Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】大人しい人との会話の仕方・向いてる仕事・裏の特徴

Author nopic iconくぼあや
人間関係 / 2018年03月06日
【状況別】大人しい人との会話の仕方・向いてる仕事・裏の特徴

大人しい人に向いてる仕事とは?

必ずと言っていいほど身近に一人はいる「大人しい人」。自分がその大人しい人ですと言う人も少なくないのではないしょうか。人に意見したり自分から何か発言したりする事が苦手な人は周りから大人しい人と見られることも少なくありません。NOと言えない日本人なんて言葉もよく聞くので、大人しいのが国民性な部分もあるのでしょう。

大人しい人は大きく分けて二つのタイプがあります。元々人に関わりたくない無関心型と、自分からアクションをかけた時の周りの反応が気になってしまう不安型です。

無関心型の人は周りの行動に対してもあまりリアクションを取らないので周りからは大人しい人に見えてしまいます。一方不安型の人は毎回反応をするけれど、オーバーリアクションやツッコミのような発言をする事はないので大人しい人と思われることが多いです。

どんな仕事が向いているか

無関心型の人は普段人に興味を持つことは少ないですが、その反面興味を持つとのめり込むことが多いです。そのため、興味のある分野の仕事をした場合通常よりも高い成績を残しやすいです。専門知識の必要な職業や専門的な資格の取得に向いています。

不安型の人は常に人の目を気にしながら行動するので、相手に対して不快な気分にさせるような態度や失礼な態度を取ることが少ないです。なので、お客様と直接関わる営業や接客業などが向いています。

大人しい人の裏の顔

上記の事だけ見ると大人しい人は自分の意見がないように思えますが、実はその逆で大人しい人ほど頑固だったりこだわりが強かったりします。

無関心型の人は自分の意見を人に共感してもらいたいと思うことが少なく、自分自身がそう思っていればいいという事が多いので自己主張する事が少ないです。不安型の人も自分の意見で周りの雰囲気を壊したくない、自分の意見が否定されたらどうしようという気持ちが前に出て発言できないだけで、自分の意見を持っていることが多いです。

大人しい人ほど怒ると怖い

そんな言葉をよく聞きますが、先ほど言ったように大人しい人は自分の意見を心の中に留める癖があります。しかし、人間の感情には必ず怒ることもあります。そのストレスが限界に来るまで表には出さないので周りからはいきなり怒ったように見えます。

さらに、大人しい人は普段感情を抑えているので喜怒哀楽があまり出てこず、周りには感情が読みづらくなります。そのため、周りからしたら寝耳に水のような状態になるので驚きが大きく、他の人よりも怒らせると怖く感じます。大人しい人にはおおらかな人も多いので、そういう人はさらに何倍も怖く感じるはずです。

ちなみに普段からはっきりと意見を言うタイプの人は、ストレートに言うことが多いのでそういう意味で怖く見られることが多いです。

状況別大人しい人との会話の仕方

学校、会社、友人。どんな環境でも大人しい人と関わらないことは難しいです。でも、大人しい人と会話するのは苦手、なんて方に会話の仕方をお教えします。

職場

一番気を使うのはやはり職場です。上司、部下、同僚に先輩後輩など色んな上下関係がある職場。大人しい人と自分の間柄で関わり方も変わってきます。

上司や先輩

反対に大人しい人が上司や先輩など立場が上の人の場合はどんどん質問したり、相手の得意分野の話を「そうだったんだ~!」と聞くようにしましょう。相手の知識や情報を興味深く聞くことで、相手の自尊心を刺激しつつ距離を縮めることができます。大人しい人は普段自分から知識を開かしたりすることがないので、人に褒められることにすごく敏感です。

部下や後輩

部下や後輩など自分よりも立場が低い場合は、挨拶の他にも仕事の合間などで一言声をかけてあげるといいです。あまり声をかけすぎてもプレッシャーを感じてしまったり、声をかけなさ過ぎても取りつく島もない状態になり相手からの接触がなくなります。

一番いいのは普段はそんなに会話をしなくてもいざ困った時は聞ける上司や先輩でいること。基本大人しい人には相手の心に踏み込んだり踏み込まれるのが苦手な人が多いので、自分から踏み込んできてもらうように仕掛けましょう。

学校

クラスにいる大人しい人と普段あまり話さない人は、いざ話さなければいけない状況になるとなかなか言葉が出てこないです。それは相手からも同じで、大人しい人から話をしてくることは少ないです。一番の原因は相手との間に壁を作ってしまうことでしょう。

これは大人しい人以外にも当てはまりますが、相手に対して苦手だなと思うといくら笑顔でいても相手に伝わってしまいます。そして、相手にも苦手意識がうつり余計話が出来なくなります。

会話が始まらないことには何も進展しないので、まずは自分から他愛のない話をしましょう。もちろん延々と話す必要はないので「今日は暑いからアイスが食べたいね。」「○○さんこれ私のお気に入りなんだけど知ってる?」のような会話であればどちらの返答でも会話が続けられます。

同意を求めるような会話でも、知識の共有をする会話でもyesなら話題を続け、Noなら自分と相手との違いを楽しむ会話をしましょう。

サークル

サークルでは共通の趣味や目的で集まるので会話に困ることは少ないですが、人数が多くなればなるほど目立つ人と大人しい人とで分けやすくなります。

そうすると、つい目立ちやすい人に人が集まりやすくなります。ですが、実は大人しい人もみんなのまとめ役に向いています。

大人しい人は自分から率先して発言をしたりすることは少ないので、リーダーなど先頭に立つ立場には向いていません。しかし、常に冷静に周りを観察することが得意な人が多いので、リーダーシップのある目立つ人とはいいコンビになれる可能性が高いです。

サークル内で大人しい人は冷静に状況を把握していることが多いので、何かで話し合う際には貴重な意見を出してくれたりします。

大人しい人と恋をするなら?

相手がどんな人でも一度好きになるとその人以外考えられなくなります。明るい人、大人しい人、真面目な人です。色んな異性がいると思いますが好きになった相手が大人しい人だとなかなか進展しない、付き合っても愛情表現が薄いと感じる、そんな悩みをよく聞きます。

大人しい人は好意を持っていてもあまり自分からアクションを起こしたり、言葉や行動で愛情表現をする事が少ないので相手からするともやもやすることが多いそうです。なので、待つ恋ではなく自分から求める恋をしましょう。

ただし、大人しい人は断るのが苦手な人や自分の中に入ってくるのを警戒しやすい人が多いので、長期戦で徐々に距離を縮めるようにしましょう。

アピール

大人しい人は自分からアピールしてくることが少ないので、基本こちらからのアピールが大切になってきます。職場や学校などで毎日のように顔を合わせる場合、なかなか会う機会がなく基本携帯のメールなどで連絡を取り合う場合、色んな状況があるでしょうが、今回は毎日会う場合と携帯でのやり取りのアピール方法を紹介します。

毎日会う場合:会話でのアピール

毎日会う環境の場合は基本会話でのアピールになります。挨拶はもちろん小さな会話を続けることが大事になります。

会話の中で自分の話を混ぜながら話すと相手に自分のことを知ってもらうことができます。そこでなるべく相手に対し「○○さんは?」と入れると相手の情報も得れます。そこで、共通の趣味や感性、考え方を見つけれるといいです。共通の話題ができるだけでなく共感を得ることで距離を縮めやすくなります。

なかなか会話が弾まない場合は話題を変えるか一旦引きましょう。大人しい人は露骨に嫌な顔をしなくても、話したくない気分や忙しいのに、と思ってる可能性があるので、その場合図々しい人と思われてしまう可能性もあります。

なかなか会えない場合:LINEやメールでのアピール

毎日会えなくても連絡は取りたいと思うもの。最近ではLINEやメールで毎日でも連絡が取れるようになっていますが、初めから毎日ずっとやり取りするのはNGです。相手がどれほど時間に余裕があるかにもよりますが、初めは一週間に1、2度がいいでしょう。あまりだらだらとしたものではなく話題が一端終わったタイミングで終わりにしましょう。

毎日だらだらと何時間も連絡を取り合っていると話題が尽きるだけでなく、相手から返事をするのが面倒に感じられてしまうこともあります。

そして、必ず終わりはこちらからしましょう。そうすることで次に連絡をするタイミングをこちらからにできます。相手から終りにした場合こちらから連絡が取りづらくなるので、なるべく会話が終わった段階でまた連絡すると言って終わりにしましょう。

大人しい人とのコミュニケーション方法

大人しい人とコミュニケーションを取る場合はなるべく喜怒哀楽を抑えた会話や行動を取りましょう。ハキハキとした発言や行動は、大人しい人から警戒心を持たれやすくなります。もちろん常に抑えるのではなく大人しい人とコミュニケーションを取る時だけでいいです。そうすることで、相手に話しやすい雰囲気を出し自分が受け入れられているという感覚を与えましょう。

活発な人やハキハキとした発言をする人は、大人しい人から好意的に見られたり憧れの対象として見られることも多いので、そういう方は大人しい人とのコミュニケーションを取る時だけテンションを合わせてあげましょう。

大人しい人に話しかけるのに勇気がいる人は、挨拶などの簡単な会話の時に「○○さんおはよう」と名前を入れて話しかけるようにしましょう。そうすることで相手からも話しかけやすくなります。

大人しい人との人付き合い

いかがでしたか。大人しい人との関わり方は人それぞれですが、なるべくなら良好な人間関係を築いていきたいです。

大人しい人に関わらず、最初は苦手だった人が仲良くなるにつれてかけがえのない友人や恋人になることも多いです。相手からのアクションを待つことも悪くはないですが、せっかくなら自分からアクションを起こし人間関係の輪を広げましょう。

大人しい人は一見壁を感じますが、個性としてその人自身を見ていきましょう。意外におちゃめだったりうっかりさんという可能性もあります。仲良くなってきた時に意外な一面を知れるのが大人しい人の魅力の一つでもあるので、ぜひ近くにいる大人しい人と仲良くなってみてください。