Search

検索したいワードを入力してください

満足感がないときの原因・睡眠で満足感を感じる方法|ダイエット

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
ダイエット / 2018年03月07日
満足感がないときの原因・睡眠で満足感を感じる方法|ダイエット

満足感がないときの原因は?

日々幸せに生きるためには満足感を得ることが大切であり、満足感があるかどうかによって感じられる幸せの量は違ってきます。満足感はさまざまな場所から得ることができますし、人によってどのように感じられるかも異なります。同じことをしていても満足感を感じられる人もいれば、満足感を充分に感じられない人もいます。

それぞれで価値観などは違っていますので、自分に合った満足の形を見つけることが大切です。満足感は生活のさまざまな場所から得られるものであり、満足感が得られないことには必ず原因があります。なぜ満足感が得られないのか、その原因はシーンによって異なっています。状況別での満足感が得られない原因を知り、どうすれば満足感が得られるようになるかを知っていきましょう。

食事

食事に満足感がない理由としては、一緒に食べる相手がいないことが挙げられます。食事は食べることが目的ではありますが、実際にはそれだけではなく友人や知人、家族や恋人などと楽しく会話をしながら楽しみます。一人に慣れているという人は一人の食事でも満足感を感じることはできますが、慣れていない人はどれだけ素晴らしいものを食べても物足りないと感じてしまうことは多いです。

食事で満足感を得るためには食べるものの量や内容ではなく、一緒に食べる相手を見つけることが大切です。仮に食べたものが美味しいくなかったり、量が少ない場合でもお互いに愚痴を言い合えば満足することはできますし、食事をとおして充実した時間を過ごすということが大切です。

お菓子

お菓子で満足感が得られない場合は、単純に量が少ないことが挙げられます。お菓子は食べ始めればついつい止まらない人も多く、あっという間に一袋食べてしまうこともあります。しかしお菓子を食べたからといって、満腹になることはほとんどありませんし、もっと欲しい、食べたいと感じてしまいます。

美味しいお菓子は量が少ないことも多いですし、すぐに食べきってしまい物足りなさを感じてしまう人は多いです。お菓子を食べて満足感が得られない場合は量を多く用意することが大切ですが、それだけではなくさまざまなバリエーションを用意するのがおすすめです。少しずつであってもさまざまな味を楽しむことで満足感を得ることができますし、全体の量を少なく抑えられる場合もあります。

朝ごはん

朝ごはんで満足感を得られない原因は適当に済ませ過ぎていることが挙げられます。朝は忙しい人が多いですし、コーヒーにトーストなど簡素なもので済ませてしまっている人も多いです。平日など仕事があって朝ごはんに時間がかけられない場合はそれでも仕方がありませんが、本当に満足感を得たいのであれば、きちんとしたメニューで朝ごはんを食べることが大切です。

朝からたくさん食べられる人は多くはありませんので、いつものメニューにもう一品足すなどの工夫で構いません。トーストとコーヒーにサラダをつけるだけでも満足感は上がりますし、それほど時間もかかりませんのでおすすめです。休日など時間が取れるときにはさらに気合いを入れて朝ごはんを作ってみてもいいでしょう。

アイス

アイスで満足感が得られない原因としては、単調な味に飽きてしまっていることが挙げられます。アイスは一口目と最後の一口でも味が変わることはありませんし、冷たく甘いばかりで飽きてしまうということも少なくありません。アイスの種類によっても対策は違ってきますが、バニラアイスなどスタンダードなものであれば、ジャムをつけるなどで味を変えてみるのがおすすめです。

甘いのが苦手であれば柑橘系のジャムでスッキリさせてもいいですし、大人に楽しみたいのであればラム酒をたらしてみるのもいいでしょう。また変わり種でクリームチーズなどを混ぜてみてもいいですし、アレンジ次第で高い満足感が得られるようになります。

睡眠で満足感を感じる方法は?

満足感が得られるのが食事ばかりではなく、睡眠からも満足感を得ることはできます。食事と同じで睡眠も必ず必要なものですし、高い満足感が得られることで幸せを感じやすくなります。睡眠で満足感を得ることができていれば、寝起きはすっきりとしていますし、頭も冴えているためすぐにでも活動的に動くことができます。

また朝しっかりと起きられていることで日中の活動にも影響しますし、一日を活動的に過ごすことができます。睡眠で満足感が得られていないと一日中だらだらと眠気を感じていたりしますし、頭がぼんやりしてしまうことも多いです。睡眠で満足感を感じる方法はさざまありますので、それらを試して気持ち良く朝を迎えられるようになりましょう。

長時間眠る

睡眠で満足感を感じるためには、まずは長時間眠ることが大切です。しっかりと長い時間眠るのは睡眠の基本であり、これができていないと満足感を感じづらくなります。睡眠は長く取ったからといって貯めておけるものではありませんが、睡眠不足については少しずつ蓄積していきます。

睡眠不足が蓄積してしまえば、いくら眠っても満足感を感じることはできません。まずは睡眠負債をゼロにすることが大切ですので、ゆっくりと気の済むまで眠り、睡眠不足を解消していきましょう。

睡眠時間を3時間ごとに区切る

満足感を感じるためには長時間眠ることは大切ですが、睡眠不足でもないのに長時間眠り続けるのはよくありません。長時間眠っても寝だめをすることはできませんし、長時間眠ることで余計に疲れてしまうこともあります。すっきりとした目覚めを手に入れるためには長時間眠ればいいわけではなく、睡眠時間を考えて眠ることが大切です。

最も目覚めがいいのは3時間、6時間、9時間など3時間単位で眠ることです。睡眠時間を3時間単位で調節することによって寝起きが良くなりますし、満足感も感じやすくなります。

短く昼寝をする

日頃からしっかりと睡眠を取っていたとしても、日中に眠気を感じてしまうことはあります。眠気を感じた場合は我慢するのではなく、10分程度の短い時間で構いませんので眠ることが大切です。短時間でも眠ることで眠気を取ることができますし、すっきりとした気持ちになることができます。

効率的に活動するためには昼寝の習慣を身に付けておくことが大切ですが、昼寝は長時間眠り過ぎないように注意しなければなりません。昼寝で寝すぎると夜に眠れなくなる可能性がありますし、昼寝からの寝起きも悪く、頭もぼうっとしてしまいます。おすすめなのは10分程度で長くても30分以内に収めることを意識しておきましょう。

ダイエット中に満足感を感じる方法は?

ダイエットをしていると一回の食事の量も少なくなってしまいますし、満腹感を感じらませんので満足感も感じづらくなります。満腹になれば必ずしも満足感が感じられるとは限りませんが、ダイエット中は常に空腹であることも少なくありませんし、満腹になれば満足できるという人も少なくありません。

しかしそこでお腹いっぱいに食べてしまってはダイエットをしている意味がありません。ダイエットを上手に続けるためにも、上手な満足感の感じ方を知っておきましょう。

ガム

ダイエット中に満足感を感じるためには、ガムを噛むのがおすすめです。ガムを噛むことで満腹中枢が刺激されますので、それほど空腹感を感じずに済みます。また長時間噛んでいれば顎も疲れてきますし、それほどの量を食べる気力もなくなります。ガムで満腹中枢を刺激し、顎を疲れさせてから食事をすることで少ない量でも満足感を感じることができます。

ゆっくり食べる

ダイエット中はお腹が空いていることも多いので、食事になればがっつきたくもなりますが、ぐっと我慢をしてゆっくりと食べることが大切です。ゆっくりと食べることで満腹中枢が刺激されますし、少ない量でも満腹感、満足感を感じることができるようになります。

ダイエット中は食事の量も少ないですし、意識していなければ短時間で食事が終わってしまうことも少なくありません。食事の時間が短いことでも満足感が感じられなくなりますので、少ない量でもゆっくりと時間をかけて食べるようにしましょう。

野菜をたくさん食べる

ダイエット中でも量をたくさん食べたいという人は多いですし、それなりの量を食べなければ満足感を感じることができないという人もいます。たくさん食べて満足したいという人は、野菜を中心にたくさん食べるのがおすすめです。

野菜であればカロリーもほとんどありませんし、大量に食べたからといってダイエットに影響することはありません。繊維質の高いものを中心に食べればダイエットにも役立ちますし、おすすめ度は高いです。

カロリーの低いお菓子を食べる

ダイエット中はお菓子は厳禁と考えている人も多く、お菓子が食べられないことで満足できないという人はたくさんいます。ダイエットを真面目に頑張りたいのであればお菓子は控えた方がいいですが、カロリーの低いものを少量食べるのであれば問題はありません。

お菓子が全く食べられないことに不満を感じる人は多いので、少しでも食べられるだけで満足感を感じられる人は多いです。カロリーの低いものを選び、量を少なくすることを意識しながら時にはお菓子も食べるようにすると満足感を得ながらダイエットを続けることができます。

満足感と達成感の違いは?

満足感と達成感の違いとしては、明確な目標を立てるかどうかです。達成感の場合は目標を立て、それを実現、達成することで幸せや充実感を感じますが、満足感の場合は目標は必要ありません。食べ物がおいしい、友達と楽しく過ごせた、仕事で褒められたなど特別な目標がなくても良いことがあれば満足感は感じることができます。

感謝の気持ちを忘れずに日々を丁寧に生きていればさまざまなところで満足感を感じることができます。

満足感を得ることで幸せを感じられる

満足感がないときの原因や睡眠で満足感を感じる方法などを紹介しましたが、幸せに生きるためには満足感をしっかりと感じることが大切です。満足感はさまざまな場所から得ることができますし、食事や睡眠など特別ではないことからも感じることができます。満足感が得られる暮らしを目指し、丁寧に生きることで幸せをたっぷり感じていきましょう。

関連記事

Related