Search

検索したいワードを入力してください

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

Author nopic iconフィギュア
ヘルスケア / 2018年05月08日
【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

差し歯とは

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

虫歯の治療で歯の神経を取って歯を削ったときや、事故で歯が欠けてしまったときに、差し歯や歯にかぶせ物をする処置を歯科医で行ってくれます。差し歯は見た目が悪くて、差し歯にしたことが目立ってしまい嫌がる方も多いです。

また、差し歯にしたら口臭がひどくなるとして嫌われます。悪いイメージが多い差し歯やかぶせ物ですが、今回は保険適用を含めてどうなのかをご紹介します。

転んだ拍子に歯が折れると誰でも差し歯のお世話になる可能性があります。差し歯やかぶせ物に保険が適用できる場合もありますので、今から知識を得ておきましょう。

差し歯とかぶせもの

差し歯は、事故で歯の大部分と神経を失った部位を補うため行われます。歯の大部分を失うとは、歯の根を残してその上の部分を失ってしまうことです。歯は抜いてはいないが、ほとんど歯の生えていることが分からなくなってしまいます。

これを改善する処置として、かぶせ物を支える人工の土台とかぶせ物を一緒に作ってしまい、この一体型の物を残っている歯の根に差し込んで装着することを差し歯をしたといいます。

差し歯はしばしば、かぶせ物(「クラウン」と言います)と混同されます。かぶせ物と差し歯は違うものになります。かぶせ物は見た目が完成状態は、差し歯と変わりませんが、別々に支える土台とかぶせ物を作る点が異なります。昔は差し歯治療が、歯の中の神経を取ってしまって損傷した歯の治療の中心でしたが、今はほとんどかぶせ物で治療されます。

差し歯やかぶせ物の治療費は

歯の治療費全般ですが、特に差し歯やかぶせ物は治療費が高いと感じている方が多いです。差し歯は手間がかかる治療なので、治療費の額について心配になるのは当然です。しかし、保険適用の範囲の差し歯治療であれば、治療費はおおよそ3,000円から8,000円の範囲に収まります。

基本的には高額の治療費ではありませんが、保険適用外の素材でできた土台やかぶせ物を選択した場合には治療費が高額になってしまいます。経済的な側面と仕上がり状態のバランスを検討して、自分に合った差し歯治療を物を選ぶことをおすすめします。

差し歯やかぶせ物はいつまでも使えるか

差し歯治療では歯の根の部分に土台を差し込みます。しかし、すでに歯から神経を取り去っていますので、健康な歯に比べて脆いです。そのために、強い力がかかってしまうような噛み方をすると、差し歯の根の部分が負担に耐えらずに割れてしまいます。

歯根破折といいますが、特に噛み合わせが強いときや、差し歯がブリッジの土台になっているときは、歯根破折を起こす危険性が高まります。歯根破折を起こしてしまった場合は、インプラント治療や入れ歯治療、そして左右の歯で支えるブリッジ治療に切り替える必要があります。

差し歯は必要か

差し歯がいつまでも持たないとお考えになる方は、保険を使って安く済んでも治療費をかけて、いずれダメになる差し歯にする意味がない可能性があります。しかし、歯の治療現場では生まれ持った歯に勝るものはないとして、歯科治療の基本にしています。根だけでも歯が残っているなら、差し歯やかぶせ物にするのが歯科治療上はおすすめです。

差し歯やかぶせ物をした歯を長く快適に使うには、定期的なメンテナンスを行う必要があります。差し歯やかぶせ物の治療をした歯は、その治療だけにとどまらず何らかの歯の治療を行ったときは、治療した歯が虫歯になりやすい傾向があります。

かぶせ物をした歯と歯の境目に汚れが付き虫歯菌が繁殖してしまうことはよく見られます。虫歯になると、歯の根元が折れるリスクは高まります。そのため、きちんと歯科医にメンテナンスをしてもらい、差し歯のチェックや歯の掃除をしてもらう必要があります。

差し歯の臭いとは

また、差し歯にすると嫌なにおいがするようになってしまうといわれます。臭いがする場合は、差し歯やかぶせ物が臭っているときや差し歯やかぶせ物が外れそうになって空洞ができていることが多いです。

差し歯やかぶせ物が臭う場合は、かぶせ物にプラスチックの素材が使われている場合に多くあります。プラスチックは、臭いを吸着する性質を持っていますので、このような臭いがしてしまうことがあります。気になる場合はかぶせ物を新しい物に替えるか、または臭いを吸着させないが高価であるセラミックを選択すると臭いが収まります。

もちろん差し歯やかぶせ物が外れそうになっている場合は、修復が必要です。いずれにせよ、差し歯やかぶせ物が臭うように感じたら、早めに歯科医院でのチェックがおすすめです。

差し歯とかぶせ物の見栄え

差し歯やかぶせ物にすると見た目が良くないとよく言われます。しかし、見た目にこだわって作られた被せ物にすれば、保険が適用されないときは高額にはなりますが、差し歯やかぶせ物の見栄えは自分の歯に限りなく近いものになります。かぶせ物の保険適用外で、高額になってしまう素材の種類には以下のものがあります。

オールセラミック

セラミック(陶器)でできたかぶせ物で、真っ白でツヤがあるうえに自然の歯と同じに光を通します。そのため、かぶせ物の治療をしたことがわからないくらいの仕上がりになります。また、金属を使いませんから金属アレルギーの方でも安心して使える素材です。

ハイブリッドセラミック

セラミックにプラスチックを混ぜて作られた被せ物で、見た目と強度はオールセラミックに劣りますが、その分価格は安く抑えられます。オールセラミックと同じで金属を使わないものもあるので、金属アレルギーの方でも安心して使える素材です。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれているセラミックの一種で、高い強度を持っているうえに、なじみやすいが特長です。しかし、価格はセラミックよりもさらに若干高くなってしまいます。

差し歯とかぶせ物の実際

かぶせ物は前歯でも奥歯でも、どの歯にも行うことができる治療法です。前歯は目立ちやすいので、保険適用外の見栄えの良い素材のものを使う方が良いです。かぶせ物が金属の場合は、溶けだして歯茎の色が黒くなる時がありますので、メタルフリーの素材のかぶせ物を使う方が良いです。

医療の中でも歯科医療はどんどん進化しています。差し歯やかぶせ物も進化しています。昔は金属主流だった差し歯やかぶせ物も、差し歯の土台にグラスファイバーが使われだしています。グラスファイバーは金属より柔らかいので、土台の歯の根が欠けにくくなります。そのため、歯根破折のリスクが減り、かぶせ物を長く使い続けられるようになります。

これまでは、かぶせ物は歯を失った際の治療として行われてきましたが、最近は葉の並びをきれいにする目的にも使われています。正しい方向に生えていない歯を削り、歯根に土台を入れて被せ物で正しい方向の歯に仕上げます。

インプラント

インプラントも差し歯と間違えられる治療法です。インプラントは差し歯と違って完全に歯を失った状態で処置されます。歯の根が失われても、その下の歯を支える骨(歯槽骨)にネジを打ち込み、それを土台にして被せ物を装着する治療法です。

差し歯に保険は適用されるのか

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

差し歯の治療には、保険適用と適用外のものがあり、治療に要する費用が大きく異なってきます。保険適用と適用外の差し歯の違いについて紹介します。

治療にかかる費用

保険適用の場合は、治療費の自己負担が2~3割で済んでしまいやすく治療できます。負担の割合は年齢や所得によって変わってきます。また、同じ素材の治療方法であれば、歯医者さんが違っても同じ程度の費用で治療できます。

他方、保険適用外の治療の場合、自己負担率は100%になってしまいます。治療にかかる費用はすべて自己負担です。そして、同じ素材で治療を行っても、歯医者さんによって請求される治療費用に大きな違いが出る場合があります。

保険適用の治療の場合は、差し歯1本あたり1万円前後の費用で治療できますが、保険適用外の場合は、安くても数万円程度かかってしまいますし、オールセラミックのような高価な素材で、自分の歯と同じに仕上げると1本10万円以上かかってしまう場合があります。

差し歯の仕上がりと保証

保険適用の差し歯に使える素材は、硬質レジンだけになっています。なお、奥歯の場合は銀歯になります。プラスチックのレジンは時間の経過とともに変色他の劣化が進みます。

他方、保険適用外の差し歯では、陶器(セラミック)やジルコニア他の高価な素材が使用されます。これらの材料は自然な歯の色合いに近く変色もしません。前歯だけでなく奥歯も、白い素材なので歯の色に近い仕上げができるので、口を開けたときの印象が保険適用の治療とは大きく変わってきます。

保険の治療の場合は、治療費のなかに補綴物維持管理料が含まれているため、差し歯治療をしたところが取れてしまったときには、2年間の保証期間があって無料で元に戻してもらうことができます。

保険適用外で治療した差し歯が取れてしまったときには、その対応は歯医者ごとに違いがあって、無償で直してくれる歯科医や、再作成の場合に費用を請求する歯医者さんもあります。

保険の差し歯治療の良し悪し

それでは、保険適用と保険適用外の差し歯治療には、それぞれどんなものがあるのか紹介します。まず、保険適用で処置できる硬質レジンジャケットによる差し歯ですが、プラスチック材質ですので強度はあまり高くありません。噛み合わせに負荷が少ない歯に向いています。

はじめは白色で目立ちませんが、経年変化で変色してしまいます。また、自然の歯のような透明感はありません。保険適用により、安く差し歯がしてもらえることが最大のメリットで、保険適用により自己負担額は、1本の差し歯について3,000~5,000円程度しかかかりません。

硬質レジン前装冠とは

もう一つの保険適用の差し歯で使われる材質が硬質レジン前装冠です。これは、外側の見えるところに硬質レジンを貼り付けて、内側は金銀パラジウム合金他の金属からできている差し歯で、前歯の差し歯に使われます。

金属が主体なので強度があり、ほとんどの歯に使えて表面は白色にできますが、保険適用になるのは前歯から犬歯のみだけです。金属が溶けて歯茎が黒く変色することがあるのがデメリットです。保険適用の場合は5,000~8,000円程度しかかかりません。

銀歯

差し歯全体を金銀パラジウム合金他の金属で作られた差し歯です。強い噛み合わせが金属であるため可能ですから、第一小臼歯より後ろの歯を差し歯にするときに向いていて、ほぼこの銀歯が使われます。

やはり、保険適用なので安くできますが、見た目が銀色でとても自然な歯には見えないことと、金属が溶けだし歯茎が黒く変色することがあるうえ、金属アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。しかし保険適用により治療には3,000~5,000円程度しかかかりません。

保険適用外の差し歯治療

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

ここまでは、保険適用により行われる差し歯について紹介しましたが、保険適用外の差し歯治療についての費用他を紹介していきます。保険適用外の差し歯治療について、その治療方法ごとにメリット、デメリット、およその費用についてご紹介します。

セラミック系

セラミック系のものになりますが、オールセラミックの素材の場合は、差し歯全体がセラミック(陶器)でできていて、透明感も有って自然な白さが出せます。しかし、固い反面割れやすいという問題点があります。

その代わり、ほとんど変色しないため自然な歯の状態を長く保てますし、金属アレルギーも引き起こしません。保険適用外で高価になり、治療には1本の差し歯当たり約8万~15万円もかかってしまいます。

ハイブリッドセラミックという素材もあって、保険適用外になりますが、歯科用プラスチックであるレジンにセラミックの粒子を混ぜてレジンの特性を向上させた差し歯素材です。保険治療で作られるレジンのみの差し歯よりも、強度に優れて見た目も良いものになります。

金属アレルギーを引き起こさない点と、セラミックの中では比較的安く治療できます。治療費は1本の差し歯当たり約4万~12万円かかります。

メタルボンド

外側から見える部分にセラミック(陶器)を使って、内側は金属で作られた差し歯で、前歯の差し歯に使われます。

セラミックの素材を外側に使っているために、自然な歯に見えるうえ、内側が金属でできているため強度があって、かみ合わせが強くても耐えられます。そして、中の金属には高価な貴金属を使っているので、金属アレルギーも抑えられます。しかし、オールセラミックよりも自然な歯には見えません。

裏からは金属が見えてしまいますが、強度は高いので持つ反面、強度の高さから反対側の自分の歯を傷めることがあります。治療費は約8万~15万円と高額になってしまいます。

ジルコニアセラミック

メタルボンドの内側の金属に代えて、白色ジルコニアを内側に使った差し歯です。強度が高く、自然な歯に近い外観で、金属アレルギーの心配も無いので優れた素材になっています。オールセラミックよりも透明性は弱いですが変色も少なくなっています。治療費は約10万~20万円とさらに高額になってしまいます。

ゴールド

金合金や白金加金他の貴金属を使った差し歯で、奥歯に多く使われます。錆ませんし、金属アレルギーの心配もありませんが、金色なので自然な歯のイメージは損なわれます。強度も高いうえ、保険の銀歯よりも長持ちします。治療費は約4万~12万円と高額になります。しかし、古くからの技法ですので安心感は高いです。

保険適用外の差し歯の利点

保険適用の差し歯では使える素材に制限があって、自然な歯の状態には見えません。保険適用外の差し歯では素材に多様性があって、その人に合った素材を選択できます。見栄えが気になる方は保険適用外の差し歯をおすすめします。

さらに、保険適用外の差し歯の方は強度があるため、長持ちする傾向があります。特に見栄えが気になる前歯には、保険適用外の差し歯の方が向いています。

差し歯治療前の注意

差し歯は、強度、見栄え、費用、金属の有無他の違いによって多くの種類があり、保険の適用ができるものとできないものもあり、何を選ぶか迷います。これらの点と、治療期間や治療後の保障について納得ができるまで、治療を行う歯科医に相談する必要があります。

特に忘れがちなのが、すぐに壊れてしまう他のトラブル時の保証を確認することが必要です。保険適用の差し歯の場合は補綴物維持管理料が含まれていますので、2年間の保証期間内ならば無償で対応してもらうことができます。

保険適用外の治療の場合も、独自に保証が付いている場合がありますが、その保証内容や保証期間は歯科医によってまちまちなので保証内容を確認することを忘れないでください。

差し歯治療は、歯科医の治療技術によって仕上がり他に差がとても出てしまいます。そのため、治療実績がどうなのかを確認することが必要です。

箇所別差し歯の保険での料金・費用

保険使用であっても差し歯の材質が異なる場合や、歯医者によって、そして個所により多少の治療費の違いが出ます。それでも、保険適用のおかげで自己負担額は、1本の差し歯について3,000~5,000円程度しかかかりません。

前歯

前歯は噛み合わせの力が弱いことと、白いもので差し歯をして前歯の差し歯を目立ちにくくしたいので、通常は金属を使わずに、硬質レジンというプラスチック製の差し歯にします。保険適用により自己負担額は、1本の差し歯について3,000~5,000円程度です。

奥歯

奥歯は噛み合わせの力が強くかかるので、プラスチック製の硬質レジンは使わずに、頑丈な金属を使用した差し歯になります。保険適用の金属の差し歯は銀歯ですので、目立たない奥歯であれば我慢できます。保険適用になる銀歯の差し歯は、自己負担額は、保険適用のおかげで1本の差し歯について3,000~5,000円程度です。

差し歯の変色への治療は保険がきくのか

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

差し歯の中でも保険適用になる硬質レジンは、経年変化による変色がおきます。経年変化はやむを得ないので変色への治療は、差し歯を同じく保険適用の硬質レジンで2年後に差し替える場合は保険が適用できます。しかし、一般的なホワイトニングは治療ではなく見かけをよくするためなので保険適用にはなりません。

特に差し歯は人工素材なので、自然の歯に行う過酸化水素の薬剤を使った一般的なホワイトニングでは白くすることができません。レジンの差し歯そのものを白くすることはできませんが、歯科医用のホワイトコート剤を塗ると白くできます。しかし、お金をかけても効果が続くのは1か月程度しかありません。

差し歯の保険適用期間

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

保険適用の差し歯の場合であれば、治療費用の中に補綴物維持管理料が含まれていますので、2年間の保証期間がついています。この期間内であれば無償で差し歯のトラブルに対応してもらうことができます。

2年

保険適用の差し歯の寿命の規定はないですが、硬質レジンの差し歯で7年程度とされています。ただし、補綴物維持管理料を治療の際に合わせて支払っていますので、2年間は差し歯がかけたり外れたりしても、治療を行なった歯科医院で同じ部位に再び差し歯をする場合は、歯科医は費用を請求できないという制度になっています。

差し歯の保険適用外の時の値段

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

保険適用外の差し歯の場合は、使用する材質によって差が出ますし、歯科医によっても料金に大きな差が出ます。保険適用外でよく使われるオールセラミック素材では、1本の差し歯当たり約8万~15万円もかかってしまいます。

また、ハイブリッドセラミック素材では少し安く1本の差し歯当たり約4万~12万円かかります。メタルボンドという素材では1本の差し歯当たり約8万~15万円です。

ジルコニアセラミック素材のものでは、1本の差し歯あたり約10万~20万円とさらに高額になってしまいます。また、いわゆる金歯であるゴールド素材のものでは、1本の差し歯あたり約4万~12万円となります。

保険適用になる差し歯の種類

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

保険適用の差し歯には、硬質レジンと硬質レジン前装冠そして銀歯があります。それぞれの特質を生かして差し歯に使われます。保険適用の差し歯は安く治療できますが、当初は白い差し歯が経年劣化で変色する他、見栄えは保険適用外のものに比べて見劣りしてしまいます。

セラミック

【箇所別】差し歯に保険は適用されるのか・料金・期間|変色

セラミック素材のものは自然の歯に近い風合いが出せますので人気がありますし、良く見える前歯には良く使われますが、保険適用の素材ではありませんので、どうしても高価になってしまいます。

差し歯には保険適用されますが素材が限られます

保険適用で差し歯が行われる場合は、見える前歯ではプラスチック製の差し歯が使われます。劣化による変色が見られますが安く差し歯治療が行われます。しかも2年間の保障が付きますので、外れてしまう他のトラブルに無料で対応してもらえます。

奥歯の場合は、強度の関係で保険適用になるのは金属製の銀歯ですが、口の奥で見えにくいものの見栄えが自然の歯と全く違ってしまいます。また、金属が溶けだすことがあって歯茎が黒くなってしまうトラブルも見られます。見栄えが良い差しがを求めている方は、治療費が高価になりますが保険適用外の差し歯を選ぶ方が良いです。

関連記事

Related