Search

検索したいワードを入力してください

頭の回転が速い人か診断するチェック項目・特徴・習慣|話し方

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月01日

更新日:2018年03月01日

記載されている内容は2018年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

頭の回転が速い人か診断するチェック項目・特徴・習慣|話し方

頭の回転が速い人の特徴

一緒に仕事をしたり、行動したりなどしたときに、正確な判断をして、正しい動きでテキパキとした印象を周囲に与える人がいます。このような人は、次にするべきことを素早く理解したり、これから起こりそうなトラブルの予測などをしたりもします。さらには、相手の感情を読み取り、会話を弾ませたりなどもします。

これらの能力の高さは、頭の回転が速い人の特徴です。頭の回転が速い人は、必要な答えに瞬時にたどり着くことができるため、多くの場面で応用力が効きます。ですが、頭の回転が速い人は、そうそういません。では、頭の回転が速い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

会話の先読みをしている

上記で述べた通り、頭の回転が速い人は相手との会話を弾ませたりすることが得意です。これは、相手の言動などから、どのような返答で喜び、どのような話題に興味があるかを探り当てられるためです。

そのため、頭の回転が速い人は自分の得意な会話の流れに持ち込んだり、相手に気がつかれないうちに会話の流れを誘導したりします。

これら会話のコントロールは頭の回転が速い人にしかできません。相手の言葉に対して瞬時に返答の仕方を考える必要があるためです。頭の回転が速くない人が、自分の会話の流れに持ち込もうとすると、相手の返答を誘導しようとして、ぎこちない会話になってしまったり、言葉に詰まってしまったりします。

頭の回転が速い人は瞬時に適切な言葉を出すことができるため、スムーズに違和感なく会話をしながら会話をコントロールしてしまいます。

周囲が話しを理解できない

頭の回転が速い人と頭の回転が遅い人が会話をしたときに、頭の回転が遅い人が頭の回転が速い人の話しを理解できないことがあります。これは頭の回転が速いため、本来はA、B、Cの順番で話しをしないといけない場面で、A、Cと間のBを飛ばして話しを進めることがあるためです。

頭の回転が速い人は、Aの内容を話せば、Bの話しは予想することができるので、途中経過は必要なく、結果であるCだけを話せば良いと考えます。しかし、頭の回転が速くない人はBの話しを瞬時に予測することができないため、AとCの内容を繋げることができません。そのため、会話の内容が理解できなくなってしまいます。

頭の回転が速い人は、会話の中でBの部分をよく省略してしまいます。また、頭の回転が速い人の方が少数派のため、「あの人は話しの仕方が下手」と周囲から勘違いされてしまうことがあります。

話しをまとめる

上記で述べたように、頭の回転が速い人は会話で、途中経過を省略することがあります。なので、頭の回転が速い人と、頭の回転が遅い人が会話をすると、頭の回転の遅い人は頭の回転が速い人の会話の内容が理解できないことがあります。

逆に言うと、一般的には途中経過を省略すると、会話の内容が理解できない人が多いということです。そのため、頭の回転が速い人が、頭の回転の遅い人と会話をしていると、会話の流れがまどろっこしく感じてしまうことがあります。

頭の回転が速い人からすると、ダラダラと丁寧に会話されるよりも、シンプルな会話をしていくれる方が、自分で必要な情報を補えるため、スッキリと理解できます。

なので、一通り相手の話しを聞いた後に、「つまりは、こういうこと?」と長い会話の内容をシンプルに自分が理解しやすいように、無駄な部分をそぎ落として一言、二言でまとめてしまいます。

相手の言いたいことをすぐ理解する話し方

先に述べた通り、頭の回転が速い人は会話をしながら、足りない情報を自分で補いながら会話ができます。なので、1のことを伝えると、10のことを理解してくれます。そのため、4や5の段階まで、ダラダラと説明していると、頭の回転が速い人に「欲しい情報はそれではない」とイライラされてしまいます。

このような状況にならないために、頭の回転が速い人は自分から必要な情報をもらえるように会話を誘導します。自分が求めていない会話の流れになりそうになると、相手に気がつかれないように流れを修正したりします。

必要な情報さえ集まれば会話の内容が理解できるため、頭の回転が速い人と話していると、「伝えていないことがまだある」と思ってしまい不安になります。しかし、会話の最後に「つまり、こういうこと?」と会話の内容を一言でまとめてしまい、その内容が的確なので、その不安はすぐに解消されます。

仕事ができる

頭の回転が速い人は仕事ができることが多いです。これも、会話や状況から自分がするべきことや、優先順位、リスクなどを予想することができるためです。

先のことがある程度は予測できるため、仕事の段取りがスムーズになったり、トラブルが発生しても冷静に対処することができます。

発想力が高い

頭の回転が速い人は、持っている知識同士をくっつけ合って、新しい発想を生み出したりします。これは頭の回転が速いため、他の人よりも考えるスピードが早いため、一通り定番の組み合わせが済むと、くっつきそうにない知識同士もくっつけ始めます。

頭の回転が遅い人は、まず定番の知識の組み合わせに時間がかかるため、その作業が終わる頃には頭の回転が速い人はすでに答えを出してしまっています。

早口

頭の回転が速い人のわかりやすい特徴が早口です。頭の回転が速い人は会話をしながら次々と会話の展開を組み立てていきます。そのスピードは非常に早いため、自然と早口になってしまいます。頭の回転が早い人が早口でない場合は、相手に合わせてゆっくり話してくれている状態です。

恋愛上手

頭の回転が速い人は、相手との会話の流れをコントロールしたり、その言動などから相手の感情を読んだりする能力が高いです。これは相手の望むものや、嫌うものを判断できるということです。相手の望むものや、嫌うものを判断できることは、仕事だけでなく、恋愛などの人間関係においても非常に高い能力を発揮します。

会話の流れをコントロールしたり、相手が望むものを読み取ったりなどができれば、当然ながら恋愛は有利に進められます。相手に合わせたアプローチの仕方を瞬時に判断することができるため、相手は頭の回転が速い人が意図的に合わせてくれていることに気がつかず、「この人とは性格の相性が良いかも」と思わせることができます。

頭の回転が速い人はモテるのか?

上記で述べた通り、頭の回転が速い人は相手の感情を読み取ったり、会話の流れをコントロールできるため、恋愛上手であることが多いです。では、頭の回転が速い人はどのような恋愛テクニックを使うのでしょうか?