Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ぞんざいに扱う人の心理と特徴|彼女/もの/類語

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月09日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年03月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】ぞんざいに扱う人の心理と特徴|彼女/もの/類語

人をぞんざいに扱う人にはいくつかの特徴があります。その特徴の中には仲良くなりすぎることで、相手をぞんざいに扱うということがあります。なので、本来は大事に接するべき彼女に対して、ぞんざいに扱ってしまう彼氏もいます。

また、それだけではなく、女性より強い立場でいたい、女性から頼りにされたいなどの、男性特有の心理も併せて働いてしまうこともあります。そのため、交際期間がある程度、長くなってくると、彼女をぞんざいに扱ってしまうようになる彼氏は多いです。

しかし、これらは仲が良い、気を許している、彼氏と彼女という立場をしっかり意識しているということでもあるので、悪いことばかりでもありません。

また、交際期間が長くなって気が緩み過ぎているだけの場合もあるので、そのような場合には少し注意してあげるだけですぐに態度を改めてくれることが多いです。

注意しても直らない

彼氏が彼女をぞんざいに扱うのは、しっかりと彼女という立場として接しているためです。ですが、彼女としてはぞんざいに扱わないで欲しいという人もいます。上記で述べた通り、たいていは少し注意してあげるだけで、態度は直ります。

しかし、中には、全然態度を改めない人や、逆ギレのような態度を取る人もいます。このような場合は、単なる身勝手から彼女をぞんざいに扱っている可能性があるため、付き合い方を考えた方が良いでしょう。

ぞんざいに扱う人の対処法

彼女のように親しい関係であれば、ぞんざいに扱われたことに対して簡単に注意することができます。しかし、職場や友人などに、人をぞんざいに扱う人がいた場合は、ストレートに注意をしてしまうと、人間関係に摩擦ができてしまう可能性があります。

では、人をぞんざいに扱う人が近くにいる場合は、どのような接し方をすれば良いのでしょうか。

距離を取る

人をぞんざいに扱う人と接すると嫌な思いをさせられてしまうことがあります。なので、できるだけ接する機会を少なくすることが、シンプルで効果的な方法です。

職場であれば、必要最低限のやりとりで済ませることを心がけましょう。友人などの場合は、実際に距離を取って話しかけられないようにしたりしましょう。

しっかりと話す

苦手な人と話すときには、声が小さくなってしまったり、視線が泳いでしまったり、早く会話を切り上げようと言葉足らずになってしまったりします。これらの様子は自信がない人のように見えてしまいます。

先に述べた通り、自信過剰が人をぞんざいに扱う人の特徴でもあります。なので、相手が自信がないと勘違いされてしまうと、ますます人をぞんざいに扱う態度がエスカレートしてしまいます。

このような状況を防ぐには、自信がないと勘違いされないように、ハッキリと言いたいことをしっかりと話すことが大切です。

勘違いをされないようにする

自信がないと勘違いされてしまうと、ぞんざいに扱われてしまう可能性があります。なので、自信がないと勘違いされないように相手と接することが大切です。

自信がないと勘違いされてしまいやすい言動はいくつかあります。まずは謝罪の言葉が口癖のようになってしまっている人は注意しましょう。「ごめん」、「すいません」と反射的に口にしてしまう人は多いです。これは自分の言動に自信がないように思われてしまいます。

また、自虐的な会話も避けましょう。謙遜の意味を込めている場合でも、人をぞんざいに扱う人からは、自信のない人と勘違いされてしまうことがあります。

断ることが苦手な人は特に注意が必要です。人をぞんざいに扱う人は、自分の印象を気にしないので、断られそうでも相手が完全に断りの言葉を口にしなければ、押し切って断らせないようにしようとします。

ぞんざいに扱うものの特徴

ぞんざいという言葉は人に対して使われることが多いです。しかし、ぞんざいは人以外に対して使われることもあります。

人に対して以外では「時間をぞんざいに扱う」、「預かった荷物をぞんざいに扱う」、「ぞんざいな仕事の仕方をする」などと使われることがあります。

ぞんざいという言葉を使うときは、時間や仕事などのように本来は大切に扱うべきものを雑に扱うときに使います。そのため、人に対してよく使われています。

ぞんざいに扱う人に注意しよう

ぞんざいに扱うという言葉は、あまり良い意味では使われません。実際に、人をぞんざいに扱う人と接すると嫌な思いをしてしまうことがあるので、接するときには注意しましょう。

また、仲良くなりすぎると、相手をぞんざいに扱ってしまうこともあります。なので、気がつかないうちに自分が、友人のことをぞんざいに扱ってしまうこともあります。人間関係を円滑にするためにも、人をぞんざいに扱うということには注意しましょう。