Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

Author nopic iconsuperwriter
自己啓発 / 2018年03月30日
【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

状況別自分に自信を持つ方法

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つことができないという状況は、人それぞれさまざまな場面であることでしょう。恋愛や育児、部活や勉強など、学生でも社会人でも、男性でも女性でもみんなが悩む問題です。そこでここでは具体的な状況別で、自分に自信を持つ方法をご紹介します。

自分に自信を持つにはどうすれば良いか、しっかりと学びましょう。具体的な対処法を心得ておくと、ぼんやりと問題に対処する時よりも気持ち的にも楽になります。

恋愛

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

恋愛で自分に自信を持つことができない場合は、まずは自分磨きをしましょう。おしゃれになるために、ファッションセンスを磨いて新しい服を買いに行くのも良いですし、化粧の練習をしたり、他人に好かれるように自分の行動を見直してみたりすることも良いでしょう。

一つひとつは小さなことですが、積み重ねていくと次第に周囲の人からの目線や扱い方が変わっていきます。すると自分の心持ちも、以前と違って堂々としていられるようになるでしょう。もちろん、努力して磨いた自分ならば、好きな異性を前にしても自信を持つことができます。

育児

育児において、自分に自信を持つことができない人が非常にたくさんいます。それは育児自体が家庭内で行われることであり、自分の努力を見てくれる人が少ないということや、子供が自分の思うように言うことを聞いてくれなく、自分が間違っているのか、自分の能力が低いのかと、自己否定してしまうことが多いからです。

そのため育児において自信を持つためには、子育て仲間を作ることをおすすめします。同じように育児に自信を持つことができない人はたくさんいます。そうした子育て仲間と、自分の頑張りや苦労を共有することで、自分が考えていたよりも頑張っていることに気が付きます。そうすれば自分に自信を持つことができるでしょう。

部活

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

部活においても、自分に自信を持つことができない人が多いです。それは芸術系の部活でも、運動系の部活でも、常に他人との比較や競争の中に閉じ込められているからです。同じ部活の部員はもちろん、同じ地区や都道府県の選手、同じ競技の選手と常に比べられてしまうということです。

そこで部活において自信を持つには、自分ができる限界の努力を積み重ねましょう。大会や本番の時に、自分はあれだけ努力したのだから大丈夫、という自信を持つことのつながります。そうすれば結果がどうであれ、自分にできることは全てやり切ったと言えるでしょう。

受験勉強

受験勉強の場合も、部活と同じく常に他人との比較の中に閉じ込められ、自信を持つことができなくなりがちです。特に模試の順位や点数などの明確な判断基準がある比較や、合格不合格という完全に二分された結果が出ることから、その競争は熾烈なものになってしまいます。

そこで受験勉強において自分に自信を持つには、自分の努力を目に見える形にしておきましょう。例えば、計算用紙の山や、勉強に使ったノート、使い切ったペンなど、自分が勉強をする際に使ったものを残しておく、という方法です。最後の試験の前に自分の努力の山を見れば、自分の今までの努力を信じて自信を持つことができるでしょう。

自信を持つために必要な対策方法

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つために必要な対策方法には、二つの方法があります。一つは他人と比べないことです。多くの場合で、他人との比較の中で自信を持つことができなくなりがちです。そのため自信を持つことができるようになるまで、他人と比較しないで自分自身を見つめ直すことが大事です。

二つ目は、自分の努力を信じることです。自分がどれだけ努力をしたのかが、目に見える形になれば、自然と自信を持つことができるようになります。この方法で自信を持つと、いざという時に大胆な行動に出ることもできるので非常におすすめです。

自信を持つことに関するおすすめの本

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つには、自己啓発系の本よりも、成功者のエッセイを読むと良いでしょう。実際に成功した人たちが、どんな苦労をして、どうやって乗り越えたのかが一冊で分かります。

ここではおすすめの本を一冊ご紹介します。この本を読んで、自信を持つために必要な本は、どんな本なのかということを知りましょう。

『ゼロ』堀江貴文

自信を持つことに関しておすすめの本は、堀江貴文の『ゼロ』という本です。この本は、堀江貴文が人生でさまざまな成功や失敗をしてきたことに関して、生まれた時から今までのことを語った独白本です。数多くの成功を収めてきた堀江貴文が、天才ではなく、ただの努力家だったと知った時、読者は前向きな気持ちになれます。

どんなに成功している人でも、スタートラインにいた時は何者でもありません。そこからの無数の努力のおかげで、成功者となっています。こうした成功者のエッセイを読むことが、自信を持つために非常におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

堀江貴文さんの等身大の本。
この本を読んでしまったらいいわけはなしだなと思える良書。

自信を持つときにおすすめの言葉

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つために、ある言葉をキーワードとして覚えておくという方法もおすすめです。なぜなら、文字化された言葉で覚えておくと、いざという時に思い出しやすく、心の中で思い出すだけで良いので、いつでもどこでもできるからです。

人によってどんな言葉が胸に残りやすいか、自信を持つことにつながりやすいかは異なるでしょうが、ここでは努力の積み重ねに関する言葉を、具体的にご紹介します。このような言葉を常に意識しておくと、次第に自分の座右の銘と呼べるものになり、あなたは自然と自信を持つことができるようになるでしょう。

ことわざ「塵も積もれば山となる」

有名なことわざの一つに「塵も積もれば山となる」という言葉があります。これは、小さな努力も積み重ねていけば大きな成功につながるという意味です。実社会はまさにそのとおりで、小さな努力の一歩が、成功を勝ち取るために重要です。

しかし小さな努力は、すぐに結果につながるわけではなく、非常に根気が必要であり、途中で自信をなくしてしまいがちです。そんな時に、このことわざを思い出すことで、前向きに努力ができるのではないでしょうか。誰しもが、自分一人で辛い努力を乗り越えられるわけではありません。こうした言葉に頼って、すがりついて頑張っています。

秋元康「成功は手を伸ばしたそのすぐ先にある」

「成功は手を伸ばしたそのすぐ先にある」というのは、実業家の秋元康の言葉です。この言葉は、成功というのは、自分が手を伸ばしてもう限界だと思ったそのすぐ先にあるもので、そこに気が付いてもう一歩努力できたかどうかが、成功したかどうかの差である、という意味です。

これは秋元康自身が非常に努力家であることから生まれた言葉でしょう。成功するためには、諦めないことが最も重要だと言う成功者もいます。そうした人々は、諦めずに手を伸ばし続けたことによる成功体験を知っているからこそ、そのように言うことができるということです。

自信を持つことができるおすすめのおまじない

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つことためには、いつでもどこでも簡単にできるおまじないがおすすめです。とは言っても、こうしたおまじないは世の中に無数にありますし、効果があるのかどうか疑わしいものばかりです。そのため、おまじないの方法を探すときは、自分が心から自信を持つことができることを探しましょう。

自分の体験の中から生み出したおまじないでもいいですし、自分が心から尊敬する人のマネをしたおまじないでもいいでしょう。また自分のことを良く知っている人におすすめされたものでもいいです。

とにかく自分が心から自信を持つことができるおまじないを実行することが重要です。最初は半信半疑でしょうが、それに伴った成功体験を重ねるうちに、本当のおまじないになっていきます。

ルーティーンを決める

おまじないをする簡単な方法は、ルーティーンを決めることです。スポーツ選手の場合は、試合前やプレー中によくルーティーンを用いています。特にラグビーの五郎丸選手のルーティーンは、日本でも非常に有名になりました。自分が自信を無くしがちな時に、自己暗示をかける意味合いで、ルーティーンを行ってみるとよいでしょう。

ルーティーンを実行する際の注意点としては、対象の場面で必ず行うということがあります。例えば、サッカーのフリーキックの時に自信を持ちたいならば、試合のフリーキックはもちろん、練習のフリーキックでも、イメージトレーニングの時のフリーキックでも必ずルーティーンをやるようにしましょう。そうすれば、本番でもうまくいきます。

自信を持つことのメリットとデメリット

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自信を持つことには、メリットがたくさんありますが、反対にデメリットもたくさんあります。ただし、だからといって自信を持つことが悪いことだというわけではありません。あくまでも自分のメンタルと折り合いをつけることが重要だということです。

メリット

自信を持つことのメリットとしては、本番や大事な場面で思いきったことをできる、自分の実力を出し切ることができるということがあります。自分に自信がない状態では、堂々とすることはできませんし、自分を信頼できていないので、実力を出すことは難しいでしょう。

特にスポーツ選手や音楽家の場合は、常に自分のパフォーマンスを出し切ることが求められます。その際に自分に自信があることで、緊張やプレッシャーの中でもいつもどおりの実力を出し切ることができるということです。

また自信があると、重大な選択を迫られた時に、大胆な選択を選ぶことができます。大事な場面で保守的になってもいいことはありません。自分を信じて大胆な行動に出ましょう。

デメリット

自信を持つことのデメリットは、おごり高ぶってしまうことです。自分に自信があると、どうしても周囲の人を見下したり、バカにしてしまいがちです。それは自分の心の中だけに押しとどめていても、無意識のうちに態度に出てしまいがちです。そうした様子を見られて、周囲の人からの信頼を失わないようにしなくてはなりません。

おごらないようにするには、常に謙虚な姿勢を心がけましょう。自分の成功はもちろん自分のおかげですが、その過程でお世話になった人もいることでしょう。そうした人たちへの感謝を忘れてはなりません。

自信と上手く付き合って成功しよう

【状況別】自分に自信を持つ方法・必要な対策・おすすめの本

自分に自信を持つことは、成功体験のためには非常に重要です。しかし過度な自信は逆に自分の身を滅ぼしてしまいます。そのため、自分の自信と上手く付き合っていくことが大切です。

自信のある人はとても魅力的です。見ているだけで前向きな気持ちになりますし、チームの中にいれば、自然とついていきたくなるような存在です。そんな魅力的な人間になるためにも、自信と上手く付き合っていきましょう。

関連記事

Related

新着記事

Latest