Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】読書好きの特徴・読書好きにおすすめの仕事と出会い

Author nopic iconばあむ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月26日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】読書好きの特徴・読書好きにおすすめの仕事と出会い

読書好きの世界は広い

「読書好き」を自認する人は多数いますが、どんな本が好きかは十人十色です。書店へ行けば神羅万象すべての事柄の本がズラリと並んでいます。ですから、読書は同じ趣味を持っている人を探しにくい趣味ともいえます。

今回は読書のジャンルは固定せず、読書好き全般に当てはまる特徴や出会いの場、そして読書好きに子どもを育てる方法を紹介します。

男女別読書好きの人の特徴

読書好きな人は、老若男女、職業や立場を問わずいろんなところに存在します。ですから、読書好きな人にもタイプがあり、多様です。一概に読書好きを一括りにするのは難しいですが、ここでは読書好きにありがちな傾向を紹介します。

性格

読書好きとひとまとめに言っても、本のジャンルやスタイルによってタイプはさまざまです。ここでは、読書をするときに必要な力や、読書好き全般にありがちな特徴を紹介します。

自分の意志が強い

一般的に読書好きな趣味を持つ人は、おとなしい、引っ込み思案だと思われている傾向がありますが、実際には少し違います。本を読むには自分の意志が必要です。主体性がなければ読書ができませんから、読書好きな人には、自分の意志が強い人がいます。

子どもの頃から読書が好きだった人の中には、友人の遊びの誘いを断ってでも本を読んでいた人もいます。また、ひとりの世界に没頭する趣味でもありますから、周りの人に流されず、自分の世界を構築していた人も多いのが特徴です。

読書好きには良くも悪くも、誰に何と言われても、自分のやりたいことを貫く意思が多く含まれています。

保守的

読書好きの人の中には、伝統や常識に精通している人もたくさんいます。本を通して、知識がたくさんあるからです。それは、ある人から見れば「保守的」に映る人もいるでしょう。読書好きの間でも「古典作品を読まねばならない」とか「電子書籍は認めない」など、型にはまった読書スタイルを提唱する人も多く存在します。

好奇心が強い

保守的な人とは反対に、好奇心旺盛で新しい知識、新しいテクノロジーに興味津々な人もたくさんいるのが読書好きの世界です。自分の興味、好奇心を満たすために読書に没頭している人は、知らないこと、分からないことを隠しません。そして、本を読んで勉強して、ますます深い世界に潜ってゆきます。

ひとりの時間を楽しめる

読書は基本的に一人で行う作業ですから、読書好きな人は、ひとりの時間を楽しみます。読書する時間だけでなく、本の新刊をチェックしたり、書店や図書館を見て回ったり、読書好きはなにかと忙しいです。

もちろん、他の人とも楽しみを分かち合えれば良いのですが、本のジャンルが多種多様すぎて、仲間同士で群れられません。ですから、自ずと単独行動が増えます。近年ではインターネットのSNSを使って情報交換が活発です。

読書好きな芸能人

芸能人にも読書好きを公言する方はたくさんいます。

読書好きにおすすめの仕事

どんな職業や分野にも読書好きは存在します。むしろ読書に必要なのは時間。時間的に余裕や融通しやすい職種が、読書好きな人におすすめです。今回は、会社勤めをするサラリーマンが、読書時間を確保するためにしていることを紹介します。

電車通勤ができる仕事

電車での通勤時間は格好の読書タイムです。むしろ電車の中が読書に集中できる人もいるでしょう。読書時間確保や、資格取得の勉強のため、自動車通勤から電車通勤に切り替える人もいます。隙間時間を上手に使いましょう。

通勤圏内に書店、図書館がある

会社と自宅の間に書店や図書館があることも大切です。読書好きさんは引っ越しの際、スーパーやショッピング施設の場所をチェックするように、書店やTSUTAYA、図書館との位置関係で物件を選ぶ人もいます。図書館やTSUTAYAの返却ボックスが設置されている位置も需要です。

読書好きの出会いの方法