタロット占い入門』とは異なり、タロット占いの全体像をわかりやすく説明してくれています。

Blockquote firstBlockquote second

解釈とかがわかりやすく書いてるので、初めて使う人にはいいと思う。使い方も載っていてわかりやすい。

『タロットバイブル78枚の真の意味』

最後にご紹介するのが、レイチェル・ポラックさんの『タロット バイブル 78枚の真の意味』です。タロットカードにまつわるストーリーや意味を軸にタロットカードのことが紹介されています。

そして、この本はある程度タロット占いの場数を踏んで初心者を卒業するくらいのレベルの方向けであることから、タロットカードについてより深く知りたい場合におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

深い解釈と、改めてなるほど、と思う所が多くとても勉強になります。

タロット占いは思っている以上に簡単なもの

【種類別】タロット占いのやり方・おすすめの本|初心者

今回はタロット占いのやり方や初心者におすすめの本などについて見ていきました。枚数が多く、それぞれの意味を理解したうえでやることになるため難しいイメージのあるタロット占いですが、順番を踏んで慣れていけばそれほど難しくないといえるでしょう。また、初心者の方にとって非常にわかりやすい解説本もあります。

場数を踏んで慣れていけば楽しくやることができますので、ぜひとも挑戦してみてください。

関連記事

Related