Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

Author nopic iconまる
メイク・コスメ / 2018年04月24日
【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

成人式におすすめのメイク

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

一生のうちで一度だけ訪れる特別な日と言えば、「成人式」です。特に女性の場合は、普段滅多に着る機会のない豪華で華やかな振袖が着られる日ともあって、家族総出で気合いを入れて準備をするということも珍しくはありません。

また、成人式は、豪華な振袖と共にいつもより派手なメイクも注目されます。そこで、成人式に人気のメイクを特徴別に集めてみました。

キュートなピンク系メイク

成人式の定番とも言えるピンクベースのメイクは、いつの時代も人気は衰えることはありません。ピンクは女の子らしいふんわりとした可愛さを引き出すだけではなく、派手になりすぎないのも人気の理由です。

ピンクは基本的には赤や同色のピンク系の振袖に合いますが、緑や青といったクールやレトロ系にも合わせやすい万能カラーです。ポップに仕上げたい人は、頬に丸くチークを入れると、古めかしくないイマドキのメイクになります。

クールなスモーキーメイク

目元をハイライトや白系のアイシャドウでスモーキーにしたメイクは、青や紫といったクール系の振袖に似合うのが特徴です。昔から成人式のメイクとして人気ですが、最近ますます人気が高まっているやり方です。

スモーキーアイはクール系なので、ピンク系の可愛い振袖向きではありません。また、あまりシャドウを塗りすぎると顔のインパクトが強くなってしまうので、目の際の部分に軽く乗せる程度で良いでしょう。

グラマラスなヌーディ―メイク

黒や紫系の古風なカラーの振袖には、グラマラスなヌーディ―カラーを基調にしたメイクがおすすめです。一見すっぴんのようにも感じられますが、ベージュやブラウンで自然な美しさを引き出しているのが特徴です。

薄いピンクでもグラマラスにセクシーな仕上がりになりますが、ベージュのほうがより大人っぽい雰囲気を出すことができます。このメイクの場合、特にリップにヌーディ―カラーを使うと、顔全体がグラマラスな雰囲気になりやすいです。

普段使いにもおすすめ!レトロポップメイク

目元を赤やピンクで縁取ったメイクは、普段洋服を着るときにも使える人気のメイクです。色白メイクや病みメイクにも使われる方法で、意外にも振袖との相性も抜群です。中でも、レトロなデザインの振袖と合わせると、ハズレがないというほど絶妙にマッチします。

このメイクは目元が強調されるので、目が小さい人や細目の人にもおすすめです。たった一度きりの成人式だから個性的にしたいという人は、ぜひこのメイクを試してみてください。

特徴別成人式の振袖に合うセルフメイクのやり方

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

成人式のメイクを美容院で頼んだらイメージと違ったという声は多く聞かれます。実際に、美容院の人に自分好みのメイクのイメージを伝えるのは難しく、でき上がりが思った以上に薄いというのはよくあることです。

そこで、成人式に自分でメイクをする際のポイントとやり方をご紹介します。一重や奥二重で写真写りが悪いという人も必見です。

一重

成人式で振袖を着ると、一重の目元のせいで余計にのっぺりとした顔に見えてしまうという悩みはよく聞かれます。そんな一重さんのアイメイクは、気持ち濃いめにピンク系で縁取ると、可愛らしいぱっちりとした目元になります。

濃いめと言っても、アイシャドウは目の縁からやや見える程度でOKです。アイラインは太めに引くと派手な目元になりますが、パンダアイにならないように、汗や水に強いタイプを使用するようにしましょう。赤やピンクのシャドウで目の端や下に色を足すと、古風で可愛らしい印象になります。

奥二重

奥二重の人も、一重の人と同じようなメイクでOKです。アイシャドウを目の縁に乗せ、ラインも気持ち長めに引くと、ぱっちりとした目元が作れます。また、ハイライトを下まぶたに塗ると、写真を撮ったときなどに顔が明るく見えるのでおすすめです。

一重の人と奥二重の人は、アイプチで二重にする方法もあります。また、まつ毛が薄くて目元が寂しく見えるときは、つけまつ毛をつけるのがおすすめです。つけまつ毛は、バサバサ系よりも隙間があるナチュラルタイプのほうが自然な仕上がりになります。

二重

二重の人は、一重や奥二重の人のように、アイプチやつけまつ毛などがいらない場合も多いですが、反対に派手になりすぎてしまうケースが多いです。ぱっちり二重という人は、成人式のメイクはアイシャドウやラインは薄めでも大丈夫です。

きつく見えてしまいそうな場合は、眉毛を平行か下がり気味に描くと、丸く可愛らしい印象になります。メイクカラーは、自身が成人式で着る振袖のカラーに合わせましょう。

アイプチ

成人式の振袖のような和装は、古風な日本人らしい一重のキリッとした目元に合うデザインになっているため、アイプチで無理やり二重にする必要はありません。そのため、一重の人でも、二重のはっきりとした目元にしたい人や写真写りを良くしたいという場合以外は、やらなくても問題ないです。

また、アイプチをすると不自然な二重になり、違和感のある顔になってしまうこともあります。もしアイプチをする場合は、シールタイプやのりで二重にするタイプなど、事前に色々試してみて練習しておくのがおすすめです。

アイシャドウ

成人式用のメイクのアイシャドウは、目に全体的に塗るのではなく、目の縁を中心に色を濃いめに乗せると、振袖に負けないくらいにインパクトのある目元になります。また、目の端に赤やピンクといった明るめのカラーを乗せると、レトロで可愛らしい印象になる他、振袖のカラーによってはクールな目元にもなるので試してみてください。

アイシャドウのカラーは、振袖のカラーに合わせましょう。もしくは、全体的にどんな雰囲気に仕上げたいのかでカラーを選ぶのも良いです。しかし、色を重ねると成人式のメイクには合わないので、カラーは単色にするようにしてください。

アイライン

成人式のときのアイラインは、普段よりもやや太めに長く描くと、写真写りにも最適な目元が作れます。特に、一重の人や奥二重の人は、黒のアイラインで濃く描くようにするのがおすすめです。ナチュラルメイクにしたい場合でも、振袖の派手さに負けないように、アイラインはしっかり引くようにしましょう。

アイラインも、作りたい印象によって引き方を変えるのがベストです。可愛い系の場合は、目尻を下げるように描き、クール系に仕上げたいときは、キャットアイのように目尻をハネるというように、アイラインで雰囲気を変えてみましょう。

眉毛

成人式のときの眉毛は、全体的に太めに眉尻を長く描くのがポイントです。クール系にする場合は細眉のほうが雰囲気が作りやすいですが、その場合は写真を撮った際に眉毛が消えてしまう恐れがあります。そのため、クール系でも、気持ち太めに濃く描くのがおすすめです。

また、明るいブラウン系のカラーの場合でも、写真に撮ると消えて見えなくなってしまう場合があります。そうならないように、眉毛は濃いブラウンかブラックで太く描くようにしましょう。

成人式のメイクカタログの選び方

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

成人式で振袖を頼む際は、ほとんどの人がカタログを取り寄せます。ここでは、成人式のメイク選びの参考になるカタログの選び方をご紹介します。

成人式の振袖のカラーで選ぶ

基本的に、成人式のカタログは振袖かヘアーカタログの2種類で、メイクだけのカタログは少ないです。そのため、カタログで参考にするメイクを探したいときは、自身が成人式で着る振袖と似たカラーやデザインの振袖が載っているカタログを探すと良いでしょう。

成人式のカタログはたくさんあるので、自分の振袖と似たカラーが見つからないということはまずありません。たとえ同じカラーの振袖のメイクが気に入らなくても、カタログ内には2・3個同じようなデザインの振袖が載っているので、最後まで目を通すようにしましょう。

成人式の髪型で選ぶ

振袖で見つからないというときは、ヘアーカタログでお気に入りのメイクを探す方法もあります。先ほどの振袖のカタログよりも、ヘアーカタログのほうが顔の部分がフォーカスされているので、メイクの感じも掴みやすいのが特徴です。

成人式のヘアーカタログもたくさんあるので、選りすぐりたいという人は、カタログを複数取り寄せてみるのがおすすめです。もしヘアスタイルが決まっていないという場合は、気に入ったメイクから髪型を一緒に決めてしまっても良いでしょう。

成人式のメイクを失敗しない方法

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

成人式のメイクは、普段のメイクの感覚でやると失敗しやすいです。晴れの舞台で浮かないためにも、失敗しにくいメイクのポイントを押さえておきましょう。

気持ち濃いめにメイクする

成人式の振袖は、デザインにもよりますが、ほとんどの場合が豪華できらびやかな見た目をしています。そんな振袖にいつもと同じようなメイクを施すと、振袖に負けて地味な顔になってしまう恐れがあります。

また、成人式では写真を撮る場面が多いです。そのため、薄い顔に見えたくないという人は、自分が思っているよりもやや濃いめにメイクをすると、成人式の振袖に負けない顔立ちになるでしょう。

振袖の色に合わせる

成人式のメイクの失敗でありがちなのが、振袖のカラーとメイクのカラーが合わないために、バランスの悪い見た目になってしまうことです。そんな失敗をしないためにも、赤の振袖にはピンクか赤系、青の振袖には薄いピンクかオレンジ系といったように、各々が着る成人式の振袖に合うカラーを知っておくことがベストです。

振袖のカラーが判断しにくいという場合は、その振袖で一番多く使われていると思う色に合わせると良いでしょう。帯の色が目立つ場合は、そのカラーに合わせるのも一つの方法です。

基調となるカラーを決める

普段の洋服を着る感覚でメイクをすると、色々なカラーが交じり合って成人式の振袖にミスマッチなバランスの悪い見た目になってしまいます。成人式のメイクは、どれだけ派手でも基調となるカラーを一色決めておくのがポイントです。

基調となるカラーの決め方は、上記の成人式の振袖のカラーに合わせるやり方でOKです。アイメイクのカラーとチークの色を合わせるのが基本ですが、アイメイクの色を変えたいときは、チークとリップの色を合わせるなど、色がごちゃまぜにならないよう注意しましょう。

西洋風メイクは似合わない

基本的に、成人式の振袖のような和装に、西洋風の凹凸のあるメイクは合いにくい傾向にあります。まったく合わないわけではありませんが、日本人の薄い顔立ちに合うように作られている振袖に彫の深いメイクを施すと、顔のインパクトが強くなり必要以上に派手に見えてしまうことがあります。

色を濃くして派手にするのは構いませんが、アイシャドウやハイライトで陰影をつけて彫を深く見せる方法はおすすめできません。その分、潤いのあるツヤ肌に見せ、振袖が映える透明感のある表情に見せるようにしましょう。

パターン別成人式のメイクのやり方のポイント

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

成人式のメイクがなかなか決まらないという人は、どんな雰囲気のメイクにしたいかをイメージすると良いでしょう。ここでは、可愛い系からグラマラス系、花魁風の振袖に似合うメイクまで、色々なパターンに沿ったメイクのポイントを取り上げてみました。

ナチュラル

成人式のメイクとしては意外と難しいナチュラルメイクも、基本的には普段のナチュラルメイクのやり方でOKです。一番のポイントとなるのは、ベースメイクです。透き通ったツヤ肌に見えるように、化粧水からファンデーションまでしっかり塗るようにしましょう。

ベースメイクでいつもはコンシーラーなどは使わないという人も、成人式のメイクではくまの部分からくすみが気になる部分までしっかりカバーするのがおすすめです。さらに、ファンデーションの後にフェイスパウダーを塗ると、さらにツヤ肌効果が期待できます。

派手

成人式で嫌味なく派手なメイクにしたいときは、マット系の赤やピンクといった濃いめのカラーをベースにすると、可愛く派手なメイクに仕上がります。目元もつけまつ毛などを付けて派手にするのも良いですが、一重などで似合わないという人は、リップやチークにマット系を使って派手さを強調させましょう。

画像のように眉毛が隠れる髪型の場合は気にする必要はありませんが、おでこを出す場合は、太めの眉毛のほうが派手な顔つきになります。きつく見えたくないという人は、眉毛は太めでも釣り上げずに平行に描くようにしましょう。

レトロ

レトロなメイクというと、薄いナチュラルメイクを思い浮かべる人も多いでしょうが、成人式向きのレトロメイクは、病みメイクに似た色素の薄いメイクがおすすめです。ピンクをベースのカラーにして、目の下や目の端に色を乗せると、和服に似合うレトロメイクになります。

ベースメイクを普段よりも白く明るめに仕上げると、レトロ風のメイクが簡単に作れます。ピンクだけではなく、オレンジを足すと、レトロなだけではなく現代風の明るい印象になるので試してみてください。

可愛い

成人式の可愛い系のメイクは、ピンク系を使うと簡単です。振袖のカラーにもよりますが、アイシャドウからチークまでピンクで統一することにより、女の子らしいフェミニンなメイクになります。パンチがないというときは、リップをマット系の赤やヌードカラーにすることで、大人のクールさを足すことができます。

目元もあまり濃くせずに、眉毛のやや下がり気味の弱弱しい印象の出るメイクにすると、可愛らしい雰囲気が出せます。全体的にやや濃いめにメイクをすると、振袖の華やかさとのバランスが取れます。

クール

クール系の成人式のメイクは、オレンジ系のカラーでキリッと仕上げるのがポイントです。特に、成人式の振袖で青や紫といったクール系のカラーを選んだ場合は、オレンジ系のカラーでメイクをすると、キレイ系のすっきりとした見た目になります。

アイラインもややつり目気味に描き、眉毛もやや上がり気味にしてクールな切れ長の目元を作ります。チークやリップはあまり濃く塗らず、ナチュラルメイクのように自然に乗せるようにすると、落ち着いた成人式向きの顔立ちになります。

グラマラス

先ほども言ったように、成人式のメイクをグラマラスにしたいという場合は、ヌーディ―カラーやブラウンを使うのがポイントです。特に、目元やリップにそれらのカラーを使うと、全体がセクシーな雰囲気に仕上がります。

ヌーディ―カラーではのっぺり顔になりそうな場合は、薄めのピンクやマット系の赤リップとブラウンのアイシャドウを組み合わせたメイクでゴージャス感を出すと良いでしょう。眉毛を太くすることで、よりインパクトのある顔立ちになります。

花魁風

成人式の振袖としてはメジャーではありませんが、一部の女性から人気の花魁風には、派手なゴージャスメイクがよく合います。特に目元とリップを強調させるのがポイントで、普通の成人式のメイクよりも濃いめに仕上げるのが特徴です。

目元はつけまつ毛をつけてデカ目を強調し、リップはマット系の赤で唇の形を浮き立たせます。眉毛は普通の成人式のメイクとは反対に、細く短く描くと花魁風のセクシーな雰囲気が出せます。

お気に入りのメイクで記憶に残る成人式にしよう!

【特徴別】成人式の振袖に合うメイクを自分でする方法|一重

試してみたいメイクは見つかりましたか。もちろん、紹介したメイク以外にも、カタログなどにはたくさんのメイクの例が載っています。普段メイクにこだわりがないという人も、人生で一度きりの成人式のメイクにはわがままになってみてください。

後で「こうしとけばよかった」と後悔しないためにも、自分好みのメイクを見つけて、思い出に残る楽しい成人式にしましょう。その際は、ぜひ、紹介したメイクの数々を参考にしてみてください。

関連記事

Related