Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】黒髪のおすすめショートパーマ

Author nopic iconまる
ヘアスタイル / 2018年02月21日
【メンズ・レディース別】黒髪のおすすめショートパーマ

メンズ・レディース別黒髪のおすすめショートパーマ

日本人に一番馴染みのあるヘアカラーといえば、「黒髪」です。しかし、黒髪は清楚で落ち着いた見た目になる一方で、地味で重い印象が強くなる欠点があります。

そんな黒髪の欠点を上手くカバーしてくれるヘアスタイルが、「ショートパーマ」です。ここでは、その黒髪に似合うショートパーマの髪型を、メンズ・レディース別でご紹介します。

メンズ:ツーブロックショートパーマ

王道のショートパーマヘアにしたいなら、ツーブロックがおすすめです。ツーブロックでも、画像のように分け目を控えめにすればワイルドになりすぎず、程よく親しみやすさを出すことができます。比較的くせ毛の人でもセットしやすい髪型です。

ツーブロックのショートパーマは、黒髪でやることによって大人っぽさも出すことができます。くせを強めにすればウェット感が出て、こなれた雰囲気を醸し出すことができます。

メンズ:ウルフパーマ

黒髪のウルフパーマは、10代・20代の若い世代の男性におすすめの髪型です。ウルフパーマというとツンツンしたやんちゃなイメージがある人も多いでしょうが、黒髪でセットすると少年ぽさが抑えられて派手になりすぎることはありません。

画像のように少し控えめにパーマをかけることで、万人受けしやすい髪型になります。小顔効果を出したい人は、トップにボリュームを出すようにしましょう。

レディース:外ハネショートボブ

レディースには、外ハネのショートボブスタイルをおすすめします。外ハネパーマは小顔効果が期待できるだけではなく、セットに失敗しても自然に見えるのが特徴です。黒髪の外ハネボブの場合はワンレンボブが似合いますが、もしレイヤーを入れる場合は途中で毛がハネてしまわないよう注意しましょう。

黒髪の外ハネショートボブは、少しパーマを強めに当てることでアンニュイ感が出て大人っぽく見せることができます。前髪を分けると、さらに大人の女性の色気を出すことができるでしょう。

レディース:マッシュショート

黒髪のマッシュショートはメンズの髪型のイメージが強い人も多いでしょう。しかし、可愛さと柔らかな雰囲気が出せるので、レディースにもおすすめできる髪型です。また、パーマをかけることによって、よりふわふわとした女性らしい雰囲気を演出することができます。

マッシュショートパーマは、トップにボリュームが出せるので小顔に見せたい人におすすめです。パーマは軽めに当てるのがおすすめですが、メンズのような雰囲気にしたい人は少し強めに当てると良いでしょう。

輪郭別黒髪のショートパーマのおすすめヘアアレンジ

ショートパーマに限らず、ヘアスタイルは顔型で選ぶとぐんとおしゃれ度がアップします。ここでは、顔型の中でも特にヘアスタイルに関する悩みの多い「丸顔」・「面長」「ベース型」に分けて、黒髪のショートパーマを取り上げてみました。

丸顔

丸顔の人は、ストレートのショートヘアにすると輪郭の丸さが目立ってしまうことがありますが、パーマにすることによってその欠点を上手くカバーすることができます。さらに黒髪にすることで、幼く見られがちな丸顔さんでも大人っぽく見せることができます。

ショートパーマはなるべくトップにボリュームを出し、あごをシャープに見せるようにしましょう。また、ひし形シルエットを取り入れることで、さらに小顔に見せることもできます。できればサイドの毛で輪郭をカバーすると、ほっそりとしたシャープな顔立ちに見せることができます。

面長

面長さんは、ショートヘアの形によっては顔が長く見えてしまうことがあります。そんな面長さんにおすすめのショートパーマは、トップにボリュームを出したマッシュヘアです。マッシュヘアにすることで、顔の長さのバランスが取れて小顔に見せることができます。

黒髪のショートパーマは、大人っぽい面長さんの雰囲気にピッタリとマッチする髪型です。セクシーな雰囲気も出せるので、イメチェンしたいという人は試してみましょう。

ベース型

ベース型の人は、エラが目立つことが欠点とされることが多いです。そんなベース型さんには、ショートボブのパーマスタイルをおすすめします。パーマにすることによって柔らかな雰囲気になり、さらにボブにすることによって顔の輪郭をカバーすることができます。

ベース型さんは、できれば耳かけなどせずに自然と髪を下ろすスタイルにするのがおすすめです。前髪はぱっつんでも似合いますが、ベース型さんの大人な印象を強調したい場合は、かき上げバングにすると良いでしょう。

黒髪ショートパーマに合う前髪アレンジ

ショートパーマは、前髪のアレンジ次第で雰囲気ががらりと変わる髪型です。特に、黒髪の場合は前髪のさじ加減で大人っぽくも可愛くもなります。手軽にイメチェンがしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

前髪あり:ウェーブバング

ウェーブがかったゆるふわバングは、黒髪のショートパーマの王道の前髪アレンジ方法です。頭全体をふんわりとパーマをかけても、前髪が真っ直ぐだとどこか浮いてしまいます。今までイマイチしっくりきていなかったという人は、前髪に少しウェーブをかけてみてください。

ウェーブの度合いは、パーマの強さによって調節しましょう。おすすめはアイロンで少し巻く程度のアンニュイ感が出るスタイルですが、好みによってくるっと巻いて仕上げても構いません。

前髪あり:前髪長め

黒髪のショートパーマは、他の髪色に比べて大人っぽくセクシーな雰囲気になる髪型です。そのため、前髪が長い気だるげなスタイルがとても似合います。目の下あたりまで伸ばした前髪を少し分けるだけでおしゃれにキマるので、前髪の処理に悩んでいる人は試してみてください。

人によっては、目にかかると邪魔に感じる場合もあるでしょう。その場合は、目の部分を避けて前髪を固めるか、片方に流すようにしましょう。

前髪なし:かき上げバング

かき上げバングは、大人っぽい黒髪のショートパーマにさらに色気をプラスしてくれる前髪アレンジ術です。かき上げバングは、ピクシーカットからショートボブまであらゆるショートヘアに合う前髪なので、前髪作りに悩んだらとりあえずかき上げバングにしてみるのをおすすめします。

黒髪でかき上げバングをすることによって、洗練された大人の雰囲気を出すことができます。大人っぽくなりすぎるのが不安という人は、あまりオーバーに立ち上げず、さらっと流す程度にすると自然に仕上がります。

前髪なし:オン眉

一風変わった前髪アレンジをしたい人には、オン眉アレンジがおすすめです。ベビーバングよりもさらに短くおでこが見えるくらいまで前髪をカットすることにより、黒髪でも少女のようなあどけない印象になります。

この前髪アレンジ方法は、特にベリーショートの人におすすめです。黒髪のベリーショートは場合によっては老けて見えてしまうこともありますが、おでこを出すことによってやんちゃで若々しい雰囲気を演出することができます。

特徴別黒髪におすすめのショートパーマ

一口にショートパーマと言っても、大人っぽいものばかりではなく可愛いヘアスタイルもたくさんあります。ここでは、その中から黒髪に合うショートパーマを特徴別にご紹介します。

可愛い耳上パーマ

黒髪のショートパーマを可愛くアレンジしたい人には、耳上のマッシュ風パーマをおすすめします。普通のショートヘアではなく耳上にすることで、可愛くなりすぎない甘辛なショートパーマに仕上がります。

周りとの差別化を図りたい人は、完全なマッシュヘアにしても良いでしょう。黒髪のマッシュヘアは重く見えてしまいがちなので、ふんわりとくせをつけるのがポイントです。

ゆるふわパーマ

人気のゆるふわスタイルは、黒髪のショートパーマにもよく合います。黒髪の場合、普通のストレートのショートヘアだと重くなりがちですが、ゆるふわアレンジにすることにより軽さと可愛さを演出することができます。

ゆるふわアレンジで可愛くなりすぎるのが嫌という人は、前髪をかき上げたり分けたりして大人っぽさを出しましょう。

くせ強め

黒髪のショートパーマの場合、多少くせを強めにしてもやんちゃになりすぎないというメリットがあります。特にベリーショートの場合は、くせを強めにすることで個性と若々しさが出せるのでおすすめです。

黒髪のショートヘアは、くせの強いくせ毛の人でも特徴を活かしておしゃれに仕上がる髪型です。くせ毛の人は、あえて髪をいじらずに、ワックスなどで整える程度でも個性的な髪型になるでしょう。

おしゃれパーマ

おしゃれの感覚は人それぞれですが、ワックスなどでウェットに仕上げるショートボブスタイルは、万人受けしやすい髪型です。画像のように前髪を伸ばすと大人っぽくなり、前髪を巻いて作ると可愛くなる変幻自在の髪型なので、ショートパーマのアレンジにつまずいたら試してみましょう。

全体的にウェットな感じに仕上げますが、トップにはしっかりボリュームを出すのがポイントです。トップのボリュームがイマイチだと全体がのっぺりとしてしまうので注意しましょう。

小物を使った黒髪におすすめのショートパーマ

黒髪のショートパーマで人と被りにくい個性的な髪型にしたい人は、小物を使ってアレンジするのがおすすめです。そんな小物アレンジ術の中でも、黒髪のショートパーマにピッタリのヘアスタイルをピックアップしました。

バンダナアレンジ

黒髪のショートパーマはクールでセクシーになりますが、地味に見えてしまいがちなのが欠点です。もし地味になってしまった場合は、カラフルなバンダナで色を足してみましょう。おすすめは、パーマがきちんとアピールできるカチューシャ風の巻き方です。

バンダナがなくても、リボンやカチューシャでも可愛く仕上がります。リボンなどの場合は細くて目立たなくなってしまうことがあるため、前髪をアップにしてアクセサリーが隠れないようにするのがポイントです。

ピンアレンジ

黒髪のショートパーマは、ピンでアレンジしても可愛さが増します。ピンはバンダナやリボンよりも手に入りやすくアレンジしやすいアイテムなので、朝の忙しい時間でもパッと手軽にヘアアレンジができます。黒髪の場合、黒のピンでは色が被って見づらくなってしまうため、白や金色などの明るめの色を選ぶのがポイントです。

黒髪のショートパーマのおすすめのピンアレンジは、画像のようなサイドにクロスするように留める方法です。もしくは、前髪にちょこっと留める程度でもパーマの場合はおしゃれに見えます。

くせ毛が強い場合の黒髪ショートパーマの手入れ方法

くせ毛が強く、ショートパーマの手入れに困っている人は多いでしょう。そんな厄介なくせ毛に悩んでいる人は、日々のヘアケアから改善してみましょう。

シャンプーが大切

洗髪の仕方によって髪の質が変わるくらい、シャンプーのかけ方は髪の健康にとって重要なポイントです。特にくせ毛の人は、毛が絡まってなかなか頭皮近くまで洗えず汚れが残ってしまうパターンも多いです。くせ毛が強い人は、意識して髪の根元まで泡が行き届くように洗うようにしましょう。

くせ毛の人には、肌に優しいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。あまりゴシゴシ洗わず、マッサージするように優しく洗うようにしましょう。流す時は、シャンプーが残らないようぬるま湯でしっかり汚れを落とすようにしてください。

ドライヤーは10cm以上離す

ドライヤーの熱は、髪にかなりの負担となります。そのため、ドライヤーはあまり髪に近づけすぎず、最低でも10cm以上は離して乾かすようにしてください。また、くせ毛の人は特に根元から乾かし、最後に毛先を乾かすようにするとうねりが抑えられるのでおすすめです。

ドライヤーをかける前にタオルドライをしっかりやると、乾かす時間を短縮することができます。髪が傷むときれいな黒髪も保てなくなるので、なるべくドライヤーの時間を短くするのがおすすめです。

ヘアケアを欠かさず行う

きれいな黒髪を保つ上では、日々のヘアケアも欠かせません。特に、傷みやすい毛先は念入りに保湿するようにしましょう。トリートメントやヘアパックはくせ毛の質や年齢などでも合うアイテムは変わるので、まずは自分のくせ毛の状態を把握してから選ぶようにしてください。

無理やり梳かさない

くせ毛の場合、髪が絡まりやすくついつい強引に梳かしてしまいがちですが、髪の健康を保つ上ではNGです。髪を無理やり梳かすと、髪が傷んで切れ毛や枝毛の原因となってしまいます。そうなると黒髪のキューティクルが剥がれてしまうだけではなく、きれいなパーマも保てなくなってしまうため、絡まってしまっても無理にほぐそうとするのはやめましょう。

くせ毛の人は、目の粗いブラシで毛先から丁寧に梳かしましょう。絡まってしまってもパーマの場合はごまかしが利くので、無理に引っ張らないよう注意してください。

黒髪のショートパーマでイメチェンしよう

黒髪は何かと地味に思われがちですが、ショートパーマにすれだけで個性的で可愛い印象になる魅力的な髪色です。また、ショートパーマは軽さも出るので、髪の量が多いけど染めるのに抵抗があるという人にもおすすめです。

これまでずっとロングヘアやストレートヘアだったという人は、この機会にぜひショートパーマに挑戦してみてください。

関連記事

Related