Search

検索したいワードを入力してください

仕事の人間関係がストレスの場合の対処法・辞めても良いのか

Small 00324757 e479 494e 91d2 933e4104c5dfごまーじゃん
人間関係 / 2018年02月21日
仕事の人間関係がストレスの場合の対処法・辞めても良いのか

仕事の人間関係によるストレス対処法

人は、自分以外の人間と関わらないで生きていくのは難しいです。どこかしらで人と関わっていかないと、人生は成り立たないといっても過言ではないでしょう。

人間関係というのはとても複雑なものです。自分と同じ考えを持つ人とそう出会えるものではありませんし、時に対立して人間関係が崩れてしまうこともあるでしょう。

そんな人間関係によるストレスを抱えている方はとても多いのではないでしょうか。ストレスというのは気づかないうちに感じていることも多く、いつの間にかストレスによる病気になってしまうことも有り得る話です。ここでは、そんな仕事の人間関係によるストレスの対処法をご紹介します。

あくまで仕事仲間だと思う

まずは、仕事の人間関係によるストレスとの割り切り方をご紹介します。「あくまで職場は仕事をする場所であるということ」を意識しましょう。職場は仕事をする場所なので、人間関係が全てではありません。一緒に働く人を「仕事でしか付き合わない人たち」と思うことができれば、少しでも気持ちは軽くなるのではないでしょうか。

時には合わない人と衝突してしまうこともあるでしょう。そういうときは、「この人はこういう人」「こんな人もいる」と一歩下がって相手を客観的に見てみましょう。なかなか難しいことではありますが、そういった見方をすることで、いくらかでもストレスを軽減することができます。

言われたことを聞き流す

仕事の人間関係によるストレスを抱え込まないためにも、何かを言われたとしてもその言葉を右から左へ受け流せるようにしましょう。嫌な言葉というのはつい記憶にも残ってしまいがちです。なので「聞き流す」というスタンスを貫くのが大切です。

さらに、人間関係は一度悪くなってしまったらそう簡単には元に戻りません。そうなってしまったら、いくら良くしようとも無駄な努力になってしまいます。ですので、人間関係を良くしようなんて考えずに諦めもしょう。結局は人間関係のために仕事に来ているのではないので、仕事に集中するようにしましょう。

仕事の人間関係が辛くなったら辞めても良い?

さきほどは、仕事の人間関係によるストレスの対処法についてご紹介しました。簡単なことではないですが、ストレスを抱えないためには割り切るということが大切です。しかし割り切っているつもりでも、それでも辛くて苦しいと感じてしまうものではないでしょうか。場合によっては、仕事を続けるのが無理となってしまう方もいます。

続いては、仕事の人間関係が辛く感じたら辞めても良いのかどうかご紹介していきます。

自分が目指す人を真似る

仕事の人間関係で疲れているという方は、相手に気を遣いすぎているのではないでしょうか。それを続けていると疲れてきますし、余計にストレスがかかってしまいます。まずは、相手に色々求めようとせず、自分自身を変えていきましょう。

具体的にどうするのかというと、「それぞれの分野で自分が目指す人の行動をまねる」ということになります。目指す人の本などを買い、考え方や行動をまねて、自分の生活態度に取り込んでいきましょう。この方法は、自分の中の軸をぶれさせないためです。何のために生きるのかなど、人生の迷子にならないためにも重要なことになります。

笑顔でいたり趣味を探す

前文でご紹介したように、自分の中の軸をぶれさせないようにするためには、自分の置かれた環境を見つめ直すことです。ストレスを抱えてまで今の仕事を続けることのメリットとデメリットを考えてみましょう。もしデメリットの方が大きい場合は、次の仕事を探すことも大切なことではないでしょうか。

もし辞められない場合は、自分を変えてみましょう。深く考えず笑顔でいることです。笑顔でいることは大切で、たとえ作り笑いであっても精神的には良い作用が生まれてきます。初めは難しいですが、次第に慣れてくるでしょう。

さらに、趣味や好きなことなど、いつもと違うことをして気分を変えてみましょう。リフレッシュすることはとても大切です。

転職して環境を変える

もし仕事の人間関係が最悪の場合は、結論から言うと今すぐに辞めて転職した方が良いでしょう。どうしてそうなのかというと、仕事の人間関係が最悪だと割り切ろうにも割り切れなくなってしまう可能性があるからです。

例えば、元々好きな仕事なのに人間関係のせいで嫌いになってしまったり、楽しくなくなってしまいます。最悪の場合には、仕事に行きたくないと思い始めてしまうこともあります。さらに、そのせいで仕事の効率が悪くなってしまうこともあります。なぜそうなるのかというと、人間関係が最悪なので相手とのコミュニケーションが取れないからです。

よって、人間関係が最悪ならば、環境を変えることが一番良いです。

仕事に打ち込む

仕事の人間関係にうんざりしてきたら、人間関係のことを忘れて仕事に没頭しましょう。職場には人と仲良くするために来ているのではなく、仕事をするために来ているので、人間関係を気にし過ぎていては何のために職場に来ているのかということになってしまいます。

仕事をする以上は、ある程度周囲とのコミュニケーションが必要なときもあるでしょうが、極力避け、必要最低限の意思疎通のみにして後は仕事にだけ集中しましょう。初めの頃はそう簡単にはいかないですが、慣れてくれば人間関係のことを気にならなくなります。

仕事をする上で、マイナス面より自分にとってプラスになることだけを考えてみましょう。

仕事の人間関係を辞める理由にしても良い?

仕事の人間関係が嫌で辞めたいという人を「逃げ」だとか「甘え」だとか言う方もいます。しかし、人間関係によるものでストレスを抱えて病気になってしまう方もいる中で、逃げだとか甘えてるなんてことはありません。それほど辛いのなら、辞めてしまっても良いはずです。

仕事を辞める理由として、一般に「人間関係」が最も多いと言われています。それほど、世の中には人間関係で悩む方が多くいるということになります。でも辞めてしまう前に、一人で抱え込まずに会社の人事部などに相談してみましょう。それによって環境が改善することもあります。

辞表をきちんと出す

人間関係で会社を辞めてしまう前に、気を付けなくてはいけないことがあります。それは、順序を守らずに辞めてしまうことです。

例えば、突然連絡もなく会社に行かないというのは辞めましょう。残された人たちに多大なる迷惑が掛かりますし、きちんと辞表を提出した上で正々堂々と辞めることが社会人として当たり前ではないでしょうか。

その後の再就職活動のためにも、ここはスッキリして終わった方が良いです。辞める際は直属の上司に辞める意思を告げ、仕事の引継ぎなどを行いましょう。

仕事の人間関係がうまくいかない理由と原因

これまでは、仕事の人間関係によるストレス対処法や、人間関係を理由に辞めても良いのかどうかご紹介してきました。しかし、そもそもなぜ仕事の人間関係がうまくいかないのかどうか、その理由や原因をご紹介しましょう。

パワハラや仲違いが原因

仕事の人間関係が悪くなってしまう原因の一つに、上司から部下へのパワハラや先輩から後輩へのパワハラなど、強い立場の人間が弱い立場の人間へ嫌がらせすることが多いです。

それ以外にも、何かがきっかけで仲が悪くなってしまうことによるものもあります。例えば気に入らないとか、あらぬ噂を流されてそれを信じ込まれてしまったなど、特別何か相手に悪いことしたのではなくても、相手に突如嫌われてしまうことだってあります。

酷い場合は、相手が周りを巻き込んで、一人に対して集中攻撃することもあります。解決しようにも、聞き入れてくれない可能性も大いにあります。それだけ、人間関係のねじれは複雑なものということです。

3つのうまくいかない理由

人間関係がうまくいかない理由として3つ考えられます。まず1つ目として、価値観の違いがあります。人は皆が同じ価値観ではないため、この違いを互いに理解し合っていかないといけません。しかしやはり人間ですから、違いを理解できないこともあります。そこのずれこそが、うまくいかない理由なのです。

2つ目は、自分自身のことを嫌いだと感じている場合です。自分自身を嫌いな人は、他人と上手く付き合っていくのは難しいです。好きになれということではなく、ありのままの自分を認め、自信をもって前向きに過ごしましょう。

最後に3つ目は、過去のトラウマと苦手だと感じている人を重ねていることでしょう。自分ではそういうつもりがなくても、脳が勝手にそうさせてしまっているのです。

仕事の人間関係が楽な仕事

仕事する上では、必ず他人と関わっていかなくてはいけません。どこの職場でも、人間関係が良いか悪いかどうかは、結局運の要素が大きいです。しかし、比較的他人と関わることが少ない、人間関係という点で見て楽と感じる仕事があります。ここでは、どのような仕事なのかご紹介していきます。

基本人と関わらない仕事とは

どんな仕事も大なり小なり人と関わらざるを得ませんが、極力人と関わらないでいられる仕事は、例えば「データ入力などの在宅での仕事」、「夜間待機や施設の巡回警備員」、「サーバー監視などの運用保守」、「工場での作業員、倉庫のピッキング作業員」、「ビルなどのメンテナンスや清掃作業員」などが挙げられます。特徴としては、会話をすることのない一人での作業となります。

これらの仕事のデメリットとして、給料がさほど高くないという点があります。しかしその分人と関わらないので、気は楽になります。

辛いときは辞めても大丈夫

今回は、仕事の人間関係がストレスとなってしまった時の対処法や、それが原因で辞めてもよいのかどうかなどご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

人と関わらないで生きていくのは難しいことです。特に仕事をする以上は、ある程度コミュニケーションは必要です。かといって、絶対職場の人と仲良くしないといけないのかと言ったらそうではありません。仕事は仕事ですので、人と仲良くしなくても仕事さえきっちりしておけば良いはずです。

しかし、人によっては少なからずストレスとなってしまうこともあるでしょう。そのときは辞めたって大丈夫です。ストレスで心が壊れてしまう前に、辛いときは仕事を辞めてスッキリしましょう。