Search

検索したいワードを入力してください

何を言ってるのかわからない人の特徴と教育方法|上司/部下

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年02月23日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

何を言ってるのかわからない人の特徴と教育方法|上司/部下

何を言ってるのかわからない人に対しては「聞く側」も意識する

何を言ってるのかわからない人に対して、何を言ってるのかわからないとイライラしてしまうのではなく、相手が答えやすい環境を作ることも大切です。伝えることが上手くできない人に対して、もっと簡潔に説明をしてくださいと伝えたとしても、すぐに直すことができるのであれば、もっとわかりやすい話し方ができるはずです。

しかし、何を言ってるのかわからない人は、どう伝えれば相手がわかりやすいのかという観点で話しているのではなく、自分の頭の中に浮かんだ言葉をそのまま相手に伝えてしまう傾向があるため、自分の中では話の辻褄が合っているために、相手が話の内容を良くわかっていないことに気付いていない場合が多いです。

何を言ってるのかわからない人に対しては、「聞く側」も相手が答えやすい質問を投げかけるなど、答えやすい環境を作ってあげることも大切です。

わかるように話すことができる工夫をしてみましょう

何を言ってるのかわからない人の特徴と教育方法|上司/部下
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of talk · Pexels

忙しい時や精神的にゆとりがない時などは、特に、何を言ってるのかわからない人の話にイライラしてしまうことがあります。しかし、その多くの場合、本人は相手に対してわかりにくい話し方をしていることに気付いていません。

イライラしてしまうことは簡単ですが、相手が答えを選択することができる質問をする、相手が答えやすい質問をするなど、気長に付き合うことも大切です。また、同じように何を言ってるのかわかりにくい人同士で話をすることで客観的に理解できる可能性もあります。

自分では何が悪いのかに気付いていないことを直すことは簡単ではありません。相手の話がわかりにくかった場合は、相手がわかりやすい答え方ができる環境も考えてみましょう。