Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】駆け引きする人の特徴・駆け引きのテクニック|連絡

Small e1445c96 0c92 4e2d b039 ffef81e84e45花梨
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月10日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】駆け引きする人の特徴・駆け引きのテクニック|連絡

相手が好感を持っている場合とそうでない場合があります。自分が好意を抱いていれば、ストレートに自分の感情を表現しましょう。

相手が駆け引きをしているのだから、自分もやり返したいという気持ちになることもあるでしょう。しかし、駆け引きのやりすぎはお互いが消耗するだけです。ラインのメッセージが放置される時間ばかりが増えてしまいます。あえて駆け引きに乗ってあげると、スムーズに話が進むでしょう。

異性との写真を送る

男女込みのグループで遊びに行ったというイベントがあったら、気になる人にその写真を送ってみましょう。あくまで友人の中の一人、という強調はしておきます。「楽しそうで羨ましい」といったように、楽しそうに異性と遊ぶ姿を見せて嫉妬心を煽る方法です。

相手から送られてきた場合は、スルーせずに軽く「嫉妬する」と伝えましょう。嫉妬されたい、羨ましがられたいといった感情に乗ってあげます。スルーすると、誰と遊んでいても興味がないと伝えているのと同じです。

ラインは文章の返信だけでなく、画像などを送って駆け引きできます。駆け引きには最適のツールです。

駆け引きされたらどうすればいい?

ご紹介してきたテクニックなどを相手が使ってきた場合はどうでしょうか。連絡をくれない、ボディタッチをしてくる、既読がついてもすぐに返信をしてくれないといった駆け引きをされた場合は、素直に応じましょう。

こちらも駆け引きし返そうとすると、お互いが意地の張り合いとなってしまいます。連絡を取らないと、一向に会う約束が取り付けられないという事態に陥ってしまいます。

また、ボディタッチをされても「騙されない」と強固な姿勢になっていると、せっかく相手が好意を持って近づいてくれても離れて行ってしまいます。

素直になって、好意のある相手にはきちんと向き合いましょう。駆け引きをしてくるということは、少なからず自分に興味がある状態です。

駆け引きに失敗した例

駆け引きをすることで、失敗してしまうことも多々あるでしょう。相手の気持ちを試すようなテクニックが多いので、嫌がる人も少なからずいます。

駆け引きに失敗した場合、どのような状況になるのでしょうか。失敗から駆け引きを学びましょう。

嫌われた

電話やラインをしても、返事をくれないという状況が何度も続いた場合は、相手からの興味がなくなってしまうこともあります。今までマメに連絡をくれる人だから良かったのに、駆け引きをしたせいで「関心を持たれなくなった」と心が離れてしまうこともあるでしょう。

ボディタッチなど、そんなことをする女性自体が嫌いという男性もいます。男慣れしている雰囲気が苦手だと思われてしまうこともあるでしょう。そのような時は、残念ながら嫌われてしまいます。

駆け引き上手な人の特徴

駆け引きは、上手にしないと逆効果となります。では、どのような人が駆け引き上手なのでしょうか。

男女ともに共通する特徴は「異性慣れしている」ということです。また、相手の気持ちをきちんと汲める思いやりのある人が多いでしょう。あまり返事を遅らせると気持ちが冷めますが、心配している段階で返事がくると嬉しいです。そういった場面に慣れている人が、駆け引き上手と言えるでしょう。

自信がないから構って欲しい、自信があるから積極的という態度になります。しかし、ある程度の経験がなくては駆け引きは上手になれません。

駆け引きだけじゃなく素直さも大切に!

ここまで駆け引きをする人の特徴やテクニックなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか。今まで駆け引きをしたことがある、されたことがあるという方も多いでしょう。その向こうにある特徴について知っていただけたのではないでしょうか。

駆け引きをすることで、当たり前だった日常の中にドキドキが加わります。相手の事を思う時間も増えるでしょう。しかし、上手くいかないと逆効果で嫌われてしまうこともあります。

慣れないうちはあまり使わずに、素直に自分の気持ちを表現してみましょう。その中で、折を見て駆け引きをすると良いでしょう。仲が深まる良いテクニックを活用してください。