Search

検索したいワードを入力してください

1週間でふとももを痩せる方法・ストレッチ|スクワット

Small bd48c549 cc8d 4ae0 8ec4 4445a28b8b36
ダイエット / 2018年03月13日
1週間でふとももを痩せる方法・ストレッチ|スクワット

どうしてふとももには肉がつきやすいの?

女性で体型を気にしないという人はあまりいないでしょう。その中でも体型を気にしている女性は、特にふとももが気になる人が多いです。

女性のふとももは肉がつきやすく、落としにくい場所です。女性は男性と違い、体の作りも異なりますし、筋肉量でも肉がつきやすいです。

冷え性の女性は、むくみなどでふとももにも影響が出てきます。いわゆる下半身デブや洋ナシ体型と呼ばれますが、女性のぽっちゃりさんに多いのはこの体型です。

上半身は細めなのに、下半身、特にふとももだけが太い状態です。ふとももは意識しなければ筋肉をあまり使わないので、肉がつきやすいです。

ではふともも痩せを1週間で実現するためにしたいことはどんなことなのでしょうか。

ふともも痩せをしたい場合にできることは何?

ふとももが気になるという女性がまずしたいことは何があるでしょうか。やはり運動や筋トレをしなければふとももは痩せないのでしょうか。

まず、どうしてふとももが太いのか原因を知り、その対策を練る必要があります。そこからふともも痩せが始まります。

むくみでふとももが太い場合に痩せる方法

むくみでふとももが太くなっている人が、いくらダイエットしてもふともも痩せは実現しません。

むくみタイプのふともも太りは、まずは足の筋肉を動かすことを意識しましょう。足首のエクササイズもおすすめです。

また塩分の摂取を控える必要もあります。1日の塩分の摂取推奨量は10gです。むくみが気になる女性は塩分コントロールすることが1番です。さらに温めることもむくみ取りに一役買ってくれますから、足湯などをして体全体を温めましょう。

食事制限で痩せる

脂肪がたっぷりふとももに乗っている女性の場合は、食事制限でふともも痩せを目指しましょう。毎日摂取カロリーを計算し、体重を落とすことから始めましょう。

また適度な運動も大切です。食事制限だけではなかなかふともも痩せはできません。カロリーを制限するのなら、効率よく体重を減らすために運動をしましょう。軽いウォーキング程度でも充分効果があります。

ウォーキングは30分程度でも構いませんから、毎日続けることに意味があります。

姿勢を正しくしてふともも痩せ!

体重はそれほどないのにふとももだけは太い、そんな女性は姿勢が悪い可能性があります。姿勢が悪いと体重は平均体重でもふとももやお腹など、気になる部分にだけ脂肪がついてしまいます。

ですから日常生活で、はっと気づいた時には姿勢を正しくするように努力しましょう。椅子に座る時は深く腰掛け、背もたれには持たれずにピンと背中を張るのが正しい座り方です。

立ち姿勢でも糸で頭のてっぺんを吊られているような姿勢が望ましいです。重心がどちらかに傾いているのもよくありませんから、そのことも頭に入れておきましょう。

スクワットをしてふともも痩せを実現!

ふともも痩せを実現しようと思うなら、やはり定番のスクワットが重要です。何はともあれ運動が第一です。ふとももの筋肉を1番動かすことができるのがスクワットだからです。

ふとももには体の中でも最も多く筋肉が集まっている場所です。その筋肉を思い切り動かすことができる運動がスクワットです。ですからスクワットを続けることでふともも痩せができます。

大臀筋や大腿四頭筋、ふとももの裏側にある筋肉であるハムストリングスを動かすことができるスクワットはふとももが痩せるための要素をたくさん持っています。

しかしスクワットをしすぎてふとももが筋肉でムキムキになって、今より太くならないのか、と疑念を持つ女性もいるでしょう。しかしその心配は無用です。女性が多少のスクワットをしても筋肉でふとももが太くなることはありません。

それよりは、正しいスクワットの方法を覚えたほうが良いでしょう。

正しいスクワットの姿勢を覚えよう

痩せるためのスクワットは、腕を組んで、肩幅よりも広めに足を広げます。背筋はまっすぐ垂直に伸ばしておきましょう。

その後、ゆっくり腰を下げますが、床とふとももが平行になるまで腰を落とします。膝が外に向き、かかとが浮かない状態が理想的です。息は止めずに行います。

そして息を吐きながらゆっくり元に戻ります。このスクワットを毎日正しく行うことで、1週間で充分ふともも痩せが期待できます。

ふとももが痩せる方法はその他にあるの?

筋トレとしてスクワットが重要なことがある程度わかりました。さらにタイプ別にふとももが太い場合の対処法も紹介しました。

しかしその他にもふとももをスリムにする方法はあるのでしょうか。たった1週間でふとももを細くしたいと思う人は、さらに何を追加すれば良いのでしょうか。考えられるものを紹介してみましょう。

お風呂上りのストレッチが効果的!

ふとももを僅か1週間で痩せようと思うなら、スクワットやその他注意する点も踏まえ、追加したいことがあります。

それがストレッチです。お風呂上りなどは、体が柔らかくなっていますから、ストレッチの絶好のタイミングです。お風呂上りにストレッチの習慣をつけて1週間でふとももを細くしましょう。

ストレッチの方法その1

1週間でふともも痩せするストレッチはとても簡単です。

まず仰向けに寝転んでから、片方の足をヒップにつけるように膝を曲げてストレッチします。この際にぐーっとふとももの前側が伸びているのを感じるでしょう。

そして逆の足は膝を立て、おへそ近くへ手で寄せます。膝を曲げている方のふとももがさらに伸びているのを感じたら、ストレッチが上手くできている証拠です。

反対側も同じ要領で行います。これを毎日繰り返すことで、1週間でふとももが痩せます。

ストレッチの方法その2

次に、ふとももの内側をストレッチしましょう。ふとももに隙間ができているとほっそり見えます。そんなふとももになるために内側をしっかりストレッチしてふともも痩せをしましょう。

床に横向きになります。下側の手で頭を支え、上の方の手はそのまま前の床へつけた状態から始めます。上になっている足を下になっている足の膝の前へ出し、下になっている足を床から離します。

この状態を10秒程度キープしましょう。その後向きを変え、同じようにストレッチします。ふとももの内側の筋肉が伸ばされているのがわかれば、ストレッチが成功しています。

たった1週間でふとももは痩せるのか?その方法を伝授!

たった1週間でふともも痩せはできるのでしょうか。スクワット、ストレッチ、それだけで1週間でふともも痩せは実現するのでしょうか。実際どのようにすれば1週間でふとももを細くすることができるのでしょうか。

食事制限を厳しく特に塩分を摂らないこと

1週間でふとももを細くするなら、食事制限もかなり厳しくする必要があります。むくみの元の塩分の多い食事は避け、脂肪の元になる高カロリーな食事も制限します。

食事は夜6時以降食べないこと、炭水化物を極力ぬくこと、食事をする際は野菜から食べるという順序を守る必要があります。

またふともも痩せのための1週間はお酒も飲まないでおきましょう。飲むのなら、水やブラックコーヒー、フレッシュジュースのみにします。

食事も洋食は避け、和食でも味付けは薄くし、塩分を極力摂らないようにします。この方法を守れば、ふとももだけではなく体重も1週間後には落ちています。

ふともものセルライトを除去すること

また、ふとももを太くしている原因でもあるセルライトを除去することも必要です。セルライト除去はお風呂の中でもできます。

太ももを両手で掴み、ぞうきんを絞るようにぎゅっぎゅっと絞っていきます。膝から股関節に向かって行います。これを1週間続けましょう。セルライトを潰すことができれば、1週間でふとももも痩せすることができます。

ふとももとヒップを同時に痩せる方法がある?

ふとももが太いのが気になる、でもヒップが大きいのも気になる、そんな女性も多いでしょう。ふとももと一緒にヒップも痩せることができれば1番です。

そんな効率の良いエクササイズはあるのでしょうか。

ふとももとヒップを同じく引き締めるエクササイズにヒップリフトがあります。仰向けに寝て、両膝を曲げてから、腰を天井へ持ち上げるエクササイズです。膝とヒップが一直線になったところでキープします。その後ゆっくり腰を下ろします。

このエクササイズを15回程度、1日3セットは繰り返すとふとももと一緒にヒップも引き締まります。

どうしてふとももは痩せないの?

ふとももに肉がついている女性は常に考えているでしょう。なぜふとももは痩せないのかと。その理由が知りたいところです。

ふとももが痩せない理由は個人差があります。まずは骨盤が歪んでいる可能性があります。左右どちらかに重心が傾いてしまっていると、骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

またむくみによってふとももが痩せないという理由もあります。冷え性やデスクワークで同じ姿勢でいることが多い場合に起こります。

またセルライトがたまっているとふとももは痩せません。腰回りに肉がついている、ふとももを絞るとぼこぼこするとセルライトがたまっている証拠です。

もしくは過去にスポーツをしていたことで、筋肉がついているという理由でふとももが太い、痩せない原因になります。ヒールの高い靴をよく履く人も注意が必要です。

男性でもふとももが痩せる方法はあるの?

男性でも自分のふとももが太くて嫌だという人はいるでしょう。そんな男性のふとももに効果的な痩せ方はあるのでしょうか。

男性がふともも痩せするには、脂肪を落とす筋トレから始めましょう。仰向けの状態から両足を垂直に立て、足を開き、閉じ、の繰り返しをするだけの簡単な筋トレです。内側のももを意識して行いましょう。

また、ランジというエクササイズも男性のふともも痩せに有効です。足を前後に開き、上半身は垂直にして、足を曲げます。そのままゆっくり腰を落とし、前側の足は90度以上曲げないようにします。

このエクササイズはスピーディに行うよりもゆっくりじっくりと行うことで筋肉に働きかけます。男性のふとももを痩せるためにはおすすめのエクササイズです。

いつでもお誘いが怖くない!ふとももは1週間で痩せる!

いかがでしたか。今回は1週間でふともも痩せが実現する方法について紹介してきました。ふとももが気になっている女性にとっては気になる情報だったのではないでしょうか。

過去にスポーツをしており、その上に脂肪が乗ってしまった女性もいれば、むくみでふとももが太い女性もいます。ふとももが太い原因には個人差があります。

しかし1週間でふとももを細くすることは可能です。今ダイエットをしていて、ふとももがなかなか細くならないと悩んでいる女性がいるのなら、この記事が参考になれば幸いです。

関連記事

Related