Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】頭が良くなる方法・大人・幼児におすすめの本

Small 94dbe341 165e 49c8 8c8b 3cf672903bf3はなみ
自己啓発 / 2018年04月06日
【年代別】頭が良くなる方法・大人・幼児におすすめの本

頭が良くなるには

頭が良くなるにはどうしたらよいかを紹介していきます。頭が良くなるには勉強をしれば頭が良くなるという事は当たり前ですが、勉強だけではストレスが溜まってしまいます。実際に東大生などは勉強しかしていません。

しかし、それは高校生などになってからの段階が多く、小学生や中学生といった小さい時からは、さほど勉強の量ではなく、質が大事になっていきます。実際に毎日コツコツ勉強していれば、頭は確実に良くなります。

復習や予習を毎日30分だけするだけでも、頭はもちろんよくなります。普段勉強しない場合は、頭の記憶力は時間とともに落ちていきます。それを少しでも予習復習を何度もしていれば頭の記憶力維持につながりやすいです。

勉強

頭が良くなる方法としては、まず勉強しましょう。勉強をせずにテストや受験勉強がすんなり分かった人は天才であることが多い傾向にあります。勉強は頭の記憶力を維持するために必要です。実際に頭の良い人は才能もありますが、勉強の努力のたまものでもあります。

復習というのは自分ができなかったところを脳に叩き込む勉強です。やればやるだけ記憶がしっかり定着しよみがえってくる回数も多くなります。

予習というものは、復習より大事であると感じます。実際に予習とはまだ習っていない勉強を前もって勉強しておくことを予習といいます。かなり予習は効果的です。頭が良くなる方法として、復習と予習が効果的です。

頭が良くなる方法としては、まずしっかり勉強で知識を養うことです。

ゲーム

頭が良くなる方法としてのゲームですが、頭が良くなるかは微妙なところですが、頭脳トレーニングであったり、頭を使うことができるゲームは数多く存在します。記憶力を確かめるゲームもあります。

実際にパズルゲームなどで頭を使う際に、長時間やっていると頭が疲れてきます。これは頭をしっかり使って考えている証拠です。そしてそれは非常に良いことです。頭の体操といって、脳にたくさんの刺激が送られ脳みそが活性化するメリットがあります。

しかしゲームのやりすぎもよくありません。30分やったら15分休憩、もしくは一時間やったら30分休憩というように、脳も休ませることも大事です。

適度な勉強時間

頭が良くなる方法としては、適度な勉強時間が必要です。実際に頭が良くなる方法では、勉強ということが第一に挙げられましたが、勉強にも適度な時間はあります。毎回頭を使っていると、体力的にも精神的にも疲れるてしまいます。

そしてずっと家の中、もしくは図書館などで勉強していることもあり、非常に大変です。リラックス方法としては、外へ出て体を動かしたり、自分の好きなことをするのがおすすめです。適度な勉強時間は一日に何度も分けてやると良いです。

いっぺんに勉強をするより、脳の記憶を維持しつつ、行うことが大事です。そしてその維持された記憶を何度も何度もやっていると、脳に記憶がしっかりと定着します。そのような記憶をどんどん増やしていくことが勉強です。

頭が良くなる方法として、勉強時間は2時間やったら30分休憩、もしくは一時間やったら20分休憩するのが効果的です。

受験勉強

まず誰もが経験する受験勉強です。受験勉強はしっかり準備をしておかないと、失敗してしまうケースが多いです。なぜなら、中学なら中学の、高校なら高校の基礎基本と、応用が出るからです。まず基礎基本でいかに点を取れるかが大事になってきます。

準備には毎日コツコツ勉強をすることが大切です。そしてどこまで自分自身がその単元を理解してくるかで点数も変わってきます。しかし徹夜も覚悟をもって臨むことができれば、試験が近づいてくるまでなら、まだ問題はありません。

試験前日に体調を崩したりしてしまったら、勉強してきた意味がなくなってしまいます。ですが頭が良くなる方法としては、毎日コツコツ受験対策勉強をしておくことが大切になってきます。

テスト勉強

テスト勉強は、テスト前日に勉強をたくさんやる人が多い傾向にあります。もちろんそのようなやり方も「追い込み」といって悪いわけではありません。ですがテストの場合は、予習復習をしっかりやりつつ、少しの勉強時間で良い点数を取れる方もいます。

なぜなら、テスト範囲は決まっています。その中の範囲でしっかり復習を毎日勉強していれば、記憶に定着するからです。テスト勉強はいかにその単元を理解しているかが、受験勉強よりも大切になってきます。

学生の頭が良くなる方法

学生の頭が良くなる方法を紹介していきます。まず学生は社会人の仕事で言ったら、学校がその仕事になります。毎日休まず登校することはとても大切です。その中でも、人とのコミュニケーションやチームワークを作る場でもあります。

実際に学生は、中学生と高校生は非常に勉強をたくさんする機会が増えます。中間テストや期末テスト、学期末テストも存在するからです。しかも高校生になると、「留年」というものもついてきます。

まずはその重みをしっかり理解したうえで、勉強することも大切です。学生の頭が良くなる方法として忘れてはいけないのは、聞く耳をしっかり持つことです。

小学生

小学生の頭が良くなる方法としては、家庭学習がおすすめです。普段学校で勉強をしているとはいえ、小学生は休み時間などの方が楽しみになってしまって、勉強なんかしなくていいやとおもっている方がほとんどです。

実際には、家には帰って家庭学習を少しでもする習慣をすることが大切になります。そして実際には親がどれだけ教えられるかにもかかわってきます。小学生は飽きさせない勉強方法をすることが、頭が良くなる方法としては一番適正になってきます。

まず小学生はその環境になれる状態を作ることですから、あまり勉強はしない方もいます。しかし、日々の家庭学習を大事にしていくことが、頭が良くなる方法の一つといえます。

中学生

中学生になると、いよいよ本格的な勉強が始まります。実際中間テストや、期末テストなどがでてきます。そしてそのテストにしっかり勉強しておかないと、高校進学に大変不利になってしまいます。ある程度大人の対応を中学生です。

まだ子供なところはありますが、中学三年生になれば高校進学に向けての、面接の準備や成績の関係も出てきます。まずはしっかり理解をしておくことが大切です。頭が良くなる方法としては、予習復習をしっかりやることです。

まだ徹夜で勉強をしようとはおもえない精神状態になる方もいます。まれに精神状態がしっかりしている中学生もいますが、基本的にはいません。

高校生

いよいよ高校生になると、将来に向けての勉強方法となっていきます。成績もその将来の場所に合った成績をとっておかないと、その道に進めなくなってしまう可能性がでてきます。そして自分の将来の道をしっかりと決めておくことが大切です。

面接や、テスト勉強だけではなく、その自分の将来の道を考え、履歴書などもしっかりと書けるようにならなくてはいけません。一番大変な時期でもあり、一番楽しい時期でもあります。楽しい時期でもあるので、勉強をしない人がこの時期は非常に多くなります。

頭が良くなる方法としては、しっかり自分の将来に合う勉強をして、成績をとることです。予習や復習も忘れずに、家庭学習もしっかりやることが非常に大切です。

大学生

大学生は、かなり自由になります。ですがその自由度がくせ者です。実際に自分でスケジュールや授業を組むことができます。自分が勉強したいものだけをとることができるので、あまり苦しいことはないように感じる方もいます。

ですがそんなことはなく、しっかり単位を取らなければ進学することもできません。休み中には必ず受けなければならない、講座もあります。そのようなものを忘れてしまうと単位が足りなくなり、進級ができなくなる可能性がとても高くなるのが現状です。

ですが休みが多く、勉強もしやすいところは大学生ならではのメリットがあります。

大人の頭が良くなる方法

大人の頭が良くなる方法を紹介していきます。まず大人は勉強することがなくなり、社会人として仕事をしているのが現状です。ですが大人でも勉強するのは大切ですし、特に人生は毎日が勉強です。

高校生レベルの数学や英語も、今となっては社会人にとっても使えるスキルになっています。英語は特に今の日本には必要なスキルとなっています。まずは自分で何を磨きたいのかを考えて、それに合った勉強をしていくことが頭が良くなる方法の一つともいえます。

読書

読書で頭が良くなる方法です。読書は非常に良いことです。読んだことが脳に直接伝わるので、頭が良くなることがわかっています。実際に漢字の読みや、書きなどもそれで吸収することができます。

頭が良くなる方法としては、小説が一番好ましいです。絵がなく、字だけで構成されたもので、想像力をかきたてる作用があります。その想像力を脳で想像することから、脳を使ったトレーニングともいえます。

大人でも気軽にできる読書は、学生でもできることです。実際に読書が趣味の人で、あまり頭の悪い人はいない方はいません。そしてその理由としては、しっかり漢字や想像力が養われることができるからです。

幼児の頭が良くなる方法

幼児の頭が良くなる方法を紹介していきます。一番頭が良くなる方法としては、「本の読み聞かせをすること」が、効果的な方法です。

幼児はまだ勉強という事に関心がありません。しかし、数字を数えたり、パズルをして脳を使う遊びが好きな幼児は、それをどんどんさせてみましょう。たまには外遊びもさせるといいです。

頭が良くなる方法がわかるおすすめの本

頭が良くなる方法がわかる本を紹介していきます。読書でも頭が良くなりますが、頭が良くなる方法をもっとたくさん知りたい場合は、おすすめの本があります。

突然頭が良くなるIQパズル

この本は頭を非常に使う本です。謎解き系のパズルで、解けば解くほど癖になってしまう本です。大人でも学生でも考えればできる本です。そして小学生などでも親と一緒に取り組めば、わかる問題があってもおかしくありません。

Blockquote firstBlockquote second

普段は本を読まないのですが、病室でパソコンばかりの生活だったのですがたまに本も良いですね。また、簡単な物から複雑なものまで楽しいクイズが沢山あります。頭を使うのでボケ防止にとても良いと思います。

頭が良くなる方法は勉強

結局は、頭が良くなる方法は勉強が一番です。なぜなら書くや見ることは脳に直接記憶として残っていくからです。頭が良くなる方法は、勉強以外にも読書やゲームなどでもあります。それはあくまでサブ的なもので、実際には勉強が一番です。

そして小さいころから、毎日勉強する習慣がついていれば、自分の将来に向かっての勉強も安心してすることができます。自分の人生は脳とリンクしています。脳をしっかりと鍛えて、自分の輝かしい人生をより良いものにしていきましょう。

関連記事

Related