Search

検索したいワードを入力してください

略奪婚は幸せなのか・末路・成功方法・必要な期間|結婚式

Small 544d9b2d 9248 4e3f a4e6 2b0fe068b3dfミルクココア
結婚 / 2019年01月16日
略奪婚は幸せなのか・末路・成功方法・必要な期間|結婚式

略奪婚は幸せなのか?

意外と略奪婚をするカップルが、多いことをご存知だったでしょうか。現代の略奪婚がズバ抜けて多い訳では無く、昔から多かったことです。最近、略奪婚や不倫と呼ばれる関係に注目が集まっているだけです。とくに女性の不倫や略奪婚が注目を集めています。それだけ女性が出世して来ている証拠でもあります。

不倫中のカップルは、不倫と言う障害があるため二人の恋愛は盛り上がって行くのは当然のことです。不倫中の彼氏が、妻と離婚する事が決まった瞬間に、恋愛の熱が冷めた女性が意外と多いと言う話もあります。不倫は他人のパートナーだからこそ、魅力的に見えることが多いです。

その他人のパートナーを手に入れた瞬間、達成感を感じることはありますが、幸せと感じる事ができるかは難しいところです。

後悔した

好きな人を手に入れるために、犠牲にして来たことが必ずあります。不倫中の人は、夫婦だったパートナと子供を捨てて、新しいパートナーとの結婚を選択しました。選ばれたパートナーは幸せになれるはずだったのに、実際に一緒になって見て初めて知ることが出て来ます。

一番最初に知る事はパートナーの収入のことや、ローンなどの支払いに、離婚した相手に支払う事になる養育費や慰謝料のことなどを具体的に知る事になります。不倫中には深く聞きづらくて聞けなかった事が、数字としてハッキリと表れると自分の想像と凄い違ったという話は多く、実際に支払いをしたら生活が苦しくなったと言う話もよくある話です。

幸せでも不安

略奪婚をして、幸せになるカップルもいます。お互いのことを大好きと感じているカップルです。過去の不倫と言う、いやな体験を乗り越えて一緒になった事で、二人の間には大きな絆が生まれた人達もいます。

このタイプの人達は、ずっと仲良く過ごせる事が多いですが、パートナーと連絡が付かない時には、自分が不倫されてるのか不安に感じる事も当然あります。この不安は、二人が不倫をして来たからこそ、一生感じることになります。他人にした事は回り回って自分に返って来る事を日本中のみんなが知っています。

略奪婚した人の末路は?

略奪婚した人の末路は、いろんな形が存在しています。

それは、いろんなカップルの形があるからでしょう。不倫中の男性と不倫相手となる女性がバツイチ子持ちの場合は、略奪婚した瞬間に連れ子ありの再婚となります。不倫中だった彼の子供を含めて略奪婚した場合は、ダブル子連れ再婚をした事になります。

子供同士が赤ちゃん期を過ぎていた場合、子供同士がお互いのことを理解する日までは、時間がます。子供同士だから早く仲良くなる事もありますが、ヤキモチや嫉妬を感じる可能性も出て来ます。子供の問題で夫婦が揉め出した時は、二人の溝を早めに埋めないと離婚に繋がってしまう恐れも出て来ます。

不幸な結末

略奪婚には、不幸な結末が多いです。一緒になってしばらくしてからパートナーが病気になってしまい、最後まで介護をし看取ることになるカップルもいます。

他には、不倫中の彼氏が子供を連れて離婚したので、略奪婚した瞬間から、子供を産んでないのにママになる人も居ます。子供を産んだ「ママの経験がない」のに他人の子供のママになる事は簡単なことでは無いです。

理想のように子育てが進まない事が多いからです。子供から見ても、パパがママを捨てて、新しいママを連れて来たと感じている中での子育てになります。

夫婦の間に新しい赤ちゃんが生まれ時、夫の連れ子との関係も変わります。実の子には優しくなり、連れ子には冷たくなる事も増えます。この親子が、本当に笑顔で向き合える日が来るのは遠い先になります。

略奪婚での成功方法は?

略奪婚をするために、大切なことは何でしょう。略奪婚ほど、熱しやすく冷めやすい関係は無いと、言い切ってもいい程、継続するのは大変なことです。それほど、不倫中の恋愛は、燃えやすい関係と言うことです。

冷めない関係を維持

略奪婚をするためには、基本的なところの話になりますが、二人の関係が大切です。お互いに一緒になりたいと感じれる程、好きと思えないと略奪婚をするのは、難しいでしょう。略奪婚には、あり得ないほどの不安やエネルギーを使います。過去の家族への義務や責任と言った長期的な罰を、受けることになります。

それを二人で乗り越えて行く事になる訳ですから、軽い好きレベルでは、一緒に乗り越えて行く事がイヤに感じてしまいます。お金の事や、前の家族との関係の事で揉め出すと、一気に気持ちが冷める場合も、出て来ることもあります。

不倫を繰り返さない努力を

これは、お互いに言えることになりますが、不倫を繰り返さないことです。ことわざで「一度あることは二度ある」と言われている言葉どおり、決して繰り返してはいけない事をしないように心がけて行動を取るようにしましょう。

二人の関係がマンネリ化して来た時や、喧嘩が増えて来た時期など、不倫に走りやすい環境はいつでもやって来ます。その誘惑に走らないようにしましょう。同じ事を繰り返すのは、恋愛とは言いません。身勝手なだけです。自分の行動に振り回される人がいる事をそろそろ理解しましょう。

お互いに不倫をした事に反省する

略奪婚をする人に、一番大切なことがあります。それは、不倫をしてしまったことです。好きになってしまったのは、しょうがない事だったとしてもお互いが大人で、理性があるのに不倫を選んだことを反省しましょう。家族を捨てるキッカケを二人で作ったことになるからです。その事実はどんな綺麗事を並べても変わることは無い事実です。

家庭を壊してまで手に入れた略奪婚の重みを感じることが、今後の人生の中で重要なポイントになります。深く反省する事ができたら、同じことを繰り返すことは無いでしょう。中途半端な気持ちなら必ず同じ事を繰り返します。

略奪婚で結婚式はやるべきなのか

どんな関係から始まっても、二人の大切な始まりには変わりありません。そして、二人が一緒になれるまで一緒に過ごして来た事も事実です。結婚をすると決まったなら二人のけじめとして素敵な結婚式を挙げることも大切です。過去は過去です。過去があったから今の二人があります。

二人の大切さを実感して、これからの大変な試練を乗り越えて行くための覚悟を持つための儀式と考えたら、結婚式を挙げやすくなるでしょう。周りの人にも二人の結婚をキチンとアピールする事もできます。陰口を言われることを理解して結婚式を挙げましょう。

略奪婚に必要な期間は?

略奪婚に結び付けるために、必要な期間があると言われています。いつまでも不倫関係を続けていると、離婚しなくても付き合ってくれる人だと、勘違いされて略奪婚に結び付かないパターンが多いからです。最初は、略奪婚したいぐらいの気持ちだったのに途中からは都合のいい関係として見られてしまう事もあります。

男女の関係ほど、気持ちが継続するのが難しいです。些細な事でも、好きになったり嫌いになったりしてしまいます。これは、みんな同じです。不倫中のカップルの気持ちは、基本的にいつもフラフラしています。

結婚中の人は、イヤになれば不倫相手を変えるだけです。独身の人は、不倫をすると、不倫だからと違う保険を探してる場合もあります。不倫はお互いに、本気になりやすいけど、他も探しやすい環境です。本当の気持ちが見えない事も多いです。

4ヶ月?

不倫を始めた時から数えて、4ヶ月の間に不倫中の人との関係が、少しずつ深まらない時は別れた方がいいと言われています。本当に好きな相手ができた時、家庭を捨てる準備期間の始めとして、4ヶ月の間に不倫相手の家にお泊りが増えたり、何かと発展をさせる事が重要だと言う意味です。これができないなら、略奪婚は無いと言えます。

始めてから4ヶ月の間に◯◯、次の4ヶ月の間に◯◯、次の4ヶ月の間に◯◯と、4ヶ月区切りで不倫相手との関係を発展させて行き、家族の元に帰るのを減らすように仕向けて行ければ、略奪婚になる可能性が高まると言われています。

1年?

略奪婚を意識するなら、自分の中でのルールを決めましょう。例えば、不倫をしていても構わないけど、1年間待っても夫婦の関係に進展がないときは「別れる」とキッパリと不倫中の人に伝えておきましょう。そうすると、タイムミリットが近いて来ていることを、意識するようになります。その中で離婚に向けての行動を取れない人なら別れた方がいいです。

略奪婚に必要な慰謝料は?

略奪婚をする時には、捨てた家族に対して責任を取る必要が出てくることが多いです。その金額は簡単に決められないでしょう。元々の夫婦の結婚年数が長い方が慰謝料が高くなると言われています。

他にも、慰謝料が高くなる方法も弁護士を入れると教えてくれます。一般的な金額の相場では、200万円〜500万円と言われていますが、元々の夫婦関係によっても金額は上下します。慰謝料が0円になることはないでしょう。浮気された人が、浮気相手に慰謝料請求することも可能です。こちらも金額は元々の夫婦関係によって変化します。

略奪婚の大変さ

略奪婚をすると言う事は、本当に大変な苦労を背負うことになります。家族を捨てて一緒になっても、一緒に乗り越えて行く事の方が大変だからです。過去の関係への責任を取りながら二人が仲良く過ごす事の大変さは当人同士にしか解らないことです。

常に浮気を不安に感じながら相手を信じることは、心が折れる可能性も出て来ます。そこまでして手に入れた幸せを、継続することの大変さを感じながら添い遂げる覚悟が必要です。