Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】もみあげを剃るおすすめの髪型・青くなる時の対策

Author nopic iconまっぴー
ヘアスタイル / 2018年05月03日
【男女別】もみあげを剃るおすすめの髪型・青くなる時の対策

もみあげを整えましょう

もみあげが髭とつながってしまう、髭は剃っているのになんだか顔に清潔感がない、もみあげが人より濃いといったことがコンプレックスの人はいませんか。

上のお悩みを見てギクッとした人はもみあげの手入れをはじめてみませんか。美容院で整えてもらう方法もありますが、手軽に自宅で処理してしまうこともできます。

もみあげは男性も女性もお手入れすることのできるパーツです。男女別におすすめの髪型を紹介します。

男女別もみあげを剃るおすすめの髪型

男女ともに、短めで耳が見えるヘアスタイルになるともみあげがよく見えます。そういったヘアスタイルにしたい人はもみあげを剃るほうがヘアスタイル全体となじんで綺麗に見えます。

まずはキレイに手入れされたもみあげの例を見て、どういう形のもみあげにしたいのかイメージしましょう。男女別に画像を貼りながらおすすめのヘアスタイルを紹介していきます。

男性は「力強く」「清潔感」

男性の場合、ショートやツーブロックなど、アップであったり耳を出すようなカットの時にもみあげが見えます。耳が出るヘアスタイルにするときはもみあげの形をどうしたいかも考えて決めましょう。

耳のよこでまっすぐに剃ると力強さと威厳を出すことができます。また、三角形に小さくまとめることで清潔感を出すことができます。それぞれ印象が変わってきますので、じっくり考えて自分に合うほうを選んでみてください。

ツーブロック

こちらはツーブロック、かつ横にまっすぐもみあげを整えた髪型です。男性的な力強さが前面にでています。

ショート

こちらはショートかつ小さく三角形にもみあげを整えた髪型です。顔のラインがすっきりとして見えます。

女性は「薄く、短く」

女性の場合、ボブやショートなど短めのヘアスタイルのときはいつももみあげが見えます。また、顔のサイドに垂れる髪を後ろでまとめている人ももみあげが見える場合があります。

女性のもみあげの形は薄く、短くが基本です。もみあげを綺麗に剃ることで、上品で清楚な印象になることができます。

ナチュラルな形は先の丸い三角形です。もみあげの生え際から顎までの長さが短いほうが綺麗です。長くても耳たぶまでの長さに剃るようにします。

ボブ

サイドの髪を耳にかけたときに、顔から首にかけてのラインともみあげが見えます。

ショート

いつももみあげを見せることになる髪型です。もみあげがきちんと手入れされていれば、美しい横顔になれます。

ロング

ロングヘアでも、アップスタイルにすることでもみあげが見えます。同時に首のラインも見えて、すっきりとした印象になります。

もみあげを剃るための道具

もみあげを剃るためには美容院で頼むことができますが、もみあげは伸びるのが早いため、自分で剃るというのも手の一つです。この記事では主に自分でもみあげを剃るために必要なことを紹介していきます。

もみあげを剃るのに特別な道具は必要ありません。普段のメイクやみだしなみにつかっているアイテムがあればカンタンにできます。もみあげを剃るとき以外にも使えるものばかりです。

カミソリ

男性であれば、髭を剃るためにカミソリをマストアイテムとして所持しているでしょう。カミソリは顔の毛を剃るための道具ですから、カミソリでもみあげを剃ることができます。普通の髭の処理の時と同じようにクリームを使って肌へのダメージを減らすことをお忘れなく。

Blockquote firstBlockquote second

長めの刃で眉毛の調整がしやすい。
産毛も一気にいける。
安くて沢山入ってる。
もうこれに決まりだね!

シェーバー

カミソリより肌に優しい道具です。カミソリと同じように肌にそって動かすことで毛を剃るアイテムです。

全身に使うことができるので、全身の脱毛に興味がある人は買ってみて損はないのでしょうか。こちらの型は刃が多少角度をつけられるため凹凸の多い顔面にも使いやすく、消耗したら刃を取り換えるだけでとても便利です。

Blockquote firstBlockquote second

今まで色々この手の物を購入しましたが、
すぐに壊れます。
でもこのパナソニック製はほんとうに良いと思います。
今までで一番壊れないです。

ハサミ

もみあげの毛の長さ全体を整えるための道具です。ハサミで長さを整えるだけでもみあげは薄くみえます。リンク先のハサミは眉や顔のムダ毛用ですが、すきバサミなど毛を切る専用のハサミを利用することもできます。ただし、小さいサイズのムダ毛用のハサミのほうがこまかい範囲を切りやすいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

100均の製品は留め金がすぐダメになっては買い替えて切れなくなったりしたので
高い物をと思い、こちらを買いました。
1年が経ち、数十回と使っています。

大切に慎重に使っていることもありますが
未だに購入時と変わらない切れ味です。
留め金もグラつくことなくしっかりしています!
100均のアイテムとはここまで違うのだなと感動しております。

もみあげはどこまで剃るのか

もみあげを自分で剃りたくても、どこまで剃ればいいのか具体的にはわかりにくいでしょう。ここでは、剃るべき範囲、剃るときに気を付けるポイントを紹介します。

産毛

なりたいもみあげの形からはみ出た産毛を剃ることが一番簡単です。

ペンシル型のアイライナーやアイブロウなどであらかじめ、剃る位置にしるしを書いておきます。もみあげの長さは女性なら耳たぶの長さまで、男性であれば耳のつけねあたりが目安です。

そのしるしより下や外側の、なりたいもみあげの形からはみ出た毛を処理します。長さを整えた後、クリームや乳液、ワセリンなどで肌を保護してから剃ります。

男性は耳のつけね、女性は耳たぶまで

もみあげの自己処理は、理想の形から産毛を剃って整えることがメインです。理想の形というのが、男性は耳のつけねまで、女性は耳たぶまでの長さになります。それより下に伸びた毛や濃い毛が手入れするべきムダ毛です。

横は剃らないほうがいい

もみあげの横とは、言い換えるともみあげの幅のことです。自分でもみあげを剃る場合はもみあげの幅を変えないほうがいいです。この部分を剃ると形が変わってしまいますが、まっすぐ剃ることは難しいうえ、ちょうどいい幅を見極めにくいです。

もみあげの幅を変えたいという人は、美容院に頼むか、産毛を剃ることに慣れてきてから自己処理にチャレンジしてみましょう。

もみあげを剃ると濃くなるのか

結論から言うと、もみあげを剃っても毛が濃くなるわけではありません。濃くなって見えているだけです。もみあげを剃ると濃くなってしまうのは剃り残しがあるから、または毛が生えかけだからです。

人の毛は通常、先端に行くにつれて細くなっています。が、剃ると毛を真ん中で切ることになります。つまり先端より太い毛の断面が見えているため、濃く見えます。剃った直後は大丈夫でも、数日時間をおいて毛が伸びはじめると断面が皮膚より上に出て気になるようになる場合もあります。

特に、顔の皮膚は人体のほかの部位と比べて薄いため、余計に濃く見えることが多いというだけです。ですから、正しく剃って剃り残しを減らせば問題が解決するということもあるでしょう。

では剃り跡が濃くなってしまったときはどうすればいいのでしょうか。次の項目でまとめて対策を紹介します。

もみあげを剃ると青くなる時の対策

もみあげを剃ってみたはいいけれど、剃り跡が青くなってしまった。毛を剃ることをしたことがあるなら、経験された方が多いお悩みではないでしょうか。

実はもみあげを剃ると青くなってしまうのも剃り残しがあるからです。毛を剃ると濃くなってしまう原因と同じです。青くなってしまう場合は、薄い顔の皮膚の上から濃い毛の色が透けて見えているため、青く見えてしまいます。

せっかく毛を剃ったのに青くあとが残ってしまっていては気分が下がります。ここで紹介する青くならないための方法を試して剃り跡の青さをなくしましょう。

正しく剃る

きちんと肌に合わせた角度で刃を当てていますか。何度も同じところを剃ってしまっていませんか。クリームは使っているでしょうか。

剃り残しを見直すことが青さ対策の近道です。また、剃り終わったあとに一度確認しただけだと剃り残しを見つけられないこともあります。剃り終わったら時間を置いてもう一度確認するのをわすれないようにしてください。

コンシーラーで隠す

コンシーラーとは、肌のシミやそばかす、クマなどを隠すメイクアイテムです。これをうまく使いこなすことができれば、いろんな肌トラブルに対処できるようになるので、剃り跡の青さが気になっている人は一度買ってみてはいかがでしょうか。

使い方は、肌の隠したい部分にポンポンと軽く乗せ、指で肌となじませるだけです。あまり指でなじませすぎると消えてしまいますし、濃すぎると逆にその部分が目立ってしまいます。ちょうど良い濃さで使えるように練習しましょう。

もみあげを剃るときの失敗例

自分でもみあげを剃るとなると、つい失敗をしてしまうこともあります。ここではよくある失敗とその対策を紹介いたします。あらかじめ失敗の場合について知っておくことで、失敗がないように気を付けましょう。

剃りすぎてしまった

剃ってしまった髪の毛そのものはどうしようにもありません。男性であれば増毛スプレーを上からかけることでごまかしたり、女性であれば他の長い部分の髪の毛をつかってもみあげを隠すヘアアレンジをして乗り切りましょう。

髪の毛は一か月につきだいたい1センチほど伸びます。もみあげの毛はもともと濃くない人も多いですから、生え戻るまで長くはかかりません。もとに戻るまで気長に待ちましょう。

肌が赤くなってしまった・ひりひりする

おそらくカミソリ負けでしょう。カミソリ負けは肌がカミソリで傷つけられてしまうことで発生します。その場合の原因は三つ考えられます。

①保湿が不十分

カミソリで剃るときはきちんとクリームを泡立て、剃る部分に伸ばしてから。剃り終わったらクリームを流して化粧水と乳液できちんとケアしましょう。肌がもとから乾燥しているとカミソリ負けしやすくなるので、数日様子を見て肌の調子が整うのを待ってから剃ります。

②肌が弱い

敏感肌や金属アレルギーでカミソリが肌に合わない人もいます。その場合はカミソリの使用をやめてください。剃る以外にも脱毛などの方法があります。肌にカミソリが合わないときは決して無理はしないでください。

③カミソリが古い

カミソリやシェーバーの刃の部分はもろいです。欠けやすく、さびやすいので使い終わったら水分をふき取ります。また、定期的な刃の交換をしてください。

もみあげでイメージチェンジしよう

もみあげを剃ることで、顔回りの印象がガラリと変わります。髭ともみあげがつながってしまうのを解消すれば清潔感がでますし、横顔がきれいになります。また、顔のりんかくが見えにくくなることで小顔効果があります。

もみあげは顔全体から見れば細かい部位ですが、人は基本的には相手の顔を見て会話をするため、顔の印象が変われば相手に与える印象もよくなるでしょう。いい印象を持たれることはいい会話へつながります。必ずあなたにも相手にもいい影響があることでしょう。

ヘアスタイルを気にするだけでなく、もう一段階もみあげのお手入れをして、さらにもう一歩清潔感へ近づきましょう。