Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おすすめの小顔に見える髪型・アレンジ方法|中学生

Author nopic iconまる
ヘアスタイル / 2018年02月17日
【男女別】おすすめの小顔に見える髪型・アレンジ方法|中学生

年齢別おすすめの小顔に見える髪型

「小顔に見られたい」というのは、美に関心を持つ女性の永遠の願いです。しかし、生まれ持った顔の形や大きさを変えることは容易ではありません。

そんな、毎日鏡を見てため息をついている女性も諦める必要はありません。実は、顔の大きさは髪型でカバーすることができます。ここでは、年代別に小顔に見える髪型をご紹介します。

中学生~高校生

中学生から高校生の10代の女性におすすめの小顔に見える髪型は、シンプルな外ハネボブです。ボブは髪型によっては顔が大きく見えてしまうこともありますが、ひし形と外ハネにすることでボブの欠点を上手くカバーしている髪型です。

できれば軽くパーマをかけるとより小顔に見える髪型になりますが、中学生や高校生は校則が厳しくパーマがNGなことも多いです。この髪型なら、ストレートでも可愛く小顔に見せることができるので試してみましょう。

20代

20代の女性におすすめの小顔に見える髪型は、レイヤー入りのヘアスタイルです。画像はミディアムヘアですが、レイヤーで髪に段差をつけるなら髪の長さは問いません。できるだけ顔周りがふんわりとするように、内側に巻くのがポイントです。

30代

30代の女性におすすめの小顔に見える髪型は、ゆるふわショートヘアです。30代になるとパーマをかけて遊ばせるのに抵抗を感じる人も増えてきますが、ショートヘアなら子供っぽくならずにおしゃれに仕上がります。マッシュヘア風にすると、頭の部分が強調されて顔の部分を小さく見せることができます。

40代

40代の大人の女性には、エレガントなゆる巻きヘアをおすすめします。一見小顔に見える髪型とは無縁そうに見えますが、少しオーバー気味に巻くことで顔の大きさをごまかすことができます。40代の女性の場合、前髪は画像のようにかき上げバングにすると色気のある髪型になります。

50代

50代の女性には、落ち着いたふんわりボブヘアがおすすめです。10代・20代のゆるふわボブとは違い、パーマの度合いを少し抑えることで落ち着いた大人の雰囲気を損なわずに可愛く仕上げることができます。抑えるといっても、ひし形になるようにボリュームをつけるのは忘れないようにしましょう。

髪の長さ別おすすめの小顔に見える髪型

小顔に見える髪型はわかったけど髪の長さは変えたくないという人は多いでしょう。ここでは、ショートからロングまで髪の長さ別に小顔に見える髪型を取り上げてみました。今の自信の髪の長さを照らし合わせながら見てみてください。

ひし形ショート

ショートヘア自体が顔全体をすっきり見せられる髪型ですが、さらにひし形のシルエットにすることでより小顔に見える髪型になります。ひし形のシルエットは、画像のようなショートボブでもさらに短いショートヘアでも使える小顔テクニックなので覚えておくと便利です。

耳かけは顔全体をすっきり見せたいときに便利ですが、顔の形によっては気になる部分が強調されてしまうこともあるので、鏡を見ながら調節してください。

エアリーボブ

ふんわりとした空気感が可愛いエアリーボブも、小顔に見える髪型の一つです。髪型全体をふんわり巻くとフェミニンな印象になりますが、ボサボサに見えるのが心配に感じる人は、下顎付近だけゆるく巻く程度でも十分に小顔効果は期待できます。

エアリーボブの場合、おでこも前髪で隠すヘアスタイルが似合います。特に、面長の人は前髪でおでこを隠すことで小顔に見せられるので試す価値ありです。

ミディアム

先ほども言いましたが、ミディアムヘアはレイヤーを入れて毛先付近に動きを出すのがおすすめです。そうすることで、少し野暮ったく見えてしまうミディアムヘアが小顔に見える髪型に変わります。ミディアムヘアの場合、肩に毛先が当たってなにもしなくても外ハネになってしまうことがあるため、あまり念入りに毛先を巻く必要はありません。

ベビーバング+ゆるふわセミロング

セミロングは、毛先をゆるふわに巻いた髪型がおすすめです。ミディアムとも似ていますが、ミディアムよりもよりきつめにパーマをかけることで小顔に見える髪型になります。毛先を重めにしている分、前髪を短めのベビーバングにするとすっきりとした印象になります。

毛先重めロング

ロングは、毛先の部分を重くする巻髪がおすすめです。ミディアムやセミロングと違い、毛先の部分だけ集中的に巻くことで顔とのバランスをとることができます。髪全体を巻くのは小顔に見える髪型どころか、ルーズな髪型に見えてしまう恐れがあるのであまりおすすめはできません。

顔型別おすすめの小顔に見える髪型

自分の顔型を知ることは、髪型を決める上で重要なポイントです。ここでは、「丸顔」・「面長」・「逆三角形」・「ベース型」の4つの顔型に分けて小顔に見える髪型をご紹介します。自分の顔型を把握した上で、参考にしてみてください。

丸顔

丸顔さんにおすすめの小顔に見える髪型は、ワンレンボブです。ワンレンボブは重めの髪型で顔が大きく見えると思われがちですが、丸顔さんがやると輪郭の丸みがシェイビングされて小顔に見せることができます。

ワンレンボブの場合、そのまま下ろすだけでは重すぎてしまうことがあるため、片側だけ耳にかけるスタイルがおすすめです。もちろん、両方下ろして顔をほっそり見せるても良いです。

面長

面長さんは、Aラインシルエットを意識すると、小顔に見える髪型になります。Aラインシルエットとは、頭の形がアルファベットの「A」に見えるようにカットする髪型で、セミロングやロングヘアのときに仕える小顔テクニックです。

面長さんの場合、それにぱっつん前髪と毛先のボリューム感を足せばさらに小顔に見える髪型になります。おでこを完全に隠すのに抵抗がある場合は、チラ見せしてすっきりとした印象にするのも良いでしょう。

逆三角形

逆三角形さんにおすすめの小顔に見える髪型は、横幅にボリュームを出したエアリーボブです。逆三角形さんはあごがシュッとしていて元々小顔に見えやすい顔型ですが、あごがシャープすぎてストレートにするとシルエットの丸さが強調されてしまう欠点があります。

逆三角形さんは、毛先にボリュームを出して横幅を広げましょう。また、逆三角形さんにはぱっつん前髪はあまり似合いません。ウェーブをつけて、横に流すのがおすすめです。

ベース型

ベース型さんは、ゆるふわミディアムで小顔に見える髪型を作りましょう。ベース型さんの欠点といえば、目立つエラです。ゆるふわのボリューミーな髪型なら、このエラを上手くカバーすることができます。

また、ひし形シルエットを足すことで小顔に見せることもできます。前髪は下ろすのではなく、横に流して大人っぽく見せるのがポイントです。

メンズ・レディース別おすすめの小顔に見える髪型

当然ながら、メンズとレディースでは小顔に見える髪型も変わってきます。ここでは、メンズとレディース別で、小顔に見えるポイントも交えながら髪型をご紹介します。

メンズ:マッシュショートヘア

10代・20代の若いメンズには、流行りのマッシュショートヘアが、小顔に見える髪型でおすすめです。特にトップにボリュームを出し、髪を前に持ってきたショートヘアは小顔に見せる効果が抜群です。

正統派にはストレートがおすすめですが、遊び心が欲しいという人は、ふんわりとパーマをかけても良いでしょう。その場合も、髪は前の方へ持ってくるようにセットするのがポイントです。

メンズ:ツーブロック

ワイルドなツーブロックも、小顔に見える髪型として人気です。一見さっぱりしすぎていて小顔に見える髪型にならないのではないかと思われがちですが、トップにボリュームがあるので、その効果で顔の長さなどがカバーされてきちんと小顔に見せることができます。

普通のショートヘアの場合でも、少しツーブロック寄りにすることで小顔に見える髪型になるので、ぜひ試してみましょう。

レディース:ゆる巻き

ゆるふわ巻きは、基本的にはどの顔型の人にも使える小顔に見える髪型です。ただ小顔に見せるだけではなく、ゆるく巻くことでフェミニンで女性らしい雰囲気を出すことができます。また、前髪の作り方で雰囲気がガラリと変わる髪型なので、手軽にイメチェンしたい人にもおすすめです。

ゆる巻きも、毛先の部分を重点的にボリュームを出すとなお一層小顔に見える髪型になります。頭のシルエットは、できればひし形にするのがおすすめです。

レディース:ひし形ストレート

ストレートで小顔に見える髪型にしたい場合は、ひし形のシルエットを取り入れましょう。ひし形シルエットはレイヤーを入れると簡単に作れますが、入れたくないという人は、中間部から毛先にかけて内側に巻くとひし形に近い髪型になります。

ストレートでも、トップにボリュームを出すと頭の形が目立たず小顔に見える髪型になります。前髪は、顔型や好みによって分けても下ろしてもどちらでも良いです。

おすすめの小顔に見える髪型アレンジ方法

下ろす髪型だけではつまらないという人は、髪型をアレンジして小顔に見せましょう。これからご紹介する髪型は誰でも簡単にできるので、いつもの髪型にマンネリを感じている人も必見です。

ダウンポニーテール

ポニーテールを下の位置で縛ったダウンポニーテールは、小顔に見える髪型のアレンジ術の中でも手軽にできるとして人気です。普通にストレートでポニーテールを作るのではなく、軽く巻いてボリュームを出すことで、小顔に見せることができます。

また、ポニーテールだけでは物足りないという人は、編み込みヘアにするのもおすすめです。髪を縛るところまで編み込みにしてその束をほぐせば、よりボリューミーで小顔に見える髪型になります。

後れ毛お団子ヘア

丸顔や逆三角形さんは、お団子でトップにボリュームを出して小顔に見せる方法もおすすめです。その際、お団子はきっちり固めず、手でほぐしてゆるふわに仕上げるのがコツです。また、後れ毛を残してサイドにも幅を出すのも忘れないようにしましょう。

面長さんやベース型さんがお団子ヘアにする際は、お団子をやや下の位置で作り、前髪でおでこを隠すスタイルにするのがおすすめです。この場合も、後れ毛はしっかり残すようにしましょう。

小顔に見える髪型で生まれ変わろう!

顔の大きさを髪型でカバーするのは大変と考えている人も多いでしょう。しかし、小顔に見える髪型は意外と簡単にセットすることができます。

顔型や気分、その人の雰囲気によっても小顔に見える髪型は異なるので、ぜひ紹介した髪型も参考にしながら自分に合った小顔ヘアを探してみてください。

関連記事

Related