Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】好きな人には敬語とタメ口どちらがいいのか・脈ありか

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】好きな人には敬語とタメ口どちらがいいのか・脈ありか

男女別好きな人には敬語とタメ口どちらがいいのか?

どれだけ仲の良いカップルであったとしても、最初は必ず知らない他人という関係からスタートしています。学生などの若い世代同士では、知らない人であってもいきなりタメ口で会話が始まったりします。

しかし、ある程度の年齢になると、相手が年上であろうが、年下であろうが、初対面であれば敬語から会話が始まります。学生などの若い世代同士でも、相手が年上であれば敬語で会話が始まります。

もし、このとき、相手のことを好きになってしまうと、敬語をやめるタイミングに困ってしまうことがあります。カップルになったわけではないので、ずっと好きな人に対して敬語を使い続ける人もいれば、いつまでも敬語では距離が詰められないので、どこかでタメ口に切り替えたいと考える人もいます。

では、好きな人に対して、敬語からタメ口に切り替えるには、どのようなタイミングが良いのでしょうか?また、付き合う前からタメ口でも良いのでしょうか?

基本的には相手の性格次第

好きな人に対しては、敬語とタメ口のどちらを使うべきか?、と悩む人は多いです。まだ、それほど仲良くないのであれば、敬語が自然ですが、あまりに敬語を使う期間が長くなると、タメ口に切り替えるタイミングを見失い、いつまでも敬語を使い続けなくてはいけなくなります。

敬語を使っていると、いつまでも距離が縮まらないような気もするので、早くタメ口に切り替えたいと考える人もいます。

この敬語とタメ口はアプローチをするうえで、どちらの方が良いとは言い切ることはできません。好きな人が男性でも、女性でも、敬語とタメ口のどちらを使うべきかは、その人の正確によるためです。

なので、無理に敬語からタメ口に切り替えない方が良い場合もあれば、最初から敬語を使わずにいきなりタメ口で行くべき場合もあります。どちらを使い、切り替えるかどうかは相手の性格から判断しましょう。

好き避けする男子

恋愛が苦手な男子が増えています。恋愛が苦手な男子は、好きな人を目の前にすると、緊張してうまく話せなくなったり、目を合わせられなかったり、思ってもいないことを言ってしまったりなどします。

好きな人を前にすると極度のストレスを感じてしまう恋愛が苦手な男子は、好きな人を避けるような行動を取ってしまいます。いわゆる好き避けというものです。

好き避けをする男子は、好きな人と仲良くなりたいと考えていても、心と体を思うように動かすことができません。このような場合は、女子の方から接近してあげる必要があります。何度も好きな人と接することで徐々に慣れてきます。

効率良く好き避け男子に慣れてもらうためには、タメ口の方が良いでしょう。タメ口を使うことで、女子の方から距離を詰めても大丈夫、とアピールすることができます。

面倒見の良い年上女性

好きな人が面倒見の良い年上女性であった場合、敬語を使い続ける方が有利に進むことがあります。面倒見が良い女性は年下の男性のことを守ってあげたいという母性本能によって惹きつけられることがあります。

そのため、男性は頼れる強い男をアピールするのではなく、敬語を使って好きな人を頼るような姿を見せた方が好印象となります。

プライドが高い男性

バリバリと仕事こなす男性の中には、自分の仕事に自信を持ち、プライドが高い人がいます。プライドが高いので、いきなり女性からタメ口で話されると、まるで自分が見下されているような錯覚を起こしてしまいます。

なので、プライドが高そうな男性には、敬語を使うようにして、タメ口に切り替えるのであれば、敬語の期間は少し長めにして、切り替えるタイミングには十分に注意しましょう。

ノリの良い女性

明るくてノリの良い女性にはできるだけ早い段階でタメ口に切り替えておく方が良いでしょう。ノリの良い女性は、自分と同じようにノリの良い人と打ち解けやすいです。

なので、会ってしばらくしてから、「タメ口でも良い?」と聞いてしまいましょう。または、先に女性の方から「タメ口でも良い?」と聞いてきたり、気がついたらタメ口になっていたりします。そのような場合は相手がタメ口になったタイミングでこちらも合わせていきましょう。

LINEをきっかけにする

まだ仲がそれほど良くない関係性であれば、まずは距離を詰めないことには、敬語からタメ口に切り替えるタイミングをつかむことができません。しかし、直接会話をするときに敬語を使っていては、相手が壁を感じてしまい、距離を詰められない場合があります。

そのような場合は、LINEなどの連絡で距離を詰めるようにしましょう。普段から連絡を取り合うことで、直接会話をしなくても徐々に距離を詰めることができます。距離が縮まってくれば、直接会ったときにタメ口に切り替えるタイミングを伺うことができるようになります。

また、LINEではスタンプなどを使えば、敬語を使っている段階でも、タメ口のように話しているような感覚に近づけることができます。スタンプでタメ口の感覚を相手に与えることで、実際のタメ口を使うタイミングが伺いやすくなります。

好きな人に敬語になってしまうときの対処法

好きな人と会話をするときに敬語を使っていて、その期間が長くなると、なかなかタメ口に切り替えたくても、タイミングが合わないことがあります。

また、好き避けをしてしまうタイプの人であれば、本当は距離を詰めたくても無意識に敬語を使って壁を作ってしまったり、タメ口で話したいけど勇気が出ずに、とっさに敬語を使ってしまうという場合もあります。

このような場合にはどのように対処をすればタメ口で話せるようになるのでしょうか?

距離感をしっかり詰める

タメ口で話したいと思っているにも関わらず、敬語が出てしまうということは、タメ口を使うことにためらいを感じているためです。タメ口にためらいを感じるということは、まだ敬語で話していないと相手が嫌な気分になるのではないか?、と心のどこかで考えてしまっているためです。

仲の良い人に対して、タメ口で話すことにためらいを感じることはありません。なので、素直に好きな人に対してタメ口が使えないということは、それだけ2人の距離感に自信がないということです。まずは安心してため口が使える距離感になることを目指しましょう。

意識しすぎている

好きな人との距離感は十分に詰まっていても、タメ口で話せない人もいます。これはタメ口を使うことで印象が悪くならないか?、ということを気にしすぎています。

好きな人からは、できるだけ好印象を持ってもらいたいと思うことは自然なことです。しかし、好きな人からの印象を気にしすぎて、自分の行動を制限してしまうことがあります。

冷静に考えれば、距離感が十分に詰まった人に対して、タメ口を使うことは普通のことで、タメ口で話したからといって、印象が上下するようなことはありません。好きな人のことでも、冷静になって、物事を判断すれば、タメ口で話すこともためらう必要がないことに気がつくことができます。

好きな人に敬語からタメ口に変える方法・辞める方法

好きな人に敬語で話していた人は、タメ口に切り替えるタイミングに困ってしまうことがあります。今までは敬語で話していたにも関わらず、急にタメ口になってしまうと違和感を覚えてしまうためです。

なので、敬語を使って話していた期間が長くなるほど、タメ口に切り替えることが難しくなってしまいます。では、どのようにすれば敬語からタメ口にスムーズに切り替えることができるのでしょうか?

聞いてしまう

相手が同世代くらいで、職場の上司などでなければ、少し仲良くなった段階で「タメ口でも良い?」と聞いてしまう方が良いでしょう。あまり敬語を使う期間を長くしてしまうと、敬語で話す間柄として関係が固まってしまいます。

徐々に柔らかくする

初対面であれば、相手に対して敬意を払う必要があるので、硬い敬語から会話が始まります。場が和んできたら、柔らかい敬語になってきます。

ここからは、意識して敬語を外していきます。相手の反応を伺いながら、敬語から丁寧語に変えます。そして、丁寧語とタメ口を様子を見ながら混ぜていき、最終的にはタメ口で話すようにします。

相手も気がつかないうちにタメ口になっていたという流れが理想です。なので、反応が良ければ1日でタメ口まで持っていくことはできますが、そうでなければ時間をかけて徐々にタメ口へ近づいていくようにしましょう。

好きな人が敬語を使うときは脈ありなのか?

好き避けのように、脈ありであるからこそ敬語を使うという場合はありますが、脈ありで敬語を使われることの方が稀です。

敬語を使われるという状況は、たいていが恋愛対象としてまだ意識されていないという場合が多いです。敬語を使うということは、相手を敬っている状態なので、恋愛感情を抱きにくいです。また、敬語を使うことである程度の壁を作っているという場合もあります。どちらにしても、警戒されていることはあっても、嫌われているわけではありません。

年齢別好きな人には敬語がいいのか?

敬語を使う判断基準として年齢は大きく関係します。好きな人が年上であれば、最初は敬語を使うことが多くなるはずです。また、好きな人が同い年や年下でも、場面によって敬語から入ることもあります。

では、好きな人の年齢に合わせるのであれば、敬語とタメ口のどちらを使えば良いのでしょうか?

年上

先に述べた通り、敬語とタメ口のどちらを使うかは、その好きな人の性格に合わせるべきです。なので、年齢はさほど重要ではありません。

しかし、常識としては年上には敬語を使わないといけません。なので、好きな人との距離感がまだ遠いうちは必ず敬語で話すようにしましょう。

好きな人との距離感が詰まってきたときに、相手の性格に合わせて敬語のままにしておくか、タメ口に切り替えるかを判断しましょう。

同い年

好きな人が同世代で会った場合は、なるべく早くタメ口に切り替える方が良いでしょう。いつまでも敬語を使っていると、距離感を縮めることができません。

同世代であれば、年上の人ほど気を使う必要はないので、仲良くなったときに「タメ口でも良い?」と聞いてしまいましょう。

切り替えのタイミングは慎重にする

好きな人に対して敬語で話している場合、タメ口に切り替えるタイミングで悩んでしまう人は多いです。同世代であれば、そこまで気にする必要はありませんが、年上の場合にはタイミングは慎重に伺いましょう。

タイミングを間違ってしまうと、年上にタメ口で話すという単純に失礼な行為になってしまいます。恋愛にはタイミングが大切ということです。