Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】人付き合いが苦手な人の特徴|仕事/恋愛/生き方

Author nopic iconぴよりん
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年03月26日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】人付き合いが苦手な人の特徴|仕事/恋愛/生き方

人付き合いが苦手な人の仕事での特徴

人付き合いが苦手だという人は意外にも多く、一見人付き合いがよさそうな人でも実は人付き合いが苦手だという人もいます。ここからは仕事での人付き合いが苦手な人の特徴をご紹介していきます。

アルバイト

アルバイトは、飲食店やスーパーなど、人と接する機会が多い形態のお仕事であることが多いです。あくまでも人付き合いが苦手であって、人と仕事上話すことに関しては苦手だと感じていない人もいます。

このため、勤務中でなく、アルバイト仲間との会話や付き合いが億劫だと感じます。休憩などで他のアルバイトの人と一緒になり、話しかけられてもうまく会話が続かなかったり、休憩時間が苦痛に感じてしまいます。

しかしアルバイトという形態だと、休憩をずらして取る場合も多く、あまり仕事仲間と関わらずに済むということも多いです。

さらに、アルバイト先によっては人の出入りも激しいため、歓迎会や送別会などを設けるアルバイト先も少なく、例え誘われても、勤務形態上断りやすいという点もあります。

会社

会社へ入社した場合、まず最初に歓迎会などのイベントで人付き合いを余儀なくされる場合があります。人付き合いが苦手な人でも、採用され会社へ入社したとなると、なかなか断ることもできず、参加せざるを得ない状況となってしまいます。

歓迎会への参加は、メンバーはほぼ初対面もしくは顔見知り程度のため、人付き合いが苦手な人にとって、辛い場面であるといえます。しかし近年、歓迎会などのイベントをあっさり断る人も多くなり、参加の強制やお酒の無理強いはパワハラにあたるとして、人付き合いが苦手な人にとって好環境となってきています。

人付き合いが苦手な人の恋愛での特徴

人付き合いが苦手な人は、恋愛においても大苦戦しています。恋愛は人との深い関わりの醍醐味といえますので、恋愛においてどんな特徴があるのかご紹介していきます。

お付き合いに至るまで

まず、人付き合いは苦手な人は、人との交流を避ける傾向にあるため、なかなか異性と出会う場面がありません。同性ばかりの環境にいたらなおさら異性との関わりをもつことは難しいといえます。

例え異性と交流する場があっても、自分から積極的に話しかけたり、アクションを起こすことが難関です。人付き合いは苦手な人は、人から否定されることを恐れている場合が多く、話しかけたら迷惑がられるのではないか、無視されるのではないか、とネガティブな想像が膨らみ、自己紹介ひとつできないという人もいます。

結婚

結婚は当事者同士で行うものではなく、親族や友人、職場関係など、たくさんの人と関わる大きなイベントですので、人付き合いが苦手だという理由で結婚式を挙げたくないという人も多いです。

お互いに人付き合いが苦手であれば、結婚式を挙げない、もしくは親族のみで挙式のみ行うといった方向でも問題ないですが、一方が人付き合いを大切にする人である場合はそうはいきません。

結婚式に人をたくさん呼びたい、という人と結婚すると、結婚式だけでなく、今後の結婚生活の中で友人を自宅に招いたり、家族ぐるみで頻繁に付き合いをしたがったり、人付き合いが苦手な人からすれば、心休まる暇もないといった事態にもなりかねません。

好き同士であっても、この価値観の違いはのちの結婚生活に大きな影響を与えるといえますので、人付き合いが苦手な人はその点も考慮したほうが良い結果となるでしょう。

人付き合いが苦手な人のあるある

人付き合いが苦手な人がよくする行動があります。生きていく中で避けては通れない人間関係をどのように築いているのか、よくある話をご紹介します。

外出先で知人を見つけた時

人付き合いが苦手な人は、基本的に一人で外出することを好みます。でも決して友人や知人がいない訳ではなく、表面上の付き合いはしていますので、外出すれば知人に会うこともあります。

しかし、遠目に知人を確認した場合は、早い段階で気づければ会わないよう迂回したり、間に合わなかった場合はスマホや本などを見て気が付かないふりをしてしまうことがあります。

結局話しかけられても何を話していいのかわからず、しどろもどろしてお別れするというパターンはよくある話です。

誘われたときは「いけたら行く」

友人の誘いで、集まる人数が複数いる場合、人付き合いが苦手な人はとりあえず「いけたら行く」という人が多いです。

そしていざ当日、「ごめん、やっぱりいけない」と断っても、いけたらと伝えていることで、こない可能性があると相手に理解させ、後に断っても大きなブーイングを買うこともありません。

いけたら行くと事前に予防線を張ることで、誘いを断ることへのストレスと、人付き合いしなければいけないストレスを半減することができる、人付き合いが苦手な人にこの策略はよく使われます。

人付き合いが苦手な人の生き方の特徴

人付き合いが苦手な人は、なぜ人と関わることが嫌になってしまったのか、どんな性格の人に多いのか、そのルーツを探ります。

育った環境