Search

検索したいワードを入力してください

堅実な人の特徴・堅実的になる方法・堅実と謙虚との違い

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

堅実な人の特徴・堅実的になる方法・堅実と謙虚との違い

「堅実」の意味と使い方は?

「堅実」は日常的に使用されている言葉ですが、詳細な意味まで理解できている人は意外に少ないです。「堅実」とは手堅い、しっかりしている、確実などの意味があり、堅実な人、堅実家などの表現で使われることが多いです。しっかりしている人のことを指して使いますので、基本的には褒め言葉として使われる言葉です。

もちろん皮肉として使用される場合もあり、堅実なことを堅物、ケチなどの意味合いで使用している人もいます。しかし基本的には褒め言葉であり、マイナスの意味合いで使われることは稀だと言えます。「堅実」以外にも似た意味を表す類語もありますし、反対の意味を表す対義語もあります。それぞれの言葉や意味を知り、言葉の理解を深めていきましょう。

類語

堅実の類語としては、「実直」「堅調」「着実」などの言葉が挙げられます。さまざまな言葉がありますが、表している意味は基本的には同じです。手堅いことや確実なことを表していますので、人に対して使う場合は真面目な人間性について言及していると言えます。

そのため基本的にはどれも褒め言葉として使われることが多いです。堅実以外にもさまざまな言葉がありますので、人に対して使う場合はいろいろな言葉を使って、豊かな表現で褒めるようにしましょう。

対義語

堅実の反対の意味を表す対義語としては、「放漫」「粗雑」「横着」などが挙げられます。これらはいい加減な様子や雑な様子を表したものであり、基本的にはだらしないことを責める意味で使われることが多いです。褒め言葉として使われることはなく、使用することで相手の悪口を言っていることになりますので注意が必要です。

また「投機的」も堅実の対義語と言えます。投機的とは投資家などの特徴を指した言葉であり、投資などに対して積極的であることを意味しています。堅実と投資は対極の考えにありますし、これも対義語であると言えます。

堅実な人の特徴は?

堅実という言葉の意味を知れば、それが実際に人に使われるときにはどのような意味を持つのかを知っておくことが大切です。堅実な人とは、言葉の意味から考えれば手堅い人、確実な人という意味になりますが、実際にはそれらの特徴だけではありません。堅実な人にはさらに別の特徴がありますし、それは共通していることが多いです。

堅実な人は将来をきちんと考えている人が多いですし、日々を丁寧に生きている人もたくさんいます。失敗のない人生を歩みやすいのは堅実な人の強みであり、幸せを手にしやすいとも言えます。そのため堅実な人に憧れる人は多いですし、自分の行動を反省して堅実になろうと考える人もいます。堅実な人の特徴を知り、自分と当てはまる点があるかを確認してみましょう。

真面目

堅実な人の特徴としては、真面目であることが挙げられます。堅実な人は何事も確実にこなそうとしますし、しっかりと成功させようと考えます。確実に成功させるためにはきちんと責任感を持って取り組まなければなりませんし、真面目で責任感の強い人が多いです。目の前のことはどんなことでも最後までやりとげますし、やりとげようとする強い意志があります。

何かを投げやりにしてしまうことで堕落するのを嫌う人は多いですし、自分に対してだけではなく、周囲の人に対して責任を果たすことで、周囲からの信頼を勝ち取りたいと考えている場合も多いです。人生をより確実に成功させるためには周囲の助けが必要ですし、助けが得らえるように真面目に過ごして周囲からの信頼を集めている人もいます。

慎重

堅実な人の特徴としては、慎重であることも挙げられます。堅実な人は何事も手堅く成功させようと考えますし、確実に成功させるためにはきちんと準備をしておかなければなりません。行き当たりばったりでは失敗してしまうことも多いですし、少しでも成功率を高めるために事前の準備を欠かすことはなく、準備不足だと不安を感じてしまい、行動ができないということも多いです。

石橋を叩いて渡るタイプであり、他の人よりも慎重に行動することで確実な成功を収めています。絶対に大丈夫と確信が持てるまで行動できない人が多く、少しでもリスクを感じれば回避しようと考え、行動するのを止める人も多いです。そのため周囲の人からは行動できではないように見えてしまうことも多いですが、アクティブではないわけではなく、単に心配で動けないだけの人が多いです。

堅実的になる方法は?

堅実な人や堅実な人生に憧れを持ったり、魅力を感じている人は多く、堅実な生き方をしたいと考えている人はたくさんいます。堅実な生き方=つまらない、波風の立たない退屈な人生と考える人も多いですが、それは間違いです。堅実な生き方をしていたとしても、波乱万丈な人生を送ることになる人もいますし、毎日の生活が退屈しているというわけでもありません。

また仮に退屈に感じる場合でも、穏やかな時間の流れに幸せを感じる人は多いですし、人生の満足度は他の人に比べて高い場合も多いです。堅実な生き方をしていれば、何か重大なトラブルが起こったとしても上手に対処し、解決できる可能性が高いです。人生をより楽しく、安全に過ごすためには堅実な考えは大切ですので、堅実的になる方法を知っておきましょう。

将来のプランを明確に決める

堅実的になるためには、将来のプランを明確に決めておく必要があります。堅実とは手堅く確実に何かを実行することであり、その何かが定められていなければ行動のしようがありません。まずは明確なプランを決めておき、それを実行するために何かを考えていくことが大切ですので、自分自身の将来についてをきちんと考えておきましょう。

どのような将来像を持つかによって歩むべき人生は変わってきますし、取るべき行動も違ってきます。まず大きな目標を立て、それを細分化していき小さな目標を立てていくことが大切です。漠然と大きな目標の実現を目指すのではなく、細かい目標を立てて、それを少しずつ実現していくことが大切です。小さな目標を確実に達成することで、最終的には大きな目標を達成し、堅実的になることができます。

勢いだけで判断しない

堅実的になるためには、しっかりと考えてから行動することが大切ですので、勢いだけで行動しないことが大切です。勢いだけで行動してしまうと、行き当たりばったりになってしまいますし、全く予期しない、準備をしていない事態に巡り合ってしまう可能性もあります。堅実的になるために重要なのは物事を確実にこなすこと、こなそうとすることであり、成功するか失敗するかは関係ありません。

もちろん成功に向けてきちんと準備をするのが堅実的な考えではありますが、失敗をしたとしても被害を最小限に抑えるのが堅実的な考えでもあります。そのため仮に成功したとしても勢いだけで行動するのは堅実的とは言えません。行動の前にきちんと考え、ワンクッション置くようにしましょう。

堅実と謙虚の違いは?

堅実と似た言葉で謙虚という言葉が挙げられます。堅実と謙虚は同じ意味なのではないかと考える人も多いですが、これは間違いです。堅実と謙虚では意味が大きく違っていますので、間違えて使用しないようにしなければなりません。堅実の意味を再確認し、謙虚の意味を知ってそれぞれの違いを知っていきましょう。