Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】ボアコートのおすすめコーデ|ユニクロ

Small 316d4d63 0574 4423 a963 eec6a739ecb6えん。
コーディネート / 2018年12月27日
【メンズ・レディース別】ボアコートのおすすめコーデ|ユニクロ

ボアコートとは

ボアコートとは、近年人気のコートのひとつで、毛先の長い織物であるボア生地を使ったコートです。内側だけをボアにしているコートから、表まで全体的に長めの毛先で作り上げられているコートもあります。

ボアコートの ボアとは、元々は体長が4mほどある中南米の蛇のことをいいます。この蛇の形に似ていることから、毛皮やダチョウの羽で作った長い襟巻のことを指すようになりました。また、今では一般的に使用されており、コートの裏や襟、袖口に着けた毛先の長い織物をボアというようになりました。

今では暖を取るためだけのものではなくなり、ファッションの一部として使用されることが多くなり、近年ボアコートは女性から絶大な人気アイテムの一つとなりました。

メンズ・レディース別ボアコートおすすめコーデ

ボアコートは、その見た目から着こなしが難しいと、手を出すのをためらっていませんか。実はそんなことはありません。「ボアコートっていっても、毛皮みたいだから着まわせない」と感じている女性も「子供っぽくみられる」と悩んでいる男性も、おすすめのコーデを何点かご紹介します。

自分が普段着ている服と合わせて、ボアコートの良さと着まわせるということを感じてください。また寒がりな人にはボアコートはとてもあたたかいコートなので、おすすめです。

レディース

レディースのボアコートはカラーも、種類もバリエーション豊富なので、自分の普段着ている服に合わせるのが、さほど難しくありません。どんなテイストで着こなすかのテーマがあれば、それに合わせてボアコートを購入しましょう。

今回は3種類のボアコートのおすすめコーデをご紹介します。

ふんわり可愛く

ボアコートとは、色んな種類が今は取り揃えてあります。見た目もふわふわして可愛いところを、そのまま生かすコーデです。コートなので、色により服を変えましょう。

今回だとボアコートが黒と暗いので、内側のスカートをあえて薄い茶色にすることで、メリハリをつけています。そしてスカートの色よりも明るい白を選ぶことにより、顔を明るくする効果が出て、美白効果が得られます。

柄ものが一つも入っていないので、寂しいと感じる人はアクセントに首元にネックレスやブレスレット、鞄などにこだわるといいでしょう。

ラフなカジュアルスタイル

カジュアルな服をたくさん持っている人にもボアコートはおすすめです。ボアコートはノーカラーの襟なしが多く展開されています。そして、カジュアルなファッション思考の人はもっているであろう、スキニーパンツを合わせることで、上着はふんわりしているのに、スキニーパンツを履くことで足元はよりスッキリに見えます。

また、スキニーパンツ以外にもデニムなどと合わしても可愛くなりすぎず、カジュアルさも残して着こなせます。スカートを普段着ない人や、どうしてもボアコートの可愛い印象から抜け出せないひとは、パンツと合わせることをおすすめします。

そのときの靴は、写真はスニーカーですがブーツでもいいです。ミリタリー風ブーツでも、ショートブーツでも大丈夫ですが、ロングブーツはおすすめできません。ロングコートにロングブーツは、デザインによってはお互いを邪魔してしまいます。

綺麗めスタイル

ボアコートのロング丈なものと、膝よりも上のスカートで、なおかつタイトなものを選ぶことにより足をより長く見せる効果が発揮されます。

また上着がもこもことしているので、脚がスッキリとしてみえます。そのときに靴をムートンブーツなどと合わせると、より足が細くみえます。素足や靴下よりもニーハイやタイツも履くことをおすすめします。

メンズ

ボアコートを着るとどうしても子供っぽくなると考えている男性もいることでしょう。ですが今のボアコートは毛先の長さや、裾丈などさまざまな種類のものが展開されています。

今回はメンズの2種類のおすすめコーデをご紹介します。

ラフさとカジュアル

ボアコートでも、男性の場合はノーカラーより襟があるタイプを選ぶことをおすすめします。そしてこの写真は、インナーがカットソーとかなりラフなスタイルです。それでいて、足元はすっきりとした細身のパンツと合わせることにより、カジュアルさを出すことができます。

キッチリと着こなすのなら、上着はテーラードジャケットやブルゾンなどがありますが、やわらかい感じでゆるりとした着方を望むのなら、ボアコートはおススメです。

また、表にある毛皮の毛先があまり長くない物を選ぶことで、可愛さやゴージャスさを抑えてくれるので着やすく、あたたかいです。

フード付きも

ボアコートの襟の部分がそのままフードと連結しているタイプは、ワンカラーのようなシルエットになります。オシャレすぎず、ラフ過ぎない着こなしができます。

またインナーに、シャツ系と合わして、綺麗めカジュアルな着こなしもおすすめです。ストレートパンツや、ストレートデニムには、スニーカーではなくブーツを履くと、よりカジュアル過ぎない着こなしになります。

ボアコートのおすすめブランド

ボアコートでも、色んなボアコートがあるのでどこでどんなボアコートを買えばいいか悩みます。ボアコートでも、人気があるところが知りたいとお考えでしょう。

今回は人気があるブランドをご紹介します。

ユニクロ

ユニクロのボアコートは、何よりも手ごろな値段で種類も豊富と人気が高いです。ノーカラーのボアコートや、ミドルだけのボアコートなど色々あります。

またカジュアルや可愛さが目立つボアコートですが、ユニクロのボアフリースタイプの毛先が短いボアコートは大人っぽさを出しつつ上品さもプラスしてくれるアイテムです。

特徴別おすすめのボアコート

ボアコートもひとつではありません。色んな形が販売されていて、その中でも今一番人気はノーカラーです。それ以外のボアコートももちろん人気はありますが、ダントツノーカラーのボアコートは着回しがいいと評判です。

ボアコートの特徴別でおすすめなものをピックアップしてご紹介します。そしてそのボアコートにはどんなコーデがあうのかも、一緒にご紹介していきます。

ノーカラー

ノーカラーとは、洋服の襟がないことを言います。そして襟がない事で、きっちりとしたかんじがなく、首元が大きく見えるため、顔がスッキリして見える効果があります。

またボアコートの場合は、毛先が長いものやフリースタイプのボアコートと、色々ありますがノーカラーだと、体が大きく見えることを防いでくれます。元々細身の人は、気にしない人が多いですが、太っていることを気にしている人や、胸が大きい人なんかは、ボアコートに手を出しにくいのが現状です。

ですが、ノーカラーだと普段の洋服にも合わせやすく、太って見えることはあまりありません。太って見えるのが嫌な人は、ミドル丈までを選びましょう。ロング丈のボアコートにしてしまうと、寸胴に見えてしまいます。身長がない場合や、太って見えたくない時はミドル丈か、ショート丈がベストです。

ショート丈

ショート丈のボアコートは、ウエストのあたりぐらいの丈なのでブルゾンなどと同じぐらいの丈です。そして、そのぐらいの丈で何がいいかというと、上着でもこもこしている分、下半身がスマートに見える効果があります。

ショート丈のボアコートを着るときは、ストレートパンツやデニム、スキニーパンツやタイトスカートを選ぶと良いでしょう。ロングスカートも可愛いですが、プリーツなどの真っ直ぐなラインの物を選びましょう。下半身がスマートに見えると、共にオシャレ感がアップします。

ショート丈のボアコートの場合、小物でもオシャレできます。帽子や靴にもアクセントとして用いることが出来るので、オシャレの幅がぐんと広まります。

キッズ用

キッズのボアコートも大人同様色んな形がありますが、袖に切り替えの毛先の長いボアをつかっているタイプはおすすめしません。

子供が着る場合は、動きやすさや普段着せている服の色合いなどで決めるといいでしょう。首回りを気にする子供の場合はノーカラーがおすすめです。

男の子だと、テーラードジャケット風のボアコートなどもかっこよくて、暖もしっかり取れます。

色別おすすめのボアコート

他のコートにないのはボアコートには色が豊富というところがおすすめポイントです。大体冬に着るコートの色は、黒や茶色系といったダークカラーが多いのですが、ボアコートは白やピンク、ベージュなど明るめの色も展開されています。

今回おすすめするのは、色別でおすすめするボアコートです。その色と合わせておすすめするコーデも一緒にご紹介します。

ボアコートの白は、オフホワイトより少しくすんだ色がおすすめです。オフホワイトだと洋服に合わせにくいことが多いでしょう。

写真ではロング丈のボアコートなので、ワンピースと合わせています。ロング丈とワンピースは意外と相性がいいです。ボアコートは前をしめるジッパーやボタンといったものがないタイプがほとんどで、この写真でもさっと羽織っている状態のコーデです。

白のいいところは、冬になるとどうしても服の色が茶色や黒といった、暗めの色をきてしまいがちなので、アウターに白を合わせることにより顔に美白効果をもたらしてくれます。

黒のボアコートには、中に着る服は明るい色もいいですが、あえて暗めの色で合わせていくコーデもおすすめです。モードチックに着こなせるので、いつもと違うオシャレを楽しめます。

また、黒のボアコートはミドル丈かロング丈がおすすめです。全体を覆い隠すようなコートですが、コートの裾からちらりとみえる花柄のスカートや、ダメージ加工のスキニージーンズなどと合わせるとオシャレ感がぐっと増します。

女性らしさを出したいのなら、花柄などの柄物のスカートやワンピースがおすすめです。ボーイッシュ、カジュアルさを出したいのなら細身のパンツ系がおすすめです。洋服を暗めで合わせてしまうと、物足りないと感じるのであれば帽子や、靴、鞄でビビットカラーの物を持ってきたり、エメラルド系のカラーの小物をもってくるといいでしょう。

ベージュ

ベージュはふんわりとした色なので、黒とも白とも合わせやすいのでおすすめです。冬になるとパッとしない暗めの洋服を着てしまうことが多いでしょうが、ベージュのボアコートをさっと羽織ることにより、暗い気持ちから明るい気持ちへと切り替えられるでしょう。

また、ベージュはとても女性らしさを出してくれる色でもあるので、スカートでもパンツでも合わせやすいです。おすすめするコーデとしては、ミドル丈のベージュのボアコートに、中の洋服は首元がスッキリしている白のインナーに、細身の黒のパンツがおすすめです。靴はショートブーツやスニーカーがおすすめです。

ピンク

ピンクでもダスティーピンクが人気です。ショッキングピンクやパステルカラーよりも、少しくすんだピンクが可愛いと人気です。

またボアコートで、ロング丈やミドル丈よりもピンクはアクセントとして使うことにより、より可愛さが際立ちます。なので、ショート丈のボアコートがおすすめです。もちろんロング丈やミドル丈も可愛いですが、ショート丈だと下半身がスマートに見える効果もあります。

その時のおすすめの服は、上の服はダスティーピンクのボアコートに合う色の物を選びましょう。白でも、黒でも合います。茶色は色の濃さにもよりけりなので、避けましょう。下は、ミニスカートにタイツや、スキニーパンツにダメージ加工があるものなどおすすめです。

ボアコートで今までと違ったオシャレを見つけよう

ボアコートに今まで手が出しにくかった人は、少し出しやすくなったのではないでしょうか。自分に合うか合わないかは、必ず試着して確認してみましょう。どういう服と合わせるべきか解らないときは思い切って、お店の店員さんからのアドバイスをもらいましょう。

普段の洋服で可愛く着こなすのが難しいのは、テーラードジャケットやブルゾンといったアウターですが、ボアコートは可愛く女性らしさを出せるコートです。彼とのデートや友達とのランチのときに、いつもと違ったオシャレをボアコートで楽しみましょう。