Search

検索したいワードを入力してください

私利私欲になる報い・私利私欲に走ることのデメリット|仕事

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
人間関係 / 2018年02月27日
私利私欲になる報い・私利私欲に走ることのデメリット|仕事

「私利私欲」の意味と使い方は?

私利私欲は日常的にもよく使われている言葉ですが、言葉の意味や使いからなどをきちんと理解しないままに使ってしまっている人は多いです。私利私欲は褒め言葉ではありませんので、使用する際には充分に注意が必要ですし、間違った意味で使ってしまうと恥をかいてしまいます。

また恥をかくだけであればいいですが、場合によっては他人を大きく傷つけてしまう可能性もありますので注意しなければなりません。また私利私欲の読み方を知らない人も多いですし、意味や使い方だけではなく、読み方を理解しておくことも大切です。私利私欲の読み方や意味、使い方を知り、さらに反対語や対義語、類義語などを知って言葉の理解を深めていきましょう。

読み方

私利私欲は「しりしよく」と読みます。意味は自分の利益や欲求、欲望などを求めるというものであり、自分勝手に振舞って自分だけが得をすればいいという考え方です。私利私欲と人に使う際には悪口になってしまいますし、自分に対して言われている場合も悪い部分を指摘されていることになりますので、注意が必要です。

間違っても褒め言葉として使われることはありませんので、使用する際には充分に気を付けておきましょう。

反対語・対義語

私利私欲の反対語。対義語としては無視無欲が挙げられます。無私無欲は言葉のとおり自分の利益や欲求などは全く求めないことを指した言葉です。私利私欲が自分のためであるのに対して、無私無欲は自分のためではありませんし、基本的には全体の利益、公共の利益などを考えています。

全く欲がないという意味でも使われますが、それだけではなく奉仕の精神などの意味合いで使用されることもあります。無私無欲は褒め言葉として使われることも多いですが、場合によっては面白味のない人という皮肉の意味で使用されることもあります。私利私欲も無私無欲も人に対して使用する場合には充分に注意しましょう。

類義語

私利私欲の類義語としては、利己心や私欲、我欲などが挙げられます。またエゴイズムなどの言葉も挙げられますし、似た意味の言葉はたくさんあります。私利私欲は自分の利益になるものであれば、何でもするなどの意味合いがあるため、ずるい意味でも使われることが多いです。

またその欲の大きさから強欲などの言葉で言い表される場合もあります。私利私欲の類語表現は幅広くありますので、さまざまな言葉を知っておき、ボキャブラリーを増やしておきましょう。

私利私欲の例文は?

私利私欲の言葉の意味を知れば、実際の文章での使い方についてを考えていきましょう。私利私欲は日常的に使用される言葉ではありますが、いざ使うとなればどのように使用するのかわからないという人は多いです。単語として使用されることはほとんどなく、基本的には前後の文章の中で変化させながら使われます。

そのため文章の流れによってどのように変化させるかが違っていますので、一概に使い方が決まっているわけではありません。しかし私利私欲が使われる文章も限られていますので、例文を参考にしてみるのもおすすめです。私利私欲とはどのように使用すればいいのか、どのように変化させればいいのかを、例文を参考にして知っていきましょう。

私利私欲に走る

私利私欲の例文としては、私利私欲に走るという表現が挙げられます。私利私欲に走るとは、自分の利益の拡大や欲望の達成のために行動する、奔走という状態を指します。自分の利益を追求するために必死になっているとも言える状態であり、暴走状態を指して使うことが多いです。

私利私欲に走るということは、それだけ周囲のことを気にしていない、周囲の迷惑も顧みずに行動しているということでもありますので、周りが見えてない状態でもあります。自分の利益のために暴走し、他人との関係も一切排除した状態ですので、多くの人から疎まれてしまうことも多いです。私利私欲に走るというのは、相手のことを非難した文章になりますので、使用する際は気をつけましょう。

私利私欲に関することわざは?

私利私欲に関することわざとしては、我田引水が挙げられます。我田引水とは自分の田んぼだけに水を引き、他の人のことは構わないことが語源になっており、自分の利益の追求のために他の人の迷惑は顧みない状態を指しています。昔は田んぼに水を引く際に川から水を引いていましたが、川の水は限られていますし、一つの田んだけに優先して引いてしまうと、他の人の田んぼには水がいきわたらなくなってしまいます。

昔は集落のほとんどが農民でしたので、お互いに協力しなければ生きていくことはできませんでした。周囲の迷惑を顧みないどころか、他人の生き死にも関知しない身勝手さが、私利私欲と共通していると言えます。

私利私欲になる報いは?

私利私欲になることで周囲の人には迷惑をかけてしまいますが、自分の利益は最大化することができますし、欲望をすべて満たすことができます。周囲の人に迷惑をかけるかどうかは別にして、人間誰しも自分の利益になることをしたいと考えますし、欲望や欲求が達成されるのであればそれに越したことはありません。

私利私欲に走ればそれらを達成することができますし、少なくとも自分ひとりは幸せになれるのではないかと考える人が多いですが、それは間違いです。社会は人と人との関わり合いでできていますし、一人だけが得をして、周囲に迷惑をかけていい道理はありません。私利私欲に走ることで必ず報いがありますので、どのような報いがあるのかを知っておきましょう。

嫌われる

私利私欲になる報いとしては、嫌われることが挙げられます。これは当然のことであり、周囲に迷惑をかける人と好き好んで付き合おうとする人はいません。自分の利益を拡大し、欲望に忠実になって自己満足を得ているだけではあれば問題はありませんが、それらが周囲の犠牲の上に成り立っているとなれば話は別です。

誰しも幸せになりたいと考えますが、それはあくまで健全な努力による範囲の中での話です。違法はことであったり、迷惑をかけてまで幸せになりたいとは考えませんし、誰かを不幸にしてまで幸せを勝ち取っても嬉しくないと考える人は多いです。周囲に迷惑をかけることで嫌われますし、あまりに自分勝手は行動も嫌われる原因になりますので注意しましょう。

孤独

私利私欲になることで嫌われますし、人間関係はどんどん遠のいていきます。仲が良かった友達がいたとしても、それはあくまで善良であったからであり、自分に迷惑がかかるのであれば、付き合いたくないと考える人は多いです。私利私欲になって周囲に迷惑をかけ続けることでどんどん人は離れていき、孤独になってしまいます。

どれだけ自分の欲望を叶えたとしても、それを一緒に喜び合える人がいなければ虚しいだけですし、幸せを感じられなくなる場合も少なくありません。またさらに幸福を勝ち取ろうと考えて、さらに多くの人に迷惑をかけてしまい、悪循環に陥るということも少なくありません。孤独になることで人生が虚しくなりますし、欲望をすべて叶えても不幸になってしまう場合もあります。

性格が悪くなる

私利私欲になれば、他人のことなど顧みずに行動しますし、人を思いやらないことで性格が悪くなってしまいます。性格が悪くなることで、さらに嫌われますし、孤独にも拍車がかかります。私利私欲に走ることを辞めようと考えても、性格の悪さだけが残ってしまい、周囲との関係を上手く築けなくなる可能性もあります。

自分の利益を優先することで、どんどん嫌な人になってしまいますので、一緒に歩んでくれる人がだれ一人いないという事態にも陥りかねませんので注意しましょう。

仕事で私利私欲に走ることのデメリットは?

プライベートで私利私欲に走ることで、さまざまな弊害がありますし報いがあります。私利私欲に走って幸せになれるのは最初だけであり、後から必ず報いを受けますので注意しなければなりません。また私利私欲になるのはプライベートだけではなく、仕事でもあります。

仕事では会社の利益や社会の利益を優先しなければなりませんが、私利私欲に走って自分の利益を優先してしまう人はいます。仕事で私利私欲になることでもさまざまなデメリットがありますので、どのような弊害があるのかを知っておきましょう。

信頼がなくなる

仕事で私利私欲になることで、周囲に迷惑をかけてしまいますし、信頼をなくしてしまいます。社会人にとって信頼は非常に重要なものであり、これがなくなってしまうことで仕事が上手く進まないことも多いです。

すべては信頼の上で成り立っていますし、信頼がなくなることで社内で孤立してしまうことも少なくありません。会社にも居づらくなりますし、転職や退職を考えなければならない事態に陥る可能性もありますので注意しましょう。

チームワークを乱す

仕事で私利私欲になれば信頼をなくしますし、信頼がなくなることで社内のチームワークを乱してしまいます。仕事は人と人との関わりで成立していますし、周囲の人と協力しながら仕事を進めなければならない場合も多いです。

協力するためには、信頼関係を築いていることが大切ですが、私利私欲になれば信頼はなくなりますし、チームワークを発揮できず仕事で失敗してしまうことも多いです。協力してもらうことができなくなる可能性もありますし、社内の雰囲気が悪くなってしまう危険性もあります。

解雇など

私利私欲になることで仕事で失敗してしまう可能性も高くなりますし、失敗が続けばそのまま解雇の対象になることもあります。会社では会社の利益を最優先しなければなりませんし、個人の利益を追求する場ではありません。

仕事で失敗することで不要な人間と評価される可能性がありますし、会社の利益を追求しないことでやる気がないと判断されてしまう可能性もあります。最悪の場合で解雇になりますので注意しましょう。

私利私欲に溺れないようにしよう

私利私欲になる報いや私利私欲に走ることのデメリットを紹介しましたが、私利私欲に走ってもいいことはありません。最初は欲望を満たして満足できますが、長続きはしませんし、逆に不幸になってしまうことも多いです。

周囲に迷惑をかけずに幸せになる方法を探すことが大切ですので、私利私欲に溺れないように、強い気持ちを持つようにしましょう。