Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】人付き合いが苦手な人の特徴|仕事/恋愛/生き方

Author nopic iconぴよりん
人間関係 / 2018年03月26日
【男女別】人付き合いが苦手な人の特徴|仕事/恋愛/生き方

人付き合いが苦手な人の仕事での特徴

人付き合いが苦手だという人は意外にも多く、一見人付き合いがよさそうな人でも実は人付き合いが苦手だという人もいます。ここからは仕事での人付き合いが苦手な人の特徴をご紹介していきます。

アルバイト

アルバイトは、飲食店やスーパーなど、人と接する機会が多い形態のお仕事であることが多いです。あくまでも人付き合いが苦手であって、人と仕事上話すことに関しては苦手だと感じていない人もいます。

このため、勤務中でなく、アルバイト仲間との会話や付き合いが億劫だと感じます。休憩などで他のアルバイトの人と一緒になり、話しかけられてもうまく会話が続かなかったり、休憩時間が苦痛に感じてしまいます。

しかしアルバイトという形態だと、休憩をずらして取る場合も多く、あまり仕事仲間と関わらずに済むということも多いです。

さらに、アルバイト先によっては人の出入りも激しいため、歓迎会や送別会などを設けるアルバイト先も少なく、例え誘われても、勤務形態上断りやすいという点もあります。

会社

会社へ入社した場合、まず最初に歓迎会などのイベントで人付き合いを余儀なくされる場合があります。人付き合いが苦手な人でも、採用され会社へ入社したとなると、なかなか断ることもできず、参加せざるを得ない状況となってしまいます。

歓迎会への参加は、メンバーはほぼ初対面もしくは顔見知り程度のため、人付き合いが苦手な人にとって、非常に辛い場面であるといえます。しかし近年、歓迎会などのイベントをあっさり断る人も多くなり、参加の強制やお酒の無理強いはパワハラにあたるとして、人付き合いが苦手な人にとって好環境となってきています。

人付き合いが苦手な人の恋愛での特徴

人付き合いが苦手な人は、恋愛においても大苦戦しています。恋愛は人との深い関わりの醍醐味といえますので、最難関である恋愛においてどんな特徴があるのかご紹介していきます。

お付き合いに至るまで

まず、人付き合いは苦手な人は、人との交流を避ける傾向にあるため、なかなか異性と出会う場面がありません。同性ばかりの環境にいたらなおさら異性との関わりをもつことは難しいといえます。

例え異性と交流する場があっても、自分から積極的に話しかけたり、アクションを起こすことが最大の難関です。人付き合いは苦手な人は、人から否定されることを恐れている場合が多く、話しかけたら迷惑がられるのではないか、無視されるのではないか、とネガティブな想像が膨らみ、自己紹介ひとつできないという重症な人もいます。

結婚

結婚は当事者同士で行うものではなく、親族や友人、職場関係など、たくさんの人と関わる大きなイベントですので、人付き合いが苦手だという理由で結婚式を挙げたくないという人も多いです。

お互いに人付き合いが苦手であれば、結婚式を挙げない、もしくは親族のみで挙式のみ行うといった方向でも問題ないですが、一方が人付き合いを大切にする人である場合はそうはいきません。

結婚式に人をたくさん呼びたい、という人と結婚すると、結婚式だけでなく、今後の結婚生活の中で友人を自宅に招いたり、家族ぐるみで頻繁に付き合いをしたがったり、人付き合いが苦手な人からすれば、心休まる暇もないといった事態にもなりかねません。

好き同士であっても、この価値観の違いはのちの結婚生活に大きな影響を与えるといえますので、人付き合いが苦手な人はその点も考慮したほうが良い結果となるでしょう。

人付き合いが苦手な人のあるある

人付き合いが苦手な人がよくする行動があります。生きていく中で避けては通れない人間関係をどのように築いているのか、よくある話をご紹介します。

外出先で知人を見つけた時

人付き合いが苦手な人は、基本的に一人で外出することを好みます。でも決して友人や知人がいない訳ではなく、表面上の付き合いはしていますので、外出すれば知人に会うこともあります。

しかし、遠目に知人を確認した場合は、早い段階で気づければ会わないよう迂回したり、間に合わなかった場合はスマホや本などを見て気が付かないふりをしてしまうことがあります。

結局話しかけられても何を話していいのかわからず、しどろもどろしてお別れするというパターンはよくある話です。

誘われたときは「いけたら行く」

友人の誘いで、集まる人数が複数いる場合、人付き合いが苦手な人はとりあえず「いけたら行く」という人が多いです。

そしていざ当日、「ごめん、やっぱりいけない」とドタキャンしても、いけたらと伝えていることで、こない可能性があると相手に理解させ、後に断っても大きなブーイングを買うこともありません。

いけたら行くと事前に予防線を張ることで、誘いを断ることへのストレスと、人付き合いしなければいけないストレスを半減することができる、人付き合いが苦手な人にとって素晴らしいこの策略はよく使われます。

人付き合いが苦手な人の生き方の特徴

人付き合いが苦手な人は、なぜ人と関わることが嫌になってしまったのか、どんな性格の人に多いのか、そのルーツを探ります。

育った環境

人付き合いが苦手な人は、幼少期より大人の顔色を窺わなければならないような環境にいた人に多く見られます。

大人の顔色を見て育ったことにより、ずっといい子でいなければならないという使命感から、自分の行動に自信がなく、自分の要求や意見をいうことができず、人といると疲れを感じてしまいます。

そして、過去に起きたトラウマやコンプレックスなどから自己肯定感が低く、自分に自信がないため、人と話すことにも相手の反応ばかりが気になり、疲れてしまいます。

このように、幼少期の環境や過去のトラウマ・コンプレックスによって、人付き合いが苦手となってしまった人もいますので、付き合いが悪いからと否定せず、その人の価値観として捉えるようにしましょう。

自然と人と関わらない道を選択してしまう

学校やサークル、会社にママ友、生きていくのに人と関わらない人はいません。しかし、人付き合いが苦手な人は、自分でも無意識に人が少ない道を選択してしまいます。

人に話しかけられないようにするため、ずっと下を向いていたり、食事をトイレや車内、自室でとったり、授業や就業時間が以外の休憩時間にも人のいない場所を探してしまったりします。

この行動は、自意識が過剰になり過ぎてしまっていることが原因です。常に人から見られていると感じてしまい、いてもたってもいられなくなり、このような行動を取ってしまいます。

こんな時は、一度あたりを見回してみると、意外にも誰も見ていないことがわかり、気持ちが楽になることもありますので、試してみて下さい。

男女別人付き合いが苦手な人の特徴

人付き合いが苦手な人の中にも、男女によってその付き合い方が変わってきます。ここからは、男女別の人付き合いが苦手な人の特徴をご紹介していきます。

彼氏・彼女

人付き合いが苦手な人は、圧倒的に男性に多いです。女性の場合、順応性が高く、初対面の人とでもすぐに打ち解けられる人が多いです。

その理由として男女別の脳の発達の仕方が関係しており、男性は理論的思考の右脳が発達しやすく、女性は感情的思考である左脳が発達しやすいという研究データがあります。

このことから、男性は人付き合いにおいても論理的に考えるため、理由なく会話やメールをしたり、人付き合いをすることが苦手であると関連づけられます。

彼女の場合

女性の場合は、人付き合いが苦手である人は比較的少なく、おしゃべりが好きで、誰とでも仲良くなることが得意な人が多いです。このことは脳科学的にも立証されていますが、人付き合いが苦手な女性もいます。

しかし、女性の場合、人付き合いせずにいると、すぐに悪口をいわれたり、仲間外れにされてしまう可能性が高く、人付き合いが苦手だからといって避けていられないのが実情です。

あまり周りに女性がいない環境であれば、人付き合いが苦手であっても問題ない場合が多いですが、女性ばかりの環境は、ひとたび人付き合いに失敗すると、一瞬で四面楚歌状態となってしまうことが多くあります。

人付き合いが苦手な人の会話の特徴

人付き合いが苦手な人は、会話でもその特徴が現れます。会話ではどんな特徴があるのかご紹介していきます。

緊張からどもってしまう

人付き合いが苦手な人は会話に自信がないため、いざ話そうとすると緊張してしまい、言葉が出てこなかったり、どもったりしてしまいます。そして会話をする機会が少ないため、会話に慣れておらず、余計に緊張してしまうという悪循環となってしまいます。

人付き合いが苦手で、会話も苦手だという人の解決策としては、やはり会話をする機会を増やし、慣れることが大切です。

そして最も重要なのは上手く話そうとしないことです。上手く話さなければならない、と自分にプレッシャーをかけてしまうと、緊張してしまいどもりの原因となってしまいますので、会話の練習と割り切って気楽に望むことが大切です。

自分から話しかけられない

人付き合いが苦手で、何か用事があっても自分から話しかけられない人もいます。会話ですら苦手だと感じている人にとって自分から話しかけるということは、非常にハードルの高い行動であるといえます。

自分から話しかけることで相手の反応が気になってしまったり、話そうとすると何を話していいのかわからなくなってしまったりと、話す前に考え過ぎてしまうことが原因であるといえます。

解決策として話す前に話さなければならないことを紙に書いて整理したり、世間話であえれば、当たり障りのない話題を持ち出してみると、自然に話しかけることができます。

例えば、会社の同僚ならどこの出身地であるかや、仕事の内容の話をしてみても、違和感はないでしょう。しかし、学歴の事や容姿のこと、とくに女性に年齢を聞くことは失礼にあたりますので、避けるようにしましょう。

人との付き合い方は人それぞれ

人付き合いが苦手な人でも、もっと人付き合いができるようになりたいと考えている人もいれば、極力人と関わらない人生を送りたいと考えている人もいます。

人付き合いが良い人でも、人と接することに疲れていて、本心ではあまり人と付き合いたくないと考えている人もいます。人付き合いが苦手でも決して否定的にならず、どんな自分になりたいかというビジョンをしっかり持つことで、自ずとなりたい自分へ導かれていきます。

人はそれぞれ価値観が違い、付き合い方も人それぞれであることを念頭に置き、自分にあった人付き合いの方法を見出せることができれば、より楽しい日々を過ごせるでしょう。