Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】国際結婚の離婚率統計・一番高い国と低い国|ベトナム

Small 10976082 8cb6 4b75 9152 f42890e73339むらさわりこ
結婚 / 2018年03月23日
【男女別】国際結婚の離婚率統計・一番高い国と低い国|ベトナム

国別国際結婚の離婚率統計

近年グローバル化が進み国際結婚も昔よりポピュラーになってきています。しかし国際結婚の離婚率についてはあまりクローズアップされていません。ここでは国別の国際結婚の離婚率についてみていきましょう。

ベトナム人と日本人:国際結婚の離婚率

日本の法務省入国管理局が発表したデータによると在日ベトナム人の数は2017年度時点でおよそ20万人です。日本にいる外国人の国籍ランキングでは4位となっており、日本に移住するベトナム人は年々増加傾向にあります。

厚生労働省の「婚姻に関する統計」によると平成27年に国際結婚した数の総数は20976組です。このうち外国人妻または外国人夫の出身国ランキングでベトナムは男女ともに上位8位に入っていません。

離婚率に関してはベトナム人と日本人の離婚率は詳しいデータはありませんが、離婚率の高い国トップ3にも離婚率の低い国トップ3にも入っていないことから、40パーセント以下だとわかります。

日本人とベトナム人の夫婦は他の国の国際結婚の夫婦に比べると長く続くカップルが多いです。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

オーストラリア人と日本人:国際結婚の離婚率

wikipediaによると2011年時点で日本に住むオーストラリア人は9166人で総務省データによると2016年の在日外国人の数はおよそ230万人です。データにタイムラグがあるので概算になりますが、日本に住む外国人のおよそ0.4パーセントがオーストラリア人です。

ベトナムと同じく離婚率について正確なデータは公表されていませんし、国際結婚の外国人妻・夫の出身国のトップ8にも入っていません。オーストラリアと日本のカップルはオーストラリアで生活をしている場合も多いですので、正確なデータが取りづらいと考えられます。

離婚率が高い国・低い国ランキングにもオーストラリアは上がってきていませんので、離婚率はベトナムと同じく40パーセント以下でしょう。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

フィリピン人と日本人:国際結婚の離婚率

日本人とフィリピン人の国際結婚の離婚率は非常に高いです。

男女別に見ると日本人男性×フィリピン人女性の国際結婚離婚率は40.5パーセントです。これは離婚率トップ3の高さで、第1位の韓国とは5パーセント差となっています。

また、日本人女性×フィリピン人男性の国際結婚離婚率は70パーセントです。日本人女性とフィリピン人男性が結婚するとほとんど離婚するというのが現実ですが、実はフィリピン人との離婚は複雑です。

フィリピン人は一般的に恋愛よりも家族を大事にします。そのため国の家族に何かがあった場合日本人との婚姻関係よりもフィリピンの家族を大事にしがちです。そこから関係がうまくいかなくなるケースも多いです。

またフィリピンには法律上「離婚」という制度が存在しません。そのため離婚率が高いのに国際結婚の離婚方法が非常に複雑になります。それも国際カップルの離婚を複雑にする一因です。

Blockquote firstBlockquote second

HACHI8 憧れの国際結婚!でも離婚率が高いって知ってた?

アメリカ人と日本人:国際結婚の離婚率

アメリカ人と日本人の国際結婚の離婚率の場合は日本人の配偶者がアメリカ人妻とアメリカ人夫の場合で大きく離婚率が異なります。

日本人男性とアメリカ人女性の国際結婚の場合はその離婚率は41.5パーセントです。およそ半数が離婚していることになります。この離婚率は全体的に見ても高く日本人男性とアメリカ人女性の場合は離婚率の高さは1位の韓国・朝鮮に続き第2位となっています。

一方日本人女性とアメリカ人男性の国際結婚の場合は離婚率は高くありません。日本人女性とアメリカ人男性の離婚率は24.9パーセントです。日本人女性とアメリカ人男性の場合は離婚率の低い組み合わせ第3位となっており、男性のおよそ半分のパーセンテージとなっています。

日本人とアメリカ人は食文化から愛情表現まで文化的な違いは大きいですが、うまくいくカップルも多いことが統計からも分かります。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

韓国人と日本人:国際結婚の離婚率

日本人男性と韓国人妻の国際結婚数は2015年で2268組で、日本人女性と韓国人夫の国際結婚数は1566組です。これらの数は1995年から現象の一途を辿っており1995年と比べるとその数はおよそ半減しています。

日本の国際結婚数はだいたい2万組ですので、国際結婚カップルの20パーセント5組に1組みは日本人と韓国人のカップルです。

離婚率については日本人男性と韓国人女性の国際結婚の離婚率は45.5パーセントで全体の第1位です。日本人女性と韓国人男性の場合も離婚率が高く46.5パーセントとなっています。

離婚率が高い理由としては、韓国の儒教の教えが大きく影響していると考えられます。韓国の年上を敬わなければいけない文化は日本以上に根強く日本人側がうまくそれに対応できない場合があります。また韓国人男性は妻を下にみていることも多くその環境に妻が耐えられなくなるパターンもあります。

台湾人と日本人:国際結婚の離婚率

距離的にも近く日本語が話せる人も多い台湾人ですが、離婚率は男女ともに低いです。

日本人女性と台湾人男性の国際結婚の場合、離婚率は18.4パーセントと他の国に比べると非常に低いです。

一般的に台湾では女性の気性が荒いため男性は比較的穏やかで優しい人が多いです。そんな台湾人男性は日本人女性と相性が良く、日本人女性も妻として優しくお姫様のように接してくれる台湾人男性は高評価です。

一方台湾人女性は日本人女性よりも気性が荒く、家事ができない人も多いです。結婚後は妻に美味しい料理を作ってもらいたい、と期待する日本人男性と家事もしない料理もしない台湾人女性との結婚は長続きしません。

台湾は外食文化で女性も男性と同じように働いていますので家事をしないからと言って悪い妻だと決めつけることはできませんが、日本人男性はそのような価値観を受け入れることができず、離婚率は33.7パーセントとなっています。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

イギリス人と日本人:国際結婚の離婚率

日本人男性とイギリス人女性の国際結婚カップルの離婚率は35.5パーセントです。アメリカ人女性との離婚率は41.5パーセントですので、同じ英語圏でも国際結婚の離婚率は大きく違います。

また日本人女性とイギリス人男性の国際結婚カップルの離婚率は21パーセントです。この離婚率は他の国を抜いて一番低い数字です。日本人女性とイギリス人男性は相性が良いと言えるでしょう。

2011年のデータでは在日イギリス人は15496人。1990年と比べるとその数はおよそ50パーセント増加しています。イギリスで出会って結婚する日本人とイギリス人のカップルもいますが、在日イギリス人の増加に伴い、日本で出会って結婚する日本人とイギリス人のカップルの数が増えたことが考えられます。

ブラジル人と日本人:国際結婚の離婚率

日本人男性と相性が良いのがブラジル人女性です。日本人男性とブラジル人女性の国際結婚カップルの離婚率は31パーセントで、国際結婚の離婚率で一番低いです。日本人女性とブラジル人男性も離婚率が低く24.8パーセントとなっています。

ブラジル人は男女ともに明るくフレンドリーでマイペースです。恥ずかしがり屋の日本人と正反対の部分を持ち合わせているため、パズルのピースのようにぴったりとハマるところがあるのでしょう。

一方でブラジル人は真面目で働き者の一面もあるので勤勉な日本人と似ている部分も持ち合わせています。また、歴史的に日系ブラジル人も多くいるため日本との共通点も多いです。そのため男女ともに日本人とブラジル人のカップルは離婚率が低くなっています。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

タイ人と日本人:国際結婚の離婚率

2015年のタイ人と日本人の国際結婚カップル数は974組でした。タイ人と日本人の国際結婚には特徴があり日本人女性とタイ人男性の国際結婚数が36組なのに対し、日本人男性とタイ人女性の国際結婚数は938組にもなります。

また離婚率に関しても男女に大きな差があります。日本人男性とタイ人女性の離婚率は39パーセントです。一方日本人女性とタイ人男性の離婚率は59パーセントにも登ります。

タイ人男性は好きな時に楽しいことをしたいと考えます。タイ社会でもそれが受け入れられている雰囲気があり、日本人のように自分のやりたいことよりも規律を大切にすることを良しとする社会とは正反対の部分があるのも事実です。

またタイではまだまだ女性は男性に従わなければいけない部分も多く、日本の女性がその古い風習に付き合いきれなくなってしまう場合もあるでしょう。

ペルー人と日本人:国際結婚の離婚率

2015年のデータでは日本人男性とペルー人女性の国際結婚カップル数は83組でした。日本人女性とペルー人男性の国際結婚カップル数は115組です。

ペルー人との出会いですが、ダンスを習っていて知り合ったという人もいれば、スペイン語を勉強していて出会ったという人もいます。ペルーは日本ではあまり馴染みのない国ですが、マチュピチュがあることから興味を持つ人も多く日本人の国際結婚の国別ランキングでは10位以内を常にキープしています。

日本人男性とペルー人女性の離婚率は45パーセントです。ペルー人女性との国際結婚の絶対数自体が少ないですが、離婚率も低いです。一方日本人女性とペルー人男性の離婚率は49パーセントと男性よりも若干高めです。

Blockquote firstBlockquote second

SHERRY 国際結婚の統計と婚姻割合や離婚率って知っていますか?

厚生労働省が発表している日本の国際結婚の離婚率

国際結婚カップルの全体的な離婚率はどれくらいなのでしょうか。ここでは厚生労働省のデータをもとに解明していきます。

国際結婚件数の傾向

厚生労働省が発表している妻または夫が外国籍の国際結婚婚姻数は昭和40年から平成18年までは増加傾向にありました。その後平成18年から平成25年までは減少傾向になり、平成25年から現在までは横ばいの状態を保っています。

2013年のデータでは日本全体の婚姻数は66万613件です。そのうち妻または夫が外国籍の国際結婚数は2万1488件で、婚姻数全体のおよそ3パーセントとなっています。国際結婚数が最も多かった2006年では国際結婚数は16組に1組の割合だったのでそれに比べると年々国際結婚数は減少していることが分かります。

若者の海外離れが進み海外に出て行く学生が少なくなり国際結婚の機会が減ったことも原因の一つです。また、アジア圏の妻または夫との偽装結婚の取り締まりが強化されたことも原因として挙げられるでしょう。

全体の国際結婚の離婚率は?

平成25年の国際結婚の総数は3127件です。そのうち離婚数は1438件なので平成25年の離婚率は45.9パーセントになります。また平成27年の国際結婚の離婚率は65.1パーセントとなっており離婚率が非常に高いと言われています。

ここで一点注意したいのは、これらの離婚率はその年に結婚した国際結婚カップルにおいて、その年に離婚した国際結婚カップルの割合を表していますが、その年に結婚した夫婦がその年に離婚した数とは限らないということです。

2015年の国際結婚の離婚率は特に高いということで取り上げられやすいですが、何年も前に結婚した夫婦がたまたま多くこの年に離婚した可能性も捨て切れません。あくまでもこれらの離婚率はその年に婚姻と離婚の手続きが行われた割合を示しているものなので数字が大きいからといって結婚数とは単純に結びつきません。

国際結婚の離婚率が一番高い国と低い国

ここでは国際結婚の離婚率が一番高い国と低い国について解説します。

日本人男性と離婚率が一番高い国

日本人男性と離婚率が一番高い国の外国人女性の出身国は韓国・朝鮮です。日本人男性と韓国・朝鮮の女性の国際結婚はフィリピンや中国に続いて3番目に多い割合ですが、離婚率は一番高くなっています。離婚率は45.5パーセントなのでおよそ半数が離婚しています。

一般的に韓国では男性が女性に尽くすのは当たり前です。デート代は全額出して挙げたり、料理を作ってあげたり、荷物を持ってあげたり、掃除をしてあげたり、と挙げたら枚挙にいとまがありません。

一方日本人男性は女性に尽くされることに慣れている人も多いです。日本人男性が韓国人男性のようにパートナーに尽くすことは、むしろマイナスのイメージを伴います。この部分の折り合いが日本人男性と韓国(朝鮮)人妻の間では上手くつかず離婚に陥ってしまう原因だと考えられます。

日本人男性と離婚率が一番低い国

日本人男性との離婚率が一番低いのはブラジルです。離婚率は31パーセントとなっており離婚の割合も3人に1人程度の割合となっています。2015年の日本人男性とブラジル人女性の国際結婚は277件です。

一般的なブラジル人女性の特徴は明るく、情熱的で、自分が大好きということです。またブラジルはサッカー大国でもあるので女性もサッカーへの関心が高いです。日本人男性でサッカーに興味のある人は共通の話題で盛り上がりそこから恋愛関係に発展することもあるでしょう。

また先のことに目を向けてコツコツ努力するのが得意な日本人に対して、ブラジル人は「今」が一番大事です。そのため日本人男性から見るとブラジル人女性は将来のことを全然考えず計画性ないように映ることもあります。

日本人女性と離婚率が一番高い国

日本人女性と離婚率が一番高い国はフィリピン人です。日本人女性とフィリピン人男性の国際結婚は毎年200件前後ですがそのうちの70パーセントが離婚しています。日本人女性とフィリピン人男性の離婚率はかなり高く末長く続くカップルの方が少ないのが現状です。

離婚率の高さの原因と考えられるのは、フィリピン人男性の仕事に対する姿勢です。フィリピンは途上国でありながら男女のジェンダー格差が世界第5位です。これは女性の地位が高いという面では素晴らしいことですが、男性の地位が低いとも言えます。

フィリピン人は女性は働き者で男性は怠け者というのが一般的で、お金に関してもルーズな面があります。フィリピンでは良い妻はよくお金を稼ぐ妻です。つまり男性に家庭の大黒柱になってもらい、外でお金を稼いで欲しいと考える日本人女性とフィリピン人男性は相性が悪いです。

日本人女性と離婚率が一番低い国

日本人女性と一番離婚率が低い国はイギリスです。離婚率は21パーセントで、5組日本人女性とイギリス人男性のカップルがいたら、そのうち4組は続いている計算になります。

一般的にイギリス人は日本人と似ている部分を持っています。他人と一定の距離を保つところや、あまり物事をストレートに言わないところなどは日本と同じ島国の文化の特徴でしょう。自分の意見を持つことはイギリスでも大切にされていますが、それをストレートに伝えないのがイギリス流です。オブラートに包んで、その場の空気を悪くしないように言葉を選んで伝えようとします。

日本人女性とイギリス人男性はこのような文化的な部分で共有できるところも多いのが離婚率の低いポイントです。またイギリス人男性はレディーファーストで女性に優しくしますので、日本人女性としてもその優しさが心を打つのでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

pinky 国際結婚の離婚率が高い?

男女別日本の国際結婚の離婚率

ここでは男女別に国際結婚の離婚率についてみていきましょう。

女性の国際結婚の離婚率

平成17年の日本人女性の国際結婚の件数は8365人です。一方同じ年に国際結婚で離婚した日本人女性は3259人なので離婚率は39パーセントほどになります。これは日本で国際結婚した外国人と外国人の件数も含まれています。

日本人女性と外国人男性の国際結婚の離婚率ということに焦点を当てると離婚率は毎年50パーセント〜60パーセントです。日本人男性とフィリピン人男性のように国別に見ると離婚率が70パーセントになる場合もありますが、全体的には半数弱の国際結婚カップルが毎年離婚していることになります。

男性の国際結婚の離婚率

平成17年の日本人男性の国際結婚の件数は33116人です。それに対して離婚したのは12430人なので離婚率としては割合は37パーセントほどで女性とさほど変わりません。

日本人男性の場合国際結婚件数が女性のおよそ4倍となっており、絶対数は多いのですが離婚率は女性を下回っています。

また日本人男性と外国人女性の国際結婚では、男性の結婚時の平均年齢が43歳で、女性の平均年齢が31歳となっており年の離れたカップルが多いのが分かります。日本人男性の場合は年下のアジア圏の妻と結婚する割合が多くヨーロッパ圏の女性と結婚する割合は少なくなっています。

Blockquote firstBlockquote second

厚生労働省 人口動態調査

世界の離婚率

最後に世界の離婚率がどれくらいなのかご紹介します。

ロシアの離婚率

ロシアの離婚率はおよそ51.1パーセント、世界的に見ても高い離婚率です。ロシア人の平均結婚年齢は25歳と若く、若気の至りで結婚してしまい現実を知って離婚するというパターンも多いです。ロシア人は数回離婚している人も珍しくなく機会があれば何度でも再婚します。

アメリカの離婚率

アメリカの離婚率はおよそ52.9パーセントです。アメリカ人は男女ともに精神的にも経済的にも自立しているのが当たり前なので、その自立心が失われると離婚の原因になることがあります。ロシア人と同じでアメリカ人もいくつになっても恋愛をし再婚にも積極的です。

ドイツの離婚率

ドイツの離婚率は50パーセントで、ドイツもアメリカと同じように高い離婚率になっています。ドイツでは離婚した後も真剣を持たない父親または母親に子供が25歳になるまで教育費を払う義務を課しています。それにより離婚がしやすい環境が整えられていると言えるでしょう。

イギリスの離婚率

イギリスの離婚率は46.5パーセントです。イギリスでは気持ちが冷めたらすぐに離婚するパターンが一般的で、比較的若い年齢での離婚が多いです。シングルファザーやシングルマザーも多く、同時に婚外子も多いのが特徴です。

国際結婚の離婚率は日本人同士の離婚率よりも高い

今回は国際結婚の離婚率ということに焦点を当てさまざまな角度から国際結婚について検証しました。日本人同士の結婚の場合、離婚率は3割程度ですが国際結婚夫婦は5割近くのカップルが離婚しています。

相手の国によっても離婚率は大きく左右され、男女別にみても国際結婚の傾向や離婚率にはさがありました。今回の結果をみても国際結婚は文化の違いなどで上手くいかない割合が高いと言えるでしょう。

関連記事

Related